2017年11月

    be8de_1641_91c09282_7f1e9227

    1: 2017/11/28(火) 20:18:58.75 ID:CAP_USER9

     高速道路を逆走した男性は「降りようと思っていたインターまで戻ろうとした」などと語っています。

     27日午後5時ごろ、福島県いわき市の59歳の男性が運転する軽乗用車が、常磐自動車道の上り車線を逆走しました。
    男性は約4キロにわたって追い越し車線を逆走し、衝突を避けようとした普通乗用車が道路脇の斜面に乗り上げました。
    警察によりますと、逆走した男性は道を間違えたためにパーキングエリアからUターンしたとみられ、「降りようと思っていたインターまで戻ろうとした」などと話しているということです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13953090/


    【【話題】あわや大惨事!高速道路の追い越し車線4Km逆走】の続きを読む

    TBWA004

    1: 2017/11/28(火) 17:02:21.790 ID:WVB331gt0

    タイヤロックとか買うお金もったいないから百均チャリのロックでタイヤロックしようかと思うんだけど

    傷つけなかったらいいのかね


    【人の駐車スペースに勝手に止めてるバカを何とかする方法思いついたんだけどこれっていいの?】の続きを読む

    Escala_20161207_6365908_1

    1: 2017/11/28(火) 17:05:12.179 ID:BA77cUXXd

    車なんて興味ないし安い方がええやん
    タント広いやん
    あかんのか?

    マンション買ったばっかで金ないし


    【【悲報】年収500万ワイ、彼女に軽自動車はイヤだから買い換えろと言われるwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/11/28(火) 14:41:35.90 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASKCX458QKCWULFA00H.html

     ジャガー・ランドローバー日本法人は27日、上級車種の新型ジャガー「XF」の受注を始めた。セダンを一部改良し、荷室が広いワゴン「スポーツブレイク」を追加。荷物の重量に合わせて車体を水平に保つサスペンション機能を付けた。ガソリン車(排気量2.0リットルと同3.0リットル)とディーゼル車(同2.0リットル)から選べる。消費税込み605万円から。

    no title


    【新型ジャガー「XF」、受注開始 荷室が広いワゴン追加 605万円~】の続きを読む

    3c3

    1: 2017/11/27(月) 18:45:46.84 ID:BNP1D/hJ0 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典

    一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、8月15日~9月14日に実施した
    全国の「信号機のない横断歩道」における歩行者優先についての実態調査の結果を10月24日に発表した。

    各都道府県2箇所ずつ、全国合計94箇所で信号機が設置されていない
    横断歩道を通過する車両を対象に行った調査の結果、歩行者が
    渡ろうとしている場面で一時停止した車は、対象となった10,251台の
    うち867台(8.5%)という結果となった。前年の調査時と比べてわずか
    0.9%の増加しているものの、依然として9割以上の車は止まらなかった。

    前年は調査を行なった94箇所中8箇所では、一時停止率が0%と
    まったく一時停止しない状況だったものの、今回は2箇所まで減少しちえる。

    前年に一時停止率が平均48.3%と最も高かった長野県では、
    今回の調査でも64.2%(2箇所平均)と引き続き全国で最も高い結果となった。


    http://news.livedoor.com/article/detail/13947266/


    【信号のない横断歩道で止まる車10%にも満たないwwwww】の続きを読む

    1: 2017/11/28(火) 11:05:25.72 ID:CAP_USER9

    ワイヤロープ方式の防護柵が正面衝突事故を防いだ様子(国交省提供)
    no title


     国土交通省は27日、対面通行の「暫定2車線」の高速道路で正面衝突事故を防ぐため、道路中央部にワイヤロープ方式の防護柵を設けた12路線の一部区間で、対向車線への飛び出し事故が激減したとの集計を明らかにした。単純比較はできないが、2016年の年間45件に対し、防護柵設置後の今年4~10月は1件にとどまった。同日の有識者検討会に報告した。.

     国交省は集計結果を踏まえ、暫定2車線の有料区間2580キロのうち、4車線化工事が進む区間などを除く約1200キロで、安全対策としてワイヤロープ方式を導入する方針だ。.

     検討会では、東日本高速道路の担当者が防護柵の導入について「事故防止に非常に役立っている」と説明。参加した委員からは設置コスト削減や工期短縮を促す意見もあったが、ワイヤロープ方式に一定の有効性があるとの認識で一致した。

    配信2017.11.27
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/photo/daily/news/171127/dly1711270021-n1.html


    【【高速道路】ワイヤロープ方式の防護柵で高速道事故激減 対面通行12路線で45件が1件に】の続きを読む

    imh228-01mlc

    1: 2017/11/27(月) 18:08:15.80 ID:CAP_USER9

    自動車F1シリーズのマクラーレン・ホンダが26日に決勝が行われた今季最終戦アブダビ・グランプリ(GP)で2度目のタッグを終えた。1988~92年に黄金期を築いた「伝説のチーム」の第2章は2015年に始まったが、優勝はおろか表彰台もなく、5位が最高。期待外れに終わった。

     結果を残せなかった最大の要因は、エンジンを中心とするホンダ製パワーユニット(PU)の信頼性とパワーの不足だった。勝負を懸けた今季のPUは、オフのテストからトラブル続きで馬力も不足。「王者メルセデスに追い付く」(長谷川祐介ホンダF1総責任者)との目標は序盤戦でついえ、マクラーレンが言い出す形での関係解消につながっていった。

     それでも今季後半戦は、2台のマシンが入賞(10位以内)をめぐる戦いを演じた。最終戦ではフェルナンド・アロンソ(スペイン)が9位に入賞。ホンダの長谷川氏は「ここまで挽回してくれた開発陣の努力はたたえたい」と話したが、シーズンを通じて優勝争いには全く絡めなかった。

     コンストラクターズ(製造者)部門の年間順位は15年9位、16年6位、17年9位。エースドライバーのアロンソは「この3年間は困難の連続だった。結果という点では成功できなかったが、全員が懸命に戦い、努力していた」と語ったが、タイトル争いとは無縁の3年間だった、との思いを強く持っている。

     来季、ホンダはトロロッソにPUを供給し、マクラーレンはルノーからPU供給を受け、別々の道を歩む。 

    11/27(月) 17:53配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000075-jij-spo


    【【F1】マクラーレン・ホンダ、3年間で表彰台なし...関係解消!別々の道へ...結果を残せなかった最大の要因は?】の続きを読む

    mira

    1: 2017/11/28(火)08:28:14 ID:sZy


    しかも俺が落ち込んでたら
    「何!?いつまでも人の事責めてさ!(最初に怒った以外何も言ってない)
    ぐちぐちぐちぐち!(何も言ってない)
    私が直してこりゃいいんでしょ!(お前はバカなんだから触るな)
    だいたいあんただっていつも私に迷惑かけてんじゃん!!(根拠がない)」
    謝ったら死ぬ病気なのか?


    【嫁が車のミラーぶつけて壊しやがったwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/11/28(火) 10:17:28.50 ID:aoFF1opo0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    ホンダが1999年から2009年までの10年間に販売したFRオープン2シーター『S2000』の後継モデルに関して、
    欧州のスクープエージェントから最新情報を入手。2019年の市販化に向け、開発が進んでいるという。
    その情報を元にレスポンスの兄弟サイトSpyder7では予想CGを制作した。

    予想CGのベースとなっているのは、2016年7月に流出したモックアップ画像だ。ホンダは同時期に『ZSX』の名称を商標登録しており、
    数年前から「ベイビーNSX」とも噂されているモデルとリンクしている。またホンダは11月9日、「グランツーリスモ」とのコラボレーションモデルとして
    ミッドシップスポーツ、『スポーツ ビジョングランツーリスモ』を発表している。こうした動きから、S2000後継モデルは
    「スポーツ ビジョングランツーリスモ」の市販版として、「ZSX」という車名で登場する可能性が高いと予想される。

    「スポーツ ビジョングランツーリスモ」のスペックから予想される注目のパワートレインは、8速DCTと組み合わされる
    2リットル直列4気筒ターボエンジン+DOHC VTECだ。最高出力は400ps程度が目安となるだろう。ボディはカーボンファイバーを多用した
    軽量ボディとなり1000kg以下が想定される。

    2019年の市販化へ向け、開発が加速してきているのは間違いない。

    https://response.jp/article/2017/11/28/303016.html#cxrecs_s
    no title


    【ホンダ S2000 後継モデル、登場は2019年か 名前は「ZSX」が濃厚【画像】】の続きを読む

    h-title

    1: 2017/11/27(月) 15:26:21.833 ID:9gtXLYiCM

    教官「信号待ちで車間距離詰めすぎてすよ!前のタクシーがこのまま止まったらどうするの!⁉」
    俺「ぬっ!? あのタクシーは二種免許のプロドライバーなのでそんな停め方しません!」
    教官「・・・タイヤが見えるくらいで止めましょう」
    俺(ざまぁwww)


    【自動車学校の二種免許検定の教官うぜぇwww】の続きを読む

    TOYOTA_Prius_PHV

    1: 2017/11/27(月) 21:00:00.57 ID:BNP1D/hJ0 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典

    日没前後から夜間にかけて多発する歩行者vsクルマによる死亡事故防止を
    目的としており、ドライバーの意思と関係なく点灯するのが特徴で、薄暮時の
    被視認性向上により、事故防止に寄与することが期待されています。

    現在はメーカーや車種によって点灯タイミングが異なっていますが、今後の
    新型車からは周囲の明るさが「1,000ルクス未満」になった時点から
    2秒以内に点灯するように統一されます。

    https://clicccar.com/2017/04/18/464624/


    https://www.youtube.com/watch?v=POia7LtpBao


    https://www.youtube.com/watch?v=BMJbmPPYv9g



    【オートライト義務化でライトカットによる「車線変更どうぞ」が見られなくなるな】の続きを読む

    1: 2017/11/27(月) 19:43:41.98 ID:CAP_USER9

    27日午後4時20分ごろ、兵庫県三木市平田のコンビニエンスストア「ローソン三木平田店」で、
    同市内に住む男性会社員(22)運転の乗用車が店の出入り口の自動ドアに衝突した。
    割れたドアのガラスが飛散し、店内にいた市内の女子中学生が顔に軽傷を負った。

    三木署によると、男性は「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているという。
    同店は一時営業を停止した。

    写真:乗用車が衝突し、破損したコンビニエンスストア出入り口の自動ドア
    no title

    no title


    以下ソース:神戸新聞 2017/11/27 19:10
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201711/0010769297.shtml


    【「アクセルとブレーキを踏み間違えた」22歳運転の車がコンビニに突っ込む】の続きを読む

    oodh0002

    1: 2017/11/27(月)07:19:37 ID:c1V

    横断歩道で当たり屋したら治療費ふんだくれるんじゃないの?
    横断歩道ってほとんどの車が停車しないよね?
    まぁ、実際には当たり屋がいないってことは警察は当たり屋を見抜く技術か何かあるのかもしれないけど。


    【信号ない横断歩道に渡りたい歩行者がいたら停車して譲らないといけないなら】の続きを読む

    このページのトップヘ