2017年03月

    editeur_pc_drive_86

    1: 2017/03/30(木) 23:12:23.930 ID:UJSWjFgZ0

    俺のマセラティちゃん見向きもされなかった...他の奴のアウディには食いついてたくせに
    ただのアウディ好きじゃねえかクソクソクソクソ


    【合コンで高級車好きって言ってた女がいたから話しかけたんだけど・・・】の続きを読む

    n

    1: 2017/03/31(金) 07:22:00.75 ID:Wad2KN+N0● BE:512899213-PLT(27000) ポイント特典

     国土交通省は、シートベルトを締めずに車が走ると警告ランプが点灯する装置「シートベルトリマインダー」を、乗用車の全席を対象に
    装備するよう義務化することを決めた。ベルト着用率が低い後部座席での事故被害を軽減する狙い。2020年9月以降の新型車を対象に、
    道路運送車両法に基づくルールを6月にも改正する。
     シートベルトの着用は08年から、前部だけでなく、後部でも義務づけられている。だが、ベルトを締めずに走行すると警告灯が点灯し、
    警告音が鳴る装置が義務づけられているのは、現在運転席についてだけだ。自主的に助手席についても装備しているメーカーも多いが、
    後部座席はほぼ対象になっていない。

    いかそーす
    http://www.asahi.com/articles/ASK3Y4QGLK3YUTIL01Z.html


    【シートベルト警告灯、全席義務化 20年秋の新型車から】の続きを読む

    1: 2017/03/29(水) 20:10:07.06 ID:CAP_USER

    https://www.autocar.jp/news/2017/03/29/213461/
    no title

    no title


    [編集部より]
    日産リーフ新型の開発車両を初撮りしました。トランク部分の形状が随分変わります。本当に550km走行可能なら、EVも実用的に?

    2018年に登場する次世代型リーフは、スタイリングに大きな変更を受ける。それは新型マイクラのデザインを踏襲したものになるだろう。
    撮影に成功した開発車両は、カモフラージュが施されているものの、日産ファミリーのフロント・フェイスと、
    ジュークのようなV型テールライト・クラスターを確認できる。またトランクは、現行世代のものよりも一般的な形状になるようだ。
    リーフ新型 2018年登場? 航続可能距離550kmへ

    既報の通り、新型リーフは550kmの航続が可能なバッテリーパック・オプションを設定する。これは現行モデルの
    高性能仕様に搭載される30kWhのリチウム・イオン・パックにくらべて、2倍となる60kWhのパックとなる見込みだ。
    また、航続可能距離250kmという30kWh仕様がエントリー・グレードとして用意され、新型のラインナップは、
    テスラのようにパフォーマンスに応じて数車種用意されるようだ。
    日本ではセレナでお馴染みのプロパイロットを導入

    日産は、新型リーフが単一車線の自動運転を可能にするプロパイロット機能を搭載すると認めている。
    また日産のデザイナーは、第2のエレクトリック・モデルの計画が進行中であり、これはサルーンやSUVといったボディ・スタイルになると示唆している。


    【日産リーフ新型の開発車両を初撮り、航続可能距離は最大550kmか】の続きを読む

    top

    1: 2017/03/29(水) 18:01:29.15 ID:CAP_USER

    https://trafficnews.jp/post/67284/

    国土交通省が、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車部門は、トヨタ「プリウス」が40.8km/Lで首位でした。

    「軽」はスズキの「アルト」がトップ
     2017年3月29日(水)、国土交通省が、2016年末時点で新車として販売されている乗用車の燃費(JC08モード燃費値)ベスト10を発表しました。
    その内容は次のとおりです。

    ●普通・小型自動車ベスト10
    ・1位:トヨタ「プリウス」40.8km/L★
    ・2位:日産「ノート」37.2km/L★
    ・3位:トヨタ「アクア」37.0km/L★
    ・4位:ホンダ「フィット」36.4km/L★
    ・5位:ホンダ「GRACE」34.4km/L★
    ・6位:ホンダ「SHUTTLE」34.0km/L★
    ・7位:トヨタ「カローラ アクシオ」33.8km/L★
    ・7位:トヨタ「カローラ フィールダー」33.8km/L★
    ・9位:スズキ「ソリオ」32.0km/L★
    ・10位:ホンダ「アコード」31.6km/L★

    ●軽自動車ベスト10
    ・1位:スズキ「アルト」37.0km/L
    ・1位:マツダ「キャロル」37.0km/L
    ・3位:スズキ「アルト ラパン」35.6km/L
    ・4位:ダイハツ「ミラ イース」35.2km/L
    ・4位:トヨタ「ピクシス エポック」35.2km/L
    ・6位:スズキ「ワゴンR」33.0km/L★
    ・6位:マツダ「フレア」33.0km/L★
    ・8位:スズキ「ハスラー」32.0km/L★
    ・8位:マツダ「フレア クロスオーバー」32.0km/L★
    ・8位:スズキ「スペーシア」32.0km/L★
    ・8位:マツダ「フレア ワゴン」32.0km/L★

     ★はガソリンハイブリッド車です。なお、ハイブリッド車を除く普通・小型自動車ベスト10は次のとおり。☆はディーゼル車を示します。

    ●普通・小型自動車ベスト10(ハイブリッド車除く)
    ・1位:マツダ「デミオ」30.0km/L☆
    ・2位:ダイハツ「ブーン」28.0km/L
    ・2位:トヨタ「パッソ」28.0km/L
    ・4位:フィアット「500」「500C」26.6km/L
    ・5位:日産「ノート」26.2km/L
    ・6位:ホンダ「フィット」26.0km/L
    ・7位:フォルクスワーゲン「up! 1.0/55kW (ASG)」25.9km/L
    ・8位:フォルクスワーゲン「cross up! (ASG)」25.2km/L
    ・9位:マツダ「CX-3」25.0km/L☆
    ・9位:トヨタ「ヴィッツ」25.0km/L

     同じ通称名のクルマは、仕様やグレードにより燃費値が異なる場合がありますが、これらのベスト10では、同じ通称名を持つ
    クルマのなかで最も良い燃費値を持つものが掲載されています。

    なお、これらのベスト10とは別に、燃費基準達成・向上達成レベルについても発表されています。一般にクルマは重量が重いほど燃料を多く使うため、
    燃費基準値が車両重量に応じて設定されています。2015年度の燃費基準において、達成レベルが最も高かった乗用車は、
    普通・小型自動車では達成率249%のホンダ「オデッセイ」、軽自動車では達成率169%のスズキ「アルト」とマツダ「キャロル」でした。

     ちなみに、2015年度に販売された乗用車の平均燃費は21.6km/Lであり、前年度から約0.5%低下しています。国土交通省はこの低下のおもな要因として
    「車両重量が軽く、相対的に燃費が良い車両区分の出荷比率が低下したこと」を挙げています。


    【燃費の良い乗用車「普通・小型」首位はプリウスに 国交省が2016年のベスト10発表】の続きを読む

    tt

    1: 2017/03/30(木) 10:31:34.83 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00050014-yom-bus_all

    富士重工業は4月1日に社名を「SUBARU(スバル)」に変える。

    創業100周年を迎えるのに合わせ、認知度が高い自動車のブランドを
    社名にすることで、海外展開を加速させる狙いがある。

    富士重工は、1917年に創立した「飛行機研究所」が前身だ。
    「スバル」ブランドは58年に発売した軽自動車「スバル360」から使っている。

    富士重工の2016年3月期連結決算の売上高は3兆2322億円で、
    最大手のトヨタ自動車の9分の1で、世界シェア(市場占有率)も約1%と小さい。
    だが、他社との差別化と付加価値戦略を取ってきた。

    例えば、飛行機用のエンジン技術を応用した「水平対向エンジン」は
    スバル車の代名詞となっている。安全運転支援システムの「アイサイト」は、
    日本市場で自動ブレーキ機能を搭載した車を広げる先導役を果たした。
    こうした他社との違いを際立たせる戦略で、規模こそ小さいが存在感を示しており、
    売上高に占める営業利益の割合は17・5%と国内大手では最も高い。


    【富士重工業、社名を「SUBARU(スバル)」に変更。4月1日より】の続きを読む

    005_o

    1: 2017/03/30(木) 01:21:27.094 ID:w4uNAIL5p

    この前新車でミニクーパーS買ってウキウキでドライブしてたら車体が小さいせいか凄い煽られて泣いた。
    軽とかプリウスとかに煽られまくるけどあいつらミニに対してなんか恨み持っとるんかってぐらい煽られるんですが


    【車買ったのに煽られまくるんだが?】の続きを読む

    1: 2017/03/29(水) 10:10:43.21 ID:XxPNvHG00 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    日本系自動車とドイツ系自動車 実際に大きな差はない?

    記事は、中国の合弁自動車市場において日系とドイツ系がほぼ天下を二分しており、両者に関する話題は永遠に語り尽くされることがないと紹介。
    両者に関する主なテーマは車体の重さ、安全性、燃費などであり、「ドイツ系は車体が重く、ドアの音がしっかりしているから安全だが燃費が悪い」、
    「日系車は外観がおしゃれで、燃費がいい反面、ボディが薄いので安全でない」といったステレオタイプ的な話をしばしば耳にすると伝えた。

    そのうえで「同じクラスの自動車を比較してみると、実際は両者の車重には大きな差はない。そして、自動車の安全性はもはや
    鋼板の厚さで判断する時代ではないのだ」と説明。自動車の前後の衝撃吸収部分が安全性に大きく関わっており、
    日系、ドイツ系いずれも安全対策はしっかりとやっていると解説した。

    また、燃費についても車重だけが大きな要素ではなく、エンジンと変速機の組み合わせも大切であるとし、資源の乏しい日本が
    技術的にリードしているハイブリッド車を除けば、燃費にかんして両者は大差ないのだと説明している。

    http://news.searchina.net/id/1632253?page=1
    no title


    【「やっぱドイツ車はいいねえ」ドイツ車を買って自慢してる奴www 日本車と同じ性能であることが判明】の続きを読む

    このページのトップヘ