2016年02月

    1: 木ノ葉の蓮華は二度咲く ★ 2016/02/21(日) 19:40:05.15 ID:CAP_USER*.net

    リクルート自動車総研は「カーセンサー中古車購入実態調査2015」に関する分析を発表した。

     クルマの購入において一般的には新車派が約7割、中古車派が約3割となっているが、人生最初のクルマ、
    はじめてのクルマにおいては、その比率は大きく変わり、新車派は4割、中古車派は6割と逆転している。最初の一台としては、中古車を選ぶユーザーが多いとうである。

     最初の一台として買ったボディタイプは、全体としてはセダンが最多で27.8%。ただし、
    60代男性の最初の一台がセダンであった割合が50.3%と平均を押し上げている。60代男性が最初のクルマを手にしたであろう40年前と言えば、
    クルマのボディタイプはセダンが中心。まだ現在のような多様なボディタイプが出そろっていなかったことも理由のひとつかもしれない。
     
     20代に絞って人気のボディタイプを見ると、男性は軽自動車31.1%、セダン27.4%、ミニバン12.1%という順になっている。
    女性は軽自動車60.6%、ミニバン14.1%、セダン5.0%と圧倒的に軽自動車が強いことがわかる。

     では、最初の一台をいくらで買ったのだろうか。全体では、50万円未満が18.5%、
    50万~100万未満が25.4%と100万未満で購入した人が43.9%を占める。平均は110.5万円だった。
     
     こちらも20代をみていくと、男性は50万円未満で購入する層が33.1%で最多。女性は50万円~100万円未満で購入する層が28.6%で最多だった。
    20代女性は100万円以上の予算をかける人が、全体より多く、意外にもクルマにお金をかける層がいるようである。
     
     「はじめてのクルマ」としては、20代男性には100万円以下で手に入る軽自動車、セダン、ミニバンが、20代女性には150万以下で手に入る軽自動車が売れ筋となるようだ。

    http://economic.jp/?p=58817


    【【自動車】「はじめてのクルマは中古車」が6割 購入金額は100万未満が4割】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/22(月) 19:34:37.196 ID:3doT8H3n0.net

    車両保険ってつけた方がいいの?
    これつけると金額がズギャっと上がるからつけなくてもいいのかなあって思ってるんだけど

    ちなみに車はもう7年くらい乗っててそろそろ疲れが見えてきたムーヴ


    【自動車保険の更新の時期なんだが相談に乗ってくれ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/20(土) 15:41:57.15 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankei.com/west/news/160220/wst1602200031-n1.html
    no title

     スモールカーの歴史に革命をもたらした英国車ミニ。1959年の誕生以来、愛らしいスタイルで約40年間にわたって
    世界中で愛されてきた。2001年からは独BMWがブランドを受け継ぎ、「新生ミニ」を発売。若い世代からも人気を集めている
    今回は新旧ミニの魅力に迫る。
     遊び心あふれる内装
     試乗したのは最新モデル「クラブマン・クーパー」。ミニシリーズの戦略車だ。まず、内装の豪華さに驚かされた。
    革シートは美しいステッチが施され、ヒーターや電動リクライニングを備える。運転席に座って目につくのはナビゲーション
    マップを表示できる大型のディスプレー。LEDリングで縁取りされ、操作する機能によって青、緑、赤などに色が変わる演出は
    遊び心あふれる。操作はコンソール部に配置されたダイヤル式のコントローラーとタッチパッドで行う。最初は戸惑うが慣れれば、実にスムーズだ。
     エンジンの始動はボタンではなくレバーで。インパネ中央部の下側にある赤いレバーを押し下げるとエンジンが始動する
    。独特の操作感が“走る気分”を盛り上げる。

     クラブマンの走りはよく言えば安定感があり、悪く言えばちょっとおとなしい。高性能バージョンの「ジョン・クーパー・ワークス」
    に比べるとクラブマンはラグジュアリーな印象だ。
     エンジンは全車がターボ仕様。クラブマン・クーパーに搭載されるのは1500cc直列3気筒で最高出力136馬力。
    1・4トンのボディをなめらかに押し出す。3気筒でも不快な振動は感じない。
     ボディサイズは前モデルよりひと回り大きくなった。クラブマンの全幅は1800ミリを超えたが、大きなフロントウインドーで
    視界も広く運転しやすい。サスペンションも適度に柔らかく、道路から伝わる振動を吸収してくれる。これなら家族と遠出のドライブでも疲れることはなさそうだ。
     豊富なオプションもミニの魅力を引き立てる。英国旗をモチーフにしたドアミラーやルーフステッカーなど、自分好みに仕上げられる。
     「MINI守口門真」(大阪府門真市)の店長、山下泰生さんは「ミニはクルマにこだわる人に人気。クラシックミニから大きくなったが、
    今では『MINI』というブランドイメージがすっかり定着した」と話す。
     現在ミニは、8モデル約20グレードから選べる。どれを選んでもクルマライフが楽しくなること間違いない。(土井繁孝)

    初代ミニのデビューは1959年。英ブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)の技術者アレック・イシゴニスによって開発された。
     誕生のきっかけは56年に中東で勃発したスエズ動乱。石油高騰の対策としてつくられた。
     全長3メートルちょっとのボディ四隅に10インチの小径タイヤを配し、短いノーズに横置きエンジンを搭載し、前輪で駆動する。
    大人4名が乗車する室内を確保、卓越した走行性能を実現した。狭いスペースに部品を組み込むため、エンジンと変速機は
    「2階建て」とした。サスペンションは金属バネではなく、ゴム製のラバーコーンが使われた。
     ミニはその後、当初の基本設計をそのままに変遷を重ね、約40年間で530万台を販売した。
     2001年、ミニは独BMWの手によって「新生ミニ」として生まれ変わった。従来のデザインを踏襲しつつBMWの技術を投入、
    信頼度が大きく向上した。ちなみに日本での発売は2002年3月2日(ミニの日)。14年にはBMWとして3代目となる新型を発売した。          
     【ジョン・クーパー】
     「クーパー」の名はミニをレース界で一躍有名にさせた英国人エンジニアのジョン・クーパーの名にちなんでいる。
    クーパーはミニの優れた走行性能に注目し、自らエンジンをチューニングしたスポーツモデルをメーカー生産でデビューさせた。
    クーパーの名を冠して開発された「ミニ・クーパー」は1960年代のモンテカルロラリーで3度の勝利に輝いており、その逸話は今も語り継がれている。

     【ミニを愛した有名人】
     オールドミニは英国の有名人たちに愛された。ビートルズのメンバー、デビッド・ボウイ、エリック・クラプトンら
    著名ミュージシャンをはじめ、俳優のピーター・セラーズ、ファッションデザイナーのポール・スミス、またエリザベス女王までもがミニを愛用したといわれる。


    【【クルマ】スモールカーの革命児「MINI」 世紀を超えて愛される理由は】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/22(月)17:14:41 ID:YCE

    せっかくMTの免許取った(19才)んだからMTの車にしたいんだが
    選択肢が少なすぎて、ATになりそうなんだが、

    ここでATにしてしまうとMTのこと忘れてしまいそうで怖い。


    【はじめての車/マイカーってうやっぱMT(マニュアル)が良い?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/22(月) 23:36:37.070 ID:1rx7SxCm0.net

    免許試験「× 全ての車は無理な割り込みをしてはならないから」

    俺「」


    【免許試験「若葉マークの車は無理な割り込みをしてはならない」俺「〇だな……」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/23(火) 09:33:12.48 ID:CAP_USER.net

    http://clicccar.com/2016/02/19/354323/

    国際戦略車として斬新なデザインでデビューしたイグニス。その造形の核心を知るべく担当デザイナーに直撃インタビュー!を敢行しました。

    【語る人】
    スズキ株式会社 四輪技術本部
    四輪デザイン部 エクステリア課 新居武仁係長
    no title



    ── まずはじめにイグニスの立ち位置から。特徴的なショルダーラインとサイドグラフィックは新型アルトと同一のモチーフですが、なぜ2台は連作に?
    「いえ、デザイン部に連作という認識はないですね。ソリオのようなスペース追求型やスイフト風のスポーティなものなど、
    異なるいくつかの提案の中で役員に選ばれたのがこれだったと。まあ、この辺はいろいろと事情があるんですけど…」
    ──セルボやフロンテなど、今回は過去のモチーフを散りばめましたが、なぜイグニスでそういう試みを?
    「イグニスという名前は歴史が浅いので、あえてヘリテッジを意識した面はありますね。ただ、エスクードのクラムシェイプなど、
    スズキにはアイコンを継続する手法が結構ありますから、決して特殊な例じゃないと思いますよ」
    ──では具体的なカタチの話を。基本モチーフは同じでも、ボクシーなアルトに対し全体を曲面でまとめました
    「たとえば、宇宙服のヘルメットのような大きな球体を、横からスパッと切ったイメージです。これによって、ミッドセンチュリー
    的な未来感や強い塊感が期待できる。軽よりもサイズに余裕があるAセグだからできた造形ですね」

    ──セルボから採った80年代風の「閉じた」フロントグリルは、デザイン的に不自由な表現と言われてきましたが?
    「たしかに、異型ランプの登場は造形の自由を手に入れましたが、それもやり尽くした感がある。
    一方で、フォードのマスタングなど一部ではグリルの原点回帰が見られます。それに同じシールドビームでも、
    いまはLEDなどパーツの技術が進化してますから、グリル内の表現の幅もずいぶん広がっているんです」

    ──東京モーターショーに出展の特別仕様ではホイールアーチモールが付いていましたが、市販版はありません
    「デザイナーとしては四駆らしく見せるために是非付けたいところですが、日本ではこの部分にエアロパーツ
    を付けたいという要望が多いんです。ただ、モールがなくても貧弱に見えないよう、ホイールアーチは
    強い折り返しのプレスを使い、また単純な円ではなく少しだけ角を持たせた安定感のある形状にしています」

    ──ルーフはボディ後端まで延ばさず、スパッと斜めにカットしました
    「ここはもうスタイリング優先です(笑) クロスオーバーとしてタイヤを大きく表現する一方、キャビンは小さく見せたい
    。軽の場合、前席からリアガラスまでの長さがカタログスペックとして必須ですが、今回はそういう制約もなかったですし。
    また、ここをカットしても荷室容量には直接影響がないんですよ」


    2: 海江田三郎 ★ 2016/02/23(火) 09:33:20.01 ID:CAP_USER.net

    ──それによってできたCピラーの形状もまたアルトに準じました
    「太いピラーで力強さを出しつつ、フロンテから採った軽快なクーペルックを同時に両立させてます。斜めに切った
    この形状があるからこそ、フロンテの3本ラインがちゃんと収まるわけです」
    ──縦・横ともナナメに切ったリアランプは、動きがあって実に特徴的です
    「このクルマは、前後だけでなく上下にも大きくボディを絞っています。これはボディ断面の張りをしっかり出すためで、
    それを支えるタイヤはさらにグッと張り出す。実は初代のVWゴルフも同じで、絞りが大きくリアパネルは結構縦長なんですけど、
    やはりタイヤが張り出していて安定感がある。今回のリアランプは絞ったボディ面に沿わせ、かつ下開きの安定感のある形状にしました」

    ──リアバンパーは厚みもスゴイですが、ボディ同色が一般的な中でわざわざ素材色にしましたね
    「狙いはワイド感とプロテクト感です。イグニスはAセグとしては異例にコストをかけていて、たとえばリアランプを2分割構造にしています。
    バンパーも、ここはボディ同色に塗った方が安上がりなんですけど、あえて別材にしました。これは初期スケッチ段階からの提案ですね」
    ──では、そろそろまとめです。リアビューをはじめイグニスは欧州車のイメージが強く、いい意味で日本車離れしていますが、
    これは最初から狙ったものですか?
    「狙ってましたね(笑) ラテン系だけでなく、up!などドイツ車の雰囲気もあるでしょう? 先のボディの絞りがいい例ですが、
    このクルマは欧州で認められること優先していますから、ある意味日本車とは考えていないんです」
    ──その違いの肝はどこにあるんでしょう?
    「たとえば居住空間の寸法など、カタログ値にこだわるのではなく、クルマ本来の姿を追求すると。先代のスイフトが、
    居住性を割り切りながらも、しっかりしたショルダーラインや塊感のある面などで欧州に認められたのがいい例です。」
    ──最後に、過去のモチーフを使ったことで得られたことは?
    「80年代前後の、クルマのデザインが楽しかった頃の時代が一巡したかたような表現はアリだなと。単にクリーンな
    デザインというのではなく、そこにヘリテッジを採り入れる、あるいはアイコンを継続することで積み重ねられた魅力ある造形ですね」


    【【クルマ】スズキ・イグニス革新のデザイン。これはもう日本車じゃないですから(笑)】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ **b2-/3Mr) 2016/02/20(土) 05:56:02.65 ID:CAP_USER*.net BE:348439423-PLT(13557)

    長距離トラック輸送で、連続で16時間を超える運行が43%にのぼることが、
    国土交通省の調査で分かった。賃金の安さに加え、
    長時間労働が運転手不足に拍車をかけており、国交省と
    厚生労働省は、時短に向けた対策に乗り出す。

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASJ2M4JV3J2MULFA00P.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【社会】長距離トラック輸送、連続16時間超の運行が43%にのぼる…運転手不足に拍車】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/20(土) 09:02:32.52 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK20H08_Q6A220C1000000/
    no title

     【ストックホルム=加藤貴行】スウェーデン高級車メーカーのボルボ・カーは19日、
    2017年から車の鍵をなくすと発表した。同社によると、車の鍵をなくすのは業界初。
    顧客にはスマートフォン(スマホ)の専用アプリを提供し、デジタルキーとして使ってもらう。
    デジタル技術を応用し、カーシェアリングなど車関連サービスとも連携させる計画だ。

     近距離の無線通信技術「ブルートゥース」を使い、車の近くに来ればスマホの画面
    で施錠・解錠ができ、エンジンもかけられる。家族や友人らに車を貸す場合、その人に自分の
    車を利用するためのアプリをダウンロードしてもらえば鍵を直接渡す必要がなくなる。

     デジタルキーの利便性を生かし、他のサービスにも拡張する。本社のあるスウェーデン西部
    イエーテボリでは今春から、カーシェア会社と共同で実証を開始。限定した利用者の間で、
    スマホで空車状況を確認して車を利用してもらう。17年には正式なサービスとして始める。

     またレンタカー会社とも組み、アプリでボルボの車を予約・決済できるようにする予定。
    店頭での鍵の受け渡しが不要になるため、レンタカーサービスのあり方も変わりそうだ。


    【【自動車】ボルボ、車の鍵をなくしスマホアプリでデジタル化へ 業界初】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2016/02/18(木) 18:20:59.56 ID:CAP_USER*.net

    寒い日には、猫が暖を取ろうと車のエンジンルームに潜り込んでしまい、悲惨な事故が起こることが
    あるという。以前から、運転前にはボンネットをバンバン叩いて、猫が車の中に入っていないか
    注意しようと呼びかけられていたが、この冬はあの日産も “猫バンバン” プロジェクトを始動!
    特設サイトなどを通じて、「車に乗る前はボンネットを叩いてね」と広く呼びかけた。すると大きな反響が
    起こり、多くの人が支持を表明! 今や一大ムーブメントになりつつあるというのだ。そしてこの度、
    日産がさらに “猫バンバン” を盛り上げようと新たな動画を公開したらしいぞ!!

    ・日産が公開した「猫バンバン」動画
    日産が公式 Facebook ページで公開した1本の動画。キャワワな猫の姿がたーくさん収められているが、
    可愛いだけの内容ではない。
    なんでも、「猫バンバン」プロジェクトの賛同者や、実際に車に猫が入り込まれた経験者などから
    提供された映像を使って、本当に猫が車の中に入ってしまうことをより多くの人に伝える作品と
    なっているのだ。

    ・実際にエンジンルームに入った猫たちの姿が
    「あったかいところが大好き。寒い冬は車にもぐり込んでしまうことも。」との文章と共に、私たちの
    目に飛び込んで来るのは、実際に車の中に入ってしまった猫たちの姿……。ああ、危ないよ。
    しかし、そこでボンネットをバンバンと叩くと、猫たちは危険を察知して逃げていくのである。やっぱり、
    バンバン叩くことは大切なんだね。

    ・公開後からすぐに話題に! ネットの声「すごくいい動画」
    公開された直後から、この動画はネット上で話題に。5時間足らずで約14万回も再生され、以下の
    ようなコメントが続々と寄せられているぞ!

    「テレビの CM で流せませんか?」
    「やっちゃえ、日産」
    「日産の親切心は評価したい」
    「ボンネットを叩くのはただ」
    「中に猫が入り込めない構造の設計とかに出来ない?」
    「これ CM にしたら好評だと思う。すごくいい動画」
    「日産が前にも増して好きになった」

    猫好きも車好きも、出来るだけ事故は避けたいはず。多くの人から応援される「猫バンバン」プロジェクトが、
    今後どこまで広がっていくか楽しみだ! どんどんやっちゃえ Nissan!!

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2016/02/17/709934/

    動画
    https://www.facebook.com/NissanJP/videos/vb.184414318245423/1061482363871943/?type=2&theater



    【【動物/自動車】日産の “猫バンバン” 応援動画が素晴らしい出来と話題(※動画あり)】の続きを読む

    1: エクスプロイダー(茨城県)@\(^o^)/ 2016/02/19(金) 02:54:09.51 ID:tRD7Tizr0.net BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典

    三菱自動車工業は、一部の車でライトやウインカーのスイッチに不具合があり、最悪の場合、点灯しないおそれがあるとして、およそ37万台のリコールを国に届け出ました。

    対象は、三菱自動車の「デリカ」「アウトランダー」「ギャラン」「ランサーエボリューション」「パジェロ」「アイ」「i-MiEV」「MINICAB-MiEV」「EVーエブリイ」、
    それに輸入車の「トライトン」の10車種、合わせておよそ37万2000台です。
    製造期間は車種によって異なりますが、平成17年9月からおととし10月までです。

    国土交通省によりますと、これらの車では、ハンドルの脇にあるライトやウインカーのスイッチの取り付けに不具合があり、最悪の場合、スイッチを入れても点灯しないおそれがあるということです。
    これまでに、ライトが点かないといった不具合の情報が53件寄せられているということです。
    三菱自動車は18日から全国の販売店で、無料で修理を受け付けることにしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160218/k10010413681000.html
    ※ソース元に動画あり


    【三菱自動車が37万台をリコール ライトスイッチが導通不良でライトやテールなどが点灯しなくなる恐れ】の続きを読む

    1: 空中戦艦バルログ ★ 2016/02/18(木) 23:42:48.12 ID:CAP_USER*.net

    日産自動車は18日、エンジンがかからなくなる恐れがあるとして、救急車に使われる「パラメディック」1869台など
    4車種計1946台(1998年8月~2015年11月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けた。

     昨年12月、札幌市消防局のパラメディックが発進できず、60代男性患者の搬送が本来より約25分遅れるケースがあった。
    日産によると、これをきっかけに調査した結果、不具合が判明した。男性は病院で死亡したが、同消防局は「到着の遅れと死亡との因果関係は不明」としている。

     国交省によると、運転席ドアのステップ内に水が入ると、中を通る配線が腐食して電気信号が流れなくなり、ギアの位置を認識できずにエンジンがかからなくなる。

     同消防局によると、昨年12月29日、同市のホテルから119番があり、最寄りの出張所に出動を指示したが、
    パラメディックのエンジンがかからず、代わりに14キロ離れた救急隊を出動させた。〔共同〕

    http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXLASDG18H7B_Y6A210C1CR8000/


    【【リコール】日産、救急車など1900台リコール 発進できず搬送遅れ】の続きを読む

    1: 木ノ葉の蓮華は二度咲く ★ 2016/02/18(木) 17:02:20.10 ID:CAP_USER*.net

    http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_106490/

    トヨタ自動車は、日本で販売したSUV=スポーツタイプ多目的車の「RAV4」と「ヴァンガード」のあわせておよそ17万7千台をリコールすると発表しました。
    後部座席の設計に問題があり、金属フレームの形状が適切でないため、衝突事故が起きた場合に
    シートベルトが金属部分と接触して損傷する恐れがあると言うことです。世界全体ではおよそ287万3千台をリコールします。


    【【リコール】トヨタ 日本で17万台回収 「RAV4」と「ヴァンガード」】の続きを読む

    このページのトップヘ