2016年03月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/24(木) 19:13:06.92 ID:CAP_USER.net

    http://www.as-web.jp/car/5424

    富士重工業は、現在開催中のニューヨーク国際自動車ショーで、新型「インプレッサ」を世界初公開した。

    5世代目となるスバルの新型インプレッサは、富士重工業が掲げた中期経営ビジョン「際立とう2020」において、
    次世代モデルの第1弾と位置づける戦略車。このフルモデルチェンジに合わせて新開発された
    「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、同時にデザイン面でも量産モデルとして初めて「DYNAMIC × SOLID」
    と呼ばれる新デザイン・フィロソフィーを全面的に採用する。


    車体とシャシー各部の剛性は従来型の1.7?2倍に向上し、加えて足回り機構の進化や、さらに5mmダウンした低重心化により、
    「ドライバーの意思に忠実な高い操舵応答性」や「高い直進安定性と路面に吸い付くようなコーナリング性能」を実現したという。
    ちなみにタイヤはトリムごとに205/55R16、205/50R17、225/40R18と3サイズが標準で用意されている。
    また、サスペンション取付部の剛性向上や、リア・スタビライザーを車体に直接取り付けたことになどによって、
    車体の揺れが従来型より50%も低減し、快適な乗り心地が得られるそうだ。衝突時の吸収エネルギーも1.4倍
    に向上しているため、受動安全性も高まっている。

    その新プラットフォームのフロントに搭載するパワーユニットは、従来型から80%の部品を刷新したという改良型の
    FB型2.0リッター水平対向4気筒直噴エンジンを新規採用。最高出力は152hp(154ps)と、これまでの148hp(150ps)
    から僅かに向上している。詳細なスペックはまだ未発表だが、当然ながら燃費も改善されているそうだ。
    トランスミッションは、改良型の「リニアトロニック」。色々と批判もあるCVTだが、新型インプレッサでは全車に
    オートステップ変速を採用し、マニュアル・モードは1段増えて7速になった。マニュアル・トランスミッションについての
    発表は今のところない。

    縦方向に置かれるこのエンジンとトランスミッションに組み合わされるスバル得意の4輪駆動「シンメトリカルAWD
    システムを、新型インプレッサは「全車標準搭載」とブレスリリースには書かれている。これが米国仕様のことなのか、
    それとも日本仕様にも前輪駆動モデルがなくなるのか、気になるところだ。

    スバル独自の運転支援システム「アイサイト」に加え、そのステレオカメラを利用してハイビームとロービームを自動的に切り替える
    「ハイビームアシスト」や、ステアリング操作に合わせてヘッドランプ光軸が左右に動く「ステアリング連動ランプ」
    も新採用された。また、前進時だけでなく後退時の自動ブレーキシステムや、死角検知機能、
    後退支援機能もインプレッサとして初めて採用し、「全方位での予防安全性能向上を追求」したという。


    ボディのスタイルはこれまで通り、4ドア・セダンと5ドア・ハッチバックが用意される。サイズは4ドアが全長4,625mm × 全幅1,777mm
    × 全高1,455mm。先代と同様にセダンより165mm短い5ドアは、全長4,460mm × 全幅1,777mm × 全高1,455mm。
    つまり、どちらも4代目インプレッサと比べると、40mm長く、37mm幅広く、10mm低い。
    ホイールベースは25mm延長されて2,670mmとなった。これにより室内スペースと荷室は拡大されているという。

    車内には8.0インチのタッチスクリーンを装備し、インフォテインメント・システムは
    Apple CarPlayとAndroid Autoの双方に対応する。「より立体的な造形に刷新した
    シートはクラスを超えた質感を提供」するというから期待しよう。


    2: 海江田三郎 ★ 2016/03/24(木) 19:13:13.70 ID:CAP_USER.net

    日本で販売されるモデルについては後日発表があるはずだが、参考までに記しておくと米国仕様は、ベース・グレードの「2.0i」から、
    より装備が充実した「2.0i プレミアム」、LEDヘッドライトやレザー内装、6段階電動調整シートなどを備える
    高級仕様「2.0i リミテッド」というグレード展開になっており、さらに「インプレッサ スポーツ」と呼ばれるモデルが4ドア、
    5ドア共に設定されている。これはスポーツ・サスペンションと18インチ・ホイール、旋回時に内側前輪にブレーキを掛け
    る「アクティブトルクベクタリング」、LEDデイタイムランニングライト、ブラック仕上げのフロント・グリル、トランクリッド・スポイラー(セダンのみ)などを装備し、内装もブラック基調に赤いステッチが入る。

    なお、この5世代目より北米向けインプレッサの生産は日本から米国インディアナ州に移るという。
    売れている場所で作るのは当然か。価格はまだ明らかにされていない。発売は米国では「2016年後半」の予定。
    その頃には日本でも正式発表があると思われる。果たして、MTとFFは本当になくなってしまうのだろうか...!?

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】スバル、次世代プラットフォームを初採用した5代目「インプレッサ」を発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/25(金) 09:07:33.28 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/03/25/272165.html
    no title


    ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月24日、
    米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、「2016ワールドカーオブザイヤー」を
    、新型マツダ『ロードスター』に授与すると発表した。

    ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2014年秋から2015年秋にかけて
    デビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2016年春まで生産と販売を継続しており、
    世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。

    投票は世界23 か国、74名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。

    3月24日、米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、2016ワールドカーオブザイヤーが
    新型マツダ『ロードスター』に決定。新型アウディ『A4』と、
    メルセデスベンツ『GLK』後継車の『GLC』のドイツ2車を抑えて、栄冠を手にしている。


    【【クルマ】マツダ ロードスター 新型、世界カーオブザイヤー受賞】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 13:17:45.81 ID:pBegv9Dcx.net

    ワイ「な、なんですか??」オドオド
    警察「運転手さん、今そこの信号赤信号でしたよね」ドヤァ
    ワイ「え?そうでしたか?」コンワク
    警察「うん、信号赤で交差点に進入だったので免許見せてもらえますか?」
    ワイ「は、はい…でも本当に赤でしたか?」チラッ
    警察「うん、赤でしたね。申し訳ありませんがこち…」ピラッ
    ワイ「証拠出さんかいコラァあああ!信号が赤だった証拠おおおお!」キョヒー
    警察「えっ…」コンワク
    ワイ「証拠出さんと納得できんでええええ!はよ出せや!無いならこのまま帰るでえええ!」
    警察「あ、あの、我々見てましたから…」(汗)
    ワイ「じゃあ見てた証拠も出さんかい!ワイは赤と認識しとらんのやから一方的に取り締まれんやろ」
    警察「は、はい」
    ワイ「はいじゃないが。証拠はよ。」ドヤァ
    警察「証拠はありません、今回はいいですが交差点は危ないので気をつけて運転してください」クヤシス
    ワイ「やったざ。」


    【警察「運転手さん、運転手さん、路肩に停車してください」ウ~ウ~】の続きを読む

    1: クロイツラス(空)@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 12:37:48.38 ID:/6MV3jQJ0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

    トヨタは、米国ニューヨークで開催中のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジを予定している
    プリウスPHVを発表した。新型車は、米国では「プリウス プライム(Prius Prime)」の車名で、日本、欧州においては
    新型プリウスPHVとして、2016年秋から導入される予定。プリウスプライムは、
    「先駆け」の意を持つプリウスと、「最高位」の意を持つプライムから命名したという。

    新型プリウスPHVは、PHVがHVに次ぐ次世代環境車の柱として広く普及するべく、EV走行換算距離(EV走行距離)の大幅拡大や
    先進的なデザインの採用など、顧客がPHVに求める要望に一つ一つ応えることで、
    電気を活用した新しいカーライフスタイルを提案できるクルマを目指し、開発したとしている。

    外観では、2015年に発売された4代目プリウスをベースとしながら、より先進的で
    エモーショナルな造形を目指し、フロント、リヤにオリジナルデザインを採用。

    プラグインハイブリッドシステムでは、電池容量を拡大することで、EV走行距離を60km以上(JC08モード)と先代モデルの
    26.4kmから大幅に延長。従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても
    利用する、デュアルモータードライブシステムを採用することで、EVモード走行時の一層力強い走りを実現している。

    装備においても世界初のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンや11.6インチ大型ディスプレイを
    備えたナビゲーションシステムを採用し、運転中の快適性や利便性を追求するなど、多数の先進技術を織り込んだ仕様としている。

    ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する、
    世界初のソーラー充電システムを備え、より利便性を高めている(日本、欧州仕様のみ)。

    北米仕様車のサイズは、全長4645mm×全幅1760mm×全高1470mmとなっている。 
    http://jp.autoworldnews.com/articles/8372/20160324/toyota-priusphv.htm
    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタが新型プリウスPHVを発表 デザインやタッチパネル装置などまるで別物でプリウス購入者涙目】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/23(水) 17:03:34.39 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/03/23/272031.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは3月22日、ニューヨークモーターショー16のプレビューイベントを開催。
    次期『シビック ハッチバック』のプロトタイプモデルを、米国初公開した。

    次期シビック ハッチバックのプロトタイプは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16で
    ワールドプレミア。同車は、次期『シビック』の5ドアモデルを示唆したコンセプトカー。
    現行モデルが欧州地域専用のプラットフォームを持つのに対し、今回はセダン、クーペと共に
    グローバルモデル共通のプラットフォームを使用して開発。現行モデルに対して、
    全長を130mm、全幅を30mm拡大し、全高を20mm下げるとともに、ロングホイールベース化。
    これにより、ロー&ワイドなスタンスを実現した。
    さらに、フロントのオーバーハングを短くして、スポーティなデザインを際立たせるとともに、
    走行性能の向上と室内空間の最大化を図った。次期シビック ハッチバックは、
    英国のホンダ・オブ・ザUKマニュファクチュアリングだけで生産。欧州だけでなく、北米などグローバル市場へ投入される。

    アメリカンホンダは3月22日、ニューヨークモーターショー16のプレビューイベントを開催し、
    次期シビック ハッチバックのプロトタイプモデルを、米国初公開。同時に、米国仕様の市販車に関する情報を、一部明らかにした。

    アメリカンホンダによると、米国向けのパワートレインには、直噴1.5リットル直列4気筒VTEC TURBO
    エンジンのみになる予定。トランスミッションは6速MTを基本に、CVTも設定する。米国では、2016年内の発売を計画しているという。

    プレビューイベントには、アメリカンホンダのジェフ・コンラッド上級副社長が登壇。
    「1.5リットルターボエンジンに、MTの組み合わせは初めて。史上、最もスポーティなシビックが、
    走り志向の顧客を魅了するだろう」と述べ、次期型の完成度に自信を示している。


    【【クルマ】ホンダ、5ドアハッチバックの次期「シビック」プロトタイプを全米公開、日本での販売も検討】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/23(水) 14:55:53.79 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/03/23/272028.html
    no title

    no title

    no title

    no title




    マツダは3月23日、マツダ『ロードスター RF』の概要を明らかにした。実車は3月23日夜、
    米国で開幕するニューヨークモーターショー16で初公開される。

    同車は、ロードスターが26年間一貫して守り続けてきた「Lots of Fun」の価値を体現する、ロ
    ードスターファミリーの一員。「オープンカーの楽しさを身近なものにする」という先代のリトラクタブルハードトップモデル
    が目指した価値を引き継ぎながら、従来の考え方に捉われることなく、さらなる進化に挑戦した。

    その結果、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを特長とするファストバックスタイル、
    そして、独自のリアルーフ形状と開閉できるバックウィンドウによる新しいオープンエア感覚を実現。
    さらに電動ルーフは、10km/h以下での走行中の開閉を可能とするフル電動式へと進化した。

    また、限られたスペースにコンパクトかつ効率的に収納できる構造とし、ファストバックスタイルのデザインと
    ソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立させた。

    パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」を市場ごとに適切なラインアップで展開。
    北米仕様車には、「SKYACTIV-G 2.0」を搭載する。

    マツダは、「より多くの顧客にオープンカーの楽しさを届け、さまざまな接点を通じて、
    顧客の人生をより豊かにし、顧客と特別な絆でつながるブランドを目指して取り組む」とコメントしている。


    【【クルマ】マツダ、電動開閉式のオープンカー「ロードスター RF」を発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/23(水) 07:14:52.37 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO98745880T20C16A3TI5000/

     トヨタ自動車の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」の国内累計販売台数が2月末に100万台を突破した。
    2011年12月の販売開始から4年2カ月の大台達成は同社最速という。「プリウス」より一回り小さく、
    価格も100万円台としたことで顧客が若年層にも拡大。一気に主力車種となった。

     これまで同社で最も速く100万台に到達したのは「カローラ」の約6年だった。アクアは当初ガソリン1リットルあたり35.4キ…



    no title


    【【クルマ】トヨタ、小型ハイブリッド「アクア」 国内100万台到達、同社最速】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/23(水) 08:31:38.97 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/03/22/272001.html
    no title

    no title

    no title


    スバル(富士重工)のFRスポーツカー、『BRZ』。同車が間もなく、デビュー以来、初の大幅改良を受けるようだ。

    これは3月22日、オーストリアの自動車メディア、『Autofilou』に掲載されたもの。
    同メディアが、改良新型BRZの画像を独自入手。読者に向けて、公開している。
    スバルBRZは2011年11月、東京モーターショー11で初公開。トヨタ自動車と共同開発された新型FRスポーツカーで、トヨタ版は『86』を名乗る。
    これまで、細かな年次改良を実施してきたBRZだが、今回、同メディアにリークされたBRZは、デビュー4年半を経て、
    初の大幅改良を受けるモデル。すでにトヨタは、86の大幅改良モデルを発表済み。BRZにも、86に準じた改良が施されるもよう。

    同メディアに掲載された画像からは、新デザインのバンパーやヘッドライト、ステアリングホイール、メーターなど、
    改良新型モデルの特徴が見て取れる。

    現行モデル
    no title


    【【クルマ】スバル、FRスポーツカー「BRZ」 初の大幅改良か…海外メディアがリーク】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/24(木) 12:29:16.475 ID:GbF6v1Mia.net

     \                    /
       \  丶       i.   |      /     ./       /
        \  ヽ     i.   .|     /    /      /
          \  ヽ    i  |     /   /     /
       \
                                      -‐
      ー
     __           わ た し で す           --
         二          / ̄\           = 二
       ̄.            | ^o^ |                 ̄
        -‐           \_/                ‐-

        /
                /               ヽ      \
        /                    丶     \
       /   /    /      |   i,      丶     \
     /    /    /       |    i,      丶     \


    【車校の修了検定2回落ちた奴wwwwwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/24(木) 08:48:44.01 ID:CAP_USER.net

    http://autoc-one.jp/nissan/gt-r/special-2630918/

    日産は3月23日から開催されたニューヨーク国際オートショーにおいて、日産 GT-Rの2017年モデルを発表した。
    噂ではこれが“最後のマイナーチェンジ”といわれるが、その内容は大きく進化を果たしたものとなり、
    「日産 GT-R史上において最大の変化」になっているという。

    まず、何と言っても注目なのが“デザイン”。エクステリアはよりアグレッシブな印象を増している。
    日産のデザイン・シグネチャーであるVモーショングリルが一層強調されたフロントマスクによって、よりGT-Rらしさを強めた。
    加えて新色である“ブレーズ・オレンジ”が追加されたのも特徴。これによって、エモーショナルで鮮烈な印象が与えられている。


    一方、インテリアもアップグレードされており、特徴的なのはステアリングホイールが新デザインとされたほか、
    パドルシフトの形状も新たなものとなったこと。
    こうして内外装ともにブラッシュアップを受けて、GT-Rはより上質さとスポーティさを手に入れている。
    開発をまとめる田村宏志氏は、「最大のポイントは空力性能の向上です。全モデルのニスモバージョンで得た知見を活かし、
    フロントのフェンダーまわりやリアのフェンダーのエンドの造形を変更して空力処理を行いました。
    結果以前と同じCD値を維持しつつ、さらに高い安定性を手に入れています」という。

    そしてハイライトといえるのが、エンジンのパワーアップだろう。
    最高出力は565HPへと向上。これはアウディR8の540ps、ポルシェ911ターボの540psと比べても上をいく、
    コンペティターを超える数字となっている。
    また田村氏は、「日本仕様はps表示では570となります。最大トルクも当然ましており、パワフルなだけでなくレスポンスが良くなり、
    以前よりも扱いやすくなっている」 ともいう。
    さらにシャシーに関しても、 「見た目は大きくは変わらないように見えますが、キャビンの構造などにも手を入れており、
    ボディの剛性なども高まっています。これによって以前よりも高い安定性を確保した上で俊敏性なども上がっており
    、走りは気持ちよさを向上しただけでなく、サーキットでのタイムもあがっています」 とのことだった。
    登場から9年が経過した日産 GT-Rは、今回のマイナーチェンジでまさに「熟成」を極めた存在となったといえるだろう。
    そして同時に、日産ブランドの持つスポーツの側面を象徴するフラッグシップモデルとして鎮座しているのだ

    2017年モデル
    no title

    no title

    no title


    日産 R35 GT-R 2015年モデル
    no title


    【【クルマ】日産が新型GT-Rを発表!“GT-R史上最大の変化”日本仕様は570馬力に強化】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2016/03/21(月) 11:40:23.17 ID:CAP_USER*.net

    http://www.j-cast.com/2016/03/21261500.html
    2016/3/21 11:30

    スズキは2016年3月、インドで生産した小型ハッチバック車「バレーノ」を逆輸入し、日本での発売を始めた。インドからの逆輸入は初めてだ。

    スズキが1983年からインドで生産を始めて33年。今や、インドは日本や中国、インドネシア、タイなど主な生産拠点の中で、生産台数が全体の約4割を占めるまでに成長した。

    インドでは半年足らずで4万台販売

    バレーノはインド子会社「マルチ・スズキ・インディア」のマネサール工場で生産されており、エンジン排気量が1.2リットルのモデルと、1リットルのターボ搭載モデルがある。新開発のプラットフォーム(車台)を採用して軽量化を実現し、燃費性能をガソリン1リットル当たり20.0~24.6キロとした。

    国内で発売が始まったのは1.2リットルモデルで、ターボ搭載モデルも16年5月には投入される予定だ。自動ブレーキなどの安全装備も搭載しているが、インドで生産したことでコストを抑え、価格は141万4800円(ターボ搭載モデルは161万7840円)とした。インドでは2015年10月の発売から、これまでに約4万台が売れた。日本に続き欧州にも投入する計画で、スズキの世界戦略車でもある。

    これまで日産自動車や三菱自動車なども逆輸入の経験があるが、日本では自動車は国産信仰が根強く、逆輸入車が受け入れられているとは言い難いのが実情だ。この点に対し、鈴木修会長は記者会見で「マルチのレベルも日本のレベルに到達した」と品質の高さを強調し、販売にも自信をみせた。当面、2モデルで年間6000台の販売を見込んでいる。

    バレーノの国内販売に対し、ネット上では「アジアンカーが日本で売れるかな」「インドってところが気になる」「デザインが日本で受け入れられるのか」「欧州車買うだろ」といったコメントが並ぶ。


    【【経済】スズキのインド逆輸入「バレーノ」はなぜ「軽」ではないのか 世界戦略の成否を握るハッチバック】の続きを読む

    このページのトップヘ