2016年10月

    1: 2016/10/26(水) 19:10:30.41 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/10/26/284233.html
    no title


    トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月25日、ブランド廃止が決まっていた
    サイオンが最終日を迎えたことを、公式Facebookページを通じて発表した。

    サイオンは2003年、トヨタの米国の若者向けブランドとして設立。販売のピークは2006年で、
    年間17万3034台を売り上げた。以後、販売は減少傾向。2015年は、5万6167台にとどまっていた。

    そのため、米国トヨタ販売は2016年2月、サイオンブランドの廃止を決定。現行のサイオンラインナップは
    2016年8月に導入された2017年モデルから、順次トヨタブランド車に変更。既存のサイオン車の顧客については、
    トヨタの販売店でサービスなどが受けられるよう、対応している。

    ブランド立ち上げから13年間の累計販売台数は、ほぼ120万台。10月25日をもって、サイオンブランドの歴史に幕を下ろした。

    サイオンは、「サイオンと共に歩んできた顧客に感謝したい」とコメントしている。


    【米トヨタ、サイオンブランドが最終日…13年の歴史に幕】の続きを読む

    169133

    1: 2016/10/26(水) 16:35:17.22 ID:CAP_USER9

    時事通信 2016/10/26-15:52

    タカタ製エアバッグの欠陥問題で、トヨタ自動車は26日、乾燥剤が入っていないエアバッグを搭載する「ヴィッツ」など19車種計115万9578台(2000年8月~11年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
    フォルクスワーゲン(VW)とアウディの日本法人もそれぞれ37車種計12万9230台(06年1月~14年9月製造)、57車種計6万7341台(04年7月~13年4月製造)をリコールした。
    火薬の劣化を防ぐ乾燥剤が入っていないエアバッグについて、国交省が各社に追加リコールを求めていた。タカタ製エアバッグ問題での国内のリコール台数は、延べ約1701万台となった。
    トヨタの対象は助手席エアバッグを搭載した車で、交換用部品が不足した場合は、一時的に作動しないようにして対応する。

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102600471&g=soc


    【トヨタ115万台リコール=タカタエアバッグ-VW・アウディも】の続きを読む

    1: 2016/10/25(火) 19:30:11.35 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASJBT2H4CJBTUHBI00B.html?iref=comtop_8_01

     米国の有力な消費者情報誌「コンシューマー・リポート」は24日、自動車のブランドごとの信頼度ランキングを発表した。調査した29ブランドのうち、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が4年連続の首位となった。大衆向けブランド「トヨタ」は2位に入り、日本勢はトップ10に5ブランドが入った。

     トヨタのブランドが1、2位となったことについて同誌は「確実なクルマづくりをしており、驚きのない結果だ」と評価した。日本メーカーでは「マツダ」が6位(昨年4位)、日産自動車の高級車ブランド「インフィニティ」は8位(同24位)「ホンダ」が10位(同8位)だった。

     11位以下でも、11位は富士重工業「スバル」(同5位)、12位にホンダの高級車ブランド「アキュラ」(同18位)、13位に「日産」(同15位)と続いた。

    no title

    ニューヨーク自動車ショーでの「レクサス」=3月


    (以下省略、続きはソースで)


    【車の信頼度、レクサスが首位 4年連続、米有力誌が調査】の続きを読む

    GORN

    1: 2016/10/26(水) 12:29:42.68 ID:CAP_USER

    http://mainichi.jp/articles/20161025/k00/00m/020/069000c

    日産自動車のカルロス・ゴーン社長は24日、「(グループの年間世界販売が)1000万台あれば全ての
    環境技術で戦える」と述べ、34%の株式取得を終え傘下に収めた三菱自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)
    技術を日産筆頭株主の仏ルノーと共にグループ内で積極活用する考えを表明した。
     日産追浜工場(神奈川県横須賀市)で同日行われた新型の小型ハイブリッド車「ノートeパワー」の生産開始式典に出席後、記者団に述べた。

     ゴーン氏は近く正式発表するノートeパワーの燃費について、クラス最高のガソリン1リットル当たり
    37・2キロだと明かした上で「規模があるからさまざまな技術で戦える」と強調。日産が次世代エコカーの中核と
    位置づける電気自動車(EV)だけでなく、家庭用電源からも充電可能なPHV、
    ルノーが得意なクリーンディーゼルなどの開発もグループ内連携を通じて強化し、環境技術の開発に全方位で取り組むとした。
    【宮島寛】


    【日産ゴーン社長、グループ内で三菱自技術を積極活用へ】の続きを読む

    34c3d_1223_da4a0202_5000892d

    1: 2016/10/25(火) 17:33:45.54 ID:SKKCvDdP0● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典

    ビー・エム・ダブリューはこのほど、同社のフラッグシップモデル「7シリーズ」の特別限定車「ローズ・クオーツ」を
    西日本地域限定で1台のみ発売すると発表した。21日から西日本のBMW正規ディーラーで購入希望予約の受付
    を開始し、希望者多数の場合は抽選を行う。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12192414/


    【現行のBMWってダサくね?あとホンダのS660も超合金ロボみたいでダサかった。】の続きを読む

    このページのトップヘ