2015年12月

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/01(火) 17:46:16.07 ID:CAP_USER.net

    http://www.asahi.com/articles/ASHCZ64R4HCZULFA02S.html

    3年ぶりに日本で復活するホンダのスポーツカー「シビック タイプR」が人気だ。750台限定で売り出すと告知したところ、
    1万件以上の申し込みが殺到した。最高出力の310馬力は、前輪駆動の量産車で世界最高という。

     この車は欧州で7月に先行発売された。日本国内では、英国から輸入し、来年1月から納車を始める。ホ
    ンダが今秋、インターネットで購入希望者を募ったところ、予想を上回る申し込みがあり、抽選で商談に臨める人を決めた。
    価格は消費税込み428万円。燃費はガソリン1リットルあたり13キロ。


    【【クルマ】ホンダの「シビック」購入希望が殺到 750台限定に1万件】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/30(月) 13:08:55.76 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO94554770Q5A131C1TJC000/

     トヨタ自動車が12月9日に全面改良して発売するハイブリッド車(HV)「プリウス」の受注が好調だ。
    11月初旬から販売店で先行予約を始めたが、国内の受注台数は5万台近くに達した。
    トヨタは11月末から新型車の生産を始め、来年2月までに愛知県内の工場で合計15万台超を生産、うち9万台を国内向けとする方針


    【【クルマ】トヨタ、新型「プリウス」が好調 国内受注5万台に】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2015/12/01(火) 00:01:22.02 ID:CAP_USER*.net

    道を歩いているときや自転車に乗っているときに、我が物顔で通る車のドライバーの行動に困ったことはありませんか。
    運転マナーを守らないドライバーの行動で、歩行者や自転車に乗った人が危険にさらされることがあります。
    そこで、歩行中や自転車に乗っているときに、車のドライバーの行動にイラッとさせられることについて調査しました。

    ■歩行中や自転車走行中に車のドライバーにイラッとすることランキング
    1位:窓から火のついたタバコを投げ捨て
    2位:あきらかに邪魔な路上駐車
    3位:信号が変わっているのに突っ込んでくる
    4位:狭い道でスピード出す
    ⇒5位以降のランキング結果はこちら!

    1位は《窓から火のついたタバコを投げ捨て》が選ばれました。
    イラッとどころではなく、やけどや火事の原因ともなり兼ねない危険行為。
    実際に子供やペットなどが被害に遭ってしまわないように、気をつけたいですね。

    2位には《あきらかに邪魔な路上駐車》がランク・イン。
    店舗の出入り口などは、他の人も出入りするので大きな迷惑に。
    交通量の多い道路を自転車で車道の端を走っていると、路上駐車をされるのは危険極まりないものがあります。

    3位は《信号が変わっているのに突っ込んでくる》でした。
    子供が信号を守って渡っていても、ルールを守らない大人がいて危険な目に遭うのは対処に困ります。

    4位には《狭い道でスピード出す》が入りました。
    歩道がないような狭い道で、物陰から人が出てきたらどうするのでしょうか。
    「たまたま交通事故を起こしていないだけ」という認識を持ってもらいたいものです。

    車のドライバーの危険な行為が上位にランクする結果となりました。
    ちょっとした不注意が、重大な事故を引き起こすこともあります。車を運転するときには、譲り合いの精神を持ちたいものですね。

    http://news.goo.ne.jp/article/gooranking/trend/gooranking-2247.html


    【【調査】歩行中や自転車走行中に車のドライバーにイラッとすること…2位:あきらかに邪魔な路上駐車、1位は】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 20:42:47.45 0.net

    481 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2015/11/23(月) 09:21:33.44 ID:oOC8q2J2010月 セダン・Sワゴン系販売台数 (現行モデル発売時期)
    トヨタ クラウン     5,246台 (12年12月)
    スバル インプレッサ   2,818台 (11年12月)
    マツダ アクセラ    2,390台 (13年11月)
    スバル レヴォーグ  1,492台 (14年6月)
    スバル レガシィ    1,329台 (14年10月)
    トヨタ プレミオ     1,103台 (07年6月)
    マツダ アテンザ     766台 (12年11月)
    トヨタ アリオン      606台 (07年6月)
    トヨタ マークX       585台 (09年10月)
    トヨタ カムリ        558台 (11年9月)
    トヨタ SAI         557台 (09年12月)
    スバル WRX       531台 (14年8月) 
    レクサス IS        446台 (13年5月)
    日産 シルフィ       371台 (12年12月) ←←←←← 
    日産 ティアナ       366台 (14年2月)  ←←←←← 
    日産 スカイライン     307台 (13年11月)  ←←←←← 
    レクサス LS        258台 (06年9月)
    日産 フーガ        241台 (09年11月) ←←←←← 
    ホンダ アコード      199台 (13年6月)  ←←←←← 
    レクサス HS        173台 (09年7月)
    ホンダ レジェンド     123台 (15年2月)  ←←←←← 
    三菱 ランサー       103台 (07年10月)
    ~以下2ケタ省略~


    【スバルの車って結構人気あるんだな】の続きを読む

    1: ミッドナイトエクスプレス(東日本)@\(^o^)/ 2015/11/30(月) 04:47:24.34 ID:d8BMvlAH0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典

    地方税は「燃費の悪い車を買った人から」という総務省案 自動車業界猛反発で成算はあるのか

    総務省は2015年11月、17年4月からの自動車購入時の新たな課税方式の原案をまとめた。税率を燃費に応じて6段階に分け、
    購入価格の0~3%とする新税を創設するというものだ。消費税率の10%引き上げと同時に見直す自動車関係税制の中核になるものだ。

    環境性能の高い自動車の税負担を軽くしようという狙いだが、燃費の悪い車は逆に負担が重くなるわけで、全体として販売の減少を懸念する
    自動車業界や経済産業省は反発しており、12月の16年度税制改正大綱決定に向け、調整は難航も予想される。

    2017年4月の消費税増税と同時に導入予定
    現在、消費者が自動車を買うとき、購入額の最高3%の自動車取得税と、車両の重量に応じた自動車重量税が課税される。
    このうち自動車取得税は、併せて課税される消費税との「二重課税」と批判する自動車業界が、その廃止を悲願としてきた。
    2015年10月の消費税10%への引き上げとともに廃止されることになっていたが、消費税率のアップが先送りになったため、取得税の廃止も先送りされていた。

    自動車にはこのほか、保有している限り毎年納める普通車の自動車税、軽自動車の軽自動車税があり、また、
    重量税は車検の時にもかかる。このうち、重量税だけが国税で、他の税は地方税で総務省が所管している。

    今回の総務省案は、取得税廃止の一方、自動車税と軽自動車税を拡充するとしたこの間の政府方針に沿ったもので、
    15年度税制改正大綱が具体的な税率や対象車種について「16年度以降の税制改正において結論を得る」としているのを受けてまとめた。

    http://www.j-cast.com/2015/11/29251474.html


    【ふざけるな!燃費の悪い車を買ったら自動車購入時に税負担を重くしていく新税 自動車業界が猛反発】の続きを読む

    1: バーニングハンマー(東日本)@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 14:17:41.43 ID:UPb2e+hH0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典

    世界最強、最速、最も高価と、3拍子そろったフランスのスーパーカー、ブガッティ『ヴェイロン』。同車の後継車の完全な姿が、
    海外の自動車メディアによってスクープされた。

    これは11月26日、スペインの自動車メディア、『motor.es』に掲載されたもの。同メディアが、欧州の公道で走行テストを行う
    ヴェイロン後継車の擬装のない姿の撮影に成功。読者にその画像を公開している。

    最もパワフルな『ヴェイロン16.4スーパースポーツ』では、8.0リットルW16気筒+4ターボが、最大出力1200ps、最大トルク153kgmを発生。
    2010年には、市販車のギネス世界最高速記録431.072km/hを打ち立てたヴェイロン。その後継車は、どのように進化を遂げるのか。

    同メディアによると、8.0リットルW16気筒+4ターボは、最大出力を1500psレベルへ向上。0-100km/h加速2.3秒という
    世界トップレベルの加速性能を実現しているという。

    なお同メディアは、「ヴェイロン後継車の車名は『Chiron』で、2016年3月、ジュネーブモーターショー16でデビューする」とレポートしている。

    http://response.jp/article/2015/11/29/265124.html
    no title

    no title

    ブガッティ ヴェイロン の「エットーレ・ブガッティ」
    no title


    【GTRも赤子同然 世界最強 ブガッティ ヴェイロン 後継車、完全な姿をスクープ…車名は Chiron か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/29(日) 11:05:57.73 ID:CAP_USER.net

    http://www.asahi.com/articles/ASHCL30RMHCLUTIL003.html

    自宅の駐車場を1日単位で貸し出すシェアサービスが、首都圏を中心に広がりを見せている。
    都心や観光地では駐車場が見つからないことも多いが、事前に駐車場が確保できるとあって利用者も増加。
    新しいサービスだけに、思わぬトラブルへの心構えも必要だ。

     東京ディズニーランドまで歩ける場所にある千葉県浦安市の住宅街。数年前に車を手放した60代の女性はこの秋、
    自宅の駐車場を貸し始めた。1カ月で利用が3件あり、計数千円の収入になった。「思ったより利用者がいて驚いた。臨時収入になりました」

     一方、ディズニーランドを訪れるために使った男性(38)は「渋滞に巻き込まれないし、料金も安かった」。
    園内にも駐車場があるが、閉園時間には周辺の道路が大渋滞する。
     仲介したのは、今年10月にシェアサービスに参入したばかりの「トメレタ」(東京都新宿区)。
    運営する松橋淳人社長は「眠っている駐車場は多い。貸す側と借りる側、双方にメリットがある仕組みだ」と話す。

     家や店で使っていない駐車場を貸すこうしたシェアサービスの特徴は、インターネットでの簡単な手続きと、使っていない時だけ貸せる気楽さだ。
     貸す側は運営会社のサイトを通じて場所や料金、日付を入力。車の不在時や店の定休日だけ貸すことも可能だ。
    利用者側は希望の場所や日付で検索。気に入ったものが見つかれば、氏名や連絡先などを入力し、
    クレジットカードで料金を前払いする。運営会社は手数料を取り、残りは貸し手の収入になる。

     2012年に他社に先駆けて始めたのが「軒先パーキング」(東京都目黒区)。
    野球場やコンサート会場周辺などを中心に、全国約700カ所に拡大した。
    西浦明子社長は「コインパーキングと違い事前予約できるのが好評」という。コイン式に比べて料金が安い点も人気の理由という。


    【【ビジネス】自宅の軒先を貸して月数千円の収入・・・都内で駐車場シェアサービスが広がる】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/30(月) 10:28:39.98 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2015/11/30/265164.html

    米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』は11月中旬、「2016 パーソンオブザイヤー」を、
    スバルの米国法人のトーマス・ドール社長兼COOに授与すると発表した。
    同賞はこの1年間に、米国の自動車業界で優れた業績を残した人物に贈られるもの。
    米国の自動車メディアが発表する賞としては、最も権威が高く、各方面から高い注目を集めるアワードとして知られる。

    2016 パーソンオブザイヤーに選出されたのが、スバルオブアメリカのトーマス・ドール社長兼COO。
    同氏は1982年、スバルに入社。同氏のリーダーシップの下、スバルは米国で2007年以降、8年連続で販売記録を更新してきた。

    2015年、スバルの米国新車販売は、60万台に近づく見通し。スバルは今や、米国のブランド別販売ランキングで、
    トップ10入りを果たしており、フォルクスワーゲンやマツダ、BMW、ビュイックを上回る。

    モータートレンドのアンガス・マッケンジー編集局長は、「トム・ドール氏のリーダーシップは成功を収めている。
    彼は独自のビジョンを備えた人物」と評価している。


    【【アワード】米スバル社長、米自動車業界最高の人物に選出】の続きを読む

    このページのトップヘ