2017年03月

    51dcc0c1

    1: 2017/03/26(日) 04:51:09.07 ID:JzSuUfoA0

    9月半ばから通ってて、学科1段階終わってて(仮免前効果測定はまだ)、1段階あと2回乗車で見極め。って状態なんだけど、ここから本気出せば6月までに卒業できる?

    ちなAT限定の普通乗用車


    【車の免許持ってる人に聞きたいんだけど】の続きを読む

    tenkitenki

    1: 2017/03/24(金) 22:03:07.46 ID:CAP_USER9

    「車中泊お断り」の道の駅、その利用実態

     車中泊の人気が高まっています。近年は車中泊を楽しむことを目的とした雑誌も登場しているほか、キャンピングカーの業界団体である日本RV協会によると、キャンピングカーの売り上げ額も、2015年度には過去最高の約357億円を記録しているそうです。


    インターネット上では、おすすめの車中泊スポットを紹介する口コミサイトなどもあり、そこでは駐車場やトイレが基本的に24時間開放されている道の駅が主要なスポットとして取り上げられています。

    しかし一方で、「車中泊お断り」を掲げている道の駅も少なからず存在するようです。そのひとつ、京都府京丹後市の「道の駅 てんきてんき丹後」に事情を聞きました。

    ――駐車場で「車中泊」をしてはいけないのでしょうか?

     道の駅は休憩のための施設ですので、当施設の駐車場では基本的に、車中泊はお断りしています。宿泊には、隣接するオートキャンプ場の利用をお願いしています。

    ――なぜ禁止しているのですか?

     駐車場で洗濯物を干していたり、テーブルなどを出してバーベキューをしていたり、さらにはそのゴミを全て置いて帰ったりということが多々あるためです。

    ――しかし実際には車中泊をしている人もいるのではないでしょうか?

     ウェブサイトでも車中泊を控えてもらうよう呼びかけていますが、駐車場は24時間開放しているので、道の駅の営業終了後については状況を把握しきれません。

    朝9時のオープン時点で、そのようにテーブルを出すなどしている人には、声がけをするようにしています。

    全文はソース元で
    乗りものニュース 3/24(金) 16:15
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00010005-norimono-bus_all


    【「道の駅」での車中泊、禁止? OK? 問われるマナー、わかれる運営の対応】の続きを読む

    speed-meter

    1: 2017/03/19(日) 15:34:52.04 9

    2017.03.19 乗りものニュース編集部

    かつてのクルマは、高速走行時に「♪キンコン♪キンコン」と警報音が鳴りましたが、それはいつ、どうして鳴らなくなってしまったのでしょうか。

    「カローラ」ではいつから鳴らなくなった?
     記者が子供のころに乗っていた家のクルマでは、高速道路を走っているときに「♪キンコン♪キンコン」
    というチャイムのような警報音が鳴っていました。しかし、クルマを買い替えるにつれ、この音はいつの間にか聞こえなくなりました。

    (写真)
    かつての普通自動車では、100km/hを超えると速度警報音が鳴っていたという。写真はイメージ(画像:blueone/123RF)。

     この速度警報音、いつから鳴らなくなったのでしょうか。40年以上の歴史をもつトヨタ「カローラ」でその変遷をたどるべく、トヨタ広報部に聞いてみました。

    ――昔の「カローラ」は「♪キンコン♪キンコン」という音が鳴っていたのでしょうか。

     はい。カローラのような普通自動車では速度が100km/h以上、軽自動車は80km/h以上になると警報音が鳴るように設定されていました。

    ――いつから鳴らなくなったのでしょうか?

     法規制が撤廃されたことを受け、1987(昭和62)年5月に発売した6代目「カローラ」から廃止しました。ただしこのときはオプションで設定できるようにしました。

    ――なぜなくなったのでしょうか?

     上記の法規制撤廃が理由ですが、輸入車メーカーからの反対と、警告音が眠気を誘導する可能性があることから、安全対策上の観点からも撤廃されたと聞いています。

    ※ ※ ※

     当時の輸入車メーカーが反対した裏には何があったのでしょうか。業界団体である日本自動車輸入組合によると、この速度警告音は日本独自の装備であるとして、
    日米自動車協議の場でアメリカ政府から日本に対して撤廃が求められたそうです。同協会は「その裏に米自動車メーカーの意向があることは明白」と話します。

     なお、自動車検査場での検査を手掛ける自動車技術総合機構によると、かつて速度警告音を発する装置は保安基準第46条第2項「速度警報装置の装備要件及び性能要件」
    において装備が義務づけられており、車検においても、速度メーターの誤差や振れ具合のチェックとともに、音が鳴ることを確認していたそうです。

     ところが、1986(昭和61)年3月に、この第46条第2項は項目そのものが削除されたといいます。
    自動車技術総合機構によると「速度警告音のように保安基準上から項目そのものが撤廃される例は珍しいかもしれない」とのことです。

    【了】

    【次ページ】 【写真】「パンダトレノ」も「♪キンコン」
    https://trafficnews.jp/post/66448/2/


    【クルマの「♪キンコン」いつ消えた? 速度警告音が聞こえなくなったワケ】の続きを読む

    1: 2017/03/20(月) 12:18:33.47 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/nissan/leaf/special-3240822/

    no title

    no title

    no title



    日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。

    これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。

    アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっても続いている。
    トヨタ新型“カムリ”、ホンダ“アコード”など、アメリカのセールスボリュームを担うミッドサイズ乗用車は1~2月の累計で前年同期比17.5%減と大幅な落ち込み。

    一方で、大型SUVなどライトトラック分野は売り上げ増となる展開だ。これはガソリン価格が1ガロン
    あたり2ドル強(リッターあたり70円程度)で安定しているため、顧客のエコカー意識が上がらず、ハイブリッド車よりもデッカイSUVを選ぶ人が増えているのだ。

    EVについては、テスラ モデルS/モデルX、日産リーフ、そしてGMボルトが量産されているが、
    テスラをファッション感覚で所有する富裕層が中核であり、一般乗用車として“リーフ”や“ボルト”を購入する人が多い訳ではない。
    そうしたなか、このタイミングで日産が半年先の新型リーフ発表タイミングをアメリカ発で公開した裏には、2つの理由があると、筆者は考える。

    まずは、ZEV法(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制法)への対応だ。米国・カリフォルニア州環境局が定めるEVやFCV(燃料電池車)等の電動車の普及を目指す法律で、
    2017年夏に発売される2018年モデルから、ZEV法が一部改正させる。
    これを受けて、これまでZEV法の対象だった、デトロイト3(GM、フォード、FCA)と、日系ビック3(トヨタ、日産、ホンダ)以外に、
    ジャーマン3(ダイムラー、BMW、VW)や韓国ヒュンダイ・KIA、そしてマツダ、スバルなど多くの自動車メーカーがEVや
    PHEV(プラグインハイブリッド車)を北米市場に一気に投入する。

    日産としてはこれからも、ZEV対応の筆頭をEVのリーフとしているため、カリフォルニア州環境局から日産に課せられた
    ZEVの販売台数をクリアするために、競合車が増える2017年にリーフのフルモデルチェンジを合わせたと考えられる。

    もうひとつの理由は、テスラ モデル3への対抗策だ。各メーカーからEVが出るのは、あくまでもZEV対応であり、
    本気でEV市場を拡大しようと考えているのは、現時点ではテスラと日産の2社のみ。
    VWがEV拡大戦略とうたっているのは、あくまでも排気ガス規制違反による企業のマイナスイメージ刷新が主な目的であり、本格的なEV量産にはまだ時間がかかる。

    となると、EVの販売ボリュームゾーンは当面、『モデル3』と『リーフ』が担うことになる。よって、モデル3の量産が始まる
    今年後半を意識して、日産リーフも新型投入となるのが妥当だ。

    (続きはサイトで)


    【日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か】の続きを読む

    1: 2017/03/24(金) 09:15:58.96 ID:CAP_USER

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170324-00069049/
    no title


    軽自動車のナンバープレートといえば、目立つ上、ボディカラーとのコビネーション
    が難しい「黄色」になってしまう。しかし! 4月から交付を開始する『ラグビーワールドカップ2019』の
    特別仕様ナンバープレートを選ぶことにより、普通車と同じ白ナンバーになる。しかも手続き簡単。詳しく紹介したい。

    特別仕様ナンバープレートは、ラグビーワールドカップ2019の応援のため企画されたもの。
    上の如くナンバープレート右上にピンク基調のエンブレムが入る。交付料金は地域によって異なるものの、
    東京の場合7000円。全国的に同じくらいだと考えていい。どうやって手続きしたいいだろうか?

    ・申し込みサイト
    まず車検証など用意し、上のリンクから申し込みサイトに行く。必要な項目を記入。料金を振り込めば終了である。
    オーダーしてからプレートの生産を行うため、おおよそ10日間程度掛かるという。ちなみにナンバーの数字などは現在使って
    いるものと全く同じ。ETCなどの内容変更をしなくてOK。

    さらにワールドカップを応援したいという人は、1000円以上の寄付をすることにより「寄付金付き」のプレートにグレードアップ出来る。
    こちらはラグビーボールをイメージした”模様”が加わるのだけれど、デザイン的にはイマイチ。カッコ良かったら、寄付をする人も多かったと思う。

    さらに金額により色を変えたら(1万円以上は金とか)、一段と寄付金が集まるかもしれない。ちなみに普通車の場合、
    後部ナンバープレートを交換すると自動車検査登録事務所の担当官による封緘が必要なので、車両を持ち込まなければならない。
    軽自動車は封緘不要のため、ナンバーと書類のみ持っていけば良い。

    すでに受付は始まっている。交換したいならぜひどうぞ。唯一の注意点は、軽自動車の場合、
    有料道路で適正な料金かどうか確認しなければならないこと。有人の収受ゲートは、ナンバーの色で軽自動車を判別している。
    しばらく普通車と間違われるケースも出てくると思う。


    【4月から軽自動車でも白いナンバーが取得可能に!】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 19:14:35.92 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/03/21/292406.html
    no title


    ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は3月21日、BMWの日本市場におけるブランドフレンドを、
    元サッカー日本代表選手で現在は実業家として活躍する中田英寿氏が務めることを発表した。

    中田氏はJリーグ、セリエA、プレミアリーグなどでゲームメーカーとして活躍したほか、オリンピックおよび
    ワールドカップに日本代表の一員として出場し、AFC年間最優秀選手賞、日本プロスポーツ大賞、
    GOLDEN FOOT AWARD 2014 オールタイムレジェンドなど多くの賞を受賞。現役引退後は
    サッカーを通じた社会貢献活動を続ける傍ら、実業家として日本文化や日本酒の魅力を世界で伝えるプロジェクトを実施。
    現在は、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関である国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員も務めている。

    BMWは、超一流のアスリートとしての経験を踏まえ、活発にビジネスの分野を開拓する中田氏の活動方針と、
    新型『5シリーズ』が掲げる「ビジネスアスリート」というテーマが合致することから、中田氏にブランドフレンドへの就任を依頼。
    中田氏は1月27日に東京・寺田倉庫で行われた新型5シリーズのプレビューイベントでトークショーに出演したほか、
    ウェブサイト「5 REASONS FOR SUCCESS」にて、ビジネスで成功するための条件についてインタビューに答えている。


    【BMW、日本市場でのブランド・フレンドに実業家の中田英寿氏を起用】の続きを読む

    4f880ece2c7bcee4e3f512edcca70fe2_s

    1: 2017/03/23(木)08:32:34 ID:SHC

    細い一般道を走行中
    右側の民家から頭だけ出してる車が見える
    時間もなかったのでそのまま走行するも相手の車が出て来てわい急ブレーキ
    相手の左後ろ側とわいの車の右前部分が接触

    道はそれほど見通しも悪くないので相手もわいの車の存在を把握してると思われる
    スピードは50くらい出てた

    何対何でどっちが悪いんやろか


    【車ぶつけてもうたんやけどこれってどっちが悪いんや?】の続きを読む

    1: 2017/03/22(水) 23:55:41.675 ID:faVSziB60

    注目されてワロタ
    no title


    【新車納車されたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    20170321-10262325-carview-000-3-view

    1: 2017/03/21(火) 20:32:03.61 ID:CAP_USER9

    メルセデスベンツ日本は、『CLAクラス』に特別仕様車メルセデスAMG「CLA 45 4マチック レーシングエディション」を設定し、3月21日より90台限定で、AMGパフォーマンスセンターおよびAMG東京世田谷を通じて注文受付を開始する。発売は4月上旬の予定。

    ベースとなるメルセデスAMG「CLA 45 4マチック」は最高出力381psを発揮する量産2リットル最強エンジンを搭載し、0-100km/h加速4.2秒を実現するハイパフォーマンスクーペ。加えて、メルセデスの安全運転支援システム「レーダーセーフティ」も装備する。

    特別仕様車は、パワーシートやCOMANDナビゲーション&TVチューナー、キーレスゴー、リアアームレストなどを省略し、装備をスリム化することで、646万円という戦略的な価格を実現。メルセデスAMGブランドのエントリーモデルとして最適な特別仕様車となっている。

    2017.3.21
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170321-10262325-carview/?mode=full


    【メルセデスAMG CLA、646万円のエントリーモデルを限定発売…装備をスリム化】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 19:42:52.73 0

    【意外と知らない】タイヤに窒素ガスを充填するメリットとは?

    チッソは抜けにくいというのは事実

    一時ほどではないにしろ、タイヤ専門店や量販店に行くと「タイヤにチッソいかがですか」みたいなポスターや看板を目にする。
    料金はというと、1本当たり数百円ぐらいで、それほど負担にもならないのがまた気になるポイントだろう。
    またレース車両では当たり前のように使っているというウリ文句も興味引かれるところだ。

    チッソを充填するメリットは大きくわけて3つある。それは「空気が抜けにくい」「乗り心地がいい」「熱による変化が少なくて空気圧が安定する」だ。
    しかし今まで、何度か入れたことがある経験からすると、正直はっきりと効果はわからない。

    乗り心地がよくなった気はするし、空気圧をチェックしてもそれほど抜けていない気もする。なかでも違うかな、
    というのは熱による変化だが、これもまったく変わらないならわかりやすいけど、変化が緩やかな気がする程度ではあった。

    そもそも空気中に一番多い成分はチッソで、なんと8割も占めている。そうなると、効果がわかりにくいも当然という気もする。
    ただ、タイヤのゴム分子より大きいのでチッソは抜けにくいというのは事実だし、性質的に安定もしているので、入れて悪影響があるわけでもない。

    きちんと作業をしてくれるところであれば、湿気をできるだけ排除した状態で入れてくれるのもタイヤにとってはいい。
    湿気を含んだ空気を入れるのは厳密にはいいことはない。4本で2~3千円であれば、簡単なチューニングパーツとして楽しむ分には大きないいのではないだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12821815/

    窒素仕様のレースカー
    no title


    【まさか車のタイヤに空気入れてる阿呆はおらんよな? 窒素入れてみろ。”走り”が変わるぞ?】の続きを読む

    このページのトップヘ