2016年07月

    1: 2016/07/05(火) 15:26:23.79 ID:CAP_USER

    http://news.mynavi.jp/news/2016/07/05/228/
    トヨタ自動車は5日、「86」のマイナーチェンジについて発表した。ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦などで得た知見をもとに、
    「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに開発された。より走りに特化し
    た「86」を実現することで、スポーツカーファンのさらなる獲得をめざす。8月1日の発売を予定している。

    今回のマイナーチェンジにあたり、現在の「86」の開発を担当するチーフエンジニアの多田哲哉氏は、「
    ニュル参戦からフィードバックされた技術を中心にすべてを組み直し、何度も世界の様々な道で鍛え直すことで、
    一つひとつのアイテムをつくり込みました。新型86は、ハンドルを握って走り出した瞬間から、その深化を誰もが実感できるクルマに仕上げております」とコメントしている。
    外形デザインは走りのために深化。フロントビューからリヤビューまで、細部にわたり空力性能向上を軸としたアイテムの設定・改良などにより
    接地性や回頭性を高めた。フロントビューは従来型よりノーズ先端を下げ、グリル開口を横へ拡大することで、ワイド&ローな構えを強調。
    リヤビューはバンパー黒加飾部位の幅の拡大などにより、「ハ」の字を強調するワイドスタンスな構えを表現している。

    トランスミッションは「G」「GT」「GT "Limited"」それぞれに6速マニュアルと「6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック)」を用意
    。いずれも総排気量1,998ccで、6速マニュアルは最高出力152kW(207PS)/7,000rpm、最大トルク212N・m(21.6kgf・m)/6,400~6,800rpmとされている。
    インテークマニホールドやエキゾーストマニホールドなど吸・排気系部品の改良により、幅広い回転域での最大トルク発生を実現した。

    内装色はブラックで統一し、落ち着いた室内空間に。トヨタ最小径362mmの真円ステアリングホイールを採用し、最適なグリップ断面形状を実現するなど、
    操舵性と握り心地を徹底して追求している。「GT」「GT "Limited"」では、Tメッシュカーボン柄加飾を施したドアスイッチベース・ヒーターコントロールパネル
    で質感を向上させたほか、3眼タイプのタコメーターを標準装備し、最高出力付近の7,000回転がメーターの真上になるよう変更している。

    「GT "Limited"」ではさらに、シート表皮にパーフォレーション加工を施したアルカンターラ、インストルメントパネルやドアトリムなどにスエー
    ド調の人工皮革「グランリュクス」を標準設定。外光の反射を抑え、ドライビングに集中できる環境に寄与する。
    マイナーチェンジしたトヨタ「86」は、8月1日から全国のトヨタ店・トヨペット店・トヨタカローラ店・ネッツ店を通じて販売開始。
    価格は「G」262万3,320~264万7,080円、「GT」298万1,880~304万8,840円、「GT "Limited"」318万3,840~325万800円(価格はすべて税込)となっている。


    no title

    no title


    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ「86」マイナーチェンジ、走りのため深化したデザインに】の続きを読む

    1: 2016/07/05(火) 19:36:55.93 ID:rUwiRZ4x0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

    スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは6月中旬、FRスポーツカー、
    『BRZ』の2017年モデルに、「シリーズイエロー」を設定すると発表した。

    BRZの2017年モデルは、デビュー以来、初の本格改良を実施。
    外観は、新デザインのバンパーやヘッドライトを採用。LEDヘッドライトとテールランプを標準装備した。
    インテリアは、ステアリングホイールやメーターなどのデザインを変更。
    メーター内には、4.2インチの情報モニターが配置される。

    直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンエンジンは、新しいバルブやカムシャフト、シリンダーヘッド、
    アルミ製インテークマニホールドの採用や、エグゾーストマニホールドの改良を実施。
    6速MT車の場合、最大出力は5hp引き上げられ、205hpを獲得する。
    最大トルクは21.6kgm。6速MT車には、トルセンLSDを標準化し、加速性能を向上させた。

    今回、米国で発表されたシリーズイエローは、2017年モデルのBRZに500台限定で設定される特別モデル。
    ブリリアントイエローのボディカラーに合わせて、アルミホイールやドアミラーは、ブラック仕上げに。
    ブラックレザーとアルカンターラの内装には、各部にイエローのステッチが添えられる。

    また、「パフォーマンスパッケージ」を標準装備。
    ブレンボ製ブレーキやザックスのショックアブソーバーなど、足回りも強化されている。
    http://s.response.jp/article/2016/07/05/277948.html
    no title

    no title

    no title


    【スバル、新型BRZのアメリカ限定特別仕様車『イエロー』を発表!】の続きを読む

    1: 2016/07/04(月) 11:46:40.052 ID:4ePIm3QT0

    no title

    no title

    no title


    ロードスターRSの44万円増しで170馬力(ロードスターは131馬力)
    マツダのダサさ考えたらどう考えてもこっち選ぶだろこれ
    no title


    【イタリア版マツダロードスターの新型車カッコよすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/07/04(月) 09:52:35.61 0

    日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)は1日、
    2016年6月の新車販売台数を発表。販売台数の総数は、前年同月比4.9%減の42万907台と、2ヶ月連続で減少した。
    登録車のブランド別トップ10
    1位:トヨタ(13万5728台、前年同月比7.6%増)
    2位:ホンダ(3万3946台、同10.6%減)
    3位:日産(3万1903台、同0.8%減)
    4位:マツダ(1万478台、同41.9%減)
    5位:スズキ(1万57台、同82.4%増、前月6位)
    6位:スバル(8870台、同31.6%増、前月5位)
    7位:いすゞ(6549台、同11.6%増)
    8位:日野(5754台、同10.0%増)
    9位:三菱ふそう(4897台、同4.0%増)
    10位:レクサス(4557台、同10.2%増)


    【【衝撃】スズキが普通車でもスバルをブチ抜きマツダも抜きそうな件】の続きを読む

    1: 2016/07/04(月) 09:10:02.01 ID:CAP_USER

    http://buzzap.jp/news/20160703-omni-capable-wheels/
    no title


    https://youtu.be/J-TOV-NBD70



    苦手な車庫入れや狭い場所での方向転換、もう頭を抱えずに済みそうです。詳細は以下から。

    オンタリオを拠点とするカナダの商業ドライバー、William Liddiardさんが8年の歳月を費やし、
    8万カナダドル(約610万円)の資金を掛けて作成したのがこちらの全方位タイヤ。


    この全方位タイヤはカーバッテリーからの給電で作動する外部モーターを用いており、
    時速1.6km程度で横移動や回転移動が可能。道路のコンディションや天候に左右されずに使用できます。

    全方位に移動できるタイヤはこれまでも開発されていましたが、Liddiardさんのタイヤの特徴はどんなホイールにでも
    「取り付け可能」であるということ。つまり、どんな自動車にも取り付けられるという点にあります。
    また、Liddiardさんによるとこれまでのものよりも頑丈で、速く、正確に動けるとのこと。

    現時点では販売はされていませんが、タイヤひとつに付き2000カナダドル(約15万円)程度になるだろうとのこと。
    60万円で車庫入れや方向転換が劇的に簡単になるとしたら、いかがでしょうか?

    現在Liddiardさんは「自分がやるより早く市場に届けてくれるだろう」との理由でこのタイヤを製品化してくれる企業を募集中。
    その間も開発は続けるということですが、自動車の常識がここでもまた変わることになるのでし


    【横移動や回転移動も可能な全方向タイヤを開発、車庫入れや狭い場所での方向転換が容易に】の続きを読む

    1: 2016/07/04(月) 10:21:33.53 ID:CAP_USER

    http://jp.reuters.com/article/tesla-autopilot-dvd-idJPKCN0ZJ0Z1
    [ウィリストン(米フロリダ州) 1日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ(TSLA.O)の
    自動運転支援機能「オートパイロット」搭載車による死亡事故で、フロリダ州の複数の高速道路パトロール当局者は1日、
    事故車内からDVDプレーヤーが見つかったことを明らかにした。  

    当局者は電話取材に対し、「車内にポータブルDVDプレーヤーがあった」と説明。ただ、車載カメラは見つからなかったという。  

    事故に巻き込まれたトラックの運転手の弁護士はロイターに対し、目撃者の話として、事故後にDVDプレーヤーから
    映画「ハリーポッター」が流れていたことを明らかにした。  

    トラック運転手の弁護士は「ビデオに関しては、事故発生直後に現場を訪れた目撃者がいるが、現時点ではそれを検証できない」と指摘。
    「ただ、この目撃者は現場に到着した際、ハリーポッターが流れていたと話していた」と語った。  
    事故車となったセダン「モデルS」の2015年モデルの運転手が道路を見ていたのかどうかという疑問は、
    テスラにとって重大な意味がある。同社は、オートパイロットの安全性に関して連邦当局から予備調査を受けている。  

    オートパイロット搭載車は運転しなくても、車線内を走行し、スピードを維持できる。同社は1日に声明を出し
    、「オートパイロットは路上での最先端のドライバー支援システムだ。ただ、これにより、テスラ車が自律走行車になったり、
    運転車が責任を放棄できたりするわけではない」との見解を示した。  

    事故原因については、当局者が最終的な判断を下すまで数週間かかる可能性がある


    【テスラ車死亡事故、自動運転中にDVD鑑賞していた可能性】の続きを読む

    1: 2016/07/03(日) 10:16:35.69 ID:BcHFN5Kn0

    背伸びして車で飾るもキモオタ臭がまるで抜けていないまま勘違いしてる男子しかいない

    男のポイントあげるどころか下がってんぞ


    【3大オーナーが気持ち悪い国産車 インプレッサ・アルテッツァ フェアレディZ】の続きを読む

    1: 2016/07/04(月) 19:16:16.90 ID:7eJQrY3Q0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

    トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」にゴールドアクセントの特別仕様車を設定

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://autoc-one.jp/news/2789875/


    【トヨタ アルファードとヴェルファイアに金メッキの装飾を施した特別仕様車を発表】の続きを読む

    1: 2016/07/03(日) 09:21:47.51 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/special/2738697/
    クルマに関する学術会である「日本自動車技術会」。その年次総会である春季大会が例年通り、5月末にパシフィコ横浜で行われた。
    会議棟での学術講演会に加えて、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展」も開催された。
    展示会場内には、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、三菱、スズキ、ダイハツ、いすゞ、ふそうなど、自動車メーカー各社が、
    ハイブリッド車、燃料電池車、そして自動運転車に関する技術を紹介。大手サプライヤーでは、デンソー、ボッシュ、コンチネンタルなどが、
    自動運転に係る各種のセンサーなどを出展した。
    一般ユーザー向けの「モーターショー」と比較すると、展示パネルの内容が“プロ向き”で材料や電子技術に関する計算式などが並ぶ。
    そうしたなか、開催初日となる25日の午後、会議センターメインホールで行われたフォーラムが、実に興味深い内容だった。

    題目は「 2050年の社会情勢を見据えた交通システムと自動車用動力システムへの提言 」。
    なんだか屁理屈が多そうで、面倒くさくて分かりにくそうなイメージだが、「これからのクルマ」を俯瞰するには最適な場だと感じた。

    自動車における“将来”は「次の次」が精一杯
    人とくるまのテクノロジー展2016にて
    同フォーラムは、EVの基礎研究で高名な早稲田大学・大聖泰弘教授の基調「2030年から2050年に向けた自動車技術の方向性」から始まった。
    これは、自動車技術会のなかにある「将来自動車動力システム委員会」での議論をとりまとめたものだ。
    具体的な講演内容では、CO2削減が主体となった。なぜなら、2015年10月に国連で協議されて参加各国が約束した「パリ協定」で
    「2050年に先進国は温暖化効果ガスを現状から80%削減し、全体として50%削減を目指すこと」で合意したからだ。
    こうした国際協議の場で、将来の一つの目安として「2050年」が使われているので、自動車技術会としても
    「2050年を念頭に置いた議論」を考えてきた。
    ところが、実際には「まあ、考えたとしても2030年くらいまでで精一杯だ」という声が現役エンジニアの本音だ。

    クルマのフルモデルチェンジは平均で6年。2016年現在から2030年までの14年間で、
    2回のフルモデルチェンジがある計算だ。エンジニアとしては、新型車で「次の次」までのイメージは沸くが、
    2050年の「次の次の次の次」を連想することは事実上、不可能だ。
    そのため、大聖教授の講演でも、国が打ち出している燃料電池車の導入ロードマップなどで具体性があるのは
    2030年頃まで。2030~2050年については、かなりざっくりしたイメージの話だった。
    日本国内全体での電源構成でも、再生可能エネルギー、火力(石油、石炭、LNG)、そして原子力の構成目標でも、
    2030年度には具体的な数値が提示されたが、2050年は「?」マークが目立った。


    【このままでは生き残れない?2050年までのロードマップを打ち出せない日本の自動車メーカー】の続きを読む

    1: 2016/07/03(日) 08:51:59.83 ID:rqA/mgLI0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    空飛ぶクルマは先人が想像した未来の機械文明の中でも実現が難しいとされているものだ。
    米国の大衆科学雑誌『ポピュラー・メカニックス(Poplular Mechanics)』の表紙は、交通渋滞や道のくぼみから解放され、自家用の乗り物で空高く舞い上がる日がいつかやって来ると期待させていたが、それから何十年もの月日が流れた。
    テラフージア社のような企業が頑張ってはいるものの、自動車と飛行機との融合は、今のところ順調とは言い難い。


    そんな人類長年の夢に、あのトヨタが挑もうとしているらしい。
    同社が申請した特許書類には、可変式ボディ・パネルを備えた自動車が描かれている。
    滑らかなフォルムはほぼティアドロップ(水滴)型で、そのお尻には世界一かわいらしい小さなプロペラが装備されている。
    さらに、そんな可変式ボディの下には独創的な方法で翼が隠されているのだ。
    地上走行時には翼をボディの外側に畳んでおくテラフージア社のような方式ではなく、トヨタは翼部をボディ・パネルの下に格納する方式を採るようだ。
    伸張する翼で左右の傾き(ロール)を制御し、フロント・アクスル前方に装備された戦闘機ユーロファイター・タイフーンのようなカナードが、
    上下方向(ピッチ)はもちろん、おそらく左右の方向(ヨー)も制御すると考えられる(方向舵や尾翼のようなモノが見当たらないため)。

    トヨタ、空飛ぶクルマの特許を申請
    http://jp.autoblog.com/2016/07/02/toyota-patent-filing-flying-car/
    no title


    【トヨタ、空飛ぶクルマの特許を申請】の続きを読む

    1: 2016/07/01(金) 21:46:34.03 0

    毎日仕事で車乗ってる奴が〇年間のうちにささいな事で1回でも減点されればゴールドにはなれないが
    ペーパードライバーは勝手にゴールドになる

    でもドライバーとして優秀なのは確実に前者やろ
    なんだこのゴミ基準
    なんの参考にもならんやん


    【ゴールド免許って選定基準不公平じゃね?車乗らなければ点数減ることもないわけやし】の続きを読む

    1: 2016/06/30(木) 06:48:37.189 ID:z5LPxTj50

    横断歩道や歩行者側の遊歩道に突っ込んだ場合はもちろん車の過失だけどさ
    突然道路の車が並んでるスキマから飛びだしてきて跳ねてもしるかよ
    自業自得だし車の修理代まで払え
    そのリスクを負いたくなければ横断歩道が使えよ


    【車が歩行者をはねても10対0で歩行者を悪者にするべきだろ】の続きを読む

    このページのトップヘ