2019年03月

    vc

    1: 2019/03/18(月) 08:16:35.21 ID:f68IIKME9

    トヨタ新型「スープラ」すでに完売!? 日本正式発売前にいったいなぜ?
    3/18(月) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010001-kurumans-bus_all

    予約開始から1週間足らずで… 受注枠が埋まってしまった
     トヨタからスポーツカーの新型「スープラ」が発売されます。以前のスープラは1986年から2002年に掛けて、日本でも販売していたので、ご存じの方も多いでしょう。17年ぶりに復活するわけです。新型スープラの正式な発売は2019年5月1日ですが、販売店では3月9日から予約受注を開始しています。ネット上では「すでに新型スープラ完売」といった声も聞かれるので、真実はどうなのか、販売店を取材しました。

     まず新型スープラのグレードと価格は以下の通りです。

    ■新型スープラのグレードと価格(すべて8速AT)
    ・RZ(直列6気筒3リッターターボ) :690万円
    ・SZ-R(直列4気筒2リッターターボ):590万円
    ・SZ(直列4気筒2リッターターボ) :490万円

     販売店によると、上記3グレードの内「RZは2019年モデルの販売を終了しました」とのことです。複数の店舗に理由を尋ねると、以下のような返答でした。

    ――すでに新型スープラが完売といわれてますが、どういうことですか。

     新型スープラは海外でも販売され、日本の割り当て台数が少ないです。そのために最上級グレードとなる3リッターターボモデルのRZは、2019年3月9日に予約受注を開始したところ、1週間足らずで2019年モデルの受注枠が埋まってしまいました。

     したがって現時点(2019年3月中旬)では受注しておりません。2リッターターボは受注できますが、2019年モデルの枠がいつ埋まるかわかりません。注文をいただいたスープラの納車は、順次行っていきますが、直近で注文を頂いた車両は、2019年10月以降になると思います。

    ――これから3リッターターボを搭載した新型スープラRZを購入したい場合は、どうすれば良いのでしょうか。

     RZは2019年の受注枠を使い切ったので、次の2020年モデルを買うことになります。2020年モデルの予約はまだできませんが、おそらく2019年10月頃には、受注を開始するでしょう。

     近所の販売店に『予約受注を開始したら、真っ先に注文を入れて欲しい』と頼んでおくのが良いと思います。ただし2020年モデルの詳細はまだ決まっていないので、正確なことはわかりません。確実なのは、RZが2019年の受注枠を使い切ったことだけです。

    ――スープラの購入に際して注意すべき点はあるのでしょうか。

     スープラの販売は、基本的にトヨタの全店が行います。しかし車検や点検などのサービスは、GRガレージの担当です。GRガレージは、各販売系列(トヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツトヨタ店)がそれぞれ運営していますが、拠点数は少ないです。1県に1店舗の地域も多いです。

     新型スープラは基本部分をBMW 新型「Z4」と共通化しており、トヨタ車としてはメカニズムや装備が特殊なので、GRガレージの専門スタッフがサービスを担当するわけです。

    以下はソース元で


    【トヨタ新型「スープラ」すでに完売!? 予約開始から1週間足らず 日本正式発売前にいったいなぜ?】の続きを読む

    1: 2019/03/17(日) 10:30:35.36 ID:nFrmJltM0 BE:837857943-PLT(16930)


    ホンダは3月14日、『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)が、オーストラリアのニューサウスウェールズ州警察に配備された、と発表した。

    シビックタイプRには、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力320ps、最大トルク40.8kgmを引き出し、
    0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を備えている。

    シビックタイプR のニューサウスウェールズ州警察への配備は、「Eyewatch」プログラムの一環だ。2012年に開始されたこのプログラムは、
    ソーシャルメディアを介して、地元のコミュニティと警察を結び付けるのが目的。同警察の公式Facebookページには、100万人以上が登録。
    犯罪の情報や危険情報、防犯に関する情報、行方不明者の情報などを配信している。警察に質問すれば、回答やアドバイスを受けることも可能だ。

    ニューサウスウェールズ州警察に配備されたシビックタイプRは、このEyewatchプログラムのさらなる認知度向上が狙い。シビックタイプRは、
    学校や地域のイベントなどに参加する予定だ。シビックタイプRが地域社会をより安全にするための活動に積極的な役割を果たす、としている。

    https://response.jp/article/2019/03/16/320223.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ シビックタイプR オーストラリア警察に配備 日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい】の続きを読む

    hi

    1: 2019/03/17(日) 09:46:17.76 ID:ExqNiQKM9

    2019年3月17日 7時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16172226/


    ハイビームが基本ではあるのだが……

     トナラーの記事には大きな反響をいただいたのだが、そこにハイビームのままのクルマも増えたというコメントがいくつかあった。
    確かに増えているのだが、少し前にネットや雑誌などで、じつは「これが本当はこうなんです的な企画」でよく取りあげられた「ロービムの正式名称は『すれ違い灯』で、ハイビームが走行時の基本」というのを見て、ハイビームにしなくちゃという人が増えたのかもしれない。
    それでロービームにし忘れて他車に迷惑をかけているというわけだ。

    警察もハイビームを推奨していて、事故軽減の効果ありという報道も出て拍車をかけた気はする。実際、知り合いで眩しいと言ったら、「ハイビームで走るのが正しい」と言い返された者もいるほど。
    法律的にはハイビームが基本で、ロービームがすれ違い灯と呼ばれているので問題はないのだが、なんでもかんでもハイビームで走ればいいというわけではないのだ。今回は法律に沿って検証してみたいと思う。

    そもそも他の交通主体に危害を及ぼすような運転はNG

     まずハイビームが基本となる根拠は、保安基準の32条で「クルマには走行用前照灯と減光するすれ違い用前照灯がある」(筆者要約・以下同)というもの。これでハイビームが走行用で、ロービームがすれ違うときのためにあるということがわかる。
    実際の使い方としても、道路交通法52条では「夜間に前走車や対向車がいる場合は、ヘッドライトを消すか減光させないとダメ」とある。

     ここまでは今までもよく聞く内容なのだが、暗い路地を歩いていると、わざわざハイビームに切り替えてやってくるクルマがある。「歩行者は対向車や前走車でもないのでローにする必要はなし」と思っているのだろう。
    上記のふたつの法律だけを紹介する記事は多く、それだけを頭に入れているのかもしれない。

    以下ソースで読んでね


    【【交通法】歩行者への目つぶしも! 法律を盾にした常時ハイビーム運転者の迷惑っぷり】の続きを読む

    hh

    1: 2019/03/17(日) 01:08:11.426 ID:WmsjGRiZ0

    ゆったり落ち着いた雰囲気醸し出して聞き手に回ってたんだけど無言が辛かったわwwwwwwwwおまえらどんなこと話してんだよwwwwwwww


    【初対面の女の子とドライブ行ったんだがコミュ障でオワタwwwwwww】の続きを読む


    1: 2019/03/17(日) 01:17:11.64 ID:G0/OedzW0

    ワザと後続車のライトを反射して運転手に目潰ししとるぞ
    どんだけ車間開けても眩しいからなんとかしろ
    no title

    こいつらまじで許されんやろ


    【煽り運転厳しく取り締まっとるけど、それならトラックのこれとりしまれや!】の続きを読む

    MT乗り

    1: 2019/03/16(土) 22:31:33.487 ID:mqMchn6V0

    AT限定「…いや、ダメだ。二台ともMTだ…俺には…乗れない…」

    MT乗り「…!!」

    AT限定「…なあ、MT乗り…頼まれてくれねえか? もしも、避難した先で俺の家族に会えたら…愛してると、伝えてくれ」

    MT乗り「…フッ、それは自分で伝えるんだな」

    AT限定「どうやって! 俺には…俺には、MTを操ることはできないんだ!」

    MT乗り「よくみろ! こいつらはアメリカの誇る大衆車のカマロだ! こいつにはローンチコントロールがついてる!」

    AT限定「ローンチ…コントロール…?」

    MT乗り「ああ、そうだ。クラッチを踏みながらアクセルベタ踏みするんだ。そして一気にクラッチを繋げ! そしたら猿でも発進できる。ATしか乗ってなくても大丈夫さ!」

    AT限定「一気に繋いだらエンストするぞ」

    MT乗り「しねえよ」

    AT限定「するぞ」

    津波「」ザバァァァ

    AT&MT「うぎゃああああああああああ!!!!!!」チーン

    これが現実


    【MT乗り「くっ……津波がすぐそこまで迫って来てる!」AT限定「おい!あそこに車が2台あるぞ!」MT乗り「乗り込めええええええ!!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ