2016年12月

    008_o

    1: 2016/12/29(木) 16:14:45.79 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/mitsubishi/special-3092756/
    師走の忙しい12月26日の昼過ぎに追突された。完全なる停車中で、首を捻って
    左側を見ていた状況だったため、妙な体制で衝撃受ける。首が痛い。
    おそらく衝突時の車速は15km/h前後だったと思われる。後で聞いたところによれば完全なる
    脇見状態で、ノーブレーキだったそうな。速度低くても一番大きなエネルギーを放つ衝突形態と言ってよい。

    私の車両はアウトランダーPHEV。追突してきたのはアクア。逆なら自動ブレーキが付いていたこともあり、
    ほとんど100%自動停止したと思う。はたまた今のアクアに装備可能な
    レーザー+カメラ式の『セーフティセンスC』付いていたら、この程度の速度だと自動停止可能。
    つまり5万円程度の投資で事故は起きなかったことになります。


    (中略)


    一方、自動ブレーキはメーカーによっては5万円くらいから設定されている。
    どう考えたって自動ブレーキを普及させた方が社会全体からすれば損が無い。
    なのに保険会社は自動ブレーキの大きな割引を行わず、国交省や警察も「必ず装着しましょう!」
    という啓発を行っていない。なぜだろうと考えてみたら、理由に思い当たった。
    軽微な追突事故の場合、加害者&被害者はガマンを強いられるが、それ以外の部門は「大丈夫ですか?」
    という「呪文」を唱えるだけで儲かる。修理代の値引きだって不要。事故が10分の1になってしまったら、
    経済活動も10分の1ということです。事故を違う側面から考えると経済活動の一つだということが解った?
    次にクルマを買うときは、ぜひ優れた自動ブレーキ付きをすすめておく。
    [Text:国沢光宏]


    【交通事故が減ると困る?自動ブレーキ装着を国交省や警察が啓発活動を行わない理由】の続きを読む

    velfair

    1: 2016/12/26(月) 12:48:48.893 ID:0oUoIUz70

    ヴェルファイアダサすぎワロタ


    【レクサス「想像を超える感動を」BMW「駆け抜ける喜び」ベンツ「最善か無か」ヴェルファイア「高級車にかつてない強さを」】の続きを読む

    2

    1: 2016/12/28(水) 13:13:27.363 ID:o4gStHYRp

    欲しい車の上位グレードのホイールはかっこいいけど標準グレードはダサい
    けどシートとかはどうせカバーみたいなの買うしウェルカムランプとか雨滴感知ワイパーとかいらないから標準グレードで済ましたい
    車いじったりとかしたことないから標準は17インチ、上位は18インチってことしか知らない


    【車のタイヤのホイールっていろいろ変えられる?】の続きを読む

    kids_ball_asobi_car

    1: 2016/12/29(木) 07:59:54.80 ID:QcTkSrZv0

    駐車場で目を離したら子供が飛び出した
    んで、すぐ謝ったら物凄い怒鳴って恐喝みたいなのされた

    すぐナンバーメモってこれから警察行こうと思ってる


    【駐車場で自分の子供が飛びだしたら、ドライバーに怒鳴られたので被害届出したいんだけど】の続きを読む

    Icar_logo_PNG1651

    1: 2016/12/27(火) 11:49:38.064 ID:4Qoo0ZsZr

    あれ何がしたいんかな?
    女はエンブレムだけで釣れるのかな?
    エンブレムだけ変えてる車見つけたらとりあえずいつも以上に車間距離とってるわバカばかりだろうしwww


    【レクサスじゃ無いのにエンブレムだけレクサスな車www】の続きを読む

    noimage

    1: 2016/12/27(火) 21:51:35.75 ID:CAP_USER9

     自動車世界大手3社の2016年1~11月のグループ世界販売台数が27日までに出そろった。
    15年まで4年連続で年間首位のトヨタ自動車は前年同期比0・1%増の921万9千台なのに対し、3年連続2位のドイツのフォルクスワーゲン(VW)は3・1%増の937万9100台とトヨタを約16万台上回っており、VWが初の世界首位となる公算が大きくなった。


     3年連続3位の米ゼネラル・モーターズ(GM)は約885万台で、11月までで3位以下が確定的になった。

     初の年間首位を狙うVWの昨年12月の販売台数は約83万台。今年12月の販売が前年並みだったとしても年間1020万台超に達する見込みだ。一方、トヨタの昨年12月の販売台数は約87万台。仮に同じ台数でも年間では1009万台にとどまる。

     トヨタは、前年よりも販売台数を増やしているものの、原油安のあおりを受けて主力の北米でセダンの販売が振るわなかった。

     VWは、昨年も1~6月まではトヨタを上回り首位だったが、排ガス不正問題で年後半に失速した。今年は、中国での販売が小型車を対象にした減税の追い風を受けて好調だった

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/161227/ecn1612270032-s1.html


    【トヨタ、年間販売台数で5年ぶりに世界首位陥落へ…フォルクスワーゲン(VW)が初の戴冠】の続きを読む

    このページのトップヘ