2015年07月

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/26(日) 22:51:34.34 ID:???.net

    https://newswitch.jp/p/1487
    no title

    独BMWの話題の電気自動車(EV)「i3」をめぐり、米アップルが密かに進めている
    EVプロジェクトのベース車にするべくBMWと交渉中だと、独マネジャー・マガツィーン誌が25日に報じた。

    ただ、i3は1回の充電で80マイル(約130km)しか走れないこともあり、
    アップルがこのEVをベース車に採用したとしても、「アップルならではの革新的な製品に仕上げるのはかなり大変だろう」
    (アップル専門ニュースサイトの9to5Mac)と報道内容を疑問視する見方もある。

     マネジャー・マガツィーンによれば、ティム・クックCEOはじめアップルの幹部が最近、
    独ライプチヒにあるBMWの工場で同社幹部と会談を持ち、i3の炭素繊維製のボディーに関心を寄せたとされる。
    両社の交渉は2014年秋から始まったものの、まだ合意には至っていないという。

     アップルの自動車参入プロジェクトが明らかになったのは、今年初めのこと。
    「タイタン」のコードネームのもと、EVを開発中というニュースが世界を駆け巡った。
    WSJは、元フォード・モーター幹部のスティーブ・ザデスキー製品デザイン副社長がプロジェクトを率い、
    今年初めの段階で数百人の社員がかかわっていると報じた。

     一方で、EV専業のテスラモーターズやバッテリーメーカーのA123システムズなどから、
    アップルによるエンジニアの大量引き抜きが表面化し、テスラとは関係が悪化。
    さらにA123による訴訟にまで発展した(5月に和解)。
    FTによれば、アップルはダイムラーのメルセデスベンツ研究開発部門のトップもスカウトしたという。


    【【IT】Apple、BMWの電気自動車「i3」をベース車として提携交渉】の続きを読む

    1: バーニングハンマー(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 17:45:58.19 ID:ldGj4pY50.net BE:809145981-BRZ(10000)

    マツダが神過ぎる!! 新型ロードスターを納車直後に追突された夫妻の元へ新たなロードスターをプレゼント
    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/5883

    no title


    北米マツダのディーラーがした粋なはからいが話題となっている。

    画像を見ればわかる通り新型ロードスターが無残なことになってしまっている。オーナーである夫妻は今月18日の土曜日に
    このロードスターを納車しているのだが、ディーラーから出て僅か1.6㎞ほどの場所で追突されてしまったというのだ。
    事故によりフレーム部分が歪んでしまい直すことはかなり難しい状況だそう。


    しかしそれを見かねた北米マツダはその夫妻の元へ新たなロードスターを送ったのだ。このマツダのイカした対応は
    結果としてこの夫妻のみならず多くの人を笑顔にしそうだ。

    no title

    no title


    【マツダがロードスターを納車直後に追突された夫妻の元へ新たなロードスターを送る神対応】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/23(木) 13:59:00.09 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/07/23/256187.html

    米国の民間調査会社、JDパワー社は7月22日、「2015年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」
    の結果を公表した。ブランド別の満足度ランキングでは、ポルシェが11年連続で第1位となった。

    この調査は今年で20回目。2015年モデルの新車を購入した顧客を対象に、新車購入から90日が経過した時点で、
    愛車の魅力について質問している。質問項目は、性能、デザイン、装備など。調査は2015年2-5月にアンケート方式で行い、8万4000人以上から回答を得た。

    調査は1000点満点で、ポイントの多い順にランキング。ブランド別の結果(業界平均値以上)は、以下の通り。

    1. ポルシェ(874点)
    2. ジャガー(855点)
    3. BMW(854点)
    4. メルセデスベンツ(853点)
    5. アウディ(852点)
    6. ランドローバー(843点)
    7. リンカーン(842点)
    8. キャデラック(838点)
    9. インフィニティ(835点)
    10. レクサス(831点)
    11. MINI/ボルボ(825点)※同率
    12. アキュラ(810点)
    13. ヒュンダイ(809点)
    14. フォルクスワーゲン(806点)
    15. GMC(804点)
    16. ラム(803点)
    17. ビュイック(801点)
    18. フォード/キア(798点)※同率

    業界平均値は798点

    ポルシェは11年連続の第1位。前回調査に対して、得点は8ポイント後退したものの、874点と2位に19ポイントもの差をつけた。
    ポルシェは部門別でも、コンパクトプレミアムスポーティカー部門で『ケイマン』、コンパクトプレミアムSUV部門で『マカン』、
    ミッドサイズプレミアムSUV部門で『カイエン』が、それぞれ第1位に選出されており、高い魅力度が評価を受けた。

    また、ジャガーは前回同様の2位。BMWは前回5位から3位へ、メルセデスベンツは前回7位から4位へ上昇。一方、レクサスは、前回6位から10位へ後退している


    【【調査】ポルシェ が11年連続第1位、2015年米国自動車商品魅力度ブランド別調査】の続きを読む

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(東日本)@\(^o^)/ 2015/07/23(木) 03:01:21.41 ID:+cTJeHEH0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    ホンダが2015年内の発売を予定している新型『NSX』。米国では、同車が販売店を巡る周遊ツアーが始まった。
    これはホンダの高級車ブランド、アキュラが明らかにしたもの。「Acura NSX On Tour」を開始した、
    と発表している。

    新型NSXは、先代モデルと同じく、米国ではアキュラブランドから発売される。Acura NSX On Tourは、
    新型NSXの初の量産車2台が、米国の主要アキュラ販売店を周遊するツアー。

    その目的は、最終量産車を使用して、リアルワールドでのデータを収集すること。加速性能やハンドリング、
    NVH性能などを、ホンダのオハイオ工場の開発エンジニアが確認する。

    また、新型NSXの購入見込み客をはじめ、購入検討者や一般の顧客に、幅広く新型NSXの魅力を
    アピールする狙いもある。各販売店では、実車に触れる機会が設けられている。

    http://response.jp/article/2015/07/21/256078.html
    no title

    no title

    no title


    【ホンダ NSX 新型 量産車を初公開】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2015/07/23(木) 17:53:04.39 ID:???*.net

    自動車大手クライスラーの4輪駆動車「ジープ・チェロキー」がインターネット経由で遠隔操作
    される恐れがあることが分かり、同社はこの問題を修正するためソフトウエアの更新プログラムを
    緊急リリースした。

    更新プログラムは車をディーラーに持ち込んでインストールしてもらう方法と、USBメモリーに
    ダウンロードして車に差し込み自分でインストールする方法がある。

    クライスラーによれば、今回の更新プログラムで修正する前のセキュリティー環境では、持ち主の
    知らないうちに他人が車外から車を遠隔操作できてしまう恐れがあるという。「スマートフォンや
    タブレットと同様に、車のソフトウエアもセキュリティー対策を強化するため更新が必要なこともある」と
    同社は説明している。

    今回の事態は、インターネットに接続された「スマートカー」の憂慮すべき未来の一端を垣間見せている。
    車がパソコンやスマートフォンやアプリと同じだとすると、いずれ車に対しても更新プログラムが
    頻繁に配信されるようになるかもしれない。

    自動車メーカーが強制措置を取らない限りは更新プログラムを無視することもできる。ただし更新
    プログラムをインストールしないまま2014年モデルのジープ・チェロキーを運転すれば、車が
    ハッキングされ、道路を走行中に突然ブレーキが効かなくなることもあり得る。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/business/35067780.html


    【【社会】クライスラー車「チェロキー」に遠隔操作の恐れ、更新プログラム配信】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/07/23(木) 17:06:30.97 ID:???*.net

    時事通信 7月23日(木)17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000089-jij-bus_all
     ボルボ・カー・ジャパン(東京)は23日、クリーンディーゼルエンジンを搭載した主力車「V40」など5車種を発売した。
    ボルボ製ディーゼル車の国内発売は1983年以来32年ぶり。ディーゼル車は、燃費の良さなどが再評価され、
    海外メーカーを中心に販売を強化する動きが目立っている。
     ボルボが発表したディーゼル車は、自社開発のクリーンディーゼル「D4」エンジンを搭載。力強い走行を実現し、
    有害物質の発生を抑えた。木村隆之社長は発表会で「これから日本のボルボはディーゼル車が主力になる」と語った。
     ディーゼル車は、大気汚染につながる有害物質を排出するとされ、2000年以降、環境規制の強化とともに急減した。
    しかし有害物質を除去する技術が向上。ガソリン車と比べ、二酸化炭素排出量が少なく、燃費効率が良いほか、
    燃料の軽油がガソリンより安いことなども理由となり、再び注目を集めている。
     海外メーカーでは独メルセデス・ベンツが今年、ディーゼル車を昨年までの5車種から11車種に拡充。
    今年後半には主力車「Cクラス」でも発売予定だ。独BMWは海外メーカーとしては最多の12車種を投入。
    日本市場でディーゼル車を販売していない独フォルクス・ワーゲンも来年には中型車「パサート」で搭載車を発売する。


    【【自動車】海外勢がディーゼル車強化=ボルボ、日本で32年ぶり発売】の続きを読む

    1: 膝十字固め(東京都)@\(^o^)/ 2015/07/21(火) 20:50:56.26 ID:W/ubBR2h0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

    過去最高の販売台数を記録し絶好調のメルセデス・ベンツ

     日本自動車輸入組合が発表した2015年上半期(1~6月)のブランド別輸入車新規登録台数によると、
    メルセデス・ベンツの2015年上半期新規登録台数は、前年比19.1%増の3万2680台となり過去最高を更新。
    2002年の統計開始以降初めてフォルクスワーゲンを上回り、輸入車メーカーでトップとなった。

     とくにCクラスは前年比114.9%増と引き続き好調となった。Cクラスは1982年に「190クラス」として登場以来
    世界で累計1,000万台以上販売した中核モデルである。2014~2015の輸入車カーオブザイヤーや欧州の
    安全テスト「ユーロNCAP」や「2015ワールドカーオブザイヤー」など、国内外で数多くの最高賞を獲得したことは、
    台数増に大きな貢献となった。

     高額車のラインナップが多いメルセデス・ベンツだが、それは良い傾向のようだ。その理由は、日本では
    輸入車の販売価格帯におけるシェアが上がってきているからだ。2003年では199万円までの低価格帯が19.4%、
    900万円以上が5.0%だったが、2014年では、199万円までが5.1%に下がり、900万円以上が7.1%まで上がっている。
    とくに1,000~1,999万円までの価格帯は、2013年の4.0%から2014年には4.9%となり、高価格帯のクルマの方が
    売れやすい状況であるといえるだろう。

     なかでもメルセデス・ベンツには、質の高いデザイン性、先進の環境技術、高い安全性能というイメージが
    既に刷り込まれているうえ、実際の評価も高いことから、高価格なクルマが開発されれば売れ行きは上昇
    していくはずだ。メルセデス・ベンツは、とくに日本人にとって圧倒的なブランド力を持つメーカーなのである。

     なぜ、こんなにもメルセデス・ベンツは人々の心を捉えて離さないのだろうか。

    以下ソース
    http://zuuonline.com/archives/73197


    【なぜメルセデス・ベンツは輸入車販売「首位」を獲得できたのか】の続きを読む

    1: 腕ひしぎ十字固め(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:37:19.55 ID:D85GtARv0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典

    清水草一(S660納車待ち)×渡辺敏史(ロードスター商談だけ)両氏による恒例の自動車放談は、
    今回で11回目。愛すべきクルマバカの2人が“ちょい飲み”絶好調の日高屋で、上半期の自動車業界を振り返り、
    下半期に思いをはせる。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150719-00889583-sspa-soci


    【【衝撃】S660とロードスターがあれば、これより速いクルマも高いクルマも不要なことが判明!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ