2016年11月

    8c9462e7d43db1542f184d72470a5968_tn648

    1: 2016/11/05(土) 09:20:52.06 ID:CAP_USER

    http://blogos.com/article/194422/

    TPP協定の内容に関連して近藤議員は、
    「日本にとってのTPPは、米国との交渉が肝だった思うが、日本の国益を守ることができたのか。
    取るものは取れたのか。わが国は何を主張してきたのか、きちんと検証することが極めて重要だ」と指摘。
    「交渉結果には大問題がある。完成自動車の対米輸出の関税を最長期間維持すると約束してしまった。
    自動車のみならず、コメ、豚、牛肉で譲ってしまった。これで米国から何を勝ち取ったかのか」と米国の要求を丸のみした安倍政権の交渉能力を痛烈に批判した。

     また、2013年12月に自公政権が軽自動車税を約30年ぶりに増税した背景には、
    TPPの日米2国間協議で米国から要求されたからではないかと石原内閣府特命相を追及した。
    石原大臣が「普通車と軽自動車の間の性能の差はほとんどない。そのような中、軽自動車メーカーと普通自動車メーカーとの間の関係を整理し増税を決めた。

    アメリカから要求があったことは知らない」などと述べた。
    その答弁に対して近藤議員は「うそを言ってはいけない。
    TPP交渉の2国間並行協議で米国からの声があったというのは周知の事実だ。自民党の税調幹部もそれを証言している」と指摘、不誠実な政府答弁をただした。


    【軽自動車が30年ぶりに増税となった原因はアメリカからの強い要望であった事が明らかに】の続きを読む

    20160512-mitsubishi-nissan

    1: 2016/11/03(木) 10:28:47.62 ID:CAP_USER

    http://mainichi.jp/articles/20161103/k00/00m/020/155000c

    三菱自動車が2016年度の世界販売台数で富士重工業に抜かれ、国内主要乗用車メーカー7社の中で最下位に転落する見通しであることが2日、
    分かった。燃費不正に伴う販売不振が響いた。三菱自の最下位転落は1970年の創業以来初とみられる。

    三菱自の15年度の世界販売は104万8000台で6位、富士重は95万8000台で7位だった。
    だが、三菱自は10月28日に燃費不正による国内販売の一時停止や新興国販売が景気低迷などで失速気味とし、
    今年度の世界販売見通しを前年度比11%減の93万3000台に見直した。見通し通りだと09年度の96万台を下回り、比較可能な02年度以降で最低となる。

     一方の富士重は2日、米国販売が好調などとして、今年度は11%増の106万2000台になるとの見通しを示した。
    富士重にとって100万台の大台超えは初で、三菱自を約13万台上回る計算だ。

    (以下略)


    【三菱自、販売が最下位に転落へ 創業以来初】の続きを読む

    1115131

    1: 2016/11/03(木) 10:00:07.50 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/11/02/284709.html
    トヨタ自動車のコネクティッドカンパニー プレジデント 友山茂樹氏が、1日、MEGAWEBにて同社が進める「Connected戦略」のプレゼンテーションを行った。

    同社のコネクテッドカーや自動運転に関する戦略は、コネクティッドカンパニー設立、人工知能研究のTRI設立、
    マイクロソフトとのアライアンスの発表などで語られてきている。今回の発表でもそうだが、そこで共通して語られるのは「プラットフォーマ―」という言葉だ。

    この言葉を改めて考えてみたい。プラットフォームというと、自動車用語では共通化されたシャシーを指すことが多い。
    コネクテッドカーやITの文脈で語られるプラットフォームは、サービスを提供するための土台である。
    具体的にはインターネットやモバイル通信を含むネットワーク、ネット上でサービスを提供するソフトウェア、サービスに必要なデータだ。
    どちらも「土台」という意味で共通するため、プラットフォームという同じ用語になるが、車の場合は、
    自動車という製品の物理的な土台であり、コネクテッドカーの場合は、サービス提供のための論理的な土台である。
    つまり、コネクティッドカンパニーのプレジデントである友山氏がいう「プラットフォーマ―になる」というのは、
    ネットワーク、サーバー、データベースのインフラを持ち、サービスプロバイダーに提供する
    ビジネス(あるいは自社で開発したサービスによるビジネス)を展開するということになる。
    ここで、ただネットワークやデータベースの器だけ提供してもビジネスにはらない。
    プラットフォームに載せる「コンテンツ」が必要である。車ならエンジンやタイヤ、トランスミッションとなり、
    グーグルならネット上のあらゆるコンテンツ(情報)である。コネクテッドカーの場合は、自動車が生み出すさまざまなデータと
    モビリティ(移動)が生み出す付加価値ということになる。

    このような話になると「では、トヨタは車の製造・販売からグーグルのようなコンテンツやサービスのビジネスにシフトするのか?」
    という議論が出てくる。これからは「モノ」ではなく「コト」の時代などともいわれている。
    しかし、この考え方はおそらく正しくない。コネクテッドカーの一次的なコンテンツは、プローブカーのビッグデータであったり
    、車に関連するサービスのためのAPI(アプリとプラットフォームの接続口)だが、プラットフォームの背後につながった車が存在する。
    そして、それを所有したり利用したりする人間がいなければ、価値のあるコンテンツにはならない。

    トヨタにしろBMWにしろ、コネクテッドカーやプラットフォームビジネスへの注力を表明しているメーカーはいくつかあるが、
    その戦略の意図は、事業コアのシフトではなくコア事業を持続・拡大させていく戦略なのだ。グーグルがYouTubeを買収したのは、
    動画コンテンツの可能性を認識したからであり、マネタイズのしくみを導入しYouTuberを育てているのも動画コンテンツを継続的に生み出させるためである。
    したがって、友山氏のいう「(モビリティサービスの)プラットフォーマ―になる」というのは、
    製造業がダメだからサービスにシフトしていくといった単純な話ではなく、車の価値を「モノ」という物理的な尺度だけでなく、
    「コト」という尺度で可視化するための土台を作るということに他ならない。


    【製造業から脱却?...トヨタがプラットフォーマ―になる日】の続きを読む

    1: 2016/11/03(木) 12:45:20.36 ID:CAP_USER

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/02/news150.html
    no title



     日産自動車は11月2日、新しい駆動方式のパワートレイン「e-POWER」搭載モデルを追加した新型「ノート」を発売した。
    ガソリンエンジンで発電した電気を使用し、100%モーター駆動で走行する技術を開発。加速性向上や低燃費を実現した。
    電動自動車(EV)「リーフ」に続く、新たな電動化技術を提案する。

     e-POWERは、エンジンや発電機、インバーター、モーター、バッテリーなどを搭載したシステム。
    発進時はバッテリーからの電力で車を動かし、バッテリー残量や車速に応じてエンジンを始動して充電する。
    EVと同様にモーター駆動で走行するが、外部電力からの充電は不要。ハイブリッド車(HV)のように、ガソリン給油のみで走行できる。
     モーター駆動ならではの加速性が強み。EV開発で培った大出力モーターの制御技術を活用し、発進時の加速、
    走行時の再加速ともに、反応がよく滑らかな加速性を実現した。最大トルクは254N・mと、「2リットルターボエンジンに匹敵するビッグトルク」という。

     また、新しい走行モード「e-POWER Drive」では、アクセルとブレーキによる運転操作を簡単にして「ワンペダル感覚」を可能に。
    アクセルペダルを戻すだけで大きく減速できるため、ブレーキペダルを踏む回数を約7割減らせるという。
     燃費性能は、「e-POWER S」グレードで1リットル当たり最大37.2キロ。トヨタ自動車の小型HV「アクア」の37.0キロをわずかに上回り、小型車でトップとなる。

    (以下略)


    【日産、ガソリンで発電する電気自動車「ノート e-POWER」を発売 外部充電不要でトップクラスの低燃費を実現】の続きを読む

    1: 2016/11/01(火) 22:19:31.59 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/lexus/ls/special-2974120/
    no title

    no title

    no title

    no title


    新型LSは年明けスグのデトロイトショーで披露

    本来ならレクサスのフラッグシップにならなければいけないLSながら、
    すでに主力市場のアメリカでも開店休業状態。考えてみればトヨタはレクサスというブランド立ち上げにあたり、
    第1弾となるLSを背水の陣で開発した。従来のトヨタ車と全く違う生産方法や部品精度を追求したのである。

    結果、ベンツやBMW、ジャガー、キャデラックなど世界中の自動車メーカーを驚かせ、慌てさせた。
    しかし、今のレクサスのラインナップを見ると、トヨタ車に豪華な内装を付けて厚化粧しただけ。
    アメリカでこそ何とかビジネスになっているものの、本国である日本は車種を大量投入しながら伸び悩む。
    クルマとしての性能や、本物の上質感が重視される欧州市場など全く評価されず相手にされていない状況。
    フラッグシップであるLSだって、全く売れない失敗作にも関わらず(特にハイブリッドのLS600はアメリカで月販一桁という厳しさ)、
    10年間フルモデルチェンジしなかった。
    さすがにトヨタも問題だと考えていたのだろう。初代LS400をお披露目したデトロイトショーで2017年秋に発売予定の新型LSをアンベールするそうな。

    全体の雰囲気は昨年の東京モーターショーでデビューした『LF-FC』になるという。もちろん燃料電池搭載モデルの発売は当面無し。

    驚くべきがボディサイズの大型化!

    何と現行モデルより一回りも大きくなり、ベンツSクラスやBMW7シリーズ、ジャガーXJと並べても「迫力あるね!」。
    さすがに車幅を増やしていくとアメリカでも少しばかり使い勝手が悪くなるため、新型はドアミラー無しの『ミラーレス』を標準とする。
    御存知の通り普通に走っているときはドラミラーの幅が車両の幅だ。ドアミラーを無くせば、実質的に150mm程度車幅を絞ったのと同等。
    その分で車幅を増やそうという狙い。
    標準仕様はカメラによるモニター画像で後方のチェックを行う。モニターがイヤならオプションでドアミラーを付ければOK。

    (以下略)


    【ついにレクサス新型LSがミラーレス車で登場 ドアミラーはオプション設定に】の続きを読む

    このページのトップヘ