2018年02月

    2

    1: 2018/02/26(月) 17:25:44.69 ID:CAP_USER9

     ポルシェの日本法人「ポルシェ ジャパン」は、顧客情報が流出した可能性があると発表した。
    不正なアクセスを受け、インターネットでカタログを請求した顧客などのメールアドレスが流出したうえ、氏名や住所、電話番号、年収などの個人情報についても流出した可能性があるという。
    流出した可能性のある情報は、合わせて2万8722件に上るとのこと。NHKニュースが報じた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14356347/


    【ポルシェ ジャパンが2万件以上の顧客情報流出か 氏名、住所、電話番号、年収など】の続きを読む

    1: 2018/02/27(火) 08:39:26.50 ID:CAP_USER9

    高速道路などで追越車線を走っていて、それより右側には車線がないのに、右ウインカーを出すクルマがあります。前のクルマに対し「どけ」という意味があるといわれますが、「あおり運転」にはならない行為なのでしょうか。

    パッシングやクラクションではない「どけ」、どう扱われる?

     いわゆる「あおり運転」と呼ばれる悪質かつ危険な運転に対して、取り締まりが強化されています。2018年1月には、警察庁が全国の警察などに対し、その厳正な捜査の徹底と積極的な交通取締りを通達し、悪質なドライバーは即座に免許停止処分とするよう求めています。

    追越車線で右ウインカーを「どいて」の意味で点灯させる人もいる。写真はイメージ
    no title


     具体的に「あおり運転」という違反はありませんが、たとえば神奈川県警はウェブサイトでは、「一般的に前方を走行する車に対して進路を譲るよう強要する行為」とし、車間距離を詰めて異常接近したり、追い回し、幅寄せ、パッシング、警音器の使用などによって相手を威嚇したり、嫌がらせをしたりするといった例を挙げています。そのうえで、パッシングや警音器を鳴らす行為については、「減光等義務違反」「警音器使用制限違反」に該当するといいます。

     前のクルマに対し道を譲るよう促すような運転行為は、ウインカーによる意思表示も当てはまるかもしれません。片側1車線の道路で後続車に“抜いてほしい”ときに左ウインカーを点灯させる、あるいは反対に、高速道路などで最も右側の追越車線を走行中、前のクルマに対して“どいてくれ”の意味で右ウインカーを点灯させる、といった光景も見られます。

     そもそも、「抜いて」「抜かせて」の意思表示でウィンカーを点灯させることは、道路交通法ではどのように扱われるのでしょうか。警視庁によると、「不要な合図として違反となる可能性があります」とのことです。

    右ウインカーで「どけ」、どう広まったのか

     パッシングや警音器の使用ではないものの、追越車線で右ウィンカーを出すなどの行為は、「あおり運転」に該当するのでしょうか。警視庁は、「事案ごとに検討することとなります」といいます。

     道路交通法第53条では、「左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない」、その行為を「終わったときは、当該合図をやめなければならない」ほか、これら「合図に係る行為をしないのにかかわらず、当該合図をしてはならない」とされています。追越車線での右ウインカー点灯は、上記の合図を出すべき行為には該当しない「不要な合図」になる可能性があるようです。

     東京都世田谷区の自動車学校、フジ・ドライビングスクールの田中さんによると、このような右ウインカーでの意思表示はもともと、トラックドライバーが行っていたものだといいます。

     「合流や車線変更でゆずってくれた後続車にハザードランプで感謝を伝えるのと同じく、そもそもはトラックドライバーどうしのコミュニケーションとして行われていたものです。これが、一部の若者を通じて一般車のドライバーにも広まっていったものと思います」(田中さん)

     田中さんは、「絵文字やネット上ならではの言葉など、わかる人だけがわかっていた言葉が一般に広がるのと同じで、このようなドライバーどうしの“合言葉”も、初心者を戸惑わせることがあるでしょう」と話します。

    2018.02.27
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/79712


    【【ウィンカー】意味は「どけ」 追越車線で右ウィンカーはあおり運転になるのか】の続きを読む

    black-cab-01

    1: 2018/02/26(月) 21:25:53.915 ID:tv4oiJF/M

    北海道民なんだが札幌の住所って北○条東○丁目とか南○条西○丁目って感じなのね
    で自宅に帰ろうとして「北10条西30丁目(仮)まで」って頼んだのよ
    運ちゃんは「はい北10条~ですね」とお決まりの確認
    「付いたら起こしてください」って言って15分ほど寝た

    そこまでは良かった


    【個人タクシーの運転手にめちゃくちゃな言いがかり付けられたんだが明らかに俺悪くないよな?】の続きを読む

    1: 2018/02/26(月) 12:54:14.78 ID:qVM156Sh0 BE:423476805-2BP(3000)

    ダイハツの軽自動車、ムーヴが2018年末ごろにフルモデルチェンジを受ける見込み。
    DNGAプラットフォームによる軽量高剛性ボディを採用。
    次世代のスマートアシスト4では、単眼カメラ+ミリ波レーダー方式が採用される可能性があり、レーンキープアシスト機能を含む自動運転レベル2相当が期待される。

    https://car-research.jp/tag/move

    no title


    【ムーヴが2018年末のFMCで自動運転レベル2を搭載か】の続きを読む

    1: 2018/02/26(月) 13:08:37.94 0

    ええ時代だったんだなもうこんな時代はこないんだろう

    no title

    ★1989年(平成元年)8月21から発売開始、いわゆる前期型です。
    車台番号 BNR32-000051 ~ 017466 (重量1430kg)
    車体価格445万円
      ●1990年(平成2年)2月22日、レースを意識した
      スカイラインGT-R NISMO が500台限定で発売。
      車体価格441万円
    車台番号 BNR32-100001 ~ 100560
      (500台とは別に60台をレースで使用)
    設定カラーは ガンメタリックのみ
      軽量化のための変更点
      ・エアコン無し(オプション)
      ・オーディオ無し(オプション)
      ・ABS無し
      ・リアワイパー無し
      ・ニスモのメタルタービンへ変更
      ・ニスモエアインテークダクト2個追加
      ・フードトップモールの追加
      ・サイドシルプロテクターの追加
      ・小型リアスポイラー追加(別名 ちびスポ)
      ・インタークーラー前グリル無し
      ・ブレーキ冷却用導風板の追加
    (重量的には32GT-Rの中で一番軽量 )
    オプション無しでなら価格は標準車より少し安めの価格設定

    ★1991年(平成3年)8月20日からマイナーチェンジした中期型 
    車台番号 BNR32-0212001 ~ (重量1480kg)車体価格451万円
    ライトのバルブがH3からH1へ変更 重量が前期に比べ50キロ増

    ★1992年(平成4年)2月3日から 後期型
    車台番号 BNR32-300001 ~ 314649
    追加グレード Vスペック/VスペックⅡ(違いはタイヤサイズのみ)
    R33同様フィン無しデフカバーへ変更  クラッチをプル式へ変更
    平成5年2月 標 準 車  (重量1480kg)車体価格454.5万円
    平成5年2月 Vスペック  (重量1500kg)車体価格526万円
    平成6年2月 VスペックⅡ (重量1500kg)車体価格529万円

    ★総生産台数 43934台
    生産台数の内訳
    標準車    40,390台
    ニスモ       560台(内60台はレース車両)
    VスペックⅠ  1,453台
    VスペックⅡ  1,303台
    N1ベース     228台


    【日産BNR32 スカイラインGT-Rこんなカッコイイ車が450万円で買えた時代wwwww】の続きを読む

    1: 2018/02/26(月) 10:18:47.90 ID:VowXTvmJ0 BE:837857943-PLT(16930)

    スバルの4ドアスポーツセダン『WRX STI』新型が、2020年にも発売される可能性が高いことが分かった。
    2018年1月の東京オートサロンで公開された『VIZIV パフォーマンス・STIコンセプト』が「WRX STI」新型へと進化する。

    エクステリアがキープコンセプトなのに対し、中身は大刷新される。一時代を築いた「EJ20型」エンジンがついに終焉を迎える。
    変わって予想されるのが、『レヴォーグ』などにも搭載されている新エンジン「FA20型」だ。この2リットル水平対向4気筒DOHC直噴ターボにより
    燃費が向上、最高出力は325psまで高められるが、荒々しさよりも洗練された方向へセッティングされるという。
    またプラットフォームは新世代「SGP」に刷新され、マルチモードDCCDもさらにリニアなトルク制御へと進化する。

    ワールドプレミアは2019年1月、現行モデルが初公開されたのと同じ場所、デトロイトモーターショーで市販型に近いモデルを公開後、
    2020年に発売と予想される。また『S209』などの限定モデルも引き続きリリースされるのは確実だ。

    https://response.jp/article/2018/02/26/306488.html#cxrecs_s
    スバル WRX STI 新型予想CG
    no title


    スバル VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト
    no title

    no title


    スバル WRX STI ファイナルエディション(現行型)
    no title


    【さらばEJ20 スバル WRX ついに新エンジン「FA20型」搭載へ、2020年発売か】の続きを読む

    o

    1: 2018/02/25(日) 21:28:24.67 ID:mdgcZ8eF0● BE:842343564-2BP(2000)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00010003-ksbv-l37
    24日夕方、香川県高松市のコンビニエンスストアに車が突っ込み、買い物客の女性が軽いけがをしました。

     24日午後5時30分頃、高松市香南町の「ファミリーマート綾川町千疋店」に、64歳の男性が運転する乗用車が突っ込みました。
     車は出入り口付近の窓ガラスを突き破り、店内の本棚や商品棚などに衝突しました。この事故で、店内に居た74歳の女性客が商品棚に接触し病院に運ばれました。

     警察では男性が駐車場に車を停める際、ブレーキとアクセルを踏み違えた可能性があるとみて事故の原因を調べています。


    【【いつものプリウス】ファミマにトヨタプリウスが突っ込む見慣れた光景wwww】の続きを読む

    mcb1802260500001-p1

    1: 2018/02/26(月) 05:55:37.48 ID:CAP_USER

    米電気自動車(EV)大手 テスラがドイツで急速に成長している。ドイツ人は世界的に優れた自動車技術を生み出していることを誇りにし、地場大手ポルシェの「911」やメルセデス・ベンツの「Sクラス」のディーゼル車を下取りに出して、ドイツが誇る高速道路アウトバーンで航続距離が限られるテスラのEVに乗り換えるようなことはしないとの見方を覆した。

    テスラの昨年の登録台数は75%増の3332台で、テスラの「モデルS」と競合するポルシェ「パナメーラ」の販売台数3900台に迫る勢いだった。

    ◆長距離不満なし

    同国南西部シュツットガルトからノルウェーのオスロまでテスラのセダンモデルSでドライブしたインターネットメディア編集者のヤナ・へフナーさんによれば、2360マイル(約3798キロメートル)に及ぶこの長旅で最も素晴らしかったのは「取り立てて言うことがなかった」という点だ。

    5年前に仏ルノーのEV「ゾエ」でドイツのあちこちを同じように旅していれば、電池切れを避けるためにうんざりするほどの下調べが必要だっただろうが、最近はそれほどでもないという。「もう入念な運転プランも必要ない」と語る。

    ヘフナーさんの話は、欧州最大の自動車市場にもようやく静かな革命が根付きつつあることを象徴するものだ。ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)によれば、充電施設の増加や機能改良を追い風に、ドイツは今年、プラグインハイブリッド車(PHV)とEVの市場規模で長年欧州のトップだったノルウェーを抜き世界3位に浮上する見通しだ。フォルクスワーゲン(VW)の広範囲にわたる排ガス不正問題を受けたディーゼル車の衰退と、都市公害に対する国民の高まる反感もこうしたシフトを勢いづける一方だ。

    これを支えるのが充電ネットワークの急拡大で、道路に設置された充電施設の密度でドイツは米国の5倍に達した。スタティスタによると、充電施設は昨年3割余り増加し8515カ所に達した。それほど多いようには思えないかもしれないが、平均で16平方マイル(約41平方キロ)に1カ所ある計算になる。

    EVの「BMWi3」で何度も旅行に出掛けているミュンヘン在住のユーリア・ペグローさんは「ドイツの高速道路での充電はとても簡単だ」と話す。ただ、「地方では多少厄介で、前もって調べる必要」があり、特にいらだつのはドイツのインフラにまとまりがないため、充電のために多数のカスタマーカードが必要になる点だという。

    手掛けているのは車の製造であり、インフラの整備ではないと何年も主張してきた自動車メーカーでさえ、今後数年間のEV技術投資400億ユーロ(約5兆2540億円)の一部を共同出資する。長年のライバルであるVWとBMW、米フォード・モーター、メルセデスの親会社ダイムラーは協力し、欧州の高速道路沿いに急速充電施設のネットワークを構築する計画に着手した。この前例のない提携により、今年末までに100カ所の充電スタンドが設置され、2019年末までには総数は4倍になる見通し。

    ◆国が販売奨励金

    20年までにドイツの公道を走るEVを100万台に引き上げる目標を掲げていたメルケル独首相は、期待外れの販売台数を受けて目標撤回を余儀なくされたため、施策を強化している。16年以降、EV購入者は4000ユーロの販売奨励金を受け取り、PHV購入者も3000ユーロの補助金を得ている。充電インフラの増強に3億ユーロの予算も計上された。首相は税制優遇措置などの追加策も計画している。

    こうした動きに市場は反応している。BNEFの予想によると、PHVとEVの販売台数は今年、64%増加し8万2000台となる見込み。BNEFはこの見通しについて、控えめな可能性があり、今年の納車数は容易に倍増し得るとみている。(ブルームバーグ Elisabeth Behrmann)
    2018.2.26 05:00
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180226/mcb1802260500001-n1.htm


    【テスラ、ポルシェを猛追 独でEV販売急増、インフラ整備奏功】の続きを読む

    170725_4wd-smallcar1

    1: 2018/02/26(月) 06:36:08.05 ID:K2+LENVE0

    軽自動車。ガソリン高のこの時代、軽自動車は我々庶民の強い味方になっていると思っていたのは筆者だけだろうか。このたびあるサイトで軽自動車に乗っている彼氏のことを「恥ずかしい。」とつづった女性のコメントに対し賛否両論、2000件もの
    コメントが寄せられているという。

    この書き込みをした女性は、「軽だと信号待ちで並ばれた時なんか恥ずかしいww下向い
    ちゃうしww」、バーベキューの時に「軽で迎えにこられた時の恥ずかしさとか分かる?」
    など書かれており、しまいには、軽自動車が理由で別れたいとまで綴っている。

    このことに対して、サイトであるはてな匿名ダイアリーにはコメントが殺到。
    「クルマにこだわるなんて今時絶滅寸前のバブルの残滓」「このご時世に まーだ軽が
    どうのこうのとかウダウダ言ってるやつがいるとはなぁ」「恥ずかしいと思うほうが
    恥ずかしい、状況に応じて乗るのが普通」などと批判の声があがった。

    しかし一方では「車が好きなので男を見る時に、乗ってる車でその人のセンスを
    見てしまいます」「軽だとひく。。」など、女性に同意する意見も見受けられた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/3904034/


    【【悲報】軽自動車、いまだに女受け最悪だった「迎えにこられた時の恥ずかしさとか分かる?」】の続きを読む

    i

    1: 2018/02/25(日) 19:13:11.69 ID:M3ksiJjv0● BE:299336179-PLT(13500)

    日経の英語メディア『Nikkei Asian Review』によると、トヨタは研究開発および設備投資に、この1年で217億ドル(約2兆3,400億円)
    を投資しており、5年前に比べると4割増になるという。それほどの資金を投じ、また今後に向けた代替燃料車やモビリティに関する大規模な計画もあり、
    トヨタのエンジニアは新しい活動の場を必要としている。だからこそ、トヨタは拠点としている愛知県に1,600エーカー(約650ヘクタール)の土地を購入したのだ。
    そこには11種類のテストコースが建設される予定で、
    そのうち1つはドイツ・ニュルブルクリンクのコースを再現したものになるという。(Autoblog 日本版)https://news.yahoo.co.jp/pickup/6273401


    【トヨタ、愛知に世界の高性能車メーカーのベンチマークコース「ニュル北」再現へ】の続きを読む

    ecn1802230053-p1

    1: 2018/02/25(日) 17:38:42.42 ID:CAP_USER9

    日本の自動車市場が、米国の大統領経済報告で「閉鎖的」と批判され、“開放”への圧力が強まる懸念が大きくなった。
    ただ、日本側は非関税障壁はないという立場で、米国車が売れないのは、ドイツ車などと比べてブランド力が低いことが要因との見方が強い。

     昨年のブランド別国内新車販売台数をみると、米ゼネラル・モーターズのシボレーは809台、キャデラックは580台、FCA USのクライスラーは213台など。
    道や駐車場が狭く大型車が敬遠されがちなことや、燃費性能が低いイメージで苦戦している。

     一方、外国メーカー車の販売台数は昨年、20年ぶりに30万台を超えるなど好調で、トップの独メルセデス・ベンツは6万8221台だった。
    欧州車は、高級車としてのブランド認知が浸透。比較的安価な小型車など、「米国車と異なり、日本市場にマッチした車種をそろえている」(業界関係者)という。

     米国メーカーをめぐっては、大手の一角を占めるフォード・モーターが日本を撤退。昨秋の東京モーターショーでも各社が出展を控えるなど、
    日本での事業強化に向けた本気度にも疑問符が付く。

     1月にはトヨタ自動車とマツダが米アラバマ州に合弁工場を建設すると発表。トランプ大統領が求めてきた米国での投資拡大や雇用増に応じた格好だ。
    しかし日本国内での米国車の販売増については、日本側の対応は難しい。米国車でも、知名度が高く、
    販売店改装などでブランド力向上を進めたジープ(FCA)の販売台数は昨年初めて1万台を超えた。拡販できるかは各社の商品や戦略次第だ。

     政府は、「輸入に関税を課しておらず、非関税障壁を設けるような差別的な取り扱いも行っていない」(菅義偉官房長官)という立場で、
    米側との認識の隔たりは大きい。(高橋寛次)

    http://www.sankei.com/economy/news/180223/ecn1802230053-n1.html


    【【自動車市場】米国車が売れないのはブランド力が低いから? 日米政府の認識に隔たり】の続きを読む

    e

    1: 2018/02/25(日) 16:15:44.55 ID:CAP_USER9

    “自動運転”バス、羽田空港周辺の公道で実証実験
    2/25(日) 14:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180225-00000012-jnn-soci

     空港での自動運転バスの導入に向け、運転席が無人のバスを走らせる実証実験が羽田空港周辺で行われました。

     一見、普通のバスですが・・・よく見ると運転手がいません。全日空とソフトバンクは25日午前、羽田空港周辺の格納庫などがあるエリアの公道で運転席に人が乗っていない自動運転のバスを走らせる実証実験を行いました。

     バスは、あらかじめ人工知能=AIが記憶した走行ルートをもとに、搭載されたセンサーなどで周囲の状況を認識して走行します。

     「空港こそ無人運転技術の活用の場にふさわしいなと実感しました」(ANAホールディングス株式会社 片野坂真哉 代表取締役社長)

     国土交通省では空港の地上職の人手不足解消のため、乗客や乗員がターミナルから航空機まで移動するバスに自動運転の導入を検討していて、来年度中に空港内での実証実験を行う予定です。(25日13:26)


    【“自動運転”バス、羽田空港周辺の公道で実証実験】の続きを読む

    このページのトップヘ