2016年03月

    1: ドラゴンスクリュー(東日本)@\(^o^)/ 2016/03/02(水) 10:14:02.78 ID:q1vaasct0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典

    最近は少なくなってきましたが、やはり自動車漫画には心を躍らせてくれるものが数多くあります。特に激しいレースのある熱い漫画は、
    何度も読み返してしまうほど。そこで今回は、読んでいるとつい熱くなってしまうような「ドライビングシーンが熱い自動車漫画」を紹介します。

    ●『頭文字D』作者:しげの秀一
    「ドライビングシーンが熱い自動車漫画」といえば、週刊ヤングマガジンで1995年から2013年にかけて連載されたこの作品を挙げないわけにはいきません。
    車に興味はないけど卓越した運転技術を持つ主人公・藤原拓海が、さまざまな経験をしながら公道レースに魅力を感じていく……というストーリーの作品。
    アニメや実写映画になるなど一世を風靡(ふうび)しました。峠を舞台にしたバトルが繰り広げられるのですが、その模様は漫画ながら非常に迫力があります。
    特に「ミッドナイトパープル」のゴッドフット戦、ゴッドハンド戦は屈指の見どころです。

    ●『オーバーレブ!』作者:山口かつみ
    けがで陸上選手の道を諦めることになった女子高生が、偶然目にしたドリフトと、その車を運転していた女性ドライバーに憧れ、
    ドライバーとしての道を進むことになる……というストーリーの作品。1997年から2004年まで連載された、自動車漫画には珍しい女性主人公の作品です。

    ●『カウンタック』作者:梅澤春人
    幼少期の憧れだったカウンタックLP400を、250万円と言う破格の金額で手に入れたサラリーマンの空山舜が、そのことをきっかけにこれまでとは違う
    刺激的な日々を送ることになる……というストーリー。

    ●『ガッデム』作者:新谷かおる
    ビッグコミックスペリオールで1988年から1990年にかけて連載された自動車漫画。高い運転技術を持ちながらも、目立った成績の残せない
    ラリードライバーの轟源(とどろき げん)が、名実共に一流のドライバーに成長していく姿を描いています。

    ●『capeta』作者:曽田正人
    レーシングカートに魅せられた小学生・平勝平太(たいら かっぺいた)が、廃材で作った自作カートで快進撃を重ね、さらには世界を舞台に戦う
    レーシングドライバーにまで成長していく、というストーリーの作品です。

    https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/33324/outline


    【思わず車に乗りたくなる! ドライビングシーンが熱い自動車漫画のおすすめ5選】の続きを読む

    1: 前世はほろ苦い飲み物でした ★ 2016/03/01(火) 10:02:12.39 ID:CAP_USER*.net

    2016年02月29日 18時25分

     日本自動車販売協会連合会(自販連)の久恒兼孝会長は29日の記者会見で、2015年度の軽自動車を含めた新車販売台数について
    「500万台を割り込むことも想定される」との見通しを明らかにした。

     500万台を下回れば、東日本大震災の影響を受けた11年度以来、4年ぶりとなる。

     久恒会長は「(14年4月の)消費税率引き上げによる販売低迷から抜け出せない状況が続いている」と述べた。
    15年度の販売台数は、昨年6月時点で前年度比約2%減の518万台と微減を見込んでいたが、軽自動車税増税の影響もあり、大きく下回る見通しとなった。

     16年度については「市場動向は読みがたく、(17年4月の消費税率10%への引き上げを前に)駆け込み需要があるかも不透明だ」と語った。

    http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20160229-OYT1T50097.html


    【【経済】今年度の新車販売、東日本大震災以来の500万台割れも… 自販連】の続きを読む

    1: 旭=500@Ttongsulian ★ 2016/03/01(火) 10:40:18.09 ID:CAP_USER.net

    独ノルトライン=ヴェストファーレン州警察に、従来のフォルクスワーゲン・パサートに
    代わって新たなパトカーとしてBMW第3シリーズが配車された。ところが警官らはどう
    しても新車に慣れず、不満を訴えている。警察組合では「部品のなかに悪魔でも隠れてい
    るんじゃないか?」という声まで聞かれるようになった。

    従来使用されていたフォルクスワーゲン・パサートは未だに格段に評判がいい。警察労働
    組合ノルトライン=ヴェストファーレン州支部のアーノルド・プリケルト支部長は、BM
    Wは車内が狭く、使いにくいとこぼしている。背の高い警官などは乗り降りに困難し、拳
    銃のホルスターがダッシュボードにしょっちゅう引っかかってしまう。しかも後部座席も
    狭く、トランクもスペースが十分ではない。プリケルト支部長いわく、こうした不満は個
    々の警官のつぶやきではなく、警察全体の訴えにまで拡大している。

    ノルトライン=ヴェストファーレン州警察が発注したのはBMW1845。同州に提示さ
    れたリース価格は2100万ユーロ。BMWは来年2017年までの期間は以前のフォル
    クスワーゲンに代わって使用されることになっている。

    2016/03/01 05:30
    http://jp.sputniknews.com/europe/20160301/1701320.html

    http://www.radiovest.de/vest/lokalnachrichten/lokalnachrichten/archive/2016/02/29/article/-50e76c9bd2.html
    no title


    【【ドイツ/自動車】独警察、BMWの新車パトカーにブーイング】の続きを読む

    1: リサとギャスパール ★ 2016/03/01(火) 14:50:59.66 ID:CAP_USER*.net

     米Googleの自動運転車が2月14日(現地時間)、公道で初めて過失事故を起こしました。2月23日付で米カリフォルニア州陸運局(DMV)に提出された報告書で明らかになったもの。
    自動運転車が右から中央レーンへ車線変更する際に、中央を走るバスの側面にぶつかったという内容で、けが人は出ませんでした。

    14日、自動運転車のレクサスRX450hは米カルフォルニア州マウンテンビュー市の通りを試験走行中、ある赤信号の交差点で右折しようと右レーンに寄りました。
    しかし道の脇に土のうがあったので、避けるため中央レーンに戻ることに。搭乗者は左のサイドミラーで後ろからバスが来ていることを確認しましたが、バスは止まるか速度を緩めるだろうと判断し、
    自動運転を続行。約3秒後、自動車は中央に戻り始め、そのままバスの側面に衝突してしまいました。

     それぞれのスピードは、自動運転車は時速2マイル(約3.2キロ)以下、バスはおよそ時速15マイル(約24キロ)。左前方のフェンダーと左前方のタイヤ、運転手側のセンサーの1つを破損した程度で、
    傷害者は出なかったそうです。

     Googleの自動運転車プロジェクトは2009年にスタートし、2016年1月までに自動運転モードで141万9672マイルを走らせてきました。米ニュースサイトのTNW Newsは、
    米国では16歳から80歳までに平均86万マイル運転するというデータを引き合いに、人生2回分で過失事故1回という結果を受け、「Google carは運転が人間よりもずっと安全だ」と評しています。

    no title

    事故に遭ったのと同じモデル、レクサスRX450h

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/01/news118.html
    2016年03月01日 13時55分 更新


    【【米国】Googleの自動運転車、初の過失事故 土のうを避けようとしてバスの側面へぶつかる】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/29(月) 18:46:02.55 ID:CAP_USER.net

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/022900104/

     CS(顧客満足度)に関する調査会社の米J. D. Power and Associates社は、2016年米国自動車耐久品質調査
    「2016 US Vehicle Dependability Study(VDS)」の結果を発表した。
     ブランド別ランキングでは、トヨタ自動車の「Lexus」が5年連続でトップとなった。
    またセグメントごとのモデル別ランキングでは、米GM社が8セグメント、トヨタが6セグメントで首位を獲得した。

     調査では、2013年モデルの新車を購入して12カ月経過したユーザーを対象に、経験した不具合や不満点を聞いた。
    100台当たりの不具合指摘件数(PP100)を算出し、スコアが低いほど耐久品質が良いとする。業界平均スコアは152で、前年の147から5ポイント悪化した。

     今回の調査で最も不具合が多かったのは「ACEN(Audio、Communication、Entertainment and Navigation)」
    と言われる部分で、全体の2割を占める。さらにACENはほとんどのモデルで不具合が多く、業界平均スコアを前年比で3%悪化させる原因となった。

     不具合の指摘が多かったのは、Bluetooth機器との接続機能や、誤認識する(純正の)音声認識システムだった。
    また操作が難しかったり、ルート案内が不正確だったりするナビゲーションシステムに対する不具合報告も、依然として多い。
     最近、自動車業界と米国政府は自動運転車両の導入に積極的になっている。
    しかしJ. D. Power社は「自動車メーカーは、ユーザーがステアリングから手を放す前に、
    その車両の信頼性をもっと確かなものにしなければならない。現在でもユーザーはスマートフォンとの
    接続や目的地までのルート案内を信頼しきれていないのに、自動運転技術など信頼できるのだろうか」と指摘した。


    【【顧客満足度】使いにくくなる新車、オーディオ・ナビ操作への不満が増加】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/26(金) 20:40:55.77 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/02/22/270252.html
    トヨタ FT-1(
    no title

    BMWZ5スクープ写真
    no title



    トヨタとBMWが共同開発する次世代スポーツは、BMWが『Z4』後継モデル『Z5』として、
    トヨタは『スープラ』後継モデルとして開発を進めている。そのワールドプレミアが、当初噂されていた2017年春から遅れ、2018年3月になるという。

    また今回、最新のレンダリング・イラストを入手。エクステリアは、コンセプトカー『FT-1』のイメージを踏襲するようだ。
    FT-1と比較すると、ヘッドライトはより鋭くシャープに、バンパー左右のエアダクトは押さえ気味に、フェンダーのエアスクープも小さい
    リアウィングも外されて、市販モデルらしさがアップしている。
    プラットフォームはBMW「Z5」と共有、シャシーとパワーユニットはBMWが担当すると噂されているが、
    そのラインナップは2リットル直列4気筒及び、3リットル直列6気筒ターボが有力だ。


    【【クルマ】トヨタの「スープラ」後継モデル、登場は2018年に延期に?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/26(金) 12:29:47.19 ID:CAP_USER.net

    http://toyokeizai.net/articles/-/106555

    あの名車の復活が近づいている。
    ホンダはアメリカで2月25日(現地時間)から新型「NSX」の受注を開始する。アメリカで販売する高級車ブラン
    ド「アキュラ」のラインナップのひとつとして、先行してデトロイトショーなどでコンセプトモデルを発表。
    15万6000~20万5700万ドルの価格も明らかになっていたが、具体的な販売が動き出す。
    NSXの名前を知らない自動車好きはほぼ皆無だろう。日本では1990年9月にホンダが初代モデルを発売したスポーツカーだ。
    低く流麗なデザインに加え、パワフルな大排気量エンジン、オールアルミボディ、運転席後方にエンジンを配置して
    後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)など、和製スーパーカーと呼ぶに相応しいモデルだ。

    新型「NSX」、早ければ年内に日本へ
    初代NSXは2005年末まで生産され、2006年に販売を打ち切っていた。それから約10年。
    2代目NSXは、ツインターボエンジンと3モーターを併用するハイブリッド技術をはじめ、ホンダの最新鋭技術の数々を引っ提げて
    登場する。まずはアメリカで今春に量産、納車が開始され、追って世界各国へ展開。日本にも2016年内に導入される。
    2代目NSXで目を見張るのは今の為替レートで換算して約1750万~2300万円で設定された車両価格だ。
    初代NSXは徐々に値上がりしていったものの登場時は約800万円だったので、26年前の2倍以上となる。
    その間の物価上昇を加味したとしてもかなりの値上がりといっていいだろう。というのもバブル期から比べて
    大衆車の価格が2倍になったという話は聞かない。ここに今の日本のスポーツカーを読み解くヒントがある。

    新型NSXに限らず、ここ数年の日本車メーカーは新型スポーツカーを相次いでデビューさせている。
    2013年にトヨタ自動車が「86」を投入したのを皮切りに、2015年はホンダ「S660」とマツダの新型「ロードスター」
    というオープンスポーツカーが世に送り出された。日本のスポーツカー市場が、にわかに活況を呈している。
    だが、つい最近の歴史を振り返ってみれば、あらゆるメーカーからラインナップされていたいわゆるスポーツカーが、
    マツダ・ロードスターを除いて全滅してしまった時期もあったことに気づく。

    格好よくて、速いクルマの出現
    「シルビア」(日産自動車)、「プレリュード」(ホンダ)、「セリカ」(トヨタ)、GTO(三菱自動車)、「RX-7」(マツダ)。
    親しみのあるこれらのスポーツカーブランドは、すべて過去のものである。20世紀末に生じた日本におけるスポーツカーの沈没。
    その最大の理由は、スポーツカーでなくても格好よくて速く走れるクルマが出現してしまったからだ。
    かつて自動車は、背が低くて小さくて平べったくなければ、物理的に安全に速く走ることはできなかった。そこにスポーツカー
    の存在意義があった。ところが自動車技術の発展で、背が高くてもそこそこスポーティに走れるクルマが出てきてしまった。
    カギとなったのは電子制御技術だ。車高が高くてもロールしないクルマは、昔からサスペンションの設定次第で造ることが可能だったが、
    車高に対して車幅が狭いと、急転舵をしたり、縁石につまずいたり際に転覆する可能性が高い。ところが20世紀末に急速に
    進化したスタビリティ・コントロール(車両安定制御)やABS(アンチロックブレーキシステム)などの技術は、
    各タイヤに加わる力を個別に制御するという、どんな優れたドライバーにも成し得ないことを実現し、
    そうした車高の高いクルマの不安定挙動を排除することに成功してしまった。

    背が高くてもカッコよく見えるデザインや、自動変速でも速く走れるトランスミッション、ミニバンのような構造でも
    しっかりしたボディなどを実現する技術も、1990年代後半以降に一段と進化。自動車メーカーはもはや、
    頑張って背が低くてコンパクトなクルマを作る必要がなくなってしまった。
    典型はBMWだ。「スポーツ・アクティビティ・ヴィークル」という呼び名を発明してクロスカントリー車にスポーティな性格を与え、
    顧客層を大幅に拡大することに成功した。BMWは巧妙に電子制御を利用することで、クロスカントリー車では常識だったいわゆる副減速機を排除し、
    4WDでも車高を低くしてスポーティなデザインを実現してもいる。


    2: 海江田三郎 ★ 2016/02/26(金) 12:30:12.85 ID:CAP_USER.net

    その結果として需要が減退し、普通の乗用車の100分の1しか市場規模がなくなったスポーツカーは、本来的に2倍の値段をつけなければ
    商売にならなくなってしまった。自動車の研究開発費は売上の3~5%が標準的だが、100分の1しか売れなければ
    1台あたりの研究開発費は100倍かかることになる。それゆえ日本の多くのスポーツカーはNSXも「フェアレディZ」も「GT-R」(日産)も
    一度絶滅した後、2倍の値段で復活せざるをえなかったのだ。
    GT-Rは同社のアイコンに仕立てようというゴーン社長のリーダーシップがあってこそ、トヨタの86やレクサスのスーパーカー「LFA」は、
    スポーツカー好きの豊田章男社長が主導する体制と、それを利用するマーケティングの方針があってこそ生まれたものだ。

    昨年登場の、新型ロードスター
    昨年登場した新型マツダ・ロードスターは「1.5リッターエンジンなのに割高だ」という声も聞くけれども、事情を知っている者からすれば、
    あの品質であの価格によく収めたな、という印象である。日本のスポーツカーは、欧米でも安定して売れるスケールメリットのある
    ロードスターとの価格競争に勝てずにすべて駆逐されてしまったと言っても過言ではない。
    一方で、よくよくロードスターのスタイリングのバランスを眺めれば、車格に比べてタイヤ外径が妙に小さいことに気づくだろう。
    タイヤの幅や外径が小さければ、直進安定性やグリップレベルが犠牲になる一方で、起伏による車体への入力が小さいため
    車体側のコストを抑えて軽く造ることが可能になる。車体を軽くすることにより、エンジンを小さくしても十分な加速力が得られる。
    特に日本市場では、アクセラなどから流用できる1.5リッター自然吸気に割り切ったエンジン・ラインナップや、
    16インチのみに絞ったタイヤサイズ、前輪駆動の量産車と一緒に流す生産ラインなど、涙ぐましい努力によってロードスターの低価格は実現されているのだ。

    さて、この勢いで日本のスポーツカーは一時の低迷を脱し、メーカーのラインナップに定着することができるのだろうか。
    各社の覚悟次第でそれは十分可能である。マーケットの動きとしては、これから世帯人口がますます減少していく中で、
    一台の自動車がいわゆるピープルムーバーとして多くの人を運ぶ必要性は低下していくというのが理由のひとつ。
    個人もしくはふたりの移動手段として、コンパクトでキビキビ走れるスポーツカーはむしろシンプルな選択肢になる。
    販売台数が少なく希少価値が高いスポーツカーは、売却するときに残留価値が高いという傾向も一般化してきた。
    国際的に人気の高いフェラーリやポルシェ911などは、欧米や中国の人々が海を渡って中古車を買いにくるため日本での
    中古車在庫が激減した結果、販売価格が急騰している。日本車では日産のR32型スカイラインGT-R、ホンダ「ビート」、
    トヨタの「レビン/トレノ」(AE86型)、ホンダのタイプR各車あたりがプレミア価格というべき水準で取引されている。
    もっとも、そのような特別扱いを受けることができるのは、本当に性能に優れた、他にない特徴を備えるモデルに限られる。
    「なんとなく若者が買いに来そうな、適当な価格のスポーティカー」には、今後も勝ち目は一切ない。

    「失われない価値」を示し続けてきたホンダ
    これからかつての2倍の約1800万円で蘇るホンダNSXは、25年間中古車価格を一定の水準に維持し続けてきた。
    ついぞ下限が新車価格の3分の1を割ることがなく、最近は上昇基調にあるのだ。それを実現できたのは
    、当時の日本車最高の280馬力エンジンをミドシップ・マウントし、軽量かつ錆びないアルミボディを全面採用、
    故アイルトン・セナがイメージ作りを買って出たというずば抜けた個性に加えて、メーカー自身が生産終了後も
    抜本的なレストレーション(復旧作業)を行う「リフレッシュプラン」を用意し、一旦世に出たNSXの価値は永遠に失われることがない、
    という姿勢を示しているためにほかならない。
    忘れてはいけないのは、スポーツカー専業メーカーであるポルシェやフェラーリ、ランボルギーニは別格として、
    メルセデスもBMWもアウディもマセラティもジャガーもアルファ・ロメオも、ラインナップに純スポーツカーを持っていたのは限られた時期だけだったということだ。
    ブランドとしての存在意義をモータースポーツに見出しているこれらのメーカーであっても、商業的に成り立たせるのは
    至難の業だったのである。そういう意味で、いまスポーツカーを世に送り出しているメーカーの姿勢は、自動車ファンから喝采を浴びてもまったく違和感はない。

    no title


    【【クルマ】ホンダ、新型「NSX」が価格2倍で復活を遂げる理由】の続きを読む

    1: 雪崩式ブレーンバスター(東京都)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 16:03:10.10 ID:KyKwvb8P0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典

    マツダがミニバンの生産・開発から平成29年にも撤退する方向で検討していることが29日、分かった。

     世界的に人気が高まっているスポーツ用多目的車(SUV)などへの注力に向けミニバンの生産能力を振り向ける。
    北米や中国で成長するSUV市場に経営資源を集めて業績拡大を目指す。

     マツダは、ミニバンのラインナップとして「MPV」「プレマシー」「ビアンテ」の3車種を展開。ファミリー層を中心に
    人気を集めて、22年には国内で約4万4千台を販売したが、競争激化により27年の国内販売は約1万1千台と、4分の1まで縮小していた。

     マツダは日産自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給するプレマシーを含めた生産を順次中止し、次期モデルも
    開発しない見込み。ミニバンを生産する宇品工場(広島市)の生産能力については、北米向けに今月から
    生産を始めたSUV「CX-9」の新型車向けなどに充てる方向だ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11236804/


    【マツダ、ミニバンを切る。スポーツ車へ集中へ。】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2016/02/27(土) 22:18:48.86 ID:CAP_USER.net

    スズキのコンパクトクロスオーバーSUV「SX4 S-クロス」改良型の流出フルヌード画像を入手しました。

    デザインが一新されたヘッドライト、フロントグリルやエアインテークの新デザインが目を引きます。
    現行モデルよりパワフルなデザインが採用されているようです。

    パワーユニットは水冷4サイクル直列4気筒エンジンのほか、新開発1.5リットル4気筒ターボなども
    ラインナップされるかも知れません。

    ワールドプレミアは2016年春から夏にかけて行われる可能性が高いです。(APOLLO)

    no title


    http://clicccar.com/2016/02/27/355180/


    【【自動車】スズキ SX4 S-クロス改良型、流出フルヌード画像を入手!】の続きを読む

    このページのトップヘ