2016年08月

    1: 2016/08/28(日) 09:15:57.25 ID:yMEYnY9G0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    富士重工業(スバル)は、SUPER GT第6戦、第45回インターナショナル鈴鹿1000kmレースが行われている鈴鹿サーキットに、
    『WRX S4』の「tSコンセプト」を展示した。

    内装をみるとミッションがAT(CVT)となり、天井にアイサイトのカメラがあることでS4と認識できるレベルだ。外装ではリアウイングの翼端板がS207ではなく、
    STIの刻印となる以外同じだ。足回りもS207と同時でフレシキブルタワーバーをはじめ、ドロースティフナーやクランプスティフナー、
    サポートサブフレームリアなどが装備される。

    AT(CVT)ということで、グリル内にCVTクーラーを装備し、アグレッシブなドライブにも対応できるようになっているのが特徴だ。
    細かいところではシートの座面長を伸ばし、もも裏のサポート性のアップさせている。さらにタイヤ内に吸音材を入れて静粛性のアップなども現在詰めている最中だという。

    tSモデルやSモデルの特徴のブレンボキャリパーは前輪にだけ装備、リアは電動パーキングブレーキの兼ね合いでノーマルとなる。
    アイサイト装備ということで、ブレンボブレーキの効きとアイサイトの調整をしている最中だという。

    S4でもスポーティでS207のようなドライビングが可能になり、なおかつアイサイトで安全なドライビングを楽しめるというモデルに仕上がっている。

    発売時期や値段などは未定だという。

    http://response.jp/article/2016/08/27/280743.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【スバル WRX S4 tS コンセプトを展示 こいつが峠最速になる】の続きを読む

    SUBARU-BRZ-S-6MT-618x447

    1: 2016/08/29(月) 15:34:15.733 ID:dbi4rmA00NIKU

    履歴書の資格一覧には普通免許って書く
    金も時間も無駄
    日本でMTなんて生産しない
    乗るのは生涯AT車だけなんだから実践的なAT車にするべきなのに

    ア ホ


    【車好きでもないのにMTコースにするやつwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    13303f696460a17021e7258017e3695a_s

    1: 2016/08/29(月) 19:12:16.539 ID:wcbO4iiY0NIKU

    俺は左折して最初左車線に入ったが前方に路駐車を確認したので右ウインカーを上げ右車線に入っていった
    この時にサイドミラーには車無し
    車線をまたごうかという瞬間に後ろから後続車が左折してきて猛スピードで直進してきた
    俺の車は既に車線半分をまたごうか否かといったところで後ろの車がスピードを緩める気がないのを確認してハンドルを左に切って回避
    回避と同時に後ろからパッシングされた

    信号で止まる二台
    お互いひと睨みしてたら信号が青に変わった。60歳くらいの髪がふっさふさのじーさんだった

    おわり


    【運転してたんだけどこれどっちが悪いの?】の続きを読む

    1: 2016/08/29(月) 10:07:31.16 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/08/28/280775.html
    no title

    no title

    no title


    トヨタ自動車が今冬に発売を予定している新型『プリウスPHV』はモーターのだけで走行するEVモードの
    航続距離が現行の26.4kmから60kmへと2倍以上に引き上げられた。

    現行モデルの倍の容量のリチウムイオンバッテリーを始め、バッテリー昇温システムの採用、
    さらにはシステムそのもの効率化で60kmを達成した。だか、その一方で犠牲になったものがある。
    それが乗車定員だ。新型プリウスPHVの乗車定員は燃料電池車『MIRAI』と同じ4人となっている。

    新型プリウスPHVのプラグインシステムの開発を手がけた市川真士主幹は「車両の企画をするにあたって、
    何を優先して決めていくのか。やはりEV性能を上げたいとなると、全体的なバランスを勘案して4人乗りになった。
    EV距離をとらなければ5人乗りでもいけるが、今回60km以上という数値目標が設定された段階で4人乗りでということになった」と明かす。

    またデザインを担当した第2デザイン室長の児玉修作氏も「車両価格がやはりハイブリッドに対してちょっと高いということと、
    リッチなユーザーに適した内装空間を造りたい、航続距離を高い次元でベストバランスに持っていきたい、いろんな要素が絡んでいるが、
    結果としてハイブリッドの5座に対してPHVは4座という選択をした。これは開発初期から決まったもので、
    航続距離60kmでいくためにベストバランスを狙うというのが理由」と証言する。

    そこで「ハイブリッドは5座だが、4座をリッチな空間に見せるために意図的にセンターコンソールを設けて
    ユーザーの肘かけができるようにした」という。
    しかし児玉氏は「PHVのTNGA車両として出すのは、新型プリウスPHVが初になるが、同時に他の車種でパッケージの
    重量低減活動は行っているので、その活動の成果もプリウスPHVにフィードバックする機会がモデルチェンジを待たずとも
    今後出てくると思う。モデルチェンジよりも前の段階で5座を提供できる可能性はあると思う」とも話していた。


    【トヨタ新型プリウスPHV、EV性能強化で乗車定員が4人に減る】の続きを読む

    このページのトップヘ