2016年04月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/29(金) 10:44:35.30 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/04/28/274442.html

    2015年東京モーターショーで注目を集めた、トヨタの新ライトウェイトスポーツカー『S-FR』は、
    同じ「FR」「マニュアルミッション」のスポーツカー『86』の小型版、「ベイビー86」とも言える。
    その「S-FR」が市販へ向けて、現実味を帯びてきたと言う情報がレンダリング・スケッチと共に入って来た。
    スケッチからはフロントグリル、ヘッドライト、バンパーがリデザインされているようだが、
    キュート&スポーティーな、コンセプトモデルの意匠を継承するデザインとなることが予想される。

    パワートレインは1.5リットル、または1.6リットル直列4気筒エンジンを搭載、車重は1トン以下、
    価格も「86」の半額程度を目指していると言う。これらの条件がクリア出来れば、「86」以上の人気を得るのも夢ではない。

    2018年の発売を目指し、市販モデルのワールドプレミアは2017年東京モーターショーが期待される。

    no title

    no title

    no title

    トヨタ S-FR コンセプト


    【トヨタ、86の価格を半額程度に抑えた小型版「ベイビー86」を発売か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/28(木) 19:23:10.83 ID:CAP_USER.net

    http://www.asahi.com/articles/ASJ4W4FPYJ4WOIPE00Q.html


     トヨタ自動車が、水素で走る燃料電池車(FCV)の量産型を、2019年にも売り出す計画を立てていることが分かった。
    現行の「ミライ」より100万円以上安い500万円台後半とする方向だ。東京五輪がある20年をめどに、FCVを世界で年間3万台以上売ることをめざす。

     環境規制が米国や中国をはじめ世界各地で強化されつつあり、ハイブリッド車(HV)に続く「次世代エコカーの本命」
    と位置づけるFCVの普及を加速させる。15年度末で国内約80カ所にとどまる水素ステーションの整備をエネルギー企業などに促す。

     トヨタは14年12月、世界で初めて、FCVの市販に乗り出した。「ミライ」と名づけたこのFCVは、
    水素のタンクや発電装置など特殊な部品がコストを押し上げ、販売価格は消費税込み723万6千円。
    国内では国から約200万円の購入補助が出ているが、それでも購入者の負担は500万円以上だ。
    100万円以上安くする量産型にも補助金が出れば、消費者の負担を抑えられそうだ。


    【トヨタ、燃料電池車の量産型を販売へ ミライより100万円以上安く】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/28(木) 21:53:46.89 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/04/28/274421.html

    三菱自動車工業による燃費データの不正が発覚し、4月20日から販売が停止されている
    三菱の『eKワゴン』や日産の『デイズ』など4モデルの販売再開が、早ければ7月になる可能性が出てきた。

    国土交通省が4月28日、これらの軽自動車の走行抵抗データを同省でも測定したうえで、
    6月中に燃費と排ガスの新たな性能値を公表する方針を明らかにした。同省の認証を経て、
    両社はカタログの手直しなどを行い、生産と販売を再開する段取りとなる。価格も見直される見通し。

    軽自動車のデータについては三菱が現在、測定を進めており、大型連休明けに国交省に提出することにしている
    国交省は、問題の軽自動車以外でも三菱が販売している9車種の走行抵抗データの測定について、自ら行う方針。


    【三菱自と日産の軽自動車、販売再開は早くて7月に】の続きを読む

    このページのトップヘ