2016年09月

    1: 2016/09/29(木) 22:19:32.30 ID:dMAgN2cc0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    メルセデス・ベンツは、本日9月29日開幕の2016 パリモーターショーにおいて、新しい電気自動車のコンセプトモデル"Mercedes-Benz Generation EQ Concept"をワールドプレミアした。

    将来的な展開を予定する電気自動車のラインナップのイメージを提示するために製作されたこのジェネレーション EQ コンセプトは、スチールやアルミニウム、
    カーボンファイバーをミックスした軽量にしてスケーラブルなプラットフォームを基盤としたシャシーに、トータル出力402hp&トルク700Nmを発揮する2基の電気モーターと、
    一回の充電で最大500kmの距離の走行が可能な70kWh以上の容量を持つDeutsche ACCUmotive GmbH & Co. KG社製リチウムイオンバッテリーパックからなる
    電動ドライブトレインを搭載するというメカニズムを採用。なお、急速充電器を用いた場合、わずか5分で100kmの距離を走行する分の充電が可能であると発表されている。

    no title

    no title

    no title



    S660
    no title

    no title


    EV-STER
    no title

    no title


    http://blog.livedoor.jp/motersound/51971898


    【メルセデス、ホンダS660のパクリにしか見えない車を発表!!!】の続きを読む

    demio

    1: 2016/09/29(木) 23:38:45.223 ID:8w45va+40NIKU

    かっこ良い
    コンパクトで使いやすい
    ディーゼルのパワー
    燃費良し
    内装が豪華
    安い

    後ろに人を乗せなければ最強の車wwwwwwwwwwwwwww


    【デミオとかいう最強の車wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/09/29(木) 18:11:32.74 ID:CAP_USER

    本田技研工業は9月29日、「シビック」の高性能モデル「シビック TYPE R」新型のプロトタイプを欧州法人を通じ
    パリモーターショー(9月29日~10月16日)で初公開した。欧州で2017年後半に発売する計画だ。

    10代目「シビック」シリーズと共通プラットフォームを採用して開発。5ドアモデル「シビック ハッチバック」をベースに、
    大開口のフロントバンパーやボンネット部のエアベントなどを採用して空力性能を高めている。

     リアバンパーにはディフューザーを装備し、3本出しマフラーをセンターに配置するなど、アグレッシブなエクステリアになっている。
    20インチアルミホイールも性能向上に寄与しているという。
     英国の生産拠点(Honda of the UK Manufacturing)でシビック ハッチバックとともに生産され、欧州に加え北米などにも輸出する計画だ。
    シビック TYPE Rは1997年に初代を発売。昨年には4代目を750台限定で販売し、完売するなど人気が高い。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1609/29/news100.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ、新型「シビック TYPE R」世界初公開】の続きを読む

    1100416

    1: 2016/09/27(火) 19:11:10.73 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/09/27/282491.html

    9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16。同ショーに、マツダが出展しないことが分かった。
    これは、パリモーターショーの主催団体が、公式サイトで明らかにしているもの。参加自動車メーカーのリストに、マツダの名前はない。

    マツダは前回のパリモーターショー14において、新型『ロードスター』をモーターショーデビューさせた。
    これまで力を入れてきたパリモーターショーだが、マツダは今年、不参加。新型車発表のタイミングや、
    パリ以降のモーターショーとの関係もあると推測される。

    マツダヨーロッパの広報担当者は、一部メディアの取材に対して、「パリモーターショー16への不参加決定が、
    マツダのグローバルモーターショー戦略の変更を示すものではない」とコメントしたという。


    【マツダ、パリモーターショー16に不参加決定】の続きを読む

    01_DMA-2

    1: 2016/09/29(木) 07:54:42.274 ID:MqMqVgvEd

    車に頓着あるのってほとんど男だけで「車なんて乗れればどうでもいい」って考えの女の子がほとんど
    むしろ車に大分金かけてるやつって気持ち悪がられるだけ
    軽じゃもてない、、なんて時代錯誤も甚だしいよ
    人間は中身なんだよそこを、お前らおっさん達は自信持ててないんだろうな


    【「軽自動車とか女にモテないぞ」←あの、、(呆れ)あのさぁ………………】の続きを読む

    1: 2016/09/28(水) 17:11:24.38 ID:CAP_USER

    新型にスイッチしたプリウス同様にTNGAを使うコンパクトSUVのトヨタC-HR。
    11月上旬のWebでの先行予約開始、2016年末の発売を前にその概要が公開されました。
    日本車のコンパクトSUVは、2015年?16年でみるとホンダ・ヴェゼルが5000?6000台前後売っていて、
    登録車での販売台数ランキングで8?10位前後が定位置になっています。
    ヴェゼル以外では10位以内にランクインするSUVは少なく日産エクストレイルが数回ある程度。


    しかし、トヨタによると、コンパクトSUV市場規模はここ4~5年間で約2倍と拡大傾向にあるそうです。
    爆発的に売れる日本製SUVがあまりない一方で輸入車勢の攻勢もあります。

    また、他市場に比べ内外装デザインを重視する人が多く存在するカテゴリーであり、
    「C-HRは個性あふれるデザインはもちろん、意のままの走りやクラストップレベルの燃費も追求し、コンパクトSUV市場を牽引していく」としています。


    (続きはサイトで)
    http://clicccar.com/2016/09/28/403115/
    no title

    no title


    【トヨタ、TNGA採用の新型コンパクトSUV「C-HR」の概要初公開 年末に発売へ】の続きを読む

    20151215102703_63_

    1: 2016/09/29(木) 09:54:49.071 ID:NLpOebwOr

    千葉→広島の帰省を年に2回する予定
    普通自動車ならある程度問題ないんだろうけど維持費の差をどうしても考えてしまう

    もしいい車種があれば購入を検討する
    ちなみに今は車持ってない


    【長距離走行を年に2回する予定があるんだけど、軽自動車でいい車種ってないかな?】の続きを読む

    1: 2016/09/27(火) 12:07:29.77 ID:CAP_USER

    次々に新しいSKYACTIVテクノロジーを投入し、急回復を果たしたマツダ。デザインと走りにこだわったクルマ作りで既存の
    メーカーのクルマに飽き足らない層の気持ちをガッチリとつかみ、国内販売も急伸した。

    暦年の販売データをみると、'12年は前年比114.7%、'13年102.6%、'14年98.4%、'15年120%と、消費税が8%に上がった'14年以外、
    毎年前年比増を続けている(商用、輸入車を含む登録車)。

    しかし、ここにきて潮目が変わったかのような状況だ。昨年の10月以来8カ月連続で前年割れが続いており、
    しかも今年5月は前年比62.1%という急減速。全体では106.6%と好調なのにもかかわらず、だ。

    マツダに何が起きているのか? クルマ好きの気持ちを一番わかってくれているメーカーだけに、その販売動向は他社以上に気になってしまう。
    老婆心とは知りながら、心配なのです!
    5月は前年比62.1%と落ち込んだマツダ。プレマシーが前年比103.7%となっている以外、
    全車単独の数字も前年割ればかりなのだが、特に目立つのがCX-3の前年比43.3%だ。
    昨年2月に登場したばかりで、ちょうど1年前の5月は3282台と好調だったせいもあるが、
    発売1年3カ月でこの落ち込みは深刻。しかも昨年末には早くも改良モデルを発売しているのに、その成果が出ていないことになる。
    上の表はマツダ各車とその競合車となる他社モデルとの5月の販売台数を比較したもの。
    トヨタ、日産、ホンダの大手3社とは販売規模の違いもあって劣るのもやむを得ないが、キャラがかぶっているスバルに
    ほとんど負けているのは気になるところだ。
    特にインプレッサとアクセラの差が大きい。アクセラはまもなくマイチェンするが、インプレッサも秋にフルモデルチェンジ。
    ほぼ同じ状況ながら約2.9倍差というのはマツダとしては苦しいところ。インプレッサが新型に切り替わればこの差はもっと広がりそうだ。
    マツダ車にはクルマ好きの心を揺さぶる魅力がある。しかし、一般ユーザーにアピールする何かが足りないのだろうか?

    (続きはサイトで)
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49771?page=2
    no title


    【マツダの快進撃に陰り?なんと8ヵ月連続前年割れ継続中・・いったい何がいけないのか】の続きを読む

    7

    1: 2016/09/26(月) 22:36:35.65 ID:CAP_USER

    http://mainichi.jp/articles/20160927/k00/00m/020/087000c

     英高級自動車メーカー、ロールスロイスのトルステン・ミュラーエトヴェシュ社長は26日、
    毎日新聞のインタビューに応じ、「景気に関わらずロールスロイスを所有できる資産家が多い」として日本での営業活動を強化する方針を示した。

    (中略)

    「伊フェラーリやランボルギーニを所有する人たちが自身の車庫にロールスロイスも加えたいと思うようになったため」と分析
    2017年には広島県に国内6店目の販売店を開設するなど販売体制強化に努める。6店目が開業すると国別店舗数では英本国に並ぶという。
     一方で「ロールスロイスは最高の代名詞であり、競合相手は芸術品や宝石、不動産だ」と指摘。
    「他に興味のある車があれば二者択一でなく両方買う」ような超富裕層のみを顧客とし、値下げなどは行わない考えを強調した。


    【ロールスロイスが日本での営業活動を強化へ 「ロールスロイスは最高の代名詞であり競合相手は宝石不動産」】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 2016/09/24(土) 23:54:44.90 ID:tpJNr1EL0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    富士重工業<7270.T>は23日、フロントワイパーに不具合があるとして「レガシィ」計約93万台を世界でリコール(回収・無償修理)すると発表した。
    このうち、日本では10万7388台(2009年4月―13年7月製造)が対象。海外は米国など約75カ国に及ぶ。けが人は出ていないが、
    日本ではワイパーの付け根から出火する事故が5件起きており、海外でも日本と同じ事例などを含め35件発生しているという。

    ワイパーモーターのボトムカバー(電気回路内蔵)の製造が不適切なためで、対象車両すべて対策品に交換する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000055-reut-bus_all


    【スバル、93万台リコール 火災の恐れ】の続きを読む

    このページのトップヘ