2016年01月

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/28(木) 13:29:47.14 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/01/28/268684.html

    スズキが発表した2015年12月の四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、
    世界生産台数は前年同月比2.5%減の22万9989台で、2か月連続のマイナスとなった。
    国内生産は、国内・輸出向けともに減少し、同22.3%減の6万7784台と10か月連続のマイナス。
    海外生産は、インド、パキスタン、ハンガリーなどで増加し同9.1%増の16万2205台で2か月ぶりのプラスとなった。

    国内販売は同44.6%減の4万2419台で、12か月連続のマイナスとなった。
    そのうち登録車は新型『ソリオ』と『エスクード』が増加し、同28.6%増の6077台と4か月連続のプラス。
    軽自動車は全車種が減少し、同49.4%減の3万6342台で9か月連続の2ケタ減。12か月連続のマイナスとなった。

    輸出は、中南米、東南アジア、欧州向けなどが減少し、同27.8%減の8725台と、9か月連続のマイナスとなった


    【【自動車】スズキの国内販売44.6%減、12か月連続のマイナス…12月実績】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/28(木) 20:43:40.600 ID:ZRfNwqftd.net

    その2秒かそこらが、後ろの微妙なラインの奴らには
    イライラ要因となるのをわかって欲しい。
    青だ、よし、行こう。からのアクセルじゃなくて、
    準備しておいて欲しいよな


    【右折信号が青なのに出だしが遅い先頭車www】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/28(木) 07:16:25.632 ID:QgmJ4Qjn0.net

    車に乗る前にエクステリア見るじゃん(笑)
    乗り込む度にだっせぇなって思うけどそれはいいの?


    【バカ「車のデザインなんて何でもいい。運転してたらどうせ内装しか見ないし」←これ】の続きを読む

    1: ファイナルカット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 02:09:21.86 ID:Av3ulIFw0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

    【小川フミオのモーターカー・世界の名車】
    トヨタ・マークIIは、1980年代のトヨタ自動車を象徴する一台である。
    上質感のあるスタイリング、豪華な室内、そしてパワフルなエンジン。
    この時代のトヨタは、市場をリードするようなミドシップスポーツカー・MR2をつくる一方で、
    60年代から続いてきた“夢の高級セダン”の仕上げとしてマークIIを手掛けた。
    つまり、革新性と保守性という両輪を企業の推進力としたのだ。

    84年に発売された5代目マークII。4年という短いインターバルを経てのモデルチェンジだった。
    しかし、内容は一新されていた。クラウンと同等のボディーサイズ、6気筒エンジン、華やかな内装。
    さらに、電子制御サスペンションや2モードパワーステアリングなど、先進技術の数々だ。
    「コロナ・マークII」の車名が「トヨタ・マークII」になったことも、新しい世代の象徴だった。

    内装に関しては、やわらかいシートなど米国的なテイストを継承していたが、構成は明らかにトヨタ・オリジナルだ。
    中でも、ブラックの特徴的なリアクオーターピラーを持つ4ドアハードトップは、従来の凡庸なセダンスタイルとは
    一線を画すものである。ある自動車専門誌が名付けた、傑作ネーミング「ハイソカー」の代表格としてもてはやされた
    ことも納得できた。

    “ハイソサエティ=裕福な世界”の人になるのも夢ではないという、バブル経済期の消費者心理をうまくついたクルマだ。
    いい時代でもあったのである。

    http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2016012276011.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【80年代ハイソカーの代表格「トヨタ・マークII」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/28(木) 21:12:19.931 ID:iV0owRZm0.net

    ぼく「no title

    no title

    no title

    BMWアルピナB6ビターボグランクーペだと思うよ」
    友達「BM?センス悪いな
    アテンザだろ
    no title

    ぼく「アテンザ良いと思うけど価格にしてはカッコ良いけど
    絶対的にカッコ良いのはB6だと思う」
    って感じでまだまだ話続いたけど
    vipper達はどう?


    【[車談義]セダンで一番カッコいい車とは?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/27(水) 21:22:59.19 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H4A_X20C16A1PP8000/

    政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)は27日の作業部会で、
    現在「10人以下」と定めている普通乗用車の定員を増やす検討を始めた。
    1台の車でより多くの客を送迎したい宿泊施設から定員の見直しを求める声があがっている。

     自動車免許は普通、中型、大型の3種類ある。例えば、トヨタ自動車のワゴン車「ハイエース」は
    同じサイズでも定員はまちまちで、15人乗りを運転するには中型や大型の免許を取得する必要がある。

     栃木県内の旅館業者などでつくる団体は同日の作業部会で「効率的な人材配置につながる」などと、
    普通車の定員を増やすよう求めた。有識者からは「車体の大きさが変わらないのに定員数が違うのは不合理だ」といった意見が出たという。同会議は普通車の定員増に関し、6月までにまとめる答申に盛り込むことも検討する。

     一方、警察庁の担当者は、乗車定員の多い車ほど事故に遭う比率が高い実態を示し、規制緩和には慎重な姿勢を示した。


    【【行政】普通自動車の定員数を増加へ 規制改革会議が検討】の続きを読む

    1: 足4の字固め(長野県)@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 20:44:19.68 ID:ZEqzEGBh0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    日産自動車株式会社(以下、日産)は、車のエンジンルームやタイヤで猫が被害に遭う事故の未然防止のために「#猫バンバン」活動を推進中だ。

    本活動は、2015年11月19日に日産公式Twitterにて「#猫バンバン」を発信して以来、SNS上で多くの反響があったもの。
    実に、Twitter投稿では「7,930リツイート、2,649いいね」、また、Facebook投稿では「25,255いいね!、10,851シェア、710コメント」を数えたという。

    今回、日産は事故が多発する冬に、さらなる認知拡大を図るため、「#猫バンバン プロジェクト」と称して本格始動。
    1月26日より特設サイトをオープン(http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/)した。

    「#猫バンバン」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、車体を揺らすアクションをさす。

    毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、猫が犠牲になってしまうという事故が多発している。

    日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけているという。
    ちょっとした思いやりで救える命があることをより多くのドライバーに向け発信していくそうだ。

    日産、猫の事故を未然に防ごう!「 #猫バンバン プロジェクト」を開始
    http://jp.autoblog.com/2016/01/26/nissan-nekobanban/
    no title

    no title


    【日産、猫の事故を未然に防ごう!「 #猫バンバン プロジェクト」を開始 (ノシ´・ω・)ノシバンバン】の続きを読む

    1: ニコラス・ブロディ ★ 2016/01/27(水) 13:49:25.79 ID:CAP_USER*.net

    2016/1/27 13:35
     トヨタ自動車は27日、ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体の2015年の世界販売台数が
    前年比0.8%減の1015万1千台だったと発表した。4年連続で世界首位となった。主力の北米市場は
    ガソリン安でSUV(多目的スポーツ車)など大型車の販売が好調だった。ただ国内や新興国での販
    売不振が響き、14年実績は下回った。

     トヨタに次ぐ独フォルクスワーゲン(VW)の15年の販売台数は2%減の993万600台で、トヨタと
    の台数差は22万台となった。14年のトヨタの世界販売は1014万台で、VWを9万台上回っていた。VW
    は15年上半期(1~6月)に初めて世界販売で首位に立ったが、その後はトヨタが上回って推移してい
    る。

     VWは昨年9月中旬に米国で発覚したディーゼル車の排ガス試験の不正問題などの影響で、米国や欧州
    での販売が減少。同12月単月の世界販売台数は5%減った。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD27H0A_X20C16A1000000/


    【【企業】トヨタの15年世界販売1015万台 4年連続首位】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/26(火) 14:55:12.41 ID:CAP_USER.net

    http://japan.cnet.com/news/service/35076802/

     自動運転機能を備えている可能性もある電気自動車の開発プロジェクトにAppleが取り組んでいるとの
    未確認情報があるが、報道によると、先頃、進捗状況を確認した幹部陣が変化を要求し、同プロジェクトは暗礁に乗り上げてしまったという。

     AppleInsiderが内部情報筋の話として伝えたところによると、
    Appleは同プロジェクトに携わるスタッフの雇用を凍結しており、同社の最高デザイン責任者(CDO)を務める
    Jony Ive氏はプロジェクトの方向性に不満を感じているという。
     本件に詳しいある人物によると、AppleInsiderの記事のIve氏に関する部分は事実と異なり、
    Appleの自動車市場参入の可能性は単なる憶測に過ぎないという。現時点で
    、雇用凍結の問題や同プロジェクトに関するほかのあらゆる情報について、確認は取れていない。

     Appleの自動車(おそらく「iCar」という名称になると思われる)という概念は、数年前から存在する。
    最近では、AppleがTeslaやFordなどの自動車メーカーから人材を雇用したことで、
    そのうわさはさらに過熱している。Appleの自動車への取り組みは「Project Titan」と呼ばれると
    複数のメディアが報じたが、Appleはそれらの報道のどれも事実と認めていない。



    【【IT】Apple、電気自動車開発プロジェクトが暗礁に乗り上げる 新規雇用も凍結】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 15:50:05.10 0.net

    7人が快適に乗れる
    かなりの荷物が載り自転車も2台くらいはいける
    その割にはミニというだけあってサイズはそこまで大きくなく都会でも乗れる

    人とモノを運ぶのが車の役割な以上は必然か・・・

    最強のミニバン作ったメーカーが21世紀の自動車市場を制すると予言しておく


    【ミニバンって車の完成形だな いずれ世界中の車があの形になる】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/28(木) 12:23:39.31 ID:CAP_USER.net

    http://www.cnn.co.jp/business/35076974.html
    no title

    no title


    ニューヨーク(CNNMoney) 昨年、第1作の公開から30周年を迎えた人気SF映画
    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで重要な役割を果たした自動車型の
    タイムマシン「デロリアン」。そのデロリアンを製造・販売する計画が進んでいる。
    価格は約10万ドル。製造は2017年の早い時期に米テキサス州で開始される見通し。
    ただし、タイムトラベルのための「次元転移装置」と空を飛ぶための装置「ホバー・コンバージョン」は搭載されていない。
    デロリアンはもともと、土台となったスポーツカーの名前だ。ステンレスの車体が特徴だったが、
    コレクター以外には長い間忘れ去られた存在だった。
    デロリアンは北アイルランド・ベルファストの工場で製造されていたが、映画第1作の公開に先立つこと3年、

    製造ラインは稼働をやめていた。


    今回の製造には、工場閉鎖後に大量に残されていたパーツが使われる。
    エンジンだけが21世紀の産物だ。オリジナルのエンジンは130馬力だったが、
    今回は350~400馬力のV6エンジンが搭載される。
    製造元はデロリアン・モーター社を名乗っているが、元のメーカーとは無関係の会社。
    1990年代にデロリアンのパーツを買い集め、コレクターが所有する車体の補修をしたり、
    中古のデロリアンの販売を行っていたりした。
    デロリアン・モーターのジェームズ・イスピー副社長によれば、現在の安全基準に適合した形で
    デロリアンを製造するのは不可能だ。だが年内に施行される見込みの新規制では、
    レプリカ車については、エアバッグや衝突テストといった安全基準への適合を求められることなく製造が可能になるという。
    同社では年産50台、合計で300台を製造する計画だという。


    【【クルマ】「デロリアン」が復活、来年発売へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/26(火)20:05:58 ID:2mc

    アメリカはともかくなんでドイツまでプリウス超える車を作れないの?
    トヨタが凄すぎるの?


    【プリウスを超える車を作れないせいでフォードが日本から撤退するみたいだけどさ】の続きを読む

    1: 丸井みどりの山手線 ★ 2016/01/28(木) 00:05:33.17 ID:CAP_USER*.net

     トヨタ自動車がスズキとの提携を検討していることが27日、分かった。トヨタが持つ先進の環境・安全技術と、スズキが得意な小型車の開発ノウハウを持ち寄り、協力関係の構築を目指すもようだ。実現すれば、自動車業界の合従連衡が加速する可能性がある。

     トヨタは傘下のダイハツ工業の完全子会社化も検討している。スズキと協力すれば、環境性能に優れた小型車で新興国での販売を伸ばせる。スズキは独フォルクスワーゲン(VW)から買い戻した自社株を保有しており、株式持ち合いに発展する可能性もある。
     トヨタは、北米販売などが好調で2016年3月期に過去最高の連結営業利益を見込む。だが新興国市場の開拓が課題で、インドの乗用車市場で4割を超すシェアを持つスズキは魅力的だ。
     スズキは昨年、VWとの資本・業務提携を解消。将来的な環境規制の強化や自動運転の実用化を見据えた先進技術の開発が課題で、大手メーカーとの提携を模索している。
     ただ、トヨタとスズキは27日、ともに「提携交渉を行っている事実はない」との否定コメントを発表しており、実現には曲折も予想される。(2016/01/27-20:58)

    引用元:http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2016012700841


    【【企業】トヨタ、スズキと提携検討=ダイハツ完全子会社化も-自動車の合従連衡加速[時事通信]】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2016/01/26(火) 17:12:37.00 ID:CAP_USER*.net

    てんかん協会が車の運転について呼びかけ
    1月26日 16時24分

    今月、松山市を出発したツアーバスの運転手が、兵庫県の高速道路で蛇行運転を繰り返し、
    その後「てんかん」と診断されたことを受け、日本てんかん協会が26日、都内で会見し、
    「適切な治療を受ければ車の運転に支障はない。体調に異変を感じたら、すぐ医療機関を受診してほしい」
    と呼びかけました。

    今月17日、ツアー客42人を乗せて松山市を出発したバスが、兵庫県淡路市の高速道路で蛇行運転を繰り返し、
    その後、70歳の男性運転手が精密検査によって「てんかん」と診断されました。

    これを受けて、日本てんかん協会が26日、都内で会見し、久保田英幹副会長は、
    「てんかんは適切な治療を受ければ車の運転に支障はない。
    バスの運転手などは体調に異変を感じたら、すぐ医療機関を受診してほしい」と呼びかけました。

    そのうえで、今回のケースについて、「運転手が日常生活などで異常がなかったとすれば、
    てんかんの発作が初めてだった可能性もあり、予防することは難しかったのではないか」と話しました。

    NHK NEWSWEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160126/k10010386441000.html


    【【社会】日本てんかん協会が会見「適切な治療を受ければ車の運転に支障はない。体調に異変を感じたら、すぐ医療機関を受診してほしい」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/26(火) 18:13:47.72 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/01/26/268553.html

    富士重工業は1月26日、2010年度から2014年度に国内販売したスバル車の人身事故件数についての調査結果を発表した。

    調査は富士重工が、交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出したもの。
    2010年度から2014年度に国内販売したスバル車のうち、
    アイサイト搭載可能モデル(搭載車24万6139台、非搭載車4万8085台)の人身事故件数をその発生状況毎に分類した。

    調査結果によると、アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの件数が、
    車両同士の追突事故では約8割減、対歩行者事故では約5割減、調査対象全体では約6割減であることが分かった。

    アイサイト搭載車は国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、
    すべての車種が最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しており、
    今回の調査結果はその高い評価を裏付けるものとなっている。


    【【クルマ】スバル、アイサイト搭載車の事故件数 非搭載車の6割減…追突事故は8割減】の続きを読む

    このページのトップヘ