2015年11月

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/31(土) 06:53:21.789 ID:kzyJ+DXg0.net

    no title

    フェラーリって言ってもいろんな車あるけどね
    レーシーでスパルタンな高性能モデルの
    スクーデリアやチャレンジストラダーレ系とか特に好きなんだけど
    買えないけどね


    【車好きってフェラーリも好き?………】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/10/31(土) 22:18:24.46 ID:???.net

    メルセデス・ベンツ日本は東京モーターショー2015で新型スマートを初披露した。
    新型スマートは、2人乗り仕様の「フォーツー」と4人乗り仕様の「フォーフォー」が設定される。

    ボディ全長はフォーツーが3.3m、フォーフォーは3.5m。車体はボディのパートごとに2色に色分けされるのが特徴。
    エンジンは車体の後方に搭載され、後輪を駆動するRRレイアウトを採用する。

    搭載ユニットは1種類のみで、排気量1リッターの直列3気筒自然吸気ユニットを搭載する。
    スペック最高出力71ps、最大トルク91Nmを発生。トランスミッションは6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせる。
    ボタンひとつでECO/SPORTSモードの切り替えが可能で、Dレンジではマニュアル操作も可能だ。

    ナビゲーションには、純正アクセサリーの「ポータブルナビ」と、
    ユーザーのスマートフォンがナビゲーションになるiPhone/Android対応の無料アプリ「スマート・クロス コネクト」を用意する。
    スマート・クロス コネクトは、検索した目的地までのルートを地図と音声で案内するナビゲーション機能や、
    オーディオシステムの操作、ハンズフリー通話などが可能だ。

    フォーツーは限定車として年に数回展開される。
    今回披露されたのは10月28日に販売が開始される「edition1」で440台が限定販売される。
    価格は199万円。ボディカラーはラバオレンジとミッドナイトブルーが選べる(各220台ずつ)。

    一方、4人乗りのフォーフォーは2015年1月に発売され、
    価格は標準のファブリック内装の「passion」が209万円、本革仕様の「prime」は229万円となっている。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20151030-10233071-carview/

    no title

    no title


    【【自動車】メルセデス・ベンツ日本、新型「スマート」発表】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/29(木)14:05:40 ID:TLL

    俺は東京生まれ東京育ちで、車の必要性を全く感じたことがなかったので
    今まで全く免許を取ろうと思ったことがなかった。仕事でも使わないし。
    でも、彼女が
    「○○ちゃんは彼氏と毎週ドライブデートに行ってるんだって。岬から見た日の出がきれいだったって」
    とかチクチク言ってきて、免許なんか取る気ないよって言ったら怒られて喧嘩になったので
    仲直りするために仕方なく免許取るって約束して教習所に通い始めた。


    【自動車免許の事で彼女と別れたから愚痴らせて】の続きを読む

    1: オムコシ ★ 2015/10/27(火) 11:46:21.74 ID:???.net

    no title


     「トヨタ86」(ハチロク)が気になっている人が増えているという。
    この「ハチロク」という名前、クルマ好きでなくても聞いたことがあるかもしれない。

     現役の「トヨタ86」は2012年に発売された250~300万円前後で買える4人乗りの小型FRスポーツカー。
    トヨタとスバルで共同開発された2.0Lの水平対向エンジンは、最高出力200PS/7000rpmを発揮する。

     このクルマの名前の由来が、1983~1987年にカローラレビン/スプリンタートレノの車名で販売されていた型式番号「AE86」(エーイー・ハチロク)だ。

    ■型式で呼ぶのがツウ マンガやゲームにも出たハチロク

     現在でもその名残はあるが、昭和の時代には走り屋志向の一部車種に関しては、型式で呼ぶのがツウであり、中でもハチロクは「型式呼び」が最もポピュラーな車種であった。
    というより、むしろ「AE86」を「ハチロク」と呼ぶことから、「型式呼び」が広まったといえる。
    R32(スカイラインGTR)、S13(シルビア)、FD(RX-7)など、他にも型式呼びがポピュラーな車種はあるが、86ほど一般的になってはいない。

     多くの人が「ハチロク」を知ったきっかけは、『週刊ヤングマガジン』
    で1995年から2013年まで連載された漫画『頭文字D』(イニシャル・ディー、しげの秀一著、全48巻)がきっかけだろう。

     主人公が、父が営む「藤原とうふ店」の配送を手伝いながら、店名の入った白黒2色の「AE86」(ハチロク)
    スプリンタートレノで峠を攻めるという人気漫画で、アニメ、映画化もされている。

     このAE86が人気を集めた理由は2つある。まずエンジンこそ新型だったものの、
    サスペンションなど前の型からの流用も多く、チューニングしやすいFR車だったことだ。

     もう1つは、AE86を巧みなハンドル操作で駆って成績を残した、レーシングドライバーの土屋圭市氏の功績だ。
    “ドリキン”(ドリフト・キング)と呼ばれており、現在でもAE86を所有し続けているほど、86に惚れ込んでいるという。

    ■名前は引き継いでいるがコンセプトは別モノ

     現行の「ハチロク」は、名前こそAE86を引き継いでいるものの、コンセプトはまったく異なっている。
    エクステリアのライン、2.0L水平対向エンジンなど、現在にふさわしい小型FRスポーツを一から作り直している。

     昔のAE86は走り屋に人気があり、チューニング業界が大いに盛り上がったが、現在では自らチューニングする人は減っている。
    メーカーも最初からエアロパーツをつけたものや、ファッション・カスタマイズされたパッケージ商品を出してクルマ乗りの心をくすぐっている。

    ■MT車のレンタルサービスで「ハチロク」「ハコスカ」に

     このハチロクブーム再燃を後押ししているのが、新たに生まれたレンタルサービスだ。
    「おもしろレンタカー」や「fun2drive(ファン・トゥ・ドライブ)」などのMT車がレンタルできるサービスである。

     「おもしろレンタカー」は現行車両も含め比較的新しい車種が多い用意。
    HONDA「ビート」、日産「シルビアSpecR」、三菱「ランサーGSRエボリューション」、ユーノス「ロードスター」などもそろえている。
    レンタル料金は、現行の「86」が1日で1万3400円程度(補償料など別途)、「スプリンタートレノ AE86」が9770円(同)。

     ファン・トゥ・ドライブでは、初代Zやハコスカ、ケンメリなど絶版旧車と呼ばれるジャンルも揃えており、
    「スプリンタートレノ AE86」は1日(24時間)1万4980円でレンタルできるが、「86」については10月27日現在、提供していない。

     いずれのサービスも24時間未満も6時間、9時間などの短時間レンタルにも対応している。
    維持だけでも大変な費用がかかるこうしたクルマに「ちょっとだけ乗れる」のは、ファンとしては嬉しいだろう。

     特に40代以上のドライバーの中には、昔MT車に乗っていた感覚が忘れられず、1日だけでもMTに乗ってみたいと考える人も多いようだ。
    根強いファンが数多く存在する伝説のマシン「AE86」に乗ってみたかったという人は、一度試してみてはどうだろうか。 (ZUU online 編集部)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000011-zuuonline-bus_all


    【【頭文字D】トヨタ86(ハチロク)が人気 後押しするレンタルサービス】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/10/28(水) 23:53:14.80 ID:???*.net

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151028/k10010285361000.html
    ドイツのフォルクスワーゲンが排ガス規制をクリアするためディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題について、
    来日しているフォルクスワーゲンの幹部は
    「過ちを犯したことをおわびしたい」と述べた一方、来年中にも日本にディーゼル車を投入する方針を明らかにしました。
    これは、フォルクスワーゲンの乗用車ブランドのヘルベルト・ディース取締役会会長が、
    29日開幕する東京モーターショーの会場で記者団の取材に答えたものです。
    この中で、ディース会長は「このような過ちを犯してしまい、大変申し訳ない。おわび申し上げる」と述べ、
    不正ソフトの搭載問題を謝罪しました。一方で、今後のディーゼル車事業については、
    「ディーゼルは二酸化炭素の排出を減らす有能なエンジンだ。ディーゼル車は今も重要な未来を担うと考えている」と述べ、
    今後も生産や販売を継続していく考えを示しました。
    そのうえで、ディース会長は「来年のいつごろになるか決定していないが、今もディーゼル車を日本市場で販売しようと思っている」と述べ、
    年内にもとしていた当初の計画よりは遅れるものの、来年には日本にディーゼル車を投入する方針を明らかにしました。


    【【自動車】フォルクスワーゲン 来年にも日本市場にディーゼル車を投入へ】の続きを読む

    このページのトップヘ