2015年12月

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/29(火) 09:42:52.00 ID:CAP_USER.net

    http://car.autoprove.net/2015/12/16156/

    ダイハツ工業は2015年12月24日、軽オープンスポーツカー「コペン セロ」の上級グレードとなる
    「コペン セロS」を発売した。ベース車のコペン セロに対して、操縦安定性とフラットな
    乗り心地を追求した専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバー、
    手触りと意匠にこだわったスウェード調生地を使用したレカロシート、
    MOMO製革巻ステアリング、マニュアル感覚のシフト操作ができるパドルシフト(CVT車のみ)
    などの特別装備を採用。「クルマって楽しい」を一層磨き上げた仕様としている。

    no title

    no title

    no title

    そのほかにも、ビルシュタインのロゴ入りオーナメントやマルチリフレクターハロゲンフォグランプを採用。
    ドアインナーハンドル/パーキングブレーキボタン/エアコンレジスターノブにはメッキ加飾を施している。
    さらにレッドインテリアパックとして、オプションのレカロシート(レッド/写真下)を専用で設定している。

    2代目となる現行コペンは、2014年6月19日に発売した1つ目の意匠となるコペン ローブに加えて、
    コペン エクスプレイとコペン セロという3つの意匠を展開。また、DRESSパーツの発売により、
    購入後でもオーナーの好みに合わせたデザインやカラー変更が可能となっている。
    中でもコペン セロは、「親しみやすさと躍動感の融合」をコンセプトとした流れる雫のような
    一体感ある外観デザインから、コペン販売台数の5割を占めるまでに至っている。したがって、
    すでにコペン ローブとコペン エクスプレイに設定されて好評だった「S」グレードの追加は確実視されていた。

    またダイハツでは、2016年1月15日(金)から1月17日(日)まで、幕張メッセ(千葉市)で開催される
    「東京オートサロン2016」への出展内容を明らかにした。ダイハツブースは「もっと楽しく。もっと自分らしく。」
    をテーマに、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」を採用するコペンの新しいデザインコンセプトカーと、
    キャスト スポーツ、キャストアクティバの世界観をより強調したコンセプトカーを出展。
    さらに純正用品を装着した市販車両7台も展示する。
    no title


    まず「コペン セロ クーペ コンセプト」は、“エレガント&エモーショナル”をデザインテーマに、
    ルーフからトランク、リヤスポイラーまでが一体となった滑らかなクーペデザインを提案。
    次に「コペン ローブ シューティングブレーク コンセプト」は“クール&ジェントル”をデザインテーマに、
    荷室の拡大と伸びやかなキャビンデザインを両立している。
    no title

    no title


    「コペン アドベンチャー」は専用外板パーツや車高アップにより、“道を選ばず、
    未知の世界を探し求め突き進む”タフでSUVライクなコペンを訴求。さらに「キャスト スポーツ レース仕様」は、
    エアロボンネットやフロントスポイラーなどの専用エアロパーツの採用により、
    サーキットを走るようなワクワク感をイメージしている。


    【【クルマ】ダイハツ、軽スポーツの上級グレード「コペン セロS」を発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/24(木) 12:32:20.04 ID:CAP_USER.net

    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1512/24/news074.html
    [23日 ロイター] - 日産は自動車耐久レースシリーズ(WEC)からの撤退を表明し
    、2016年のルマン24時間に出場しないと発表した。日産は声明で、必要なパフォーマンスレベルに
    達しなかったことが撤退の原因と説明。

    モータースポーツからの完全な撤退ではなく、長期的にレース戦略を練り直すための休養であり、
    WECにはエンジンプログラムなどで部分参加を続けると語った。

    日産は今年の耐久レースシリーズに出場したが、競争力不足を露呈した。


    【【企業】日産、自動車耐久レースから撤退 来年のルマン24時間レースの参戦取りやめに】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/28(月) 22:45:30.66 ID:CAP_USER.net

    http://car.autoprove.net/2015/12/16358/
    no title

    no title


    ベントレーモーターズジャパンは2015年12月25日、新型SUVモデル、Bentayga(ベンテイガ)の
    日本での希望小売販売価格を発表した。

    このベンテイガは2015年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされた
    ベントレー初のSUVモデルで、注目のプライスは2695万円(消費税込み)。すでに全国の正規ディーラーで
    は受注を開始しており、日本国内への最初のデリバリーは2016年秋頃を予定しているとのことだ。

    ベンテイガのボディサイズは全長5141×全幅1998×全高1742mm。ホイールベースは2992mmで、
    車重2422kgという重量級のプレミアムSUVだ。搭載されるエンジンはW型12気筒6.0Lのツインターボ仕様で、
    最高出力が447kW(608ps)、最大トルクは900Nm。トランスミッションはZF製8速ATが組み合わされ、
    駆動方式はフルタイム4WD。静止から100km/hまでの発進加速はわずか4.1秒、最高速は301km/hとされている。


    【【クルマ】ベントレー、新型SUV「ベンテイガ」の価格を2695万円に決定】の続きを読む

    1: ヒップアタック(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/12/29(火) 01:38:52.75 ID:C7+oG87b0●.net BE:659060378-2BP(2000)

    高級車は男のロマン。

    一生ご縁がなさそうなあの車一体どんな人が乗っているのか気になります。

    Q.一生に一度でいいからドライブで乗ってみたい超高級車を教えてください(複数回答)

    1位 フェラーリ 34.3%
    2位 ランボルギーニ 22.0%
    3位 ポルシェ 16.2%
    4位 BMW 12.6%
    5位 マクラーレン 11.5%

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8420044/


    【男が一生に一度でいいから乗ってみたい超高級車ランキング】の続きを読む

    1: デンジャラスバックドロップ(東日本)@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 16:46:22.39 ID:DY+WUiRv0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典

    スバルブースでは、STIブランドの活動領域を表現したコンセプトカー「 STI Performance Concept(STI パフォーマンスコンセプト)」を日本で初公開。
    また、走りの愉しさはもちろんのこと、より本物の質感を追求しSTIブランドの可能性を広げる「 LEVORG STI CONCEPT 」や、
    おしゃれで走りの愉しいハイブリッドであるSUBARU XV HYBRIDにSTIブランドの世界観を織り込み新たな魅力を表現した
    「 SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT 」を出展する。

    また、2016年のモータースポーツ参戦予定車として、今年クラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦予定車の
    「 WRX STI NBR CHALLENGE 2016 」や、SUPER GT参戦予定車の「 SUBARU BRZ GT300 2016 」の展示も行う。

    http://jp.autoblog.com/2015/12/24/subaru-tokyo-auto-salon-2016/
    no title


    【スバル 「STI パフォーマンスコンセプト」を日本初公開】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 18:20:48.20 0.net

    この形でハイブリッド、PHV、電気自動車バージョンを1年かけて投入する模様
    完全に来年プリウスは世界でシェアを大きく減らすだろう

    http://response.jp/article/2015/12/23/266683.html
    no title


    【ヒュンダイが1月に発売するプリウスの対抗車がかっこよすぎてトヨタ大ピンチ!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/29(火) 08:51:09.15 ID:CgO4r/Oh0.net

    ぼく(6)「フランクフルト!食べたい!ジャンボ串カツ食べたいぃいいいい!」


    ワイ(46)「疲れた体にはアイスクリームとコーヒールンバやなあ…おっあの家族は何処へ帰省するんやろか」

    夜のSAに止まってるトラックのアイドリング音すら心地いいンゴ…


    【【帰省】高速SA・PAの雰囲気が狂おしい程好き】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/27(日) 12:36:05.11 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankei.com/photo/story/news/151221/sty1512210009-n1.html
    no title

     フェラーリはなぜ、これほどまでに人々の心を熱くするのか。流れるような美しいボディライン、
    時速300キロ超へ誘う官能的エンジン、一貫してスポーツカーを造り続けた企業理念…。
    庶民にとって高根の花だが、どんなクルマなのか。世界が憧れるスーパーカーに迫った
     11月29日に行われた「御堂筋オータムパーティー2015」。
    フェラーリのF1マシンや歴代名車を一目見ようと、沿道は大勢のファンで埋め尽くされた。

    世界限定499台でフェラーリ初のハイブリッド車「ラ・フェラーリ」や2002年に発表された
    限定車「エンツォ・フェラーリ」など、普段見ることのできないマシンがズラリと並んだ

     ため息交じりに写真やビデオを撮っていた人々は、フェラーリに対する憧れのまなざしを送っていた。
    では、庶民がフェラーリを手に入れるにはどうすればいいのか。「コーンズ大阪ショールーム」
    の田中圭三さんに話を聞いた。

     ―― 値段は
     「一番人気は、デビューしたばかりの『488GTB』で3070万円。
    注文を受けてから車を作るため納車まで18カ月かかります。税金や諸費用、そしてオプションを
    含めた総支払額は4000万円近くになるケースもあります」

    ―― オプションの種類は
     「大きく分けて80種類。さらに細分化され、ボディカラーやインテリアはもちろん、
    シートベルトの色や内装を縫う糸まで選べます」
     “世界に同じフェラーリは2台とない”というのもうなずける。ただオプションだけで、
    高級国産車が買えるくらいの値段になってしまう。

    最近発売された中で最も高価なのが「ラ・フェラーリ」で1億6千万円。限定車のためすでに市販されていないが
    、中古で2億~3億円といわれている。ここまでくると車といっていいものか…。

     田中さんは、フェラーリの魅力について「フェラーリは夢を与えることのできる車、
    その夢を実現するお手伝いができれば」と話す。フェラーリに憧れる庶民は宝くじを買い続けるしかない?
    (写真報道局 土井繁孝)

                        ◇     
    少年たちを熱くさせたカウンタックとの闘い
    Q フェラーリってどんな会社?
     A 高級スポーツカーを製造するイタリアの自動車メーカーだ。アルファ・ロメオ社のドライバーだった
    エンツォ・フェラーリ氏が1947年に創業した。50年からF1グランプリに参戦し、
    一度も欠場していない唯一のメーカーだ。

     Q どんな車があるの?
     A 当初は12気筒エンジンの超高級GTカーだけを生産していたが、ディーノと呼ばれる2000cc、
    V6エンジン搭載車も追加した。

     Q 日本でもスーパーカーブームで一躍有名になったね
     A 70年代にはライバルのランボルギーニ・カウンタックに対抗するため、初のミッドシップ
    12気筒車「365GT4BB」を投入する。流麗なデザインは当時の少年たちの憧れの的だった。
    その後「512BB」へと進化した。

     Q 80年代は?
     A BBシリーズに代わる旗艦モデルとして84年、「テスタロッサ」が登場。
    87年には創立40年を記念して「F40」が作られた。478馬力で最高速度324キロを誇った。

     Q 高価だけど、販売はどう?
     A エンツォの死去後、91年にルカ・ディ・モンテゼーモロ氏が社長に就任。
    市販車の劇的な品質向上を果たし「F355」や「456GT」「550マラネロ」「360モデナ」などを相次ぎ発表。
    主要市場である日米欧の販売は絶好調だ。 


    【【クルマ】庶民がフェラーリを手に入れるにはどうすればいいのか】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/27(日) 14:53:37.47 ID:CAP_USER.net

    http://economic.jp/?p=56652

     各自動車メーカーが開発を進めている自動運転だが、トヨタ自動車<7203>が
    その自動運転に適応する地図自動的に作成する技術を開発した。同社は、
    2016年1月6日~9日に米国ネバダ州ラスベガスで開催する2016 International CESにおいて、
    市販車に搭載しているカメラやGPSを活用して、自動運転の走行に必要となる高精度地図を
    自動的に生成する「地図自動生成システム」を展示する。
     このシステムは、カメラを装着した車両が走行中に収集した路面の画像データと位置情報を
    データセンターに集約し補正することで、自動的に広域の高精度地図データを作成。
    将来の自動運転車の走行に役立てるという。

     自動運転の実現のためには、自車位置情報、道路構造や交通ルール(制限車速や各種標識)
    を把握することが欠かせない。さらにその情報は、定期的に更新することが求められている。
    これまでは3次元レーザースキャナーを搭載した計測車両が実際に市街地や高速道路を走行
    しデータ収集していたため、地図の更新頻度が少なく、情報鮮度の高い地図は得られなかった。
    また、道路の白線や標識などは人手をかけて専用地図データを作成していたため、多大なコストがかかっていたという。

     今回開発したシステムは、豊田中央研究所が開発した空間情報の自動生成技術「COSMIC」
    を採用し、車両から収集した画像データとGPS信号から高精度地図データを生成する。
    車載カメラとGPSから収集するデータは誤差が大きいが、走行軌跡を高精度に推定する技術と、
    複数車両から収集した路面画像データを統合・補正する技術により、
    位置誤差を解消(直線路の場合で誤差5cm以内)。さらに情報収集に市販車両や
    既存インフラを活用することで、リアルタイムにデータ更新が可能で、かつ安価なシステム
    構築も可能となるとしている。
     システムは、トヨタが2020年頃に実用化を目指し開発中の自動車専用道路での自動運転で
    必要となる重要な要素技術の一つであり、将来的には一般道や道路上の障害物への対応など、
    機能を拡張していくという。また、高精度地図データの公共・民間サービスへの活用も視野に、
    地図メーカーとの連携も強化していく。
     
     これで、また自動車の自動運転が一歩近づいた。その実現は案外早いかもしれない。(編集担当:慶尾六郎)


    【【技術】トヨタ、地図を自動的に作成する技術を開発 自動運転車両に適応へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/27(日) 10:15:48.74 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/151226/bsa1512260500003-n1.htm

     国内の新車販売が低調な中で、なぜか高額な高性能スポーツカーが飛ぶように売れている。
    富士重工業が10月29日に400台限定で受注を始めたセダン「WRX STI」の特別仕様車が即日完売、
    ホンダが国内750台限定で発売した「シビック タイプR」に10倍以上の注文が殺到した。
    低燃費車やスポーツ用多目的車(SUV)などに販売台数は遠く及ばないが、
    限られた台数だからこその特別感と中高年齢層の男性を中心とした熱狂的なファンが人気を支えている。

     走りと乗り心地両立
     即日完売した富士重の特別仕様車「S207」は、専用チューンを施して最高出力を328馬力まで上げ、
    路面からの衝撃の大きさによって吸収力を変える最新サスペンションを採用するなど足回りにもこだわった。
     希望小売価格は599万4000~637万2000円と同社として史上最高値。専用部品が多く
    通常モデルより170万円以上も高いが、「高い走行性能と、家族でも使える乗り心地の良さ
    を両立したところが支持された」(広報部)。
     ホンダの「シビック タイプR」は、2010年10月に国内で限定販売した3ドア車「ユーロ」以来の復活だ。
    新開発のターボエンジンを搭載し、最高出力は310馬力。ドイツの有名サーキット
    「ニュルブルクリンク北コース」での評価で、前輪駆動の量産車トップのラップタイムを記録するなど
    実力は折り紙つき。注文は10月29日からの1カ月弱で10倍以上に膨らんだため、異例の抽選販売に。
    高倍率の争奪戦となり、購入を希望していた八郷隆弘社長も「お客さんが優先」と、涙をのんで諦めたという。

     三菱自動車が四輪駆動セダン「ランサーエボリューション」の最終モデルとして8月に発売した
    「ファイナルエディション」も人気を集めた。先行予約を始めた4月から約3カ月で限定1000台の枠が埋まり、
    「ランエボ」の愛称で親しまれた名車の存在感を改めて示した。
    ランエボは1992年の初代からモデルチェンジを重ねて10代目まで国内累計約10万台の販売を誇る。
    しかし、三菱自は開発目的の一つだった世界ラリー選手権から撤退。
    今後はプラグインハイブリッド車(PHV)やSUVに経営資源を集中する方針で、ランエボは“引退”を余儀なくされた。

     中高年齢層が下支え
     ファイナルエディションの購入者をみると40代男性が30%、50代男性が19%と約半分を占め、
    30代男性(18%)も加えると約7割に上る。「高額なので資金に余裕のある中高年齢層が中心」(広報部)のため、
    市場の先細り懸念は拭えないという事情もある。
    だが、走りの魅力や技術を末永く支持してくれる顧客の存在は貴重だ。
    そこで、スポーツカーの新たなファン開拓を模索する動きもある。
    走りを重視した軽スポーツ車「アルト ワークス」を今月24日に復活させたスズキだ。
    同車は1987年からの約13年間で約26万6000台を販売。ピーク時にはアルトシリーズの販売の約2割を誇った。
    ターボエンジンを搭載した5速マニュアル車の新型は価格も150万9840円からに抑えた。
    「往年のファンに加え、若者にマニュアル車でクルマを運転する楽しさを知ってほしい」(開発担当者)との狙いだ。

     さらに、トヨタ自動車も走行性能を大幅に向上した限定100台の「86 GRMN」(来年2月発売)の
    受注を来年1月4日~22日にウェブサイトで行う。心をくすぐる魅力的な車で、
    コアな自動車ファンの裾野を広げることができるか。スポーツカー人気の行方は
    国内新車市場の将来にも影響しそうだ。(会田聡)


    【【クルマ】完売続く高性能スポーツカー 新たなファン開拓、低迷新車市場の起爆剤に】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/25(金) 20:21:25.88 ID:CAP_USER.net

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20151225_737025.html
    no title

     本田技研工業は12月25日、JC08モード燃費26.0km/Lを実現する新型「オデッセイ ハイブリッド」を
    2016年2月上旬に発売予定であると発表した。同社Webサイト(http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/new/
    では、オデッセイ ハイブリッドに関する情報を先行公開している。

     今回、オデッセイにはホンダの上級ミニバンとして初めて「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-MMD」
    を搭載したハイブリッドパワートレーンを追加。優れた燃費性能と、オデッセイの特徴の
    1つである上質で力強い走りを両立するという。
     今後、同Webサイトではオデッセイ ハイブリッドに関する情報を順次公開予定。

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】ホンダ、上級ミニバン「オデッセイ ハイブリッド」を発売】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/26(土) 20:43:51.606 ID:gfHpgj100.net

    爺「かっこいいだろ、しゅん」
    俺「乗りにくいわw」
    母「ばっかじゃないの?! 安全なの買いなさいよ!」

    日産にクレームつけててクソワロタ


    【爺ちゃん75歳がGTRって車買って母さんブチ切れててワロタ】の続きを読む

    このページのトップヘ