2015年11月

    1: リバースパワースラム(茨城県)@\(^o^)/ 2015/11/18(水) 08:46:30.19 ID:u3sNSUPE0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典

    「三菱自動車工業」は、開発中の新型車で、燃費を左右する車の重量が想定より重くなるおそれがあったにもかかわらず、社内で適切に報告されず、開発にも遅れが出たとして、開発担当の管理職2人を諭旨退職とするなど処分したほか、
    相川哲郎社長が役員報酬の一部を自主的に返上していたことが分かりました。
    三菱自動車によりますと、来年の発売を目指していた多目的スポーツ車について、車体の重量が想定よりも重くなるおそれがあったことが、開発の途中で分かったということです。

    車が重くなると、燃費が悪くなるうえ、生産コストにも影響が出るため、開発を一部やり直すことになり、新型車の発売は1年程度遅れる見込みとなりました。

    さらに社内の調査では、車の重量に見込み違いが出ていることが経営陣に適切に報告されていなかったことも分かったということです。
    これを受け三菱自動車では、開発担当の管理職2人を諭旨退職としたほか、担当の常務執行役員を降格させるなどの処分を決めました。

    さらに、相川哲郎社長も責任を取って、自主的に役員報酬の一部を返上することになりました。
    三菱自動車は「新型車は欧米にも投入する主力車種であり、開発段階での誤りや報告の遅れなどがあった事態を重く見て、厳しい処分を行うことにした」としています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151118/k10010310181000.html
    ※ソース元に動画有り


    【三菱自動車が無能管理職2名を処分 問題報告せず新車開発を1年も遅延させてクビに】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/15(日) 20:06:57.313 ID:47irQ8mz0.net

    プリウス値引き80万で200万
    デミオDIESEL250万
    アクセラスポーツガソリン240万
    コペン220万
    キャスト200万
    どれがええのよぉ


    【ハスラーって軽自動車を新車で買って3年になろうとしてる。次何買えばいいの?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/16(月) 20:24:00.45 ID:???.net

    http://woman.excite.co.jp/News/column/Allabout_20151113_13.html

    30年前のこと。アメリカへ取材に行き、いろんなメーカーを回った。その際、マーケット調査で最も驚いたのが
    『エデュケーション』という項目を重視していたこと。日本語に直訳すれば「教育」ながら、最終学歴を示す。
    今でも『Alexa』など使いネットのアクセス調査すると、必ず出てくる項目だ。

    例えばAという車種のマーケットを表現する場合「大学出の白人で年収1千万円以上」みたいな資料になるワケ。
    そんな表現していいのか、と思ったけれど、どこのメーカーもデータとして持っていた。市場調査する企業が調べるのだろう。
    学歴なんか解るのだろうか? 解るんだろうなぁ。

    聞けば、購入する車種によってユーザーのタイプが明確に分かれるのだという。興味深いのは選択する
    エンジンやミッションのタイプも関係するらしい。
    H社のAというクルマのマニュアルミッションは「大学卒の白人で高年収」といった感じ。いわゆる『プロファイリング』というヤツです。

    学歴とクルマ選びの関係、日本でも通用するだろうか? 私の周囲に関して言えば、学歴とクルマ選びは全く
    リンクしていないように思う。収入差についちゃ当然の如く関係するものの、こらもう学歴と関係なし。
    我が国を見ると伝統的に、高学歴=高年収と言うことにゃなりませんから。…

    むしろ中学出て現場に出て20歳の頃にゃ立派な職人になっているような人の方が、良いクルマだったりする。
    東大出てマイカーは日産マーチという人だって珍しくない。強いて言えば20年前ならサーキット指向のクルマ
    よりラリー車っぽいクルマに乗っている人の方が高学歴だったくらいか。

    そんな日本に高学歴のユーザーが多いという車種も出てきた。プリウスである。今でこそ売れ行きNo.1になった
    プリウスながら、デビュー当時のユーザー層は、いわゆる「インテリ」だった。
    いや、インテリというより「ソフィスティケート」(洗練)を感じさせる人が多かった。

    最近だとリーフ。確かに初代プリウスとユーザーのタイプが似ている。もし知り合いにリーフなどいたら
    イメージしてみて頂きたい。きっと高学歴です。加えて自宅じゃないと充電出来ない。
    『品川』とか『練馬』ナンバーのリーフ、もし独身であれば間違いなく高学歴で一戸建てです。狙い目でしょう!

    そうそう。明らかな高学歴じゃない人についちゃ見分けられる。知性を感じさせない
    改造車に乗っている人は、90%以上の確率で高学歴ではありません。
    日本は今後も学歴と乗っているクルマの関連性はECOカーなどを除いて薄いと考える。

    したがって日本のユーザー調査でも学歴は重視されない傾向。


    【【クルマ】リーフに乗る人は高学歴? 購入する車種とユーザーの関係性】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/11/16(月) 10:54:09.57 ID:???*.net

     モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、少し新しめのクラシックカー、なかでも国産のヤングクラシックについて。
    これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、スカイラインGT-Rや初代トヨタ・MR2について解説する。

     ご同輩諸君。「ヤングクラシック」という言葉をご存じだろうか。文字通り、新しめのクラシックカーという意味である。
    少し前に「空冷ポルシェ911の中古車が暴騰中」というニュースをお届けしたが、あれも一種のヤングクラシックだ。

     実はいま、国産のヤングクラシックにも脚光が当たっている。

    我々が若かりし頃憧れたクルマに再び注目が集まっていると聞くと、あの頃の憧れをいま実現させたくなってくるのは、私だけではないだろう。
    それが美女に受けるかどうかは未知数だが……。

     最大の注目株は、日産・スカイラインGT-Rの「R 32型」と呼ばれるモデルだ。生産されたのは1989~1994年。
    バブル末期の自動車熱狂時代を華々しく飾った、国産スポーツカーの帝王である。

     この名車の値段がいま、ぐんぐん上がっている。原因はアメリカにある。

     この型のスカイラインGT-Rは、アメリカへは正規輸出されなかった。
    またあちらの制度により日本から中古車も持ち込めなかったのだが、生産から25年を経るとクラシックカーと認定され、輸入がOKとなる。
    アメリカでもスカイラインGT-Rはカルト的な人気があり、なかでもR 32型は幻のヒーロー的存在。輸入解禁と同時にアメリカの業者が来日し、
    状態のいい中古車から順に高値で買い付けているのだ。

     おかげで最近は500万円の値が付く個体も出る始末。新車で約450万円だったのだから、それより高くなってしまった。

     このR 32型GT-R、安い個体はすべて改造されている。バリバリの走り屋が好む車種だけに、サーキットで酷使され激しく傷んでいるケースも多く、ちょっと手を出しにくい。

    いまから狙うなら、まだ人気に火が付いていないモデルの方がいい。たとえば初代トヨタ・MR2(1984~1989年)などはどうか? 
    これならアメリカ人は買い付けに来ていないし、状態のいい個体も見つけやすい。直線的なフォルムも、いかにも昭和風で青春の味がする。

     数年前、この初代MR2を購入した知人のI氏によれば、どこに乗って行っても「うわ~、昔憧れたんだよ」「カッコいいね~」と声をかけられ、大人気だったそうだ。
    声の主は美女ではなく中高年男性ばかりというのはガックリだが、それでもちょっとしたアイドル気分が満喫できたという。
    私も試乗させてもらったが、いま乗っても走りはしっかりしていて、エアコンも効くし快適そのもの。何の不満もなかった。

     I氏はこれを50万円で購入し、エンジンの整備などに50万円かけたが、1年後に同好の士に110万円で売れたので、出費はほとんどゼロに等しかったそうだ。

     初代MR2は、現在も50万円くらいから手に入るが、ほとんどの個体が走行10万kmを超えているので、購入後はそれなりに整備費が必要だ。
    しかし、売る時は個人売買なら購入時より高く売れる可能性が高い。ムダ遣いのように見えて、国産ヤングクラシックは非常に堅実なのである。

    http://www.news-postseven.com/archives/20151116_364249.html


    【【社会】トヨタ・MR2など「国産ヤングクラシック車」は賢い買い物】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/16(月) 21:24:41.03 ID:???.net

    http://news.walkerplus.com/article/68087/
    no title

    no title

    no title


    ジャガー・ランドローバーは、ラグジュアリーコンパクトSUVのコンバーチブルモデルとなる
    新型「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」を発表した。コンバーチブルモデルとは、
    格納式のルーフを備え、オープンカーと屋根付きを切り替えられるオールシーズン対応のクルマのこと。価格と発売時期は未定となっている。

    イヴォーク・コンバーチブルは、同ブランドのコンパクトSUV「イヴォーク」が持つ洗練されたデザインに、
    最先端の格納式ルーフを加えることでエレガントさを際立たせている。Z型に格納するルーフは
    “ファブリック・ルーフ”と言われ、フロントからリアにかけて流麗なボディラインを演出。
    このルーフは機能性も兼備しており、時速48kmまでの走行であれば、わずか20秒ほどで開閉可能となっている。

    秀逸なのは、ルーフ周りだけではない。ランドローバーとしては初採用となる、
    新開発の高解像度10.2インチのタッチスクリーンを搭載。スマートフォンとの連携やカーナビ操作がスムーズに行える。
    そのほかにもボディ剛性や、大容量のラゲッジスペースを兼ね備えるなど、実用性に優れたこのモデルは、
    まさに才色兼備。レンジローバーの新たな可能性を追求したイヴォーク・コンバーチブルに乞うご期待!【東京ウォーカー】


    【【クルマ】ランドローバー、オープンタイプの新型SUV「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」を発表】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:23:09.660 ID:MF9kzqO3p.net

    19さい
    事務員
    年収220万ぐらい、来年はもっと上がる
    真っ赤なロードスター買った

    もしか馬鹿やった?
    お父さんが祝いで買ってくれた


    【♀がロードスター買ったんだがもしかして馬鹿?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/14(土) 17:18:16.56 ID:???.net

    http://zuuonline.com/archives/88134

     「エコカー」で検索すると様々なサイトがヒットする。補助金や優遇税制の政策により、エコカーに乗っている方がトクであり、
    地球環境にとって良い活動をしているとのイメージを与えがちだ。だが、本当にエコカーに乗ることが環境負荷の最も少ない、
    正しい自動車の選択肢なのだろうか。

    「走行中」の排ガスが少なければエコなのか?
     そもそも、エコカーとはどんなクルマを指すのだろう。エコカーと一口に言っても、さまざまな種類が含まれている。
     代表的なところでは、電気とガソリンを使い分けるなど複数の方式で動力を発生させるハイブリッド車が挙げられ、
    その他にも天然ガス車、電気自動車、燃料電池車などがある。
     先日新型が発表されたばかりのトヨタ・プリウスに代表されるハイブリッド車は、内燃機関と電動機を併用する。
    高速で走行している際に電気を充電し、発進時など低速走行で電気を使用することで、低燃費を実現しているというわけだ。
     日産・リーフや三菱・アイミーブなどの電気自動車は、排気ガスやCO2(二酸化炭素)の排出量はゼロである。
    中にはテスラのような、ハイパフォーマンスカーもあるので、その多様性における将来の光明が見えているようにも思える。
     だが、SAの高速充電器など普及度合いは高まっているとはいえ、まだインフラ面で充実しているとは言いがたい。
    そのうえ、充電に時間がかかることなど、課題は残っているのが現状だ。
     CO2は地球温暖化の原因となってしまうが、自動車においては、燃料を燃やすことで、CO2が排出されてしまう。
    地球上で毎日、10億台がCO2を排出していることを考えてみれば、CO2削減に向けた方向性は正しいといえる。

    「製造過程」でCO2を撒き散らしてもエコと呼べるのか?
     走行時のCO2は、一般的なガソリン車とプリウスを比べた場合は45%ほど、他の車種でも20~30%程度は削減が可能と見られる
    。やはり、最小限のガソリンしか燃焼しない仕組みからくるメリットである。
     だが、走行時でなく「製造過程」で見てみると、CO2排出量はエコカーのほうが大きい。
    10年前よりもその数値は削減されてきたものの、走行時の排出量に比べ、製造時の排出量に関しては、
    機構が複雑なハイブリッド車の傾向として、CO2排出量を減らすことが難しいのが現状である。
    さらに、蓄電用のリチウムイオンバッテリーを製造する際にも、CO2排出の問題が存在している。
     製造時に占めるCO2排出は、走行距離に関係なく必ずかかってしまうコストとなる。
    たとえば、エコカーを購入した者は20年、30年、40年と乗り続けることを法的に義務付けてしまえば、
    理屈のうえでは製造過程のCO2排出分をペイできるうえ、製造台数も激減するので、本当の意味で「環境に優しい」といえるかも知れない。
     加えて、80年代・90年代の旧車であっても週末ドライバーで年間走行距離が少ないとなれば、
    むしろエコカーの買い換えを促進して製造過程でCO2を撒き散らすよりも、旧車を乗り続けたほうがずっと「環境に優しい」という見方だってできるだろう。

    なんのための「自動車税のグリーン化特例」か
     だが、政府は「自動車税のグリーン化特例」を設け、旧車からエコカーへの買い替えを促している。
    これは、環境の側面はもちろんのこと、経済の側面もあるとされている。とくに2008年のリーマン・ショック以降は、
    景気対策として活用された面が大きい。簡単に言ってしまえば、消費を喚起することで、経済が活性化することを狙ったものである。
     結果的に政府の狙い通りに物事は進み、とくに2009年にはじまったエコカー補助金に関しては、スクラップインセンティブのおかげで、
    どんどん旧車が潰され、エコカーが増産されていった。しかし、先に述べた通りエコカーの「製造過程」でCO2を撒き散らしている
    現状を考えると、本当に環境に優しいのか首を傾げざるを得ない。


    2: 海江田三郎 ★ 2015/11/14(土) 17:18:25.32 ID:???.net

    自分のライフスタイルに合ったクルマ選びを
     ようするに、走行時のCO2排出量だけを基準として「環境に優しい」と断定していることに問題がある。
    まさか、そのことを承知のうえで確信犯的に、旧車からエコカーへの買い換えを促進していると考えるのは早計であるが、
    現実問題として多くの消費者が「自動車税のグリーン化特例」に踊らされている嫌いは否めない。
     エコカー補助金のときにも需要の先食いが起こり、制度が終了したとたんに失速し、回復が遅れたことがあった。
    また、旧車のスクラップが相次いだために、中古車市場の流通量が先細りとなり、価格バランスが崩れてしまう車種も生じた。
    一時的に景気を刺激したかに見えた政策も、自動車業界にとってはかえって混乱を招く側面もあった。
     エコカーの良い面はもちろんたくさんあるし、将来的には、エコカーへの代替が進むことは疑いの余地はない。
    だが、その陰には製造時の環境コストや、買い替えによる家計への圧迫が存在している点は留意すべきであろう。
     最終的にはユーザーが損得を判断し、消費に踏み切るのだが、政府やメーカーの言うことだけを鵜呑みにせず、
    自分のライフスタイルを鑑みながら最適な選択をすることが「本当のエコカー選び」となるのではないだろうか。(ZUU online 編集部)


    【【クルマ】エコカーは本当に環境に優しいのか?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/15(日) 10:13:01.09 ID:???.net

    http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20151113_730525.html
    no title

    NEXCO中日本(中日本高速道路)は11月13日、10月30日に運用を開始した、東名高速道路 海老名JCT(ジャンクション)外回り方面の
    ランプウェイ暫定2車線化について、運用開始前後の交通状況を発表した。

     これは、東名高速 海老名JCTの圏央道外回り(北方面)へ向かうランプウェイ(約400m)の渋滞対策として、
    圏央道外回り本線の一部を2車線から1車線へ、ランプ車線を1車線から2車線へとレイアウトを変更して10月30日に運用を開始したもの。

     この効果についてNEXCO中日本が、運用開始前(10月16日~10月25日)と運用開始後(10月31日~11月9日)
    の交通状況調査結果を発表。運用開始前の渋滞回数は平日が6回、休日が2回だったが、
    ランプウェイの暫定2車線運用開始後は渋滞の発生がなく、同ランプウェイにおける渋滞が解消したとしている。

     なお、対策を実施したランプウェイの2車線運用区間は、車線と路肩の幅が通常よりも狭くなっているため、安全運転に心がけるよう呼びかけている。


    【【交通】NEXCO中日本、海老名JCTのランプウェイ暫定2車線化で渋滞発生ゼロ 運用開始後の交通状況を発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/15(日) 12:58:52.15 ID:???.net

    http://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2062282/

     メルセデス・ベンツやBMWなどは、世界の誰もが知る高級外車。およそ手が届かないハイクラスな
    乗り物として考えられがちだが、実は新車であってもそこまで高額ではないものもある。それが「エントリーモデル」と呼ばれるタイプだ。

     エントリーモデルとは、名前の通り、ブランド初心者向けに製造されているモデルで、300万円前後で手に入る。
    頑張れば手が届きそうだが、どのようなモデルが用意されているのだろうか? 日本でも名前が知られる3ブランドの製品を紹介しよう。

    ●メルセデス・ベンツ「A-Class」
     車体に輝く同社のエンブレム「スリーポインテッド・スター」に憧れる人は多いはず。エントリーモデルとしては
    「A-Class」があるが、なかでも車両本体価格が298万円~と、300万円を切りお手頃といえるのが「A 180」。
    スポーティーなフロントに、こだわりのボディデザインが特長だ。強固で安全性に優れたボディシェルを採用したり、
    手元のコントローラーでテレビや電話、オーディオなどを操作できる「COMANDシステム」を搭載したりと、快適な乗り心地を追及している。
    http://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/a-class/

    ●BMW「118i」

     流れるようなフォルムが目を引く高級外車ブランドのBMW。エントリーモデルの「1シリーズ」では、
    今年9月に新開発のターボエンジンを搭載した「118i」が発売された。モダンでクールなフォルムの同社らしい
    美しいデザインで、車両本体価格は298万円~。新エンジンにより、エコカー減税も拡大するという。
    http://www.bmw.co.jp/jp/ja/newvehicles/1series/5door/2015/showroom/design/index.html

    ●ポルシェ「ボクスター」
     伝統と格式のスポーツカー・ポルシェ。街中を颯爽と走り抜ける洗練された車体に憧れを抱く人も多いだろう。
    同社のなかで、安く設定されていてエントリーモデルといえる立ち位置なのが「ボクスター」だ。といっても、
    車両本体価格は634万円と、上述の2社に比べると少々高め。だが、軽量なシャシーによって、
    ダイナミックなドライブを楽しめる。内装インテリアを全面レッドカラーにしてみるのも素敵かもしれない。
    http://www.porsche.com/japan/jp/models/boxster/

     こうして挙げて見ると、初心者向けであっても決して侮れないカッコイイ外車の数々。高嶺の花と諦めず、まずはエントリーモデルから検討してみては?


    【【クルマ】ベンツやBMWが300万前後で手に入る? 意外とお手頃な外車のエントリーモデル】の続きを読む

    1: グロリア(宮城県)@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 10:31:38.82 ID:tjAuOQLR0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

    遅く走り過ぎて事情聴取 米グーグルの自動運転車

    米グーグルが試験中の自動運転車が低速走行で渋滞を起こし、警察官に事情聴取のため停止させられたことが13日、
    分かった。カリフォルニア州マウンテンビュー市警察が公式ウェブサイトで明らかにした。

    グーグルは今夏から、自社で設計した自動運転車を本社のあるマウンテンビュー市の公道で走らせているが、
    警察が関係する珍しい事例となった。ただ、違法走行でなかったため、反則切符は免れた。ウェブサイトによると、
    警察官が12日、制限時速35マイル(約56キロ)の道路を24マイルで走る車両があり、渋滞も起きているため、
    車両を停止させ、なぜ低速走行しているのかを不測の事態に備えて同乗していた関係者に尋ねた。

    グーグルによると、自動運転車は安全上の理由から最高時速を25マイルに抑えている。同乗者もいるが、
    これまで反則切符を切られたことはないという。(共同)

    http://www.sankei.com/economy/news/151114/ecn1511140016-n1.html


    【グーグルの自動運転車、走るのが遅すぎて渋滞に 警察から事情聴取 =マウンテンビュー市警】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/14(土) 09:30:48.42 ID:???.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13I2G_T11C15A1TI1000/

     マツダと米フォード・モーターが資本提携を完全に解消したことが13日わかった。
    フォードは保有していた2%強のマツダ株を2015年4~9月期中に全て売却した。
    08年の金融危機以降、フォードはマツダ株を段階的に売却してきたが、今回の完全売却で1979年以来、
    36年にわたり続いてきた資本提携関係は幕を閉じる。


    【【自動車】フォード、マツダ全株売却 36年の資本提携に幕】の続きを読む

    1: ランサルセ(長野県)@\(^o^)/ 2015/11/13(金) 14:43:57.57 ID:rS2radcv0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    1:レクサス
    2:ダイハツ
    3:ホンダ
    4:三菱
    5:トヨタ
    6:スバル
    7:マツダ
    8:日産
    9:スズキ
    10:BMW
    11:メルセデス・ベンツ
    12:アウディ
    13:フォルクスワーゲン
    14:MINI
    15:ボルボ

    「故障が少ない車」ランキング
    トヨタグループが上位独占!
    http://diamond.jp/articles/-/81577
    no title


    【「故障が少ない車」ランキング トヨタグループが上位独占!】の続きを読む

    1: すゞめ ★ 2015/11/12(木) 21:02:08.63 ID:???*.net

    http://www.sankei.com/economy/news/151111/ecn1511110011-n1.html
    2015.11.11 09:46

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は10日、米当局が新たに排ガス規制逃れを指摘した高級車スポーツカー「ポルシェ」などの排気量3000ccのディーゼル車について、
    ドイツ当局が欧州連合(EU)内では問題がないとの見解を示していると主張した。

    ロイター通信が、VW英国法人の幹部が英議会に送った書簡の内容として伝えた。
    米環境保護局(EPA)は2日、ポルシェの「カイエン」など排気量3000CCのディーゼルエンジン搭載車についても、違法ソフトを使って排ガス規制を不正に逃れていると指摘。
    VWは違法ソフトを使用した規制逃れが最大約1100万台であったことは認めているが、排気量3000CCの車両については不正を否定していた。(共同)


    【【VW】高級車は問題なしと主張 VW、独当局の見解示す】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 21:14:46.09 ID:???.net

    配信日時:2015年11月12日(木) 16時40分

    2015年11月11日、韓国・ニュース1によると、韓国の現代自動車が満を持して披露した最高級ブランド「ジェネシス」新型モデルのデザインをめぐり、
    米国である論争が巻き起こっている。

    現代自は10日、「ジェネシス」の大型セダン「G90(韓国ではEQ900)」のイメージ画像を初公開した。しかし、これを見た米国のネットユーザーが
    いち早く、「ヘッドライトはBMWから、フロントグリルはアウディから、ルーフラインはメルセデス・ベンツからコピーしたものだ」と指摘。
    これに対し「そもそも、ドイツ車はアジアのメーカーからパクっているよ」との反論が上がると、「現代自のヘキサゴナル(6角形)グリルの
    デザインが最初で、アウディ、スバル、トヨタとかがこれをまねした」「ベンツのF800にも、現代自のまねをした部分がある」など加勢するコメントが続いた。

    現代自は近年、海外メーカーの元トップデザイナーを招き入れるなどデザイン分野に積極的な投資を続けてきている。そうした矢先にこの騒ぎが
    起こったことについて、ある業界関係者は「発売前からデザイン論争が起こるのは、消費者の関心が高い証拠。肯定的な現象だ」と指摘している。

    これについて、韓国のネットユーザーはそれぞれの持論を寄せている。

    「確かにフロントグリルは現代自が最初だ」
    「100%、現代自が先!それにしても、アウディとかはパクる物がなくて現代のをパクったのかな?」
    「いくら現代自が国内市場でひどいことをしていても、ヘキサゴナルグリルをアウディより先に造ったのは事実だ」

    「デザインより、車体がさびないことの方が大事」
    「デザインがパクリだろうがそうでなかろうが、興味はない。ちゃんとエアバッグが作動する車を造ってくれ」
    「デザインが格好良いからって何にもならないよ。どうせさびついてポンコツになる」

    「もっと燃費の良さに気を使って。それに、デザインよりも安全性が重要だ」
    「韓国人だから言うわけじゃないけど、最近の現代自動車のデザインはなかなか良い。反対に、日本車のデザインは見れば見るほど…」
    「最近のドイツ車は問題が多い。韓国メーカーは今がチャンスだ」(翻訳・編集/和氣)

    http://www.recordchina.co.jp/a123140.html


    【【韓国】現代自の最高級ブランド「ジェネシス」にパクリ疑惑 韓国ネット「100%、現代自が先だ!」「最近の日本車のデザインは…」】の続きを読む

    このページのトップヘ