2016年02月

    1: ダブルニードロップ(catv?)@\(^o^)/ 2016/02/11(木) 15:43:44.05 ID:y18nN5N40.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    長靴型のイタリア半島の右側のちょっと上、ロマーニャ地方にあるワイナリー&ホテルをベースに、
    フェラーリ488スパイダーの国際プレス試乗会が開かれた。山道を含む田舎道と少しの高速道路
    からなる、およそ200kmのテスト・ルートを最新V8ターボ・オープンで駆けぬけた。(文: 今尾直樹)

    Ferrari 488 spider(フェラーリ488スパイダー)

    全長・全幅・全高=4568・1952・1211mm 車両重量:1420kg エンジン:3902cc 水冷V8DOHC
    ツインターボ 最高出力:492kW(670ps)/8000rpm 最大トルク:760Nm/3000rpm 価格:3450万円(7AT)

    グオンッ、グオンッ、グオンッと背後のV8ツインターボが大音量で吠えると、私の脳みそは有頂天に
    なった。なんたる快感!下りのコーナーが迫ってきたので、私はなにげにブレーキを踏んだだけだった。
    変速は7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)任せにしていた。488スパイダーのDCTは見事な
    ダブルクラッチで中ぶかしを入れ電光石火の連続ダウンシフトを決めてみせたのだった。

    ステアリングを戻してアクセルを踏みこむと、305/30ZR20の巨大なリア・タイヤがドンッと大地を蹴った。
    アクセル・レスポンス0.8秒、体感的にターボラグ一切なしで大トルクの塊がいきなり路上に放擲された。
    1回転めから最大トルクを生み出す電気モーターを思った。488スパイダーは猛烈な勢いで加速しながら
    バリトンの歌声を張り上げた。しかもそれはシフトアップのたびに音階を上げていく。ああ、もうメチャクチャ
    いい!1気筒あたり488ccの3.9LV8は超絶スムーズに8000rpmの高みを目指す。

    http://www.sankei.com/gqjapan/news/160211/gqj1602110001-n1.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【フェラーリ488スパイダーってガレージに飾るたのめのクルマだよね】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/10(水) 19:16:58.77 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/02/10/269543.html
    no title

    no title

    no title


    日産自動車の米国法人、北米日産は2月9日、SUV3車種の「ウィンター・ウォリアー」
    の概要を明らかにした。実車は2月11日、米国で開幕するシカゴモーターショー16で初公開される。

    ウィンター・ウォリアーは、日産の米国主力SUV、『ローグ』(『エクストレイル』の北米版)、
    『ムラーノ』、『パスファインダー』をベースにしたコンセプトカー
    。圧倒的な雪上走破性能を実現するために、改造を施したワンオフモデル。

    目を引くのは、タイヤに代えて、足元に装着された「ドミネーター・トラック」。このアメリカン・トラック社製の
    無限軌道システムは、高さ30インチ(約76cm)、長さ48インチ(約122cm)、幅15インチ(約38cm)。

    無限軌道システムの装着に際して、サスペンションやホイールを改造。この他のエンジンや
    「エクストロニック」CVTは、市販車状態とし、手を加えていない。

    また、3台のコンセプトカーには、日産の純正アクセサリーを採用。荷室のプロテクター、オールシーズンフロアマット、
    ルーフレールクロスバー、リアバンパープロテクター、冬キャンプ用のテントを装備している。


    【【クルマ】日産、SUVをベースにしたキャタピラ装備のコンセプトカーを公開 圧倒的な雪上走破能力を実現】の続きを読む

    1: キン肉バスター(東日本)@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 02:08:57.654846 ID:zrlL7PJD0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典

    新成人が欲しい「車」ランキングTOP10 初の1位に輝いたのは
    http://dime.jp/genre/226925/
    no title


    【初めて一人っきりで車を運転した時のときめきをたまには思い出してほしい】の続きを読む

    1: アキレス腱固め(catv?)@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 09:58:00.81 ID:22WiUe8Y0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    マツダは社名を「mazda」と表記するコーポレートマークを40年ぶりに変更した。
    より上質 なイメージを狙い、文字の色を青からシルバーに変えた。
    社名の頭文字「M」をかたどったブランドシンボルも18年ぶりに見直し、
    シルバーの光沢を抑えて色調を統一した。

    同社のはじまりは、1920年に設立された東洋コルク工業株式会社で、1927年に東洋工業株式会社に商号変更。
    1984年に現在のマツダ株式会社に商号変更している。

    社名でありブランド名である「マツダ」は、ゾロアスター教の主神アフラ・マズダーと創業者の松田重次郎氏の
    姓に由来しており、「マツダ」のアルファベット表記が「MATSUDA」ではなく「MAZDA」となっているのは
    アフラ・マズダーの英語表記(Ahura Mazda)に由来している。
    叡智・理性・調和の神であるアフラ・マズダーを、東西文明の源泉的シンボルかつ自動車文明の
    始原的シンボルとして捉え、世界平和を希求し自動車産業の光明となることを願って名付けられた。

    1997年6月に制定された物で、通称「フライング・M」。
    「自らをたゆまず改革し続けることによって、力強く、留まることなく発展していく」という
    ブランドシンボル制定のマツダの決意を、未来に向けて羽ばたくMAZDAの〈M〉の形に象徴している。
    no title

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-718.html


    【マツダ ブランドマーク変更 40年ぶり ブランドシンボルのMも18年ぶりの見直し!!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/10(水) 09:44:17.24 ID:CAP_USER.net

    http://dailynewsonline.jp/article/1067985/

    景気が回復傾向にあるといわれて久しいが、なかなか庶民のフトコロは温かくならない。
    特に若者層の経済的な不安が拡大し、それが少子化や未婚化につながっている。だが政府はまったく
    理解していないのか、あえて分からないフリをしているのか、見当はずれの施策や分析を連発。ネット上では呆れ声が飛び交っている。

    少子化の根本的な原因は「お金」
     少子化が最大の懸念材料となっている日本は、安倍晋三首相が2015年9月の会見で「希望出生率1.8の実現を目指す」と明言。
    さらに首相肝煎りの「一億総活躍国民会議」で結婚・子育てのサポートが議論され、
    政府が街コンや婚活プロジェクトの支援に乗り出すことも検討された。
     すでに地方自治体は婚活イベントや街コンに乗り出しており、婚姻率アップを目指している。
    つまりは「出会いがあれば結婚する→結婚すれば子供を作るだろう」という発想だが、当の若者世代の感覚はもっとシビアだ。

     2015年12月、SMBCコンシューマーファイナンスが20代の男女1000人を対象にした「金銭感覚の意識調査」
    の結果を発表。「どのくらい世帯年収があれば結婚や出産・子育てに踏み切れるか」との質問に対し、
    それぞれ過半数を超えたのは、結婚=世帯年収400万円(50.3%)、1人目の出産=世帯年収500万円(56.4%)、
    2人目の出産=世帯年収700万円(57.1%)という結果だった。
     2014年の結果と比べて「結婚や出産・子育てに対して金銭的な不安を感じている方が増えている状況にある」と調査元はコメントしている。

     政府が掲げる「希望出生率1.8」を達成するためには子供が二人以上いる家庭が増えなければならないが、
    世帯年収700万円となると若者世代は厳しくなる。正社員で共働きならクリアできるだろうが、
    20代の共働き実践率は50%以下との調査結果もある。しかも、近年は非正規雇用の割合が労働者全体の4割まで増加しており、
    若者世代は特に非正規の割合が高い。

     2015年版「厚生労働白書」では、雇用形態によって婚姻率が大きく変わるという非情な結果も出された。
    20?24歳で正規は9.6%、非正規が3.7%、25?29歳は正規33.4%、非正規14.5%。
    非正規労働者は婚姻率が半分以上も落ち込んでしまっているのだ。

     政府の会議やマスコミでは、婚姻率低下の原因として「若者の草食化」「出会いのなさ」が挙げられることが多い。
    だが、この数字は「出会いよりも収入と職の安定」が結婚において重要であることを物語っている。

    政府が理解できない「若者の○○離れ」の正体
     前述の「金銭感覚の意識調査」では結婚以外にも面白い結果が出ている。
    「自家用車の所有」に踏み切れる年収について質問し、平均的な世帯年収とされる500万円あれば65.9%が「購入したい」と答えたのだ。
    近年は「若者の車離れ」と盛んにいわれ、一部では「今の若者は欲がないから車をほしがらない」などという中高年の声も上がっていたが、
    その理由はライフスタイルや意識の変化よりも「収入の不安」が原因であることが浮き彫りになった。
     結婚にしても車にしても、若者は離れたくて離れたわけではない。十分な収入と将来の見通しがあれば、
    大多数が昔と変わらず結婚して子供を産んでマイカーを買って…という人生設計を立てると思われる。
    しかし、いずれも経済的な不安によって踏み切れなくなっているのが現状なのだ。
     しかし、政府は若者の貧困に目を向けずに「子育て給付金」が廃止される予定となり
    、その一方で低所得の年金受給者1250万人に3万円を給付する方針を固めた。
    「もちろん高齢者の貧困問題も深刻ですが、これは夏の参院選を見据えた『バラマキ』の感が強い。
    与党はバラマキを否定していますが、給付時期は参院選の前後になる見込み。政治家の人気取りのために高齢者を優遇し、
    子育て世代を犠牲にしているように感じられる」(全国紙記者)


    2: 海江田三郎 ★ 2016/02/10(水) 09:44:26.84 ID:CAP_USER.net

    「低所得者は健康意識が低い」厚労省の調査結果にネット失笑

     また、厚生労働省が2015年12月に「低所得者は高所得者に比べて
    栄養バランスの悪い食事をしている」と発表したことも顰蹙を買った。同省の調査によると、
    低所得者は高所得者に比べて野菜と肉の摂取量が少なく、穀類の摂取量は逆に多いという。

     健康的な食事を選べる高所得者に対し、低所得者は安価なファストフードや弁当などで
    食事を済ませてしまうのは容易に想像できる。自炊するにしても米や麺類が中心になり、
    どうしても穀物の消費が多くなるのだろう。

     しかし、これを伝えたNHKでは「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる
    余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい」
    との厚労省のコメントを紹介。経済的な問題を無視し、
    低所得者が健康意識が低く短絡的に食事を選んでいるかのような認識であることをうかがわせた。

     日本が危惧している問題の大半は「お金」があれば解決する。お金がなければないで
    何とかやっていこうという姿勢が「若者の○○離れ」と映っているだけだ。それを理解せず
    無暗に尻を叩かれても若者世代は困惑するだけだろう。結婚を支援したいなら何よりも収入と
    雇用を改善すべきだが、その若者たちの声は日本の将来よりも目先の選挙にとらわれている
    政治家たちの耳に入るだろうか。


    【【国内】少子化・車離れ…拡大する「若者のお金なさすぎ」問題…政府は見当ハズレな分析連発】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/09(火) 23:48:28.407 ID:vA6o3PH80.net

    社会人になってからおっさん連中と話が弾んでて羨ましい

    車とかバイクに興味がある奴が周りにいなかっただけに全く知識がないわ、みんなそんなもんだろ?


    【ゆとり世代のくせに車好きだったりバイク好きだったりする奴www】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/09(火) 13:07:56.07 ID:CAP_USER.net

    http://autoc-one.jp/news/2574166/
    no title


    メルセデス・ベンツ日本は、新型「GLC」を2月9日より発売開始した。
    「GLC」の前身である「GLK」は、2008年に誕生したメルセデス4番目のSUVで、
    3.5リッターV6エンジンとフルタイム四輪駆動によるオールラウンドな走行性能、力強い個性的なデザインを特徴としていた。

    今回のフルモデルチェンジにより、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全/快適装備を備えるとともに
    、車種名についても、メルセデスのSUVモデルを表す「GL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「GLC」と刷新した。
    価格は628万円~745万円(消費税込)

    「GLC」のボディサイズは、全長4,660mm*、全幅1,890mm、全高1,645mmとCクラス同様、
    日本の道路事情や駐車場事情において扱いやすいボディサイズとなっている。大きく切れるステアリングによって
    最小回転半径は5.7mを達成。なお、ステアリング位置は右ハンドルに設定した。
    no title

    *GLC 250 4MATICの数値
    エクステリアデザインは短いオーバーハングにスポーティでダイナミックな最新のメルセデスデザインを踏襲。
    クーペのようなルーフラインと長いホイールベースがすらりとした優美なサイドシルエットをもたらしている。
    また、メルセデス・ベンツはエアロダイナミクスの分野をリードしており、ほぼすべてのセグメントにおいて
    最高水準のCd値を達成している。GLCも、ボディ細部にわたる徹底した空力最適化により、Cd値0.31(先代GLK:0.34)とい
    うセグメント最高水準の空力特性を実現した。

    no title

    室内は、先代GLKに比べて前後席ともに乗員のための空間が広くなっている。特に後席レッグルームは57mm拡大し、
    ゆったりとしたスペースを確保。足元スペースも34mm拡大し乗降時の快適性が大きく改善された。

    インテリアデザインには、Cクラス同様機能的で上質なデザインを採用。8.4インチディスプレイを備えた「COMANDシステム」も、
    定評のCOMANDコントローラーに加えタッチパッドも採用することにより、さまざまな入力方法が可能となるなど、最新世代へと進化している。
    燃費は約15%向上の13.4km/Lとしながら、最大トルクはほぼ同等の350Nmを確保!

    GLCには、最高出力211PS/155kW、最大トルク350Nmを発揮する2リッター直列4気筒 BlueDIRECTターボエンジンを搭載。
    先代GLKの3.5リッターV6エンジンと比べて大幅にダウンサイジングしたことにより燃費は13.4km/L(JC08モード)と
    約15%向上させながら最大トルクはほぼ同等の350Nmを確保し、SUVモデルに相応しい力強い動力性能と燃費経済性とい
    う一見相反するメリットを高レベルで両立している。
    トランスミッションには、メルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G-TRONIC」を採用した。
    現在市販されているトルクコンバータ式トランスミッションの中で最も変速段数が多いこのトランスミッションは、
    1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため、変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現する。

    GLCは、最新の全天候型フルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を搭載。エンジントルクを前輪33%、
    後輪67%の比率で配分し、様々な天候や路面状況下で最適なトラクションを発揮する。

    フロントのサスペンション型式は4リンク式を採用した。
    4リンク式のメリットは、リンク機構とストラット式スプリングを独立させることで理想的なサスペンションの
    動きを実現できることにある。キャンバー角の自由なセッティングが可能になることでコーナリング時のグリップが
    大幅に向上する。リアは、伝統のマルチリンクサスペンションを進化させ、卓越した直進安定性を実現している。
    安全面では、Cクラスにも導入されている最新鋭の技術が搭載された。

    (続きはサイトで)
    関連
    【ユーロNCAP】メルセデス GLC、最も安全な小型SUVに認定
    http://response.jp/article/2016/01/25/268426.html



    【【クルマ】メルセデス・ベンツ、CクラスベースのSUV新型「GLC」を国内発売 価格は628万円から】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/08(月) 20:07:43.94 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/02/08/269368.html
    no title

    no title

    no title

    アウディ ジャパンは、ミドルクラスセダン、アウディ『A4』をフルモデルチェンジし、2月19日より発売する。

    新型A4は、次世代モジュラープラットフォーム「MLB evo」を採用し、燃料消費とCO2の排出量を最大限削減しながら、
    安全性や快適性、走行性能を大きく改善した。

    ボディサイズは全長4735×全幅1840×全高1430mm(スポーツは1410mm)と、全長と全幅を15mm拡大したにもかかわらず、
    ボディをはじめとする各コンポーネントの見直しにより、最大120kgの軽量化を達成した。

    パワーユニットは、2種類の2.0TFSIエンジンを用意。クワトロと組み合わされるハイパワー仕様は従来比41ps
    アップの最高出力252psを発生し、燃費効率も15.5km/リットル(JC08モード)と14%改善した。もう1つは、
    新燃焼方式を採用した最高出力190psの最新世代ライトサイジングエンジン。同エンジン搭載のFWD仕様は
    、軽量化やCd値0.23(欧州仕様値)のエアロダイナミクスなどと合わせ、従来比33%の向上となる18.4km/リットルの低燃費を実現する。

    エクステリアは、底辺が階段状になった独特のグラフィックを採用するなど、テクノロジーイメージを意識させつつも、
    優美なスポーティさを印象づけるデザインとした。インテリアでは、水平基調で端正にまとめたデザインで広々感を強調。
    さらにインフォテイメントシステムでは、インターネットへの常時接続に加え、各社のスマートフォンと接続できる
    アウディスマートフォンインターフェイスを新たに採用した。

    安全面では、新世代の予防安全システム「アウディプレセンス」を全車標準装備する。
    そのうちアダプティブクルーズコントロールには、新機能「トラフィックジャムアシスト」を追加。
    アクセル、ブレーキに加えて、状況に応じてステアリング操作にまでシステムが介入するなど、将来の自動運転への道筋を切り拓いている。

    価格はFF仕様のA4 2.0TFSIが518万円、A4 2.0TFSIスポーツが556万円。4WD仕様のA4 2.0 TFSIクワトロが597万円、
    A4 2.0 TFSIクワトロ スポーツが624万円。


    【【クルマ】アウディ、主力の中型セダン「A4」をフルモデルチェンジ 新世代プラットフォーム採用で走りと環境性能を改善】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/08(月) 10:15:42.738 ID:VQbef/zL0.net

    ・トヨタは金儲け主義で適当に作ってる
    ・ハイブリッドを売るためにガソリン車の燃費を上げないように業界に圧力をかけている
    ・ハイブリッドを売るためにエコエコくだらない風潮を作り出した


    だいたいその通りでワロタ
    やっぱトヨタってクソだわ


    【トヨタの車は嫌いとか言ってる奴の理論ワロタwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: アキレス腱固め(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 21:00:14.99 ID:DfjWznPx0.net BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典

    高速に乗らずに入れるSA・PA“裏ルート” 地域の活性化、観光の振興に

     高速道路の各所に設置されたサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)と言えば、ドライバーたちのオアシス。
    と言いたいところだが、ドライバーに限らず利用されているのをご存じだろうか。
    車で高速道路に乗らなくても、外部から出入りができるSA・PAが全国各所にある。
    ドライバーも気付かない「裏ルート」ありの憩いの名所って…。

     新潟から東京に向かう関越道上り車線の三芳PA(埼玉県三芳町)。
    終点の練馬インターチェンジ(東京都練馬区)に到着するまでの最後の休憩ポイントとなるこちらの施設には、飲食店など
    23の店舗が入る商業施設「パサール三芳」が入っている。

     駐車場の数は300台以上。
    そうした大人数にも対応できるよう、施設の中央部は巨大なフードコートとなっており、連日、家族連れや団体客などでごった返す。
    コンビニや三芳町の地元野菜を取り扱うコーナーも人気だ。

     そうした光景が「表」なら、もう1つのルートは「裏」。
    もちろん、何かズルをするという意味ではなく、正面エントランスから施設内を通って反対側に回ると、地元住民が通る通用口が
    設置されているのだ。

     「お客さま専用出入口」と書かれた隣には駐輪スペースが設けられ、外部の一般道に通じている。
    正面の人の出入りの数に比べればさすがに少ないが、絶え間なく客はやってくる。

     なかの飲食店で働く地元在住の女性は、「この辺りはあまり飲食店もないから、PAのなかに食べにくる方もいますよ」と話す。
    某日昼下がり、通用口を出てきた男性に声をかけると「すしを食べにきたんだよ。ここに入っている店、結構うまいんだ」と
    満足そうな表情を浮かべた。
    この日も築地直送の具材を載せた「おまかせ日替り丼」(税込み820円)が、飛ぶように売れていた。

     もっとも、通常の商業施設とは少々勝手が違う。
    通用口前に掲げられた注意書きには「エリア内の駐車場は高速道路ですので、立ち入りは禁止されています」の一文が。
    利用者の中心はドライバーであるため、アルコールの持ち込みもご法度だ。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160203/dms1602031550005-n1.htm


    【高速に乗らずに入れるサービスエリア・パーキングエリア】の続きを読む

    このページのトップヘ