2015年01月

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/04(日) 14:30:20.94 ID:???.net

    http://www.chukei-news.co.jp/news/201501/03/articles_24302.php

     トヨタ自動車は、最高級車「センチュリー」を2017年に全面改良する方針だ。
    全面改良は20年ぶり。
    電気モーターとガソリンエンジンを併用するハイブリッド車にする。
    現行のガソリンエンジン(排気量5000cc)より燃費性能を大幅に向上させる。
    国内外の要人や経営トップが愛用する、現行車種の重厚な外装や豪華で気品に満ちた内装も、改良を加えて新型車に継承する。
    トヨタ自動車東日本東富士工場(静岡県裾野市)で月20台前後を生産する計画だ。

     匠(たくみ)の技を結集し、日本のモノづくりの粋を極めたセンチュリーは「トヨタの象徴」(幹部)。
    トヨタグループの創始者、豊田佐吉翁の生誕150周年の節目でもある17年に、3代目となる新型車を発売する。


    関連ニュース:【東京モーターショー11】トヨタ センチュリー を超える高級車を (2011年の記事です)
    http://response.jp/article/2011/12/01/166353.html


    【【自動車】トヨタ 20年ぶり「センチュリー」全面改良へ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/04(日) 11:20:02.98 ID:0EDG/mFh0.net

    雪山登れんのかよwwwwwwww

    NISSAN GT-R Ski slope: http://youtu.be/cg_GAVA8VHQ



    【GT-Rとかいう車最強すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: キングコングラリアット(catv?)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 10:51:33.46 ID:Tfdmv/pK0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    JC08モード40Km/L のプリウス、2015年8月発売へ

    トヨタ自動車が、ハイブリッド車(HV)で開発中の4代目「プリウス」の燃費について、 JC08モード40km/L以上を目標にしていることが分かった。

    現在、ガソリン車とHVの中で、国内トップの燃費性能を誇るトヨタの小型HVアクアのJC08モード37km/Lを大幅に上回る。

    燃費を良くするため、モーターや電池などのHVシステムの性能向上と小型化を進めるほか、 後部ドアのガラスに強化プラスチックを採用し、車体を軽量化、

    TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、 現行モデルよりも広い室内空間を得る。

    高い空力性能を実現するなど、現行モデルから大幅な進化を果たす。

    バッテリーはエントリーモデルには現行と同じニッケル水素バッテリー
    ハイエンドモデルにはリチウムイオンバッテリーが、それぞれ搭載されることとなる。

    ハイブリッドシステムも小型化され、THSⅡからTHSⅢへ大幅に変更となる。

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-12.html


    【トヨタ 新型 プリウス 4代目はなんとJC08モード40km/L!! 2015年8月発売へ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:26:59.90 ID:bFpL+Xf80.net

    俺クラクション鳴らしたあとに軽く会釈してるんだけどクラクション鳴らす必要ないだろって言われた
    クラクション必要だよな?


    【お前ら車乗ってて道譲ってもらった時とかどうしてる?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/02(金) 22:09:34.82 ID:LpYr7eXb0.net

    分かる奴いる?

    ちょーかっけえ
    ゾクゾクする

    no title

    no title

    no title
     
    no title

    no title

    no title


    【【フェチ】車のデカいブレーキディクス見るの好きな奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ