2017年09月

    arut

    1: 2017/09/21(木) 15:22:26.85 ID:F/bYloxA0 BE:787573259-PLT(15000) ポイント特典

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000082-jij-soci

    スズキ26万台リコール=ワイパー動かぬ恐れ

    スズキは21日、「アルト」など軽乗用車2車種のワイパーが動かなくなる恐れがあるとして、
    26万5008台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

    防水構造が不適切なため、フロントワイパーを動かすモーターが腐食する可能性がある。
    127件のトラブルがあったが、事故は報告されていない。

    国交省によると、対象車は2009年12月~12年12月製造で、アルト約23万台と、
    マツダにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「キャロル」が約3万台。 


    【スズキ、アルト26万台リコール ワイパー動かなくなる恐れ】の続きを読む

    1: 2017/09/21(木) 21:57:41.23 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2017年9月19日、復元作業を施した、「トヨタ・スポーツ800」(通称ヨタハチ)のレーシングカーを発表した。

    トヨタ・スポーツ800は、トヨタが1965年から1969年にかけて製造したスポーツカー。今回の個体は、1966年に開催された「第1回鈴鹿500kmレース」において1-2フィニッシュしたうちの1台(フレームナンバー:UP15-10007)で、修復後は「スポーツ800 GR CONCEPT(コンセプト)」の呼び名が与えられている。

    作業に際しては、TOYOTA GAZOO Racingのエンジニアにより、内外装のレストアのみならず、運動性能に関わるチューニングも施されている。その過程では匠といわれるベテランから若手まで多くのメンバーが参加、技能伝承と人材育成も行われたという。

    同社では今後、全国各地で展示を行うなど、スポーツ800 GRコンセプトに一般のファンが触れられるイベントも検討しているとのこと。(webCG)

    2017.09.19
    http://www.webcg.net/articles/-/37149

    トヨタ・スポーツ800 GRコンセプト
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「トヨタ・スポーツ800」(通称ヨタハチ)のレーシングカーが復活】の続きを読む

    006_o

    1: 2017/09/21(木)18:57:50 ID:FTK

    やばいかな?

    スバルWRXSTIの2014年式
    走行距離は3万キロほどなんだけども
    車屋さんが言うには別に修復歴もないのに買った人みんなすぐ売りに来るんだって、
    だから普通のSTIに比べるとめっちゃ安い
    買おうと思ってるんだけどどう思う?
    事故車とかではない


    【購入後すぐに売りに出された車を買おうと思うんだけど・・・】の続きを読む

    nissan

    1: 2017/09/21(木) 22:24:36.30 ID:CAP_USER

    9月6日、日産自動車はフルモデルチェンジした電気自動車(EV)「リーフ」を発表した。新型リーフの航続距離は400kmで、初代の2倍。西川廣人CEOは「航続距離を競う時代は終わる」として、EVのさらなる普及に自信をみせた。「自動運転」などでも先行する日産の勢いはどこまで続くか――。
    EVで航続距離を争う時代は終わる?
    「電気自動車(EV)はもう特別な存在ではなくなった。航続距離を競う時代は終わる。これからはどれだけ魅力的な車をつくることができるかが競争で勝つための大きなカギになる」

    日産自動車は9月6日、新型「リーフ」を発表。その後に開いた記者懇談会で西川廣人CEOはこう強調した。2010年12月の初代を発売して以来、6年10カ月ぶりとなる2代目で、価格は315万円からだ。

    日産の新車発表会といえば、これまで横浜の本社ビルで開くことが多かったが、この日は違った。幕張メッセの2ホールを貸し切り、「ワールドプレミアムイベント」という名前まで付けた。午前中には報道関係者向け、午後には販売店など取引関連向けの説明会を開き、約5000人を招待した。演出も派手で、ステージの床や壁面にグラフィックが投影され、青色のライトが飛び交う中を新型リーフが登場。まるでロックコンサートのようだった。これほど大規模な新車発表会は他社も含めてほとんど記憶にない。

    2代目リーフの最大のポイントは、大容量電池を搭載したことで初代に比べて航続距離が約2倍となり、1回の充電で400km走れるようになったこと。西川CEOは「日本では400kmというのは実用的に全く問題ない。EVと意識しないで使っていただけるレベルになった」と胸を張り、航続距離の課題は克服できたとの見方を示した。

    また、製品開発担当の坂本秀行副社長は「バッテリーについては、政府や大学の研究機関と長い間基礎研究をしてきたので、そのメカニズムについて相当理解することができた。その結果、バッテリーが保持できるエネルギーの密度を飛躍的に上げることができた」と話した。

    しかし、日産は8月8日、そのバッテリー事業を中国の投資ファンドに売却すると発表している。苦労して開発し、他社よりも優位に立っているというバッテリー事業を、なぜ売るのか。その理由は、日産がEV向けのバッテリーが「虎の子の技術」ではなくなると見ているからだ。

    「バッテリーの容量は今度、どのメーカーもほぼ同じになるため、バッテリーで競争力を出す時代は終わるだろう。したがって、バッテリーの製造はパートナーと組んでやればいい。それよりも今、重要なのは制御やソフトの技術力を高めてどう自社の特徴を出すか。新型リーフでもその部分の開発の陣容を厚くしたし、今後もさらに厚くしていく」(西川CEO)

    中略
    初代リーフは累計販売台数が28万台で、当初目標を大きく下回ったものの、日本メーカーの中では「EVは日産」という存在感を示すことに成功した。しかも今年に入って、欧米の自動車メーカーがこぞってEV開発に力を入れ、次々にEVを発売。米テスラは今年7月に量産型EV「モデル3」を発売し、受注はなんと50万台にのぼった。まさに「EV時代」が到来しつつあるように思える。

    日産はこうした動きを捉えて、2代目リーフでEVのリーダーとしての地位を確固たるものにしようというわけだ。しかし、販売台数目標について、西川CEOは具体的な数字を明らかにしなかった。

    「われわれがあまり台数を言ってもしょうがない。これまでの経験から信頼の土壌ができており、目算としてグローバルで2倍は間違いなく、日本は3倍ぐらい行けると思っている」(西川CEO)

    2016年度の販売実績は国内約1万2000台、グローバルでは約4万7500台だった。果たして、西川CEOの目論見通り、新型リーフがユーザーに受け入れられるかどうか、今後の動向に目が離せない。
    http://president.jp/articles/-/23128


    【【EV自動車】EVシフトをド派手に宣言 日産CEOの真意】の続きを読む

    column_img04

    1: 2017/09/20(水) 23:44:58.959 ID:TBXO7uyi0

    MT車「スピードの限界を超えたいか…? ならば、お前のその手で俺の力を引き出してみな」


    車好き曰く、「AT車は楽だが、車に"乗せられてる"感じが我慢ならない」と言っていたが
    つまりはこういう事か?


    【AT車「安全運転で参ります 私の指示に従って操作して下さい」】の続きを読む

    1: 2017/09/21(木) 07:27:52.80 ID:CAP_USER9

    日産自動車が10月2日に売り出す電気自動車(EV)の新型「リーフ」が9月6日の発表以来の約2週間で、月間の販売目標を大きく上回る4千台超の予約を集めている。19日、西川広人社長が明らかにした。

    先代のリーフは累計28万台超と世界で最も売れたEVだが、2016年度の販売は国内で平均月1千台、世界で約4千台で、日産の販売全体の1%にも満たない。新型リーフは、EVで先行した日産がリードを守れるかのカギを握っており、日産は国内では月3千台ほどを売る目標を立てていた。

    EVには、ドイツ勢など海外メーカーも急速に力を入れるようになっている。西川氏はこの日、神奈川県横須賀市の追浜工場でリーフの本格的な生産開始を記念して開かれた式典に参加。「競争も厳しくなるが、EVの世界が広がっていくのは我々の想定した通りで、歓迎だ」と述べた。

    日産はこの式典で、1933年の創業以来、世界生産の累計が1億5千万台に達したと発表した。新興国市場の成長で台数の伸びのペースは上がっている。累計1億台を達成した06年からの11年間でつくった車のうち、8割を海外生産が占めた。(青山直篤)

    日産自動車のEV、新型「リーフ」の本格生産を記念する式典には、西川広人社長(右から2番目)らが参加した=19日午前、神奈川県横須賀市の日産追浜工場
    no title


    配信2017年9月20日10時17分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9M4GRDK9MULFA017.html


    【日産新型「リーフ」が予約好調 月間目標大きく上回る4千台超】の続きを読む

    sotu

    1: 2017/09/19(火) 23:44:10.50 ID:esNu8cGt0

    卒検受験者「あっ歩行者が譲ってくれてる!ありがとう!」(ブーン

    教官「歩行者優先なのに先に通ったから不合格ね」

    卒検受験者「」


    歩行者「あの人受かるといいなぁ」


    【歩行者「卒検の車だ!邪魔しちゃ悪いから先に行ってもらおう」】の続きを読む

    AS20170919002086_comm

    1: 2017/09/19(火) 22:21:03.24 0

    若者のクルマ離れに歯止めをかけることができるのでしょうか? トヨタ自動車はこれまでのスポーツカーブランドを一新し、新たなブランドを発表しました。

    タイヤをきしませながらドリフトを繰り返すこちらの車。これが「若者の“クルマ離れ”」を食い止めるトヨタの“秘策”だというのです。

    19日、トヨタが発表した新たなスポーツカーブランド「GR」。
    実はトヨタはこれまで「Gスポーツ」という別のブランド名を使ってきましたが、浸透しませんでした。そこで、なんとか知名度をあげようと、今回、これを一新。
    「GR」ブランドに統一し、セダンからミニバンまで幅広い車種をスポーツ仕様にして販売します。狙いは団塊の世代を中心としたクルマ好きの囲い込みと若者のクルマ離れを食い止めることにあります。

    「大多数の客は便利で移動手段的に考えると思うが、その中でも俺って車好きなんだよとアピールできるような、両方の客を満足させることにチャレンジしていきたい」(トヨタ自動車 豊田章男社長)

    最も安い価格で208万円からというこちらのシリーズ。低迷が続く国内の自動車販売の起爆剤となるのでしょうか?
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170919-00000074-jnn-bus_all


    【トヨタ、スポーツカー専門の新ブランド「GR」発表。セダンからミニバンまでスポーツ仕様に、最低価格208万円から】の続きを読む

    このページのトップヘ