2017年05月

    1: 2017/05/30(火) 21:30:43.52 ID:CAP_USER

    テスラは、経済性や環境性能ばかりが注目されていた電気自動車(EV)の世界を変えた。スピードも追求したからだ。

    今年2月、100kWhのバッテリーを搭載したテスラ・モデルSは「Ludicrous Mode」(「狂気モード」「バカモード」などと言われる)で、0-60mph、2.3秒を切った(正確には2.275507139秒)。この加速性能は、ポルシェ911ターボSを上回る。

    しかしEVでスピードを追求しているのはテスラだけではない。複数のスタートアップメーカーが、とてつもなく速いEVスーパーカーを開発することで名を上げようとしている。メルセデス・ベンツのような有名企業もスピードを追求したEVを発表した。

    以下、とてつもないスピードを誇る5台のEVスーパーカーを紹介しよう。ポイントは、0-60mphのタイムと最高速度。スーパーカーの決め手と言えば、この2つだ。 

    0-60mph:停止状態から時速60マイル(約96.6km/h)に達するタイム。

    1. 中国のスタートアップNioのEVスーパーカー「Nio EP9」。最高速度は時速194マイル(約312キロ)。0-100km/h(約62mph)は2.7秒。
    no title


    Nio EP9は、2つのスピード記録を持っている。5月中旬、有名なドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで6分45秒09という記録を打ち立てた。

    昨年、同車が記録したEV最速の7分05秒12という驚異的なラップタイプをさらに10数秒も縮めた。
    またNio EP9は、フランスのポール・リカール・サーキットで1分52秒78というEV最速記録も持っている。

    同社によると、Nio EP9は265マイル(約427.5km)という素晴らしい航続距離を誇る。同社は、Nio EP9を148万ドル(約1億6000万円)で限定生産している。

    2. ルノーは昨年9月、EVスーパーカーのコンセプトモデル「Trezor」を発表。ルノーによると出力は350馬力を誇るが、まだコース上でタイム測定は行っていない。
    no title

    no title


    Trezorのモーターには、フォーミュラE選手権で2度優勝した同社のチーム「ルノー e.dams」のノウハウが導入されている。

    ルノーは最高速度を発表していないが、0-100km/hは、4秒を切るとしている。

    ルノーのコンセプトカー「Trezor」、キャノピードアをリフトアップしている様子

    「Trezor」はデザインが特徴的だ。乗降時には、屋根が持ち上がる。なお航続距離も不明だ。

    3. メルセデス・ベンツは昨年8月、コンセプトカー「Vision Mercedes-Maybach 6」を発表。その出力は738馬力というとてつもない数値だが、走行テストはまだ。
    no title

    no title


    全長は18.5フィート(約5.6m)。最高速度は時速155マイル(約249.4キロ)。0-60mphは4秒を切るという。

    だが最大の特徴は、わずか5分の充電で62マイル(約99.8キロ)も走行できることだろう。

    4. クロアチアの自動車メーカー「Rimac(リマック)」は今年3月、ジュネーブモーターショーで「Concept_One」を発表。その出力は、なんと約1070馬力に達する。
    no title


    Rimacは、テレビ番組の1/4マイル(約402.3m)対決で、ポルシェ・スパイダー918に勝った。
    最高速度は時速355キロ、0-100km/hは2.6秒。今回取り上げた中では最も速いEVスーパーカーだ。

    続きは
    https://www.businessinsider.jp/post-33761


    【時速355キロ! とてつもなく速いEVスーパーカー5選】の続きを読む

    1: 2017/05/30(火) 16:29:16.94 ID:CAP_USER9

    朝日新聞 2017年5月30日15時55分

    国土交通省は30日、地域にちなんだイラスト入りの車のナンバーの図柄を、全国の自治体から募集すると発表した。同省で見えやすさなどを審査し、来年10月から交付する。
    ご当地イラスト入りプレートは125cc以下のバイクで導入済みだが、車では初めて。

    イラスト案は「品川」や「福岡」など全国に116あるナンバーの地域名ごとに、自治体が国に申請する。「走る広告塔」として期待され、すでに50を超える地域が導入を検討しており、デザイン案を公募済みの自治体もある。

    この日は、緑の文字の背景に風景などのイラストが入るイメージ図が初めて示された。
    カラーと白黒の2種類が用意され、カラーを選ぶ場合は交付料に加え寄付金が最低1千円必要になる。普通車と軽自動車のプレートは同じデザインになるのも特徴。利用者は、従来のプレートかイラスト入りかを選ぶことができる。

    また、各地のゆかりの地域名をつける「ご当地ナンバー」も募集する。これまで2004年と13年に募集をかけ、「富士山」などすでに29の地域で採用されている。今回は図柄と併せて応募してもらい、20年度から交付する。

    イラスト入りのプレートとしては、19年のラグビーワールドカップ開催記念のものが交付中。東京五輪・パラリンピックの記念プレートもデザインが7月に決まり、10月から交付される。(伊藤嘉孝)

    ご当地イラスト入りナンバーのイメージ(国土交通省提供)
    no title


    http://www.asahi.com/articles/ASK5Y6SF5K5YUTIL050.html?iref=comtop_8_06


    【車のご当地ナンバー、イラスト図柄募集 来秋から交付】の続きを読む

    53

    1: 2017/05/31(水) 01:09:03.84 ID:7yLBaG/7a

    神      ss s660 コペンミゼット

    普通車と同格 s カプチ

    まあいい車  a az-1、ビート、ワークス、rxr

    ギリ車と呼べるb ネイキッド、アバンツァーと、タント、

    ババア車   c ラパン、ミラ、アルト

    貧乏人丸出し d VIVIO、キャロル、軽トラ、ムーブ、ライフ


    ママチャリ並み e ハスラー、nシリーズ、ek、ワゴンR


    以下、
    老害が乗ってる変な電動移動機みたいなのと同じぐらい邪魔でクソダサいゴミ


    【軽自動車格付けランキング作ったぞwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/05/29(月) 07:24:57.96 ID:CAP_USER

    電池を動力にする電気自動車(EV)は通常のガソリン車を購入するよりも安くなり、保有者にすぐに恩恵をもたらすようになるー。ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)の新たな調査で明らかになった。
      
    フランスのルノーや米テスラなどの自動車メーカーはこれまで、長期にわたり無公害のEV購入する際の割高な初期投資は比較的安い燃費と維持費により補われると売り込んできた。

    BNEFの調査は、電池コスト値下がりで早ければ2025年に欧米でのEV購入がガソリン車より安くなることを示唆している。
    現在、EV全体のコストで電池が占める割合はほぼ半分。BNEFの予想では2016年から30年までの間に電池価格は約77%下落する。
    no title


    BNEFのアナリスト、コリン・マッケラッチャー氏は通常車との「価格差縮小につれ、初期投資は割安となり始め、EV購入が増え始めるだろう」とし、「それからはさらにEVの魅力が高まるだろう」と分析した。

    ルノーのEV担当上級副社長であるジル・ノルマン氏によれば、EVの総保有コストは2020年代前半に通常の内燃機関自動車に並ぶと予想している。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-28/OQK1G66K50XX01


    【電気自動車は10年以内にガソリン車より割安に、電池下落で】の続きを読む

    1: 2017/05/29(月) 14:04:18.00 ID:44j48iVZ0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    ドイツの高級車メーカー、BMWは5月27日、『M8』の開発プロトタイプ車の写真を公開した。
    BMWは5月25日、イタリアで開幕した「Concorso d'Eleganza Villa d'Este」において、『コンセプト8シリーズ』をワールドプレミア。2018年に、新型『8シリーズクーペ』として市販されることが決定している。
    M8は、新型8シリーズクーペの頂点に立つ高性能グレード。『M3セダン』、『M4クーペ』、『M5』などと同様、BMW Mが開発を担当する。
    公開された開発プロトタイプ車は、BMWのMモデルらしく、大型のエアインテーク、強化ブレーキ、4本出しのスポーツエグゾーストなどが特徴。BMWによると、パワーは新型8シリーズクーペに対して、大幅に高められるという。
    BMW M部門のFrank van Meel社長は、「新型8シリーズクーペとM8の開発は並行して行われている。「M8は、新型8シリーズクーペのDNAをベースにし、サーキット性能、ダイナミックなシャープネス、俊敏性を強化する」と述べている。

    BMW M8 プロトタイプを公開…開発中 8シリーズ 新型の頂点
    https://response.jp/article/2017/05/27/295330.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【BMW、新型8シリーズ最高級グレード 「M8」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    1: 2017/05/27(土) 10:30:31.02 ID:SGuKCIQv0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    一時期、日本での販売が停止していたホンダ『シビック』が今夏、再び日本で発売されることになった。新型は初代から数えて10代目にあたる。

    日本で発売されるシビックはセダンとハッチバックの2種となるが、イギリスのウィルシャー工場(ホンダオブUKマニュファクチャリング)で製造されるハッチバックに対し、セダンは国内の寄居工場で生産される国産車となる。

    ボディサイズは全幅が従来比45mm幅広の1800mm、全長は95mm長い4650mm、全高は20mm低められた1415mm。ホイールベースも先代より30mm長い1700mmで全体として大きくなりつつ、全高は下げてワイド&ローのスタイリングを実現している。

    搭載されるエンジンはセダン、ハッチバックともに1.5リットルターボだが、細かいセッティングが異なりセダン用は173馬力、220Nmのスペック。組み合わされるミッションはCVTのみとなっている。

    https://response.jp/article/2017/05/27/295315.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ・シビックがかっこよすぎる!!!】の続きを読む

    img1_file592bad1db7b3a

    1: 2017/05/29(月) 21:18:45.35 ID:CAP_USER

    (ブルームバーグ)ドイツの高級車メーカー、BMWは29日、独国内に続き、中国や南アフリカ共和国でも生産を停止することになりそうだ。同社はステアリング関連部品不足への対応を迫られている。

    広報担当のミヒャエル・レブストック氏によると、中国・瀋陽と南ア・ロスリン両工場の生産を終日停止する公算が大きく、独ライプチヒの工場は一部閉鎖が見込まれているという。イタリアの自動車部品供給業者が必要な部品を納入できず、ライプチヒ工場は26日から閉鎖されており、ミュンヘンの別工場も影響を受けたと、独誌フォークスが28日早くに報じた。部品業者の具体名は明らかにしていない。

    レブストック氏は「現時点で生産停止が解除される時期は不明だ」と述べ、部品不足に伴い、さらなる生産停止を必要に応じて決めると付け加えた。財務面の打撃については「対処可能」だが「まだ算定できていない」としており、「1シリーズ」から「4シリーズ」に至る全モデルが影響を受けたと説明。「作業部会が絶えず問題解決に取り組んでいる」と語った。

    原題: BMW to Stop Production in China, South Africa on Supply Shortage(抜粋)

    (2017/5/29 14:00)
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00429900


    【BMW、中国と南ア工場での生産も停止-独に続き部品不足で】の続きを読む

    fff

    1: 2017/05/28(日) 09:44:13.66 ID:CAP_USER

    日本の主な自動車メーカー7社の研究開発費は、次世代のエコカーや自動運転技術の開発競争が激しくなる中、今年度は、合わせて2兆8500億円余りと過去最高の水準に達する見通しで、業績が伸び悩む中、効率的な開発が課題となっています。
    自動車業界では、環境規制への対応に加えて、カメラやセンサーなどを使った自動運転技術など、これまでの車作りにはなかった先端技術の開発競争が激しさを増しています。

    このため、自動車メーカー各社は研究開発費を増やしていて、このうち「トヨタ自動車」は今年度、1兆500億円と前の年度より1.2%増やす計画です。このほか、「ホンダ」が9.4%、「日産自動車」が7.1%、「SUBARU」は17.3%増やす計画で、この結果、日本の主なメーカー7社の今年度の研究開発費は合わせて2兆8500億円と過去最高の水準に達する見通しです。

    メーカー各社は、業績が伸び悩む中、先端技術の開発を、いかに費用や時間を抑えて効率的に進めるかが課題となっています。このため、「ホンダ」がアメリカの「グーグル」系の企業と共同研究を進めるなど、業界の垣根を越えた連携の動きも広がっています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170528/k10010997411000.html


    【自動車メーカーの研究開発費 過去最高に】の続きを読む

    1: 2017/05/27(土) 21:31:23.247 ID:rf61v5BD0

    no title

    no title

    no title

    1500万もする高級車なのにイヤらしくなくて
    俺達の車だと夏はエアコンついてるとはいえ
    夏はケツが蒸れて嫌になるが
    ポルシェ911さんはシートペンチレーターとかいうシートから冷風出してくれるような機能もあって冷え冷えのケツで涼しい顔してドライブできるし
    乗り心地悪くないし運転楽しいし音良いし(991カレラS運転させていただいた)

    最高かよ


    【ポルシェ911とかいう車好きなら憧れてしまう車…】の続きを読む

    01_px400

    1: 2017/05/26(金) 23:17:45.65 ID:CAP_USER9

    個人間カーシェアリングは、会員登録している利用者同士が個人所有のクルマを貸し借りするサービス。借り手にとっては比較的安い価格で
    クルマを利用でき、貸し手にとっては自分が乗らないときにクルマを貸すことで対価を得られるという利点がある。以前から地域限定で運営して
    いる小規模なサービスはいくつかあったが、2015年5月にディー・エヌ・エーが「Anyca(エニカ)」を開始し、一気に代表格になった。

    Anycaによると、2017年5月時点の会員数は7万人、登録されているクルマの数は3500台。会員の9割5分は男性で、地域別では東京都
    在住が半数、関東の1都3県に広げると8割に至る。Anycaの事業を担当するディー・エヌ・エーのオートモーティブ事業部カーシェアリンググル
    ープの大見周平グループマネジャーは、「ドライバーは自家用車を持っていない人が多いが、持っていても、別のクルマに乗ってみたいからと
    利用する人、購入検討中のクルマを試乗感覚で借りてみる人もいる」と話す。実際、ドライバーに人気なのは、高級車やオープンカーの
    ように乗ってみたくても手を出しにくいクルマや、リリース直後の新車種。あるいは大人数で乗れるなど実用性が高いクルマだという。

     大見氏は、個人間カーシェアリングサービスについて、「レンタカーや企業が運営するカーシェアリングサービスに比べて登録車種が多いため、
    ドライバーにとってはいろいろなクルマに乗れるのが利点。連休などの繁忙期でも借りられるクルマを見つけやすいというのもある。一方のオー
    ナーは、駐車場に眠りがちなクルマを有効活用できる。駐車場代などの足しになればと考える人が多い」と説明する。

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/051500922/


    【ネットでクルマを貸し借り 個人間カーシェアは進むか】の続きを読む

    1: 2017/05/28(日) 11:15:43.54 ID:CAP_USER9

    ■受信した電波を増幅させてリレー

     クルマのドアを自動で解錠できる、便利な「スマートキー」ですが、その弱点を突いた盗難が海外で発生していることなどから、警察庁が各都道府県警やメーカーに注意を呼びかけています。

     スマートキーは、クルマとキーがそれぞれの電波を受信し合って電子IDを照合し、ドアの施錠や解錠、エンジンの始動を行うシステム。2016年に国内で生産された約570万台のクルマに導入されています。通常、キーがクルマの周囲約1m以内になければ作動しませんが、警察庁によると、海外の事例やネット上にアップロードされた動画から、その弱点を利用した、新たな盗難の手口が確認されるといいます。

     その手口とは通称「リレーアタック」。クルマから離れた運転者に犯人の一人が接近し、特殊な装置を使ってキーの電波を受信したあと、増幅させた電波を仲間に送信し、電波を「リレー」するというもの。クルマに、キーから発信された電波だと誤認させ、解錠してエンジンをかけた上で、犯行に及んでいるとみられます。

     警察庁によると、2016年の自動車盗の認知件数は約1万1600件で、このうち施錠した状態で被害に遭うケースは7割以上。窓ガラスを割って車内に侵入し、配線を直結させてエンジンをかけたり、クルマのキーの電子的照合システムである「イモビライザー」を特殊な機器で無力化したりするのが主な手口です。

     同庁担当者は、2017年5月現在、リレーアタックによる被害件数は不明としつつも、「2016年春から、リレーアタックが今後、国内で行われる可能性を踏まえて各都道府県警への情報共有を行っており、各メーカーに対しては、リレーアタックに対する対策を検討するよう要請している」と話しています。

    5/28(日) 7:40配信 乗りものニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00010001-norimono-bus_all

    画像
    no title


    【「スマートキー」の電波をリレー? 海外で新手のクルマ盗 警察庁が注意喚起】の続きを読む

    このページのトップヘ