2017年01月

    1: 2017/01/16(月) 15:00:03.92 ID:CAP_USER

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170116/bsa1701161333003-n1.htm
    no title

    no title


    伊高級車マセラティの日本法人は16日、スポーツセダン「クアトロポルテ」の新型車を発売した。
    新開発のエンジンを搭載して走行性能を高めたほか、内外装を刷新。高級スポーツ車市場で、販売拡大を目指す。

     基本モデルは、伊高級スポーツ車メーカーのフェラーリと共同開発した排気量3・0リットルの
    V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は20馬力増の350馬力に高めつつ、燃費は1リットル当たり10・9キロに改善した。

     一部モデルに高級感を演出した「グランルッソ」と、スポーツ性を重視した「グランスポーツ」の2タイプを用意。
    グランルッソは内装に高級ファッションブランドのエルメネジルド・ゼニア製のシルクを採用している。
     ほかに排気量3・8リットルのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載した「GTS」モデルなどをラインアップ。車両本体価格は1206万円から。

     日本法人のグイド・ジョバネッリ社長は、「ブランド(の精神)を引き継いだ性能や素晴らしいスタイリングを実現した」と述べた。


    【マセラティ、新型「クアトロポルテ」を国内発売 フェラーリとエンジン共同開発】の続きを読む

    1137699

    1: 2017/01/14(土) 09:15:09.30 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/01/13/288279.html


    GfKジャパンは、全国のドライバー1万2745名を対象に、コネクテッドカーに関するインターネット調査を実施。
    調査結果より得られた、自動運転の必要性や未来の車に必要なテクノロジーについて発表した。

    自動運転の必要性については、自動ブレーキや車線維持などを実現するレベル1、2は70%以上が必要と回答。
    高速道路などの限定した場面で自動運転機能を有し、必要な時にはドライバーが操作するレベル3に関しては59%が必要とした。
    一方、人間が全く運転操作に関与しないレベル4(完全自動運転)については38%にとどまり、約6割が不要と答えた。

    年代別にみると、60代以上でレベル1、2を必要とした人は80%以上、レベル3を必要とした人は67%。安全運転を支援する
    自動運転機能は高齢層の関心が高いことが明らかになった。一方で、レベル4については世代間で大きな差は見られず、
    必要とした人はいずれの世代も40%前後となった。ただし、運転が嫌いな人ほど完全自動運転を必要と考える割合が高く、52%に達した。

    また、ドライバーが未来の自動車に必要と感じているIoT関連テクノロジーについて尋ねたところ、最も多くの人が
    必要と答えた機能は、事故の際に救助を要請する「緊急通報システム」で82%。次いで「リアルタイムで最適な走行ルート
    を分析するカーナビ等の機能」 、「盗難車両追跡システム」があげられた。世代別でみると、50代以上は「緊急通報システム」、
    40代は「リアルタイムで最適な走行ルートを分析するカーナビ等の機能」、30代以下は「盗難車両追跡システム」がそれぞれトップになった


    【完全自動運転、6割のドライバーが「不要」と回答】の続きを読む

    1: 2017/01/14(土) 20:15:52.78 ID:1zJw+5Mw0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    no title


    今年から新たなモータースポーツとして女性レーサーのみで争われるカテゴリー「競争女子選手権 KYOJO CUP」の開催が決定。13日に東京オートサロン会場(幕張メッセ)でプレス発表が行われた。

    このシリーズは、SUPER GTでチーム監督を務め、インタープロトシリーズを設立した関谷正徳氏が考案。
    トップカテゴリーになるとどうしても男性レーサーが有利になってしまうため、オリンピックの女子競技のように女性専用のカテゴリーを作るというもの。

    これが定着していけば、女性にレース参加への門戸が拡がり、モータースポーツにおける女性人口の増加も見込める。

    マシンはウエストレーシングカーズが開発した『VITA-01』のワンメイク。2017年は富士スピードウェイで3戦予定されており、第1戦は5月13・14日、第2戦は9月16・17日、第3戦は10月28・29日に開催。いずれもインタープロトシリーズとの併催となる。

    富士スピードウェイブースで行われたプレス発表会では、発起人である関谷正徳氏に加え、FIA-F4などせ昨年活躍した小山美姫、池島実紅もレーシングスーツ姿で登場した。

    2人とも、このシリーズについては発案段階から興味を示していた様子で、池島は「女性だけのレースというのは初めてなので、面白そうだなと思いました」と語り、
    小山も「とにかく一番が好きなので、出るからにはトップを目指して、頑張っていきたいです」とコメント。新しいシリーズに向けては強い意欲を見せていた。

    「男女ではは体力的な違いもあるので、そこで一緒に戦わせることが厳しいと思います。その点で我々の世界は女性にとって不親切な環境だったと思いまして、女性だけの(レースをする)環境を作りました。
    今の元気な女性の力を借りてこれかもモータースポーツの世界をもっともっと盛り上げてもらいたいなと思います。競争女子“KYOJO”是非、応援宜しくお願いします」と、集まったプレス関係者やファンに呼びかけた。

    http://response.jp/article/2017/01/14/288387.html


    【クルマ好き女子の可愛さは異常】の続きを読む

    96a376cf95

    1: 2017/01/14(土) 08:28:10.222 ID:wI4GbssY0

    バットとスタンガンは常識だよな


    【車に凶器積んでる奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    ski_pic_r0270

    1: 2017/01/14(土) 11:03:38.30 ID:Kg40fM+y0 BE:299336179-PLT(12500) ポイント特典

    NEXCO東日本などによると、新潟県の日本海東北自動車道で事故が複数件発生し、14日10:30から、上下線の新潟空港IC~荒川胎内IC間で通行止めとなっています。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000005-rescuenow-soci


    【【史上最強寒波】大雪の影響で夏タイヤ装着車によるスリップ事故多発!新潟県内で一部通行止め】の続きを読む

    このページのトップヘ