2017年01月

    NI_1307Moco02

    1: 2017/01/22(日)22:37:33 ID:GRc

    上司「お前車買ったんだって?」

    ワイ「そうなんすよ~」

    ブス「へー、何買ったんですか?」

    ワイ「日産のモコ買ったんや」

    ブス「え、私と同じじゃないですか…キモ…」

    上司「笑える」

    ワイ「は?いや、そういうの意識してないし」

    ブス「必死なのが余計キモ…キモ…」

    なんなん…


    【ワイ、買った車が職場の女の子と同じというだけでキモがられる】の続きを読む

    92700

    1: 2017/01/22(日) 03:25:07.47 ID:lU+hDRjN0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

     三菱自動車は高級セダンの販売から撤退する。日産自動車からOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けている2車種の
    購入の受け付けを停止した。三菱自は新型の小型多目的スポーツ車(SUV)を含め2019年度までにSUVの3車種を投入する方針。
    資本提携した日産と部品の共同購入などを加速し、得意とするSUVや電気自動車(EV)に経営資源を振り向ける。

     販売を停止したのは高級セダン「ディグニティ」(日産名…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HID_R20C17A1TJC000/


    【三菱自動車、高級セダンから完全撤退 ラインナップからセダン消滅】の続きを読む

    e872bde669f874330fed10270fb50b44

    1: 2017/01/21(土) 07:43:55.84 ID:CAP_USER

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/225434/121900014/

     「ノート」躍進の原動力は11月2日に発売した新型ハイブリッド車「ノート e-POWER」。発売3週間後の11月23日時点での
    「ノート」全体の受注台数2万348台(月間販売目標の約2倍)の内、実に78%が「e-POWER」車であった。一方、10月に首位だった
    トヨタ自動車「プリウス」は3位に後退している(軽自動車を含む順位)。
     「e-POWER」の躍進と「プリウス」の後退。まさに、これからの自動車産業の方向を示す事件だ。それは、一方が未来に繋がり、もう一方は今後の進化に限界があるからだ。
     ハイブリッド(HV)車には、大きく分けて「パラレル」、「シリーズ」の2方式がある。「パラレル」方式では、
    ガソリンエンジンと電気モーターが同時に並列して車輪を駆動する。対する「シリーズ」では、車輪を駆動するのはモーターだけであり、
    エンジンは発電して電気をモーターに供給するだけだ。だから、走行性能的には純粋電気自動車(EV)とほとんど変わりがない。
     「プリウス」は、通常走行ではエンジンだけで走り、馬力の必要な時にはエンジンとモーターの両方を使う。
    発進時などにモーターだけで数km走れるので「シリーズ」的な面も持っているが、基本的にはパラレルタイプ。モーターは脇役で、走りも音もガソリン車そのものだ。

     対する「ノート e-POWER」は「シリーズ」方式。筆者が「究極のエコカー」と考える純粋EVに近いのはシリーズ方式、
    すなわち「e-POWER」の方だ。だから、同じHVでも進化の余地が大きく未来に繋がるものだ。
     通常の発進は、エンジンを停止したままバッテリーからの電力のみで行う。ただし、バッテリー容量は1.5kWhしかないので、
    バッテリーのみで走れる距離は最大でも10km程度。それ以上の走行のためにはエンジンをかけて発電する必要がある。
     エンジンはアクセル操作とは関係なく、バッテリー残量や車速に応じて最適な回転数に維持される。こ
    れがシリーズ方式の燃費の良い一つの理由だ。減速時には回生ブレーキにより発電した電力をバッテリーに充電するが、この点はパラレル型と同じ。

    HVはエコカーにあらず?!
    (続きはサイトで)


    【今トヨタに必要なのは「プリウスからの卒業」~時代は電気自動車-「ノートe-POWER」に見る「新しい形」】の続きを読む

    2011-Maybach-62-front-three-quarter2

    1: 2017/01/20(金) 21:23:46.83 ID:mVABHr6P0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    高級そうな自動車に乗っている男性を見ると、仕事でも成功しているように見えるもの。出世する可能性が高いからこそ、
    自動車にも投資できるといえますよね。働く男性が思う、出世する男性が乗っている「車」をまとめてみました。

    (1)ベンツ
    ・「ベンツやマイバッハなど。車内にビジネスツール、効率を図るならベンツになる。」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

    (2)BMW
    ・「黒のBMW。クレジットカードのプラチナ持っている人がその外車に乗ってたので。出世しまくってそう」(25歳/食品・飲料/その他)

    (3)クラウン
    ・「クラウン。やはり高級車なので、お金持ちが乗っている印象がある」(30歳/その他/その他)

    (4)ジャガー
    ・「ジャガー。これ見よがしに威圧するので」(39歳/その他/専門職)

    (5)スポーツカー
    ・「スポーツカー。高いし、燃費は悪いけど見た目はいいから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

    (6)外車
    ・「外車。人と同じ考えでは無理だと思うので、同じような国産車ではないと思う」(34歳/機械・精密機器/技術職)

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170120/Escala_20170120_6563595.html


    【出世する男性が乗っている「車」6種】の続きを読む

    このページのトップヘ