2016年06月

    1: 2016/06/28(火) 21:31:47.43 ID:f2cZmOGQ0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    痛車グラフィックス休刊のお知らせ


    平素は弊社の雑誌「痛車グラフィックス」をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。

    2008年の創刊より、読者の皆様に親しまれておりました「痛車グラフィックス」ですが、 誠に勝手ながら、2016年8月5日発売の27号をもちまして、休刊となります。
    また同時に本誌イベント「痛Gふぇすた」の開催も中止とさせていただきます。
    創刊から支えていただいておりました読者の皆様に心より御礼申し上げます。

    唯一の痛車専門誌を出版し、日本最大の痛車イベントを開催してきた責任は十分に理解しておりますが、昨今の出版不況の影響は大きく、支え続けることができなくなってしまいました。
    ご期待をしていただいた読者の皆様、大変申し訳ございません。

    また、誌面にご登場いただいた痛車オーナー、コスプレイヤーの皆様、カメラマン、ライター、デザイナーほか、お力添えをいただいたスタッフのみなさまに、心から御礼申し上げます。


    平成28年 6月28日
    株式会社芸文社
    「痛車グラフィックス」編集長
    栗澤浩司

    http://geibunsha.co.jp/info/ita-g/itag_news/


    【【悲報】痛車最大手雑誌の痛車グラフィックスが廃刊、イベントも中止】の続きを読む

    1: 2016/06/29(水) 22:56:20.78 ID:ScnNBXVo0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

    FCAジャパンは、ジープ誕生75周年を記念した「75th アニバーサリーエディション」の第2弾を
    『ラングラー』および『グランドチェロキー』に設定し、7月16日より販売を開始する。 

    75周年記念モデルは、グリーン・オレンジ・ブロンズをボディおよびインテリアの共通のメインカラーに設定したほか、
    誕生年の「1941」を刻印したエンブレム・フロントシート、インテリアアクセントなどを特別装備。
    第1弾モデルとして、『レネゲード』『コンパス』『チェロキー』の75周年記念モデルを5月14日に発売している。 

    第2弾となる今回は、ラングラー サハラ、ラングラー アンリミテッド サハラ、
    グランドチェロキー リミテッドをベースに75周年記念モデルを設定。なお、グランドチェロキーについては、
    LEDフォグランプの装備や安全機能の拡充のほか、
    エンジンのアップグレードと電動パワーステアリングの設定により燃費を約12%向上させている。 

    価格はラングラー(限定20台)が412万5600円、
    ラングラー アンリミテッド(150台)が443万8800円、グランドチェロキーが604万8000円。
    http://response.jp/article/2016/06/29/277677.html
    no title


    【ジープ 誕生75周年限定仕様車を発表 『ラングラー』と『グランドチェロキー』】の続きを読む

    1: 2016/06/29(水) 18:11:10.70 ID:z+gkYhQOpNIKU

    マツダ「コルクつくってたけど車(三輪トラック)つくってみた」
    トヨタ「自動織機だけど自動車部門つくってみた」
    スズキ「自動織機だけどバイク作ってみた、ついでに軽も」
    ニッサン「鋳物とかやってたけど自動車もやってみたよ」
    ホンダ「自転車にエンジンつけた」

    w


    【日本の自動車会社の成り立ちかたwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/06/28(火) 23:51:37.39 ID:CAP_USER

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HUW_Y6A620C1TI5000/

     住信SBIネット銀行は審査手続きを大幅に簡素にした自動車ローンサービスを始める。
    国内のベンチャー企業が開発した遠隔地から車両を止められる技術を採用し、
    返済が滞れば自動車を使えなくする。自動車ローンの審査が通りづらいパートやアルバイトなどの
    購入希望者を対象にする。IoT(モノのインターネット化)を活用し、新たな需要創出につなげる。

     住信SBIはIT(情報技術)ベンチャーのグローバルモビリティサービ…


    【住信SBI、簡単審査で車ローン 返済滞ればクルマを遠隔停止】の続きを読む

    1: 2016/06/28(火) 19:27:43.43 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/06/27/277561.html

    ホンダの2+2ライトウエイトスポーツ、『CR-Z』次世代型に関するリポートが、欧州エージェントからレンダリング・スケッチと共にSpyder7編集部に届いた。

    2010年、『CR-X』を彷彿させるパッケージで登場した『CR-Z』。その次期型は、新型シビックからプラットフォームが
    流用されると噂されているが、その心臓部にも、最新『Type R』の2リットルVTECターボ、「KC20C」が搭載される可能性があることが分かった。

    関係者からのリポートによれば、次世代型は現行モデルよりコンパクトサイズで、車高は低く、
    ヘッドライトはシャープに、そしてアグレッシブなバンパーを持ち、走りを追求したモデルとなると言う。
    パワーユニットに関しては、1.5リットルターボにモーターを組み合わせたハイブリッドモデルの噂もあり、
    確定情報入手までもう少し時間がかかりそうだが、ワールドプレミアは2018年夏頃までに実現するのではないだろうか。

    no title

    no title

    ホンダ CR-Z 現行型


    【生産終了のホンダ『CR-Z』、2リットルターボ搭載で復活か】の続きを読む

    1: 2016/06/26(日) 22:40:05.200 ID:bJTpoxuy0

    たぶん上司に休んでいいですか?とかきいたら怒られそうなんだけど
    普通の会社だったら休めるもんなの?


    【会社で上司に車の免許とれって言われたんだけど合宿とかで会社何日も休んでいいのか?】の続きを読む

    1: 2016/06/28(火) 21:03:10.01 ID:KgMiwcqz0● BE:488538759-PLT(13931) ポイント特典

    トヨタ自動車がイタリア・ミラノで新型クロスオーバー「TOYOTA C-HR」欧州仕様車のインテリアデザインを公開しました。
    「センシュアル-テック(Sensual-Tech)」をコンセプトに、ハイテクかつ高い機能性をファッショナブルに仕上げ、運転に集中できるドライバーズ空間を実現しています。
    運転席は、メーターを中心としてディスプレイオーディオ・操作パネルをドライバー方向に向けてコンパクトに配置、運転中の視認性や操作性に配慮。
    インパネからドアトリムまでなめらかに繋がる、ピアノブラックパネルをレイヤー状に構成し、シームレスで広がりのある空間を表現しています。
    http://clicccar.com/2016/06/28/382172/

    お値段以上に質感ある内外装のC-HR
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ、新ハイブリッドSUV「C-HR」の内装公開!想像以上の高級感へ】の続きを読む

    1: 2016/06/28(火) 11:24:31.045 ID:oNDsR3st0

    お金無いけど外車乗りたかったんです臭


    【ベンツ、レクサス←うん BMW、アウディ←ん? ボルボ、ワーゲン、アメ車、フランス車←wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/06/28(火) 10:24:08.33 ID:CAP_USER

    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1437123231311.html

    いざというときに頼りになる救急車。お世話になったことはなくてもあるだけで安心できる存在です。
    先日、友人の付添で救急車に乗ったところ「救急車に乗ってきた」という理由で友人が料金を請求されていました。急なことなので詳しく聞く時間もなくそのまま家に帰ったのですが、「救急車はまだ無料なのでは?」という疑問でいっぱいに。

    そこで消防庁に問い合わせてみました。電話に出た職員さんいわく「救急車は無料です。それは病院のほうで決めている料金なので病院に聞いてください」とのこと。
    ということで、掛った病院に改めて問い合わせをしてみました。


    病院が決めている料金とは

    ――救急車に先日友人が乗ったのですが、救急車に乗ってきたという理由で8,640円を請求されていました。あれは何の料金なのでしょう?
    特定療養費といいまして100床以上の大病院にはかかる料金で厚生労働省で決まっています。当病院で発生することのある料金です。

    ――発生することのあるというのはどういう意味でしょうか?
    大きい病院なので診療時間外にはかかる料金です。

    ――かかる条件を教えていただけますか?
    緊急性がないと判断された場合にはこの料金がかかります。

    ――頭を打ったとして緊急で運ばれたのですが、緊急性がないと判断するのはどんな場合ですか?
    医師が判断することなので会計には詳しいことはわかりません。

    どちらにしても、怪我をした友人は、救急車で運ばれてこの病院に運ばれてきたのですから仕方ありません。
    それにしても、今はまだ救急車自体は無料ですが、病院によっては料金が請求されて有料になる場合があるということ。これは意外ですね。
    救急車で来て、医師が緊急性がないという判断した場合に8,640円が請求されるという仕組み。ちなみに救急車で来て緊急性があったと判断する場合にはちゃんと無料にするそうです。

    救急でない場合はどうすればいい?

    救急ではない場合には、タクシー利用をすすめられます。しかし、タクシーで病院に行くとしても、夜間対応の病院がどこにあるか、どれだけ具合が悪いのか
    自分でわからない場合もあるので判断できない場合も。その時は、救急車を呼ぶ前の相談ダイヤル 「救急相談窓口#7119」に電話してみるといいそうです。
    (カシハラ@姐御)


    【すでに有料? 「救急車に乗ってきた」という理由で料金請求】の続きを読む

    1: 2016/06/27(月) 17:07:23.162 ID:xuNO2pcy0

    俺の乗ってきた外車(イタリア車除く)全く壊れたことないんだが
    きちんと整備してた?まさかディーラー高いからやだとかいってないよね?
    身の丈に合わせた車乗れよ貧民


    【お前ら外車は壊れるっていうんけどさwwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/06/24(金) 20:02:56.39 ID:F4CQafRI0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

    今回はマツダの人気車種のアクセラスポーツ(AXELA_SPORT)15Cと、スバルの
    人気車種のインプレッサスポーツ(IMPREZA_SPORTS)1.6iを、徹底比較したいと思います。

    サイズ
    まずは2車種の車体のサイズについて比較してみたいと思います。
    ■マツダ アクセラスポーツ(AXELA_SPORT)15C
    全長×全幅×全高
    4460×1795×1470mm
    ■スバル インプレッサスポーツ(IMPREZA_SPORTS)1.6i
    全長×全幅×全高
    4420×1740×1465mm

    室内
    ■マツダ アクセラスポーツ(AXELA_SPORT)15C
    室内長×室内幅×室内高
    1845×1505×1170mm
    ■スバル インプレッサスポーツ(IMPREZA_SPORTS)1.6i
    室内長×室内幅×室内高
    2005×1490×1205mm

    インプレッサスポーツはアクセラスポーツと比較して、室内長の恩恵で後席の足元にもゆとりがます。
    また、頭上の空間にも十分な余裕があり、数値以上に広く感じるパッケージが特徴です。

    新車価格
    ■マツダ アクセラスポーツ(AXELA_SPORT)15C 1,760,400円
    ■スバル インプレッサスポーツ(IMPREZA_SPORTS)1.6i 1,598,400円

    乗り心地
    両車とも人気コンパクトハッチバックモデルとして、申し分ない乗り心地を実現しています。
    ■マツダ アクセラスポーツ(AXELA_SPORT)15C
    6ATとエンジンのバランスがマッチしており、ドライブが楽しくなる、
    気持ちの良い軽快な乗り心地が特徴です。視界の良さと、明るい室内は快適な居住性を提供しています。
    ■スバル インプレッサスポーツ(IMPREZA_SPORTS)1.6i
    スバルらしい新世代の水平対向エンジンと無段変速CVTはスムーズな運転性能を実現しています。
    運転席と助手席のシートは、横方向の張り出しにより、身体をしっかりサポートしてくれる形状です。
    素直なハンドリングと水平対向エンジンを搭載する低重心のボディは、揺れも少なくしなやかな乗り心地です。
    http://www.goo-net.com/ipn/magazine/editors/7553.html
    no title

    no title


    【マツダ アクセラ vs スバル インプレッサ】の続きを読む

    このページのトップヘ