2015年04月

    1: セントーン(芋)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 07:48:42.76 ID:xJdkF9e+0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    BMWは22日、BMW 7シリーズの新車からリモコンキーを使った自動車庫入れ/駐車機能を搭載することを発表した。

    この機能は、BMWが開発を行ってきた自律走行技術をベースにしたもので、道路交通法規の規制を受けない私有地内での現実的応用として、車庫入れ/駐車機能の搭載が決まったものとなる。

    車庫入れ/駐車機能を使用する場合には、運転手は専用の「BMW Display Key」を使って外部から車をコントロールすることができるようになっている。

    また、この車庫入れ/駐車機能を使用した場合、運転手は自動車を降りてから自動車を車庫に入れることができるため、ドアを開ける
    スペースがないような非常に狭い車庫にでも車を入れることができるようになるとのBMWでは説明している。

    BMW 7シリーズには、この他にも前方・後方衝突防止機能なども搭載されており、運転手がBMW Display Keyで誤った指示を行ったとしても、
    もちろん、自動車が車庫の壁や駐車場内に停めてある他の車に衝突してしまったりすることはない。

    この他、BMW 7シリーズにはジェスチャーコマンドのサポートや、カーボンファイバーによる強化プラスチック製車体の採用による軽量化など、
    様々な次世代のテクノロジーがサポートされることになる見通し。
    https://youtu.be/mFlMcOfO68M


    https://youtu.be/0tmCLZOM8kw


    http://www.businessnewsline.com/news/201504250508310000.html


    【BMW: BMW 7シリーズの新車から自動車庫入れ/駐車機能を搭載へ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/29(水) 09:47:48.504 ID:iRpGoPcm0.net

    フェラーリとかポルシェみたいなオンリーワンでもなければ
    頭を抜いて安全性が高いとか価格が安いとかないじゃん

    日本メーカーなら性能は似たようなものだし
    世界でトップセールスを誇る理由ってなんなの?


    【トヨタ車が売れる理由ってなんなの?】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 11:59:09.48 ID:hK0Gjr1P0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典

    試乗希望殺到! ホンダ「S660」のうれしい誤算

    ■今注文しても納車は来年に

     「これほど試乗希望者が多いと思いませんでした。特に土日は事前に予約をいただかないと、試乗することは難しくなっています。
    平日でも数時間待っていただくことがあります。こんなことは今まで経験したことがありません」

     こう話すのは都内のホンダカーズ関係者だ。ホンダは4月2日、軽自動車のスポーツカー「S660」を発売、その試乗目当てに毎日多くのお客がやってくるそうだ。
    そして、見せてくれたスケジュール表には30分ごとに区切られたマス目にびっしりと試乗希望者の名前が書かれていた。そのため、クルマを見るのにも予約が必要な状態で、
    筆者が平日に訪れたときには「4時間後ならクルマをじっくり見ることができる」とのことだった。

     ホンダの全販売店がそんな状況かというと、そうではない。実はS660は生産台数が1日40台と少ないため、一部の販売店にしか配車されていないのだ。
    それも1台だけ。そのため、S660がある販売店に試乗希望者が殺到し、クルマをなかなか見ることさえできなくなっているわけだ。

     もちろん受注も好調だ。発売前の事前受注で3000台に達し、発売後はさらに加速しているそうで、「今注文しても、年内に納車するのは難しい状況で、
    お客様には来年になると説明しています」と前出のホンダカーズ関係者は話す。

     その“S660効果”は置いていない販売店にも出ており、発売前よりは訪れるお客の数が増えているという。そして、店員の一人は「これからなんとか盛り返していきたい」と話し、
    ホンダらしいS660の出現に喜んでいた。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150425-00015127-president-bus_all


    【ホンダ「S660」に試乗希望者が殺到!!!!!!! ←買えよwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/04/28(火)10:16:13 ID:IUB

    富士重が先行、トヨタや日産も…自動ブレーキ車
    2015年04月28日 09時22分

     車に自動ブレーキを搭載する動きが広がってきた。

     富士重工業が先行してきたが、日産自動車も今秋までに、国内発売の
    主なモデルで標準装備にすると発表。トヨタ自動車は主力の「カローラ」
    で搭載を始めた。高齢者を中心に要望が多く、消費増税後に冷え込む
    新車市場の活性化策として、安全技術に期待が集まる。

    (中略)

     自動ブレーキが有名になったのは、5年ほど前。富士重工が主力の
    「レガシィ」に現在の「アイサイト」を搭載した。人間の目と同じように
    二つのカメラが、前を走る自動車をとらえ、衝突しそうになったら
    自動でブレーキが働く仕組みだ。

     アイサイトを搭載したモデルの国内販売台数は累計で30万台を超え、
    14年度に国内で発売した乗用車の約8割に搭載された。


    ※全文は読売新聞でご覧下さい。
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150428-OYT1T50020.html?from=ytop_main5


    【【自動車】自動ブレーキを搭載する動き広がる…富士重が先行、トヨタや日産も】の続きを読む

    1: 男色ドライバー(秋田県)@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 17:17:45.93 ID:NYUf3Et/0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典

    高速道路会社6社は28日、インターチェンジ(IC)などでの車の逆走防止を拡充する対策を発表した。側道から高速本線に合流する部分での
    Uターンを防ぐため、ゴム製ポールを全国34カ所のICなどに追加設置することが柱。一般道から高速道に入る部分の路面を目立つ色に塗り替える「カラー舗装」も進める。

     警察庁と高速6社によると、11~14年に確認された逆走は計739件。約半数がIC・ジャンクションでの誤進入や、行き先間違いによるUターンが原因だった。
    65歳以上の高齢者が全体の69%を占めた。

    http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015042801001740.html


    【高速道路の追い越し車線と走行車線絶対理解してない奴居るよな。ああ言うの躊躇せず逮捕しろよ。】の続きを読む

    1: とらねこ◆EDwr815iMY 2015/04/26(日)18:57:27 ID:K8c

    Autoblog Japan
    クルマの中で聴くのは、今でもラジオが一番?

    今日のドライバーにとって、車内エンターテイメントの選択肢は実に豊富だ。
    音楽を聴こうと思ったらスマートフォンをつないだり、最新式のインフォテインメント・システムならタッチするだけでネットワークを通して世界中の様々な音楽が聴ける。
    自動車メーカーがこのような最先端技術を売りにしている一方で、多くの消費者は最新式システムを使いこなすのに苦労しているようだ。
    実際に米国では、これだけ技術が進歩しているにも関わらず、ドライブ中に聴くのは昔ながらのAM/FMラジオが最も多く、CDの利用も驚くほど高いという。
    数年前に車内でラジオを聞く時代は終わったと思われていたが、市場調査会社のIpsosが今年、米国で実施した2度の調査では、ドライバーが今でもラジオの聴取を続けていることが分かった。
    調査対象となったドライバーの84%が車内でAM/FMラジオを聞いており、62%が少なくとも1日に1度はラジオをつけるという。また、67%のドライバーが運転中に主に利用するオーディオ・システムはラジオだと回答している。

    さらに意外なのは、音楽のストリーミング・サービスが普及してきているにも関わらず、いまだにCDの人気がかなり高いことだ。
    調査によると、64%のドライバーが車内でCDを聞いており、平均して10.5枚のCDをクルマに置いているとのこと。どうやら、長い間親しまれてきた音楽ソースは、もうしばらく車内で利用されそうだ。
    (以下略)

    詳細のソース
    http://jp.autoblog.com/2015/04/26/am-fm-radio-still-popular-cars-study/


    【【話題】クルマの中で聴くのは、今でもラジオが一番?】の続きを読む

    1: 雪崩式ブレーンバスター(秋田県)@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 21:51:51.41 ID:5ibP0dol0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典

     マツダは、5月20日に開催する新型「ロードスター」の発売記念イベント「Be a driver. Celebration」の参加者を募集している。

     会場は「東京都中央区エリア」とされており、詳細は当選者に別途通知される。参加無料で150組300人を募集しており、応募の受付はイベントの紹介Webサイト(http://www2.mazda.co.jp/beadriver/celebration/)で
    5月20日12時まで行われている。

     イベント当日は、新型ロードスターをはじめ、「SKYACTIV(スカイアクティブ)」「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用するマツダの新世代商品「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」「デミオ」「CX-3」も一堂に展示。
    新しいロードスターの誕生を支えてくれたファンに感謝の気持ちを伝えるべく、各モデルの開発主査やチーフデザイナーなどの開発メンバーが参加。「たくさんのクルマ好きの方々と、クルマの楽しさについて語り合いたい」とのこと。
    イベント概要

    イベント名:Be a driver. Celebration
    日程:2015年5月20日
    時間:19時30分~21時(19時受付開始)
    会場:東京都中央区エリア(詳細は参加者に別途通知)
    参加費:無料
    募集期間:4月24日12時~5月20日12時
    募集人数:150組300人(応募多数の場合は抽選)

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150424_699586.html
    no title


    【マツダ・ロードスター、新型車イベントを開催】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/25(土) 22:45:33.404 ID:TAJbdmay0.net

    新型ステップワゴン
    no title

    no title



    見てほら、後ろのドアが縦でも横でも開けられる すごい
    no title

    no title

    no title


    【【HONDA】 ホンダの新型車が超革命的だと話題に!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/04/24(金) 21:46:24.54 ID:???.net

    調査会社の米J.D. Power and Associates社は2015年4月22日、米国の消費者が次に購入するクルマに
    期待している技術を調査した「2015 U.S. Tech Choice Study」を発表した。
    最も望まれている技術は、死角にいる他車や歩行者などを検知し、衝突を予防する技術だった。

     次にナイトビジョン、機能強化した衝突軽減システムが続き、衝突安全分野の技術がトップ3を占めた。
    トップ5には運転支援システム分野のリアビューカメラ、快適性および利便性分野の自己修復塗料が入った。

    衝突安全技術はすべての世代で関心が高い技術となっている。新しい技術を搭載したクルマを購入するかどうかの
    判断要素は、全ての世代で「価格」が最も重要としており、価格の重要度は25.2%を占める。

    新車販売数の27.7%を占めるYジェネレーション(1980年以降に生まれたポスト団塊世代)は他の世代より
    新技術の搭載に積極的である。Yジェネレーションが新技術に費やす平均金額は3703ドルで、
    世代が上がるにつれて金額は下がる。またYおよびXジェネレーション(1965年以降に生まれたポスト団塊世代)は
    新技術の中でも自動運転につながる技術の優先度が高いが、高齢世代では低い。

     車両価格帯別に望まれる技術をみると、死角検出・予防システムはすべての車両価格帯で高い優先度を持つ。
    一方、後退時の自動ブレーキは車両価格が高くなるにつれ優先度が低くなる傾向が見られた。

     健康に関するシステム、ハンドジェスチャー認識機能、ドライバーの生体センサー、タッチスクリーンなどの技術は優先度が低い。
    さらに、エネルギー効率分野の太陽光発電ルーフ、通気口のアクティブシャッターはほとんど関心がない。
    現時点では比較的燃料価格が低く、メーカーがパワートレーンなどでエネルギー効率を改善する努力をしているため、
    消費者は車両購入価格が高くなる技術に対して熱心にならないという。

     そのほか、スマートフォンとの接続サービスは、全ての世代で優先度が低い。米Apple社の「CarPlay」と
    米Google社の「Android Auto」のどちらを選ぶかは、所有するスマートフォンに依存する。
    また、高級車の購入者はApple社の「iOS」デバイスを所有する傾向があるため、「CarPlay」の優先度が高くなる。
    大衆車では「iOS」デバイスと「Android」デバイスの所有者は半々であり、大衆車ブランドでは両方の
    オペレーティングシステムを提供することが重要だとしている。

    no title

    no title

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20150424/1063982/


    【【自動車】「次に買うクルマに一番欲しい技術は?」、米国ドライバーのニーズを調査】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りしま 2015/04/22(水) 22:28:42.867 ID:dBoVywwj0.net

    no title

    no title

    no title

    絶対さがってる方がかっこいいだろ…
    鬼キャンがダサいって感覚は分かるが
    フェンダースカスカのノーマルがかっこいいって言う感覚が分からん…


    【車オタ「車はノーマルが一番かっこいい」俺「ナイナイ」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/04/23(木) 14:04:46.30 ID:???.net

    http://www.asahi.com/articles/ASH4R33XWH4ROIPE002.html
    2014年度のグループ世界販売台数で、独フォルクスワーゲン(VW)がこれまで首位だったトヨタ自動車を上回った。
    年度ベースでVWが世界首位に立つのは初めて。13年度はトヨタが27万台多かったが、
    中国を中心に積極投資するVWが一気に抜き去った。
     トヨタが23日午後に発表した14年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車含む)は
    前年度比0・3%増の1016万8千台だった。VWは、公表済みの速報値をもとに計算すると前年度比約3%増の1019万台程度で、
    トヨタはこれに及ばなかった。
     13年度は、トヨタの1013万台に対し、VWは986万台にとどまっていた。14年暦年でも、トヨタが9万台上回っていたが、
    14年度は、消費増税前の駆け込みによる14年1~3月の国内での販売急増分が含まれなくなった
    ことなどで販売全体も伸びず、VWに逆転されることになった。
     トヨタは拡大路線が裏目に出て08年のリーマン・ショック後に大赤字に陥った反省から、
    このところ工場新設など販売増につながる投資を抑制。一方、VWは、トップシェアを握る世界最大市場の中国で、
    13年8~10月だけで三つの新工場(年産能力計65万台)を稼働させており、大幅に販売台数を積み増した。(高橋諒子)


    【【自動車】VW、世界販売台数トップに トヨタを抜き去る】の続きを読む

    このページのトップヘ