2015年08月

    1: ツームストンパイルドライバー(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 13:18:57.57 ID:Vd5VaSLh0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    日産GT-Rがデビューをしてから8年。日産のモータースポーツ部門、NISMOの手によりサーキット志向の
    エンジニアリングがほどこされた「GT-R NISMO」に渡辺敏史氏が試乗。通常モデルとは何がちがうのか。
    その真価を探ってみた。

    スピードに対する価値軸を変えた存在
    サーキットの路面は綺麗に均らされているうえ、舗装もタイヤのグリップを重視したものが配されるなど、
    クルマのパフォーマンスを完全に引き出せるよう留意されている。対すれば、刻々と変わる舗装状態にひび割れや
    凹凸に轍などがくわわり、さらにはコーナーを跨ぐように白線が引かれていたりと、一般道のコンディションはむしろ
    真逆といっても過言ではない。
    その両方に最適化された性能を、1台のクルマで叶えることがいかに難しいか。それは「GT-R」こそが10年近くにわたって
    実証してきたことかもしれない。レーシングカー的な発想と設計、そして実験で生まれたGT-Rは、
    ご存知の通りニュルブルクリンクを前代未聞のラップタイムで駆け抜けた。

    一見さんにはあまりに敷居が高いという世界を、加飾や値札以上に、純粋な性能に強く語らせている。
    そういうことができる日本車は、現状、GT-Rくらいしかないだろう。

    http://openers.jp/article/970010
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【試乗、日産GT-R NISMO】の続きを読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 12:03:39.96 ID:iPrb7aO+0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典

     今年の軽自動車業界一番の話題は、ホンダS660で決まり!と思いがちですが、
    業界が激震した軽自動車税の値上げを忘れてはいけません。そんな逆境でも大躍進中なのがスズキ。
    新型ラパンにはハスラーに続くヒットの予感がします。それにしても、ラパン(ウサギ)=ウサギ跳びしか
    思いつかない発想力のなさがイヤになります……(担当K)

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00897685-sspa-soci


    【【悲報】需要先食いのツケ!? 軽自動車の未使用車が大量発生中!!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: アトミックドロップ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 12:13:21.69 ID:P6kKcsAx0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典

    クルマに走りの楽しさを求める方は少なくないはず。

    とはいえ、エンジンをガンガン回す楽しみの裏側には燃費の低下という問題は避けて通れないものでした。
    ところが、最近のスポーツカーは走る楽しさだけでなく、それを効率よく楽しませるための工夫が凝らされているのです。

    そこで、そんなエコにスポーツ走行を楽しめるモデルをご紹介いたします。

    ホンダ・CR-Z

    “運転は楽しいが燃費の悪いスポーツカー”と“環境性能は良いが走りが面白くないハイブリッドカー”という
    相反する二つのジャンルを見事に両立したことで話題を呼んだのが「ホンダ・CR-Z」です。

    そんなハイブリッドスポーツカーの「CR-Z」でユニークなのが「PLUS SPORTシステム」。
    バッテリーの残量と走行状況における作動の条件は細かいですが、例えば高速道路の合流の際などに、
    ステアリングのスイッチを押せば、モーターのアシストが最大となり、ヒューンという未来的な音ともにワープしているような加速を披露してくれます。

    その燃費は19.4~23.0km/Lと登場から数年が経っているとは思わせないほどの実力。6速MTが設定されている点も見逃せません。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150801-00010001-clicccarz-bus_all


    【ホンダCR-Zは地球にやさしく楽しめる、燃費の良い国産スポーツカーであることが判明!!】の続きを読む

    1: 栓抜き攻撃(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 06:15:20.50 ID:0wYm730n0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    このテーマに名乗りを上げたのは、高級スポーツカー「レクサスLFA」と日産の誇るスーパースポーツ
    「GT-R NISMO」の2台。
    2010年に世界限定500台で発売されたLFAは、4.8リッターV10自然吸気エンジン搭載で、560馬力仕様。

    対するGT-R NISMOは3.8リッターV6ターボエンジン搭載です。ただ、今回走行したNISMOバージョンは
    通常のGT-Rよりも50馬力上げられた600馬力仕様となっています。
    安全が確保されたクローズドコース。各マシンのステアリングを握るのは、レーシングドライバーの飯田章選手です。
    計測はGPSを使用したDOSSという機械を使用します。
    気になるリミッターですが、LFAは飯田選手の自家用で元々リミッターは入っていません。GT-R NISMOは
    サーキットモードに設定し、リミッターは解除してあります。

    まずは、LFAから走行。自然吸気のV10エンジンが奏でるサウンドは素晴らしいの一言。快音とともに、
    一気に加速して行きます。
    結果はウェット路面にも関わらず284.78km/h。

    続いて、GT-R NISMO。こちらはいかにもハイパワーを感じさせる轟音とともに、速度を上げて行きます。
    結果は291.34km/h。

    結果、最高速対決はGT-R NISMOの勝利となりました。

    http://www.sankeibiz.jp/gallery/news/150801/gll1508010706001-n1.htm
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【国産市販車最速はどっちだ!? 「レクサスLFA」vs.「GT-R NISMO」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/01(土) 13:29:07.09 ID:???.net

    http://www.sankei.com/economy/news/150731/ecn1507310048-n1.html

    独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人フォルクスワーゲングループジャパンの庄司茂社長(52)が
    7月31日付で退任することがわかった。スヴェン・シュタイン副社長が8月1日から社長を兼務する。庄司氏は日本自動車輸入組合理事長も務めていた。

     同社では「本人から退任したいとの意向があり、受理した」としている。

     庄司氏は伊藤忠商事などを経て、平成24年6月にVWに入社、同8月に日本法人社長に就任した。
    販売店改革などを進め、25年から2年連続で過去最高の販売を達成。今年春からは「ゴキゲン♪ワーゲン」
    をスローガンにブランドイメージの向上に取り組んでいた。

     今年上期はメルセデス・ベンツに16年ぶりに輸入車販売首位を奪われたが、7月中旬に新型「パサート」を発表するなど、
    巻き返す構えをアピールしたばかりだった。


    【【自動車】独フォルクスワーゲン日本法人社長が突然の退任】の続きを読む

    1: ニールキック(東日本)@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 19:05:05.76 ID:b/XCl3X+0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    一部改良で衝突回避支援パッケージが追加設定されたトヨタ自動車のコンパクトカー「Vitz(ヴィッツ)」。

    同車の発売と同時に公開された動画が既に200万アクセスを突破しています。
    「あらゆる人の万が一に備えるために」をテーマにした映像で、日常生活の中で何かに気を取られていると、
    世代に関係無く人や物にぶつかったりする様子をコミカルに描いています(どれもちょっと痛そうですが)。

    今回の一部改良ではレーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と
    信頼性を両立、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」
    が装備されました。

    http://clicccar.com/2015/07/30/319541/
    no title

    no title

    no title


    動画
    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=41D0a6zcOYg



    【トヨタ ヴィッツの「連続衝突」動画に200万超アクセス!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:23:07.033 ID:+etoOOIk0FOX.net

    何が悲しくてドイツの庶民の車を日本で買わなきゃいけないのか
    それなら日本車でいいじゃん


    【ベンツ・BMW←分かる  アウディ←まだ分かる  フォルクスワーゲン←??】の続きを読む

    1: 男色ドライバー(庭)@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 13:16:36.69 ID:O2O75s6i0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典

    http://www.mynewsjapan.com/reports/2183

    (略)その上で、日産を信頼して購入した加持さんだが、いまは「日産に騙された」と断言する。15年6月の株主総会で株主が言った
    「EVは長い距離が走行できない」は本当のことであり、しかも「一般に想像されているレベルをはるかに超えるひどさ」である、というのだ。

    理科系の研究者である加持さんは、リーフを、自身が勤務する大学への通勤にも使用し、購入してから1年2ヶ月ほどの間は、
    問題なく走行できていた。ところが、走行距離が4万㎞に差し掛かった頃から、極端にバッテリーが劣化し始めたのを感じた、という。

    EVの場合、バッテリーの劣化はすなわち航続(走行可能)距離の減少を意味する。あるEVが新車時には1回の充電で100㎞走れていたとすれば、
    バッテリーが20%劣化すると、80㎞しか走行できなくなる。

    リーフのインパネには、バッテリー残容量を示す目盛り(セグメント)が12個表示されている。だが加持さんのリーフは、
    走行距離が4万5000㎞を超えた時点でセグメントがひとつ消失してしまった。1セグメント消失すれば、バッテリー容量は10?15%減少していることになる。
    「5年間で10万km走行しても十分利用できる」どころか、たった1年2ヶ月、距離的にも10万㎞の半分も走っていない時点で、
    バッテリー残容量が85%になってしまったのだ。

    高速道路中心に週に4回リーフに乗り、1回の乗車で85~130㎞、月に2500?3000km走行していた加持さんが、
    その時点で、他の一般的なユーザーよりも走行距離が多かったのは間違いないだろう。

    だが、加持さんは自分の研究分野が重なることもあって、エコカーには元々精通しており、乗り方の点では、むしろ禁欲的といえるほどの
    EVドライバーだった。

    ここから、補償を求める加持さんと、グローバルでの莫大な補償額に怯え逃げ続ける日産側との、長く理不尽な交渉が始まった.....


    【電気自動車『リーフ』は“4年しか使えない”欠陥車だった!日産ファンだった購入者が告発】の続きを読む

    1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2015/07/31(金) 09:41:26.81 ID:YbQoD2JH0.net

    「あっ」てなるよね
    本人は片腕出して涼しい自分を演出してるけどさ、もうエアコン壊れてるのバレバレだよね。

    逆に10年以上前の外車で窓を閉めている車を見ると
    「エアコン含めきちんとメンテされているんだなぁ。お金かかるだろうによっぽど惚れ込んでいるんだろうな」と思う。


    【クソ暑い真夏に窓を開けて走っている外車を見ると】の続きを読む

    1: フライングニールキック(東京都)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 03:09:38.16 ID:zmidmevy0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

    国内で「ドライブスルー型」の葬儀システムが販売される。

    長野県の「竹原重建」が販売へ

    長野県上田市で建設業や産廃処理を行う「竹原重建」が、葬儀関連事業に参入するという。
    販売するのは、「ドライブスルー型の葬儀システム」や「生花などの共同購入システム」。
    今年5月に設立した葬儀場向けコンサルティング会社が葬儀会社などに提案した「ドライブスルー型葬儀システム」を竹原重建が建設する。

    葬儀会場に車で乗り入れ

    竹原重建が販売するドライブ型の葬儀システムは、「ドライブスルー&アテンドスタイルホール」という名称。
    葬儀会場の参列者の後ろに焼香台を設置し、車が通り抜けられるスペースを確保。
    焼香の様子はカメラで撮影されて遺影横のスクリーンに映し出されるので、誰が参列したかも分かる。
    価格は、1800万円と工事費。

    ドライブスルー葬儀の流れは?

    ドライブスルー葬儀に参列するドライバーは、まず自動受付機に名前などを入力。その後、車で葬儀会場に乗り入れて車に乗ったまま焼香を済ませる。
    焼香後は、ボタンを押してゲートを開き退場する。

    多忙な人や高齢者の取り込みを狙う

    車にのったまま葬儀に出られるシステムをつくることで、多忙な人や高齢者などが参列しやすい環境をつくるのが狙い。
    竹原重建には、すでに葬儀場から問い合わせが来ているという。

    以下ソース
    http://irorio.jp/nagasawamaki/20150731/249212/


    【ついに「ドライブスルー型葬儀場」が登場へ!車に乗ったまま焼香】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/31(金) 11:16:40.53 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/07/31/256907.html

    ダイハツ工業の別所則英上級執行役員は7月30日に都内で開いた決算会見で軽自動車市場について
    「4月からの軽自動車税の増税、エコカー減税の基準見直しにより軽市場の減衰は想定以上になっている。ダイハツ軽販売にも大きく影響した」と述べた。

    なかでも軽増税の影響に関しては「実は3600円上がることはそんなにたいしたことないと思っていた」と
    明かした上で、「だが地方の人たちはもっとシビア。(軽は)地方で極めて最低賃金で
    一所懸命働いている女性の足、それも大きな足。そうした人からすると3600円は決して小さくない。
    やはりちょっとみんなためらっているというのが今の状況」と説明した。

    4月から6月までの軽市場は前年同期に対し18%減の41万台だった。このうちダイハツは同20%減の12万8000台と全需を上回る落ち込みとなった。
    ただ別所上級執行役員は「数か月はやはり増税ショックはある。だが過去をみると、それが1年続くのかというと、
    そうでもなくて、今年もベアの実施やボーナスも上がり、秋口からぐっと上がってくるという見方はしている」とも話していた。


    ダイハツ純利益61%減 4~6月
    http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLZO8996518030072015DTB000
    ダイハツ工業が30日発表した2015年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比61%減の54億円だった。
    マレーシアなど海外事業は堅調に推移したものの、4月の軽自動車税の引き上げの影響が大きく、
    国内販売が落ち込んだ。新車の開発費用の増加も利益を押し下げた。


    【【自動車】ダイハツが大幅減益、上級執行役員「4月からの増税で軽市場の減衰は想定以上、3600円上がる事は大したこと無いと思っていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ