2018年04月

    1: 2018/04/29(日) 10:11:30.62 ID:P8TXHEph0 BE:837857943-PLT(16930)

    SUBARU(スバル)は4月27日、スポーツセダン『WRX STI/S4』改良モデルを発表、6月7日より販売を開始する。

    WRX STI/S4は、圧倒的な走行性能と、4ドアセダンの実用性を兼ね備えた個性的なスポーツセダン。よりスポーツ走行に特化した仕様で、
    MTのみ設定しているWRX STIと、運転支援システム「アイサイト」を搭載し、先進安全性能も両立した「WRX S4」をラインアップしている。

    今回の改良では、WRX S4に搭載するアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良。アイサイトの認識対象が、車両と同一方向に
    進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上させた。また、
    低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで、
    衝突回避をアシストする。

    WRX STIには、メーカーオプションで新たにS同様、サンルーフを設定。ドライブ中の爽快感を高め、より走りを愉しめる仕様とした。

    価格は336万9600円から406万0800円。

    https://response.jp/article/2018/04/28/309151.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【スバル「WRX S4」がカッコイイwwww】の続きを読む

    f

    1: 2018/04/29(日) 00:34:21.52 ID:CAP_USER9

    https://jp.reuters.com/article/car-of-the-future-idJPKBN1HV0J1

    2018年4月24日 / 08:59 / 5時間前更新
    [北京 24日 ロイター] - 未来の自動車は、ボンネットの短い、ガラスの球体のようなスタイルになるのではないか──。カーデザイナーなど業界関係者は自動運転化と電動(EV)化が進む自動車の姿についてこんな想像を巡らせている。

    決定的な変化は動力が電気モーターに代わり駆動システムの簡素化とコンパクト化が進む点。内燃機関は躯体がかさばり、冷却装置や複雑な変速装置が欠かせないが、EV化でこうしたスペースは不要になる。

    電気モーターと自動運転技術を組み合わせるとボンネットがいらなくなるだけでなく、衝突時に衝撃を吸収する「クラッシュゾーン」も不要になる。その結果、未来の自動車は1960年代に放映された米人気テレビアニメ「宇宙家族ジェットソン」に出てくる宇宙船のようなスタイルになるというのだ。

    日産自動車(7201.T)の高級車部門「インフィニティ」のデザイン責任者カリム・ハビブ氏はロイターのインタビューで「論理的に考えれば次はそうなる」と述べた。自動運転技術が100%機能して事故が一掃されれば、個人の移動にとって最も効率的なデザインはガラスの球体だという。

    日産が今週の北京モーターショーで展示する「Qインスピレーション」コンセプトカーはボンネットが短く、クーペのようなルーフラインを持ち、セダンながら社内のスペースはSUV(スポーツタイプ多目的車)並みだ。

    ダイムラー(DAIGn.DE)のメルセデスベンツの「F015」コンセプトカーは前輪がバンパー付近に装着され、ルーフは虹のようなラインを描く。

    車は技術の進歩によって設計と製造過程が変化しつつある。特にEVは機械的、構造的に簡素化して従来よりも部品の点数が減り、プラットフォームや部品、製造過程の共通化が進んでいる。

    こうした動きに伴って車のデザインも大きく変わりそうだ。

    中国の新興EVメーカー、バイトンのカーステン・ブライトフェルド最高経営責任者(CEO)はインタビューで、EV化と自動運転化によって自動車は簡素化すると予想。今の車は4人から7人乗りが多いが、走行時間の70%は1人か2人しか乗っておらず、時速250キロの最高速度を誇ってもそんなスピードで運転する人はいないと指摘。未来の自動車は過剰な性能がことごとくそぎ落とされ、乗車人数が少なく、荷物スペースが広く、タイヤが小さくて最高速度を抑えたものになると考えている。

    最高速度が低ければ流体力学を考慮する必要がなくなり、スタイルは箱型に近くなるという。「小型だが社内のスペースは1人か2人の乗車にはゆとりがあり、豪華になるだろう」という。

    一方、メルセデスベンツのプロタクト・パワートレーン戦略ヘッドのヨハネス・ライフェンラス氏は、長距離走行に耐えるバッテリーを搭載するため、ホイールベースがかなり長くなると予想している。

    (Norihiko Shirouzu記者、Joseph White記者)


    【未来の自動車は「ガラスの球体」か、EVと自動化で】の続きを読む

    62725

    1: 2018/04/29(日) 00:19:27.40 ID:CAP_USER9

    https://jp.reuters.com/article/autos-emissions-0427-idJPKBN1HY2WI

    2018年4月27日 / 23:00 / 18時間前更新
    [ワシントン 27日 ロイター] - 米トランプ政権は、オバマ政権下で定められた車の燃費基準を2020─26年まで凍結することを提案する方針。関係者3人が明らかにした。

    政権が検討中の案では20年以降の燃費基準凍結のほか、複数の代替案も含まれているという。最終案は数週間以内に公表される見通しで、最終決定には至っていない。

    この計画は米紙ロサンゼルス・タイムズが27日に報じた。

    燃費基準の凍結案が示されれば、規制強化を支持するカリフォルニア州などから反発が出るとみられる。


    【米政権、オバマ政権下で定められた車の燃費基準凍結を検討 2020年から26年まで=関係筋】の続きを読む

    このページのトップヘ