2016年12月

    lexus-nx-300h-fd-1

    1: 2016/12/17(土) 16:48:32.94 ID:CAP_USER9

    トヨタ3万台リコール=ブレーキ装置不具合
     トヨタ自動車は16日、ブレーキ装置に不具合があったとして、高級ブランド「レクサス」のワゴン車「NX300h」「NX200t」の2車種計3万7283台(2014年6月~16年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

     
     同省によると、渋滞時などにブレ

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161216-00000075-jij-soci


    【トヨタ、ブレーキ装置の不具合でリコール 国土交通省に届け出】の続きを読む

    161216googleselfdriving1-thumb-640x360-102545

    1: 2016/12/17(土) 15:13:07.07 ID:CAP_USER

    http://www.lifehacker.jp/2016/12/161216_google_self_driving_car.html

    Inc.:Googleは先日、7年間にわたり進めてきた自動運転車の開発プロジェクトを凍結すると発表しました。
    UberやTeslaなどの他社は自動運転機能を搭載した従来型の自動車を発表していますが、
    Googleが目指していたのはハンドルもペダルもない自動車です。昨年は、フェニックス、オースティン、
    ワシントン州で、完全自律走行車の実験を行っていました。
    Googleは自社開発をやめ、「Waymo」というベンチャーを立ち上げることになりました。Waymoは、
    既存の自動車メーカー向け自律走行ソフトウェアの開発に集中します。
    一見すると、Googleは意欲的な当初目標を捨てて、競争の激しい研究開発レースから降りたという
    ニュースのように思えます。でも実際は、彼らは遅いながらも確実に市場にムーンショットを送り込む
    方向に舵を切ったと考えられるのではないでしょうか。

    Googleの共同創設者であるセルゲイ・ブリン氏は、今でも自動車をゼロから作るアイデアを支持していると言われています。
    Alphabetのラリー・ペイジCEOとRuth Porat CFOはどちらも、ソフトウェアへの集中を推していました。
    しかし、ブリン氏を支持者として置いておくのには、プロジェクトを容易に終わらせない意図を示唆していると言えるでしょう。
    Googleは他のテクノロジーでも同様のアプローチを取っています。スマートフォン市場への
    参入当初はAndroid OSというソフトウェアに注力しながらも、裏では自前のスマートフォン開発を継続していました。
    Androidは2008年にSamsung製スマホに初搭載された後、2年後にGoogle製のNexusが発売されています。
    NexusはGoogleの期待ほどヒットしませんでしたが、今年10月に発売された最新のGoogleフォンのPixelの評判は上々で、
    iPhoneの独占状態を崩せるのではないかと考える人もいます。
    このニュースについて、テック業界アナリストJeff Kagan氏は、このように述べています。

    Googleがプロジェクトをスピンオフして新しい会社を立ち上げるのには、テクノロジーは次なるステップに移る準備ができているものの、
    まだすべてのピースがそろっていないことを意味します。

    そこで、他社との業務提携が有効になります。
    Googleは自動車メーカーではありません。自社開発も不可能ではないものの、現段階で成功を収めるには、
    自動運転革命に関心を持つリアルな自動車メーカーと提携するほうが得策だと考えたのでしょう。
    同社はすでに、フィアット・クライスラーとの間で、自動運転ソフトウェアのライセンス契約を結んでいます。
    おそらく、他の自動車メーカーとの提携も目論んでいるでしょう。Googleはまた、2017年末までに自動運転タクシーサービス
    をローンチしたいと発表しています。自動運転車の自社開発をいずれ再開する計画があるかどうかについては、
    今のところコメントしていません。
    今から5年か10年後、Googleが自動運転テクノロジーに関する業務提携を数多く結びながら、
    同時に自社開発を進めていても不思議ではありません。

    Googleが自社開発車の市場投入を遅めた理由は、もう1つ考えられます。
    同社は、今はまだそのタイミングではないと悟ったのではないでしょうか。
    現段階でハンドルもペダルもない車が発売されたとして、それを買いたい人はおろか、乗りたいと思う人はいるでしょうか?

    消費者は、まだその段階には至ってないのです。
    自動運転テクノロジーが現実に近づき、安全性が証明されるにつれて、消費者の不安も少しずつ和らぐでしょう。
    そのときGoogleは、市場投入に向けて数年先を行っているかもしれません。
    Waymoになる前、Googleの自動運転車は同社のムーンショットラボ「X」のプロジェクトでした。
    なお、Google GlassやGoogle Brain(人工知能ベンチャーで、今や機械学習会社「DeepMind」も取り込んでいる)も、
    Xで研究がスタートし、「卒業」していった会社です。


    【グーグルが自動運転車の自社開発を凍結した本当の理由】の続きを読む

    Volvo_V70

    1: 2016/12/17(土) 08:00:29.75 0

    俺の車ももう10年選手
    若いころは車にもすごくこだわったがもうどうでもよくなった
    ガタが出始めてるが壊れて乗れなくなるまで乗る予定
    ミッションが壊れる予感がするが壊れたら捨てる
    次は50万くらいの中古車でいい
    田舎なんで一台は必要なんでね


    【車なんか走ればどうでもよくなった】の続きを読む

    screen480x480

    1: 2016/12/17(土) 07:27:53.39 ID:7SABQ/SF0

    無断駐車やめさせるため提訴、200円賠償命令
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20161215-OYT1T50110.html

    月決め駐車場に約40分間無断駐車した女性に所有者が200円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(比嘉一美裁判長)が女性に200円の支払いを命じていたことがわかった。

    原告は弁護士をつけずに提訴。費用は5000円以上かかったが、「年間100台くらいの無断駐車があり、やめてもらうために訴えた」と話している。

    14日に言い渡された判決によると、女性は昨年3月、大阪府摂津市内の駐車場に軽乗用車を無断で止めた。

    女性側は「駐車場ではなく空き地。車を止めたからといって所有者に損害は発生しない」と主張。
    比嘉裁判長は「所有者には自分の土地を承諾なく利用されない権利がある」と、これを退け、近隣のコインパーキングの料金から「40分間」の損害額を算定した。


    【無断駐車で提訴、5000円かけて200円の賠償を勝ち取る!!】の続きを読む

    このページのトップヘ