2015年08月

    1: @TwilightSparkle ★ 2015/08/30(日) 16:30:06.31 ID:hPXJ2oIG.net

    8月30日 16時10分

    自動車メーカーのスズキが、ドイツのフォルクスワーゲンとの資本業務提携の解消を求めて国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てていた問題で、スズキは国際仲裁裁判所がフォルクスワーゲンに対し、保有するスズキの株式を手放すよう命じる判断を示したと発表しました。
    この結果、両社の資本提携関係は解消されることになります。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150830/k10010209721000.html

    ◆2ちゃんねる運営からのお願い◆
    個人情報を含む未確定情報の文章やコピペを貼らないようお願いします


    【【自動車】 スズキ フォルクスワーゲンとの提携解消へ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/30(日) 18:30:39.767 ID:aZmDlfUVr.net

    手洗い洗車で使うスポンジやタオルは傷がつかないと思ってるのか

    大事なのは洗車機でも手洗いでもたまには車を磨いて、洗車でついた傷や走行中についた傷などを綺麗にすることだ


    【洗車機かけたら傷がつくと思って手洗い洗車するやつ】の続きを読む

    1: ランサルセ(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 02:49:25.98 ID:X12A1REy0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    パクリ文化の奥深さという点で中国と双璧をなす韓国の、とある企業がまたやってくれそうだ。その企業は韓国
    最大手の自動車メーカー、ヒュンダイ(現代)自動車。販売台数が低迷しているうえ、ウォン高による輸出採算の
    悪化で厳しい経営が続く同社が起死回生を狙って年内にも投入する新型車が、トヨタ自動車のベストセラー車
    「プリウス」と酷似していると話題になっているのだ。そもそもパクリ疑惑には事欠かない現代自だが、よりによって
    トヨタの代名詞的な存在のプリウスにまで触手を伸ばすとは…。日本車キラーとして急速に世界で販売を伸ばした
    勢いがすっかり消え失せた現代自動車の苦境を一層鮮明にしているともいえそうだ。

    「似すぎている…」

    そう専門家たちを騒然とさせているのが、今年に入り、自動車専門メディアで開発状況とその姿が何度か
    “スクープ”されている、その名も「プリウスハンター(通称)」。

    http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310002-n1.html
    上が現代自動車が開発を進めているハイブリッド専用車「プリウスハンター(通称)」(ユーチューブから)。
    下がトヨタ自動車「プリウス」。ネット上などでシルエットが似ていると話題になっている
    no title


    【プリウスにそっくりじゃね~か!韓国現代自動車がモロパクリ その名も「プリウスハンター(通称)」】の続きを読む

    1: クロイツラス(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 11:43:18.77 ID:HISqgQ5m0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    プラモデル「NISSAN スカイライン GT-R(R32) ニスモ カスタム」

    タミヤはプラモデル「NISSAN スカイライン GT-R(R32) ニスモ カスタム」を8月29日に発売する。
    価格は2,700円(税込)。

    「NISSAN スカイライン GT-R(R32) ニスモ カスタム」は、1980年代の当時の最新技術を結集し、
    一般の市販車に改造を施した「グループAレース」で勝つために開発された。280馬力を発揮する
    2.6リッター直列6気筒DOHC24バルブツインターボエンジンを搭載し、「ATTESA E-TS」と呼ばれる
    トルクスプリット4WDシステムや電子制御四輪操舵機構「Super HICAS」などを採用し、高性能な
    走りを実現し注目を集めた。

    プラモデルはこの車を忠実に再現。ニスモ製の5本スポークホイールをはじめボンネット先端のフード
    トップモール、トランクリッドのスポイラー、リヤフェンダー下部の大型マッドガードなど実車の特徴を
    きちんと押さえている。排気管やマフラー、マフラーエンド、ターボ用インレットパイプはメッキパーツ。
    NISSANやGT-Rのエンブレム、ミラー面などはメタルインレットマーク。さらにタイヤは質感あるソリッド
    ゴム製で、素材にこだわり実車の質感を表現している。

    http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150829_718538.html
    no title

    no title

    no title



    ※昔のガンメタの奴は30年くらい前に作った~ 👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


    【【スカイライン】R32ってそろそろ旧車の領域だよね、ハコスカとかケンメリとかジャパンみたいにさ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/29(土) 09:53:11.39 ID:???.net

    http://www.asahi.com/articles/ASH8X5GB6H8XOIPE00Z.html

    トヨタ自動車グループが今年1~7月に世界で販売した新車台数が、独フォルクスワーゲン(VW)グループを上回り、
    世界首位に立った。1~6月ではトヨタが上半期として4年ぶりに首位を譲っていたが、7月は中国の景気後退の影響で
    VWの販売が大きく落ち込んだ結果、再逆転した。

     トヨタは28日、グループ(ダイハツ工業、日野自動車含む)の1~7月の世界販売台数が、
    前年同期比1・5%減の586万5千台だったと発表。公表済みのVWグループの約583万台(前年同期比1・0%減)を約3万台上回った。

     上半期ではVWがトヨタに2万台の差をつけ、初の世界首位に立っていた。だが、7月はトヨタがVWを約5万台上回り、
    この差をひっくり返した。VWは、トップシェアを握る世界最大市場の中国で、販売が前年同月より約10万台(約5%)も減少。一方、トヨタは販売を大きく伸ばした。

     明暗が分かれた両社だが、トヨタは8月に、天津市の爆発事故の影響で同市内の主力工場が一時停止を余儀なくされた。
    トヨタは2014年まで3年連続で世界一だったが、15年にどちらが首位になるかは、依然予断を許さない状況だ。(友田雄大)


    【【自動車】トヨタ世界販売、再び首位 VW上回る 15年1~7月】の続きを読む

    1: ミラノ作 どどんスズスロウン(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/25(火) 11:37:03.83 ID:sDim6n5Z0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    ええっ? GT-Rが! GT-Rがぁあああああ!!
    飛行場を使ったゼロヨン(ドラッグレース)のイベント。向こう側のレーンは、世界トップクラスのゼロスタート
    性能をほこる、われらがニッサンGT-Rです。
    そして手前のレーンは……なにコイツ? ミニともちょっとちがうし、タイヤを見ると後輪駆動? 
    スタート位置につく前の動きを見ると、なかなかやりそうですが、さすがにGT-Rの敵じゃないでしょ。
    ところが、このスモールカー、並大抵ではありませんでした。ウイリーバーを装着しているところからも
    タダモノじゃないことはわかりますが、リヤをしずめてトラクションをかけると、見事なロケットスタート! 
    そしてなんと……。
    このクルマ、トラバントという車種です。東西冷戦時代に東ドイツで作られていたクルマで、
    ベルリンの壁崩壊直後に西側にもよく知られるようになり、「ボディが紙でできている」なんて話題になった
    クルマなので、ご存じの方もいるかもしれません。
    ただし、この車両の場合は、3.0Lのターボエンジンに載せ換えられ、後輪駆動に改造されているようなので、
    中身は別モノといえます。

    http://clicccar.com/2014/04/11/251762/


    Nissan GTR R35 580HP vs. Trabant Turbo 3.0T - 1/4 Mile - Race at Airport
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P3GjnRYJmNM



    【GTRをゼロヨンでチョロまかした このミニカーの正体は【動画】】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/26(水) 14:34:39.57 ID:???.net

    http://autoc-one.jp/news/2318682/
    スズキは、小型乗用車「ソリオ」、「ソリオ バンディット」を全面改良し、8月26日より発売開始した。
    no title

    「ソリオ」、「ソリオ バンディット」は、街中での取り回しに優れたコンパクトなボディーに、
    広い室内空間を備えたパッケージングをはじめ、使い勝手の良い後席両側スライドドアや優れた燃費性能などを特長とするコンパクトハイトワゴンである。
    今回の全面改良では、軽量で高剛性の新開発プラットフォームを小型乗用車に初めて採用。コンパクトなボディーサイズはそのままに、室内空間を大幅に拡大した。

    さらに、燃費を向上させながら低回転域でのトルクを高めた新開発のK12C型デュアルジェットエンジンとマイルドハイブリッドの搭載に加え
    徹底した軽量化の取り組みにより100kgの軽量化を達成し、クラストップの低燃費27.8km/Lと力強い走りを両立した。

    乗降性を高めた後席両側スライドドアや利便性が向上したリアシートをはじめ、広い荷室と豊富な収納スペース、
    全方位モニター付メモリーナビゲーションの設定など、使い勝手や快適性も向上させている。

    また、デュアルカメラブレーキサポートをはじめとする先進の安全技術を搭載して安全装備を充実させるなど、
    「取り回しやすさと広さ」、「燃費性能と走り」、「使い勝手と快適性」、「安全性能」を追求し、さらに進化したコンパクトハイトワゴンとした。

    消費税込み価格は「ソリオ」が1,454,760円~1,967,760円、「ソリオ バンディット」が1,825,200円~1,951,560円としている。


    【【クルマ】スズキ、ハイブリッド搭載の小型乗用車「ソリオ」を発売 燃費を1割改善 先進安全装備も搭載】の続きを読む

    1: キングコングニードロップ(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 08:14:42.10 ID:yTbZY7Mh0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    日本初のディーゼルハイブリッドはベンツから登場! 価格は998万円から
    メルセデス・ベンツが、日本初のクリーンディーゼルハイブリッド乗用車「S 300 h」を発表しました。

    2.2リッター4気筒のBlueTECクリーンディーゼルエンジン(204馬力)に、 電気モーター(27馬力)を組み合わせた
    ハイブリッドシステムを搭載するS 300 hのJC08モード燃費性能は20.7km/L(ロングボディは19.5km/L)となっています。

    また、メルセデス・ベンツSクラスには、すでに2種類のV6ガソリンエンジン・ハイブリッドもラインナップされていますから、
    同一のボディで3種類のハイブリッドパワートレインを持つクルマということにもなりました。

    ディーゼルエンジン単体でも500Nmの最大トルクを誇りますが、さらに250Nmものトルクを発生する電気モーターと
    ハイブリッドしたことで、V8エンジン搭載車にも匹敵するパフォーマンスを示すといいます。さらに、モーターだけで
    発進できるためにSクラスに求められる静粛性も期待できるというのが、クリーンディーゼル・ハイブリッドのアドバンテージです。

    もちろん、装備面でもSクラスらしいものとなっています。
    クルマの周囲を多数のセンサーで検知することにより部分的な自動運転さえ実現している先進安全運転支援システム
    「レーダーセーフティパッケージ」は標準装備されています。

    そのほか、後席に安全性を高める「リアセーフティパッケージ」や、快適なドライブを約束する「ホットストーンマッサージ機能」など
    豊富なオプションも用意されているということです。
    ●グレード構成とメーカー希望小売価格
    S 300 h 998万円
    S 300 hエクスクルーシブ 1270万円
    S 300 hロング 1340万円
    いずれもハンドル位置は右となっています。
    no title

    no title

    no title



    【ベンツが日本初のディーゼルハイブリット車「S 300 h」を発表 998万円から】の続きを読む

    1: ムーンサルトプレス(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 10:36:52.20 ID:WQUfgj+Y0.net BE:809145981-BRZ(10000)

    トヨタ 新型 プリウスの姿を初めて確認!! 公開は9月8日か??
    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/6190
    no title


    9月8日にラスベガスでお披露目されると噂されているトヨタ 新型 プリウスの姿が初めて捉えられた。
    フロントのデザインはこれからのトヨタを想像させる顔つきとなっている。

    搭載されるハイブリッドシステム「THSⅢ」はモーターを現行型からの小型化や出力性能の向上、
    先進バッテリー技術の導入するなどしてコンパクトなパッ ケージで軽量化を実現、1.8Lのエンジンも
    燃焼効率の向上がされているだろう。さらにトピックとして挙げられるのは新開発のプラットフォーム
    TNGAが採用されることだ。燃費は40㎞/Lを目標として開発されているようで、現行型の32.6㎞/Lから
    燃費が大幅に向上するとみられている。この数値は現在最高峰の燃費を誇る「スズキ アルト」や
    「トヨタ アクア」の37㎞/Lを上回る数値だ。

    no title

    no title

    no title


    【トヨタの新型プリウスのデザインが判明!! お前ら的にこれはカッコイイの??】の続きを読む

    1: バックドロップホールド(秋田県)@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 20:55:21.03 ID:uqRiISCQ0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典

    おもいやりライト運動事務局は、「11.10(いい 点灯)」の日と定めた11月10日、夕方4時にヘッドライトを点灯するドライバーを増やすための施策「トライライト4」を
    実践するチャレンジャーを全国より募集する。

    同事務局は、交通事故削減を目指し、ヘッドライト早期点灯の呼び掛けや「見えやすさ・見られやすさ」を認識してもらうことを目的とした情報発信を、年間を通して継続的に行っている。

    今回は、ヘッドライト早期点灯を行う「トライライト4」チャレンジャーを広く全国から募集。夕暮れ時のヘッドライト点灯車両を増やし、歩行者や自転車の人にも車の接近をわかりやすくすることで、安全な街を作り出すことに挑戦する。

    また9月19日には、「夕方安全創造サロン」をYCCヨコハマ創造都市センターで開催。イベントでは、「交通安全のリデザイン」をテーマに、コピーライターの並河進さんと、カーライフ・エッセイストの
    吉田由美さんによるクロストークも行い、参加者とともに、未来の交通安全のクリエイティブについてアイデアを出し合う。

    http://response.jp/article/2015/08/26/258713.html


    【自動車のオートライトの技術って昔から確立してるのに何で流行しないんだろ?】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/08/27(木) 22:49:58.08 ID:???.net

    本田技研工業は、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」をマイナーチェンジして10月19日に発売する。
    価格は、270万円~292万200円。

    今回のマイナーチェンジでは、タイプ構成をαとα・Master labelの2種に変更。
    フロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、サイドシルガーニッシュのデザイン変更や、
    電子制御パーキングブレーキ、「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」などを採用するなど
    内外装を刷新している。

    また、走行性能の向上ため、リアトレッドを10mm拡大したほか、サスペンションのダンパー減衰力やバネレートを見直し。
    ブレーキディスクサイズを15インチにするとともに、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大することで、
    ブレーキ性能を向上したという。

    「シティブレーキアクティブシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」と
    「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」を設定し、
    αにメーカーオプション設定、α・Master labelに標準装備している。

    【この記事に関する別の画像を見る】
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150827_718166.html


    【【自動車】ホンダ、ハイブリッドスポーツ「CR-Z」をマイナーチェンジ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/27(木) 09:55:23.49 ID:???.net

    http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082701000769.html
    【ニューヨーク共同】ボタンを押してエンジンを始動または停止する自動車をめぐり、運転手が停止操作を忘れた場合、
    車庫などの閉鎖空間に一酸化炭素(CO)が充満して死傷事故を引き起こす恐れがあるとして、
    所有者らが26日、日米欧と韓国の自動車メーカーに損害賠償などを求める訴訟を米西部ロサンゼルスの連邦地裁に起こした。

     トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなどを相手取っており、少なくとも計13人が関連事故で亡くなったとしている。
    米国の同じ境遇の人を全て原告とする集団代表訴訟として扱うように求めた。


    【【米国】車の所有者らがトヨタなどを提訴、プッシュボタンでエンジン始動する車はエンジン停止を忘れるリスクがある】の続きを読む

    このページのトップヘ