2018年10月

    mk

    1: 2018/10/19(金) 19:44:18.47 ID:CAP_USER9

    自動車税制に関する経済産業省の詳しい改正要望が19日判明した。燃費に応じて課す新たな税金「環境性能割」の1年半以上の導入延期に加え、保有にかかる自動車税の大幅な恒久引き下げを要求。消費税率10%への引き上げ対策を重視する財政当局は一時的な減免には応じる構えだが、恒久措置には反対しており実現は不透明だ。

    自動車税の見直しは2019年度税制改正の重要テーマ。双方の主張を踏まえて与党税制調査会が12月に結論を出す。

    自動車税は排気量に応じて毎年かかり、現行制度では2万9500円から11万1千円。

    2018/10/19 19:09
    共同通信
    https://this.kiji.is/425959387683472481

    ■参考ソース
    自動車の新税制「環境性能割(燃費課税)」の内容-全体では減税でも軽自動車は増税か
    https://www.car-hokengd.com/car-news/kankyouseinou/



    【【経産省】自動車新税「環境性能割(燃費課税)」 1年半延期を】の続きを読む

    1: 2018/10/19(金) 11:21:29.84 ID:CAP_USER

     独メルセデス・ベンツ日本法人は、新型「Aクラス」を約6年ぶりに全面改良し、18日に受注を始めた。
    独自に開発したAI(人工知能)による音声認識機能「MBUX」(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を
    初搭載し、運転中に声で車内の温度調節をしたり、目的地を設定したりできる。ガソリン車のみで、
    価格は消費税込み322万円から。

     「ハイ、メルセデス」と話しかけるか、ハンドルにあるボタンを押せば、音声認識が起動する。
    スマートスピーカーと同様の仕組みで、ハンドルから手を離さずに音楽やラジオを聞いたり、
    近くのレストランやガソリンスタンドを検索したりと様々な機能が使える。

     「傘は必要?」と話しかければ、ネット上の天気情報を音声で伝える。ドライバーが発した言葉や設定した
    目的地、音楽などをAIがデータとして蓄積して学習し、よく通るルートを走るときに設定することが多い目的地や、
    流している音楽を車載ディスプレーに表示するようになるという。

     Aクラスはメルセデスの中では低価格帯の小型車。音声認識機能へのニーズが高い20~30代に
    人気があるため、Aクラスから搭載した。今後売り出す他の車種にも順次搭載する方針だ。

     独メルセデス・ベンツ日本法人が18日に都内で開いた発表会には、多くの報道陣が詰めかけた。

     「ハイ、メルセデス」。デモンストレーションで助手席に座った男性が呼びかけると、「どうぞお話しください」。
    男性が「ちょっと暑いんだけど」と話しかけると、「21度にします」と応じ、車内の室温を自動で調整していた。

     AIによる音声認識機能を搭載した車の需要は世界的に高まっている。トヨタ自動車や日産自動車、
    ホンダなど日系自動車メーカーも対応を急いでおり、スマートフォンと車載端末を連動させる米アップルの
    「カープレイ」や、米グーグルの「アンドロイドオート」などが使える車を投入している。メルセデスのように
    音声認識機能を独自で開発するのはめずらしいという。トヨタ自動車は15日、無料通信アプリ大手
    LINE(ライン)の音声認識AI「クローバ」が使える車載端末を来春に売り出すと発表した。

    独メルセデス・ベンツ日本法人の新型「Aクラス」
    no title

    独メルセデス・ベンツの新型「Aクラス」の車内
    no title


    ソース 朝日新聞デジタル 10/19 11:05
    https://www.asahi.com/articles/ASLBL4GG3LBLULFA012.html


    【「ハイ、メルセデス」声で室温を調節 ベンツ、AI搭載】の続きを読む

    113

    1: 2018/10/15(月) 21:45:44.36 ID:9McsXWW50● BE:121394521-2BP(3112)


    運転免許を持っている方なら、「キープレフト」という言葉を1度は聞いたことがあると思います。このキープレフトという言葉、正しい意味をご存じでしょうか。

    直訳すると「左を保つ」という意味です。「何となく意味が分かるような…分からないような…」と思う方も多いかもしれません。

    キープレフトは、車を安全に運転する際のとても重要なキーワードです。今回は法律を交えて解説します。この機会にキープレフトをしっかり理解して、安全な運転を心掛けてください。
    http://cpteu.com/sp/column/principle-of-keep-left.html


    【片側一車線で中央線寄り走るのって流行ってるの?】の続きを読む

    k

    1: 2018/10/16(火) 10:28:36.073 ID:QruG/dWMd

    給油間違いが増えるだろうがそうでもしないと国民の知識レベルのボトムアップは図れないだろう
    燃料費が安くなる事だけだったら歓迎されるだろうし


    【あえてディーゼルエンジンを積んだ軽自動車を作ってみたら?】の続きを読む

    1: 2018/10/18(木) 20:47:42.68 ID:D+ufiO+60● BE:423476805-2BP(4000)


    マツダは新型アクセラを予告するティザー動画を2018年10月17日に公開した。
    予告された通り2018年11月に、新型アクセラとして正式発表される見込み。
    技術面では新開発ガソリンエンジンのSKYACTIV-Xが大きなトピックとなる。
    量産ガソリンエンジンとしては世界初となるHCCI(Homogeneous Charge Compression Ignition)予混合圧縮着火技術が導入され、この新型アクセラから搭載される。
    https://car-research.jp/tag/axela
    no title


    【マツダ次期アクセラ ティザー動画を公開、2018年11月正式発表】の続きを読む

    1: 2018/10/19(金) 07:04:16.31 ID:w7tFE0+Y0 BE:697145802-PLT(15610)


    海外「アメリカの田舎町にアメリカ屈指の日本車コレクターがいた!」
    http://sow.blog.jp/archives/1072868406.html

     ゲイリー・ダンカン氏は19歳からカーディーラーとして働いており、
    ホンダとディーラーシップを結んでいて1980年代にその伝手で日本旅行をした事もあるそうです。
    記事ではその際に日本車の魅力、特に軽自動車の魅力にとりつかれたのではないかと指摘しています。
    コレクションには日本車以外に様々な国の車も含まれています。

    ホンダZクーペ、スバル360、ルノー4CV
    no title

    トヨタ・センチュリー、日産・プレジデント
    no title

    ダットサン(日産)のピックアップトラック
    no title

    三菱時代のジープ
    no title

    ダンカン家で最も重要なコレクションである日産・フィガロ
    no title

    ホンダ・ビートは60台以上
    no title

    日産・パオ
    no title

    日産・スカイラインR32 GT-R
    no title

    マツダ・ユーノスコスモ
    no title

    バタフライ・ドアのトヨタ・セラ
    no title

    三菱・デリカワゴン・オフロード仕様
    no title

    更にトヨタ・センチュリー
    no title

    軽トラ 軽ワゴン
    no title

    その他、トヨタ・タウンエース、ダイハツ・ハイゼットデッキバン、
    スズキ・マイティボーイもあり。


    【【画像】アメリカ田舎町の日本のレアな旧車コレクターの倉庫がすごい 販売もしているとのこと】の続きを読む


    1: 2018/10/18(木) 20:48:10.52 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2018年10月18日、同年11月17日に東京・明治神宮外苑で開催される予定の「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」の、開催概要を発表した。

    ■“ビンテージイヤー”生まれの日本の名車が集結

    本イベントは、トヨタの文化施設であるトヨタ博物館が自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流を目的に開催している、クラシックカーの祭典である。12回目となる今回も、明治神宮外苑聖徳記念絵画館前の広場をメイン会場に、企画展示やデモ走行、一般参加のクラシックカー約100台による銀座中央通りでのパレードなど、多彩なプログラムが予定されている。

    特に企画展示では、「Japanese Vintage Year 1989」というテーマのもと、1989年発表の車両を各メーカーの協力のもとに展示。平成最後となる今回のクラシックカー・フェスティバルを「日本車のビンテージイヤー」とも呼ばれる平成元年にデビューしたクルマで盛り上げる。

    企画展示の車両は以下の通り。

    ・スバル・レガシィ ツーリングワゴン(1990年)
    ・トヨタ・セルシオ(1991年)
    ・日産スカイラインGT-R(1989年)
    ・ホンダNSX(1990年)
    ・ユーノス・ロードスター(1989年)

    また、会場では展示されるクラシックカーの人気投票や、「T型フォード」「ホルヒ853」「ジャガーEタイプ」に乗車しての記念乗車撮影も実施されるという。

    イベントの開催時間は10時から15時30分まで。入場は無料。(webCG)

    2018.10.18
    https://www.webcg.net/articles/-/39663

    2017年の「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」の様子
    no title

    スバル・レガシィ ツーリングワゴン(1990年)
    no title

    トヨタ・セルシオ(1991年)
    no title

    日産スカイラインGT-R(1989年)
    no title

    ホンダNSX(1990年)
    no title

    ユーノス・ロードスター(1989年)
    no title


    【トヨタ、クラシックカー・フェスティバルの開催概要を発表】の続きを読む

    vb

    1: 2018/10/18(木) 19:24:13.54 ID:CAP_USER

    消費税率を2019年10月に10%に引き上げた後の需要落ち込みを防ぐため、経済産業省と財務省、総務省は自動車を買う時にかかる税金をゼロにする検討を始めた。増税時に新たに導入する予定だった「燃費課税」を1年半ほど停止するのに加え、購入初年度に月割りでかかる自動車税も排気量の小さい車を中心に1~2年ほど免除する。

    自民党や公明党も各省庁の要望や議論を受け、具体的な検討に入る。自民党税制調査会などで詰…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36646560Y8A011C1MM8000/


    【自動車税、購入時の負担ゼロ検討 消費増税対策】の続きを読む

    このページのトップヘ