2015年09月

    1: あずささん ★ 2015/09/17(木) 19:34:45.02 ID:???*.net

    ホンダは17日、北米で今秋発売する小型車「シビックセダン」の新型を発表した。
    シビックシリーズの10代目となる新型車は、渋滞時に先行車両との車間距離を
    一定に保つシステムを初搭載するなど先進の安全装備を充実した。価格は未定で、
    日本発売の予定はない。

    安全装備として車線の逸脱をディスプレー表示で警告し、ブレーキ制御で逸脱を防止する
    機能を搭載。緊急時にブレーキを自動でかけ、衝突を防ぐシステムなども装備した。
    さらに、小型車で初めて全てのライトにLED(発光ダイオード)を採用している。

    排気量は1500ccと2000ccの2種類を設定。セダンのほか、クーペやスポーツ、
    5ドアなど全5車種を順次投入する予定だ。

    ソース/産経新聞社
    http://www.sankei.com/economy/news/150917/ecn1509170022-n1.html


    【【自動車】ホンダ、10代目シビック発表 北米に今秋投入・・・日本発売の予定無し】の続きを読む

    1: Ψ 2015/09/18(金) 11:20:46.45 ID:TT+xM1Qz0.net

    日本の自動車税は日本自動車工業会の調査によれば、ドイツの約2.4倍、イギリスの約1.4倍、フランスの約6倍、アメリカ合衆国の約14倍となっている
    (全て同条件で比較[4]:車体価格130万円、9年間使用、排気量1800cc)など、非常に高額である[2]。

    アメリカ合衆国では、連邦レベルの自動車税は存在しない。州ごとにライセンスナンバーの更新費用が、毎年徴収される。
    額は州(場合によっては郡)によって異なるが、一般的な乗用車の場合20ドルから60ドル未満がほとんどである。

    フランスでは、2000年をもって個人の所有する自動車に対する自動車税は廃止されている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%E5%8B%E8%BB%8A%E7%A8%8E#.E3.82.B0.E3.83.AA.E3.83.BC.E3.83.B3.E5.8C.96.E7.A8.8E.E5.88.B6


    【【異様に高い日本の自動車税】ドイツの約2.4倍、イギリスの約1.4倍、フランスの約6倍、アメリカ合衆国の約14倍】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/17(木) 18:48:06.323 ID:S8Pqth8j0.net

    NSXとかGTRとかLFAとかもあるけど
    昔のNSXみたいに
    そろそろイタリアのスーパーカーメーカーをギャフンって言わせる
    カッコいいスーパーカー作って欲しい
    日本メーカーも本気になれば作れると思うけどなー


    【日本の自動車メーカーってなんでカッコいいスーパーカー作らないの?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 21:57:05.01 ID:g5QPhDBU0.net

    会話する←運転に集中させろといわれる
    気を利かせて音楽の操作したげる←キレられる
    エアコン調整したるで←勝手にさわんなと怒られる
    じゃあもう寝るしかないやん←寝るなと言われる


    【【急募】ドライブ中に助手席のやつがするべきこと】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/09/15(火) 22:24:07.87 ID:???.net

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150915_721343.html
    no title

    独ポルシェAGは9月15日(現地時間)、航続距離500kmを超えるEV(電気自動車)の4シータースポーツカー「ミッションE」をフランクフルトモーターショーで発表した。

     ミッションEは、2つのモーターを搭載して合計600PS以上を発生。0-100km/h加速は3.5秒以内、
    0-200km/h加速は12秒以内、航続距離は500kmを超えるとしている。その性能はサーキットで実証済みとして、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは8分を切る。
    no title

    モーターは、永久磁石同期モーター(PMSM)を2個搭載。2015年のル・マン優勝車両「919ハイブリッド」で使用していたものと
    ほぼ同じモーターで、加速とともにエネルギーを回生する。また、各ホイールへ自動トルク配分する「ポルシェ・トルク・ベクトリング」
    を備えたオンデマンド型の4WDシステム、スポーティなコーナリングを可能にする4WS(4輪操舵)を採用した。

     ボディーは、アルミニウム、スチール、カーボンファイバー強化樹脂などで構成。カーボン製のホイールは、フロントが21インチ、リアが22インチで、ワイドタイヤを装着。

     充電システムには、現在の電気自動車が使用する400Vに対して電圧を2倍にした「ポルシェ・ターボ・チャージング」システムを採用。
    800Vを使用することで、バッテリーは約15分で容量の約80%まで充電可能。さらにエネルギー伝達用の銅ケーブルが細く軽くできるなど軽量化にもなり、
    電気自動車における新しい基準になるとしている。
    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】ポルシェ、航続距離500kmを超える初のEVスポーツカーを発表 15分で8割充電可能】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/15(火) 13:14:17.547 ID:iNUpjjgq0.net

    ベンツ見てノーリアクションだと嫉妬にしか見えない


    【初対面でベンツに乗る俺に対して車について褒めるとか何もしてこない奴wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ