2014年06月

    1: 水星虫 ★ 2014/06/11(水) 13:45:07.14 ID:???O.net

    独自エンジン小型化に成功

    *ソース元に画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/4005023741.html?t=1402457444000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    自動車メーカーのマツダは、10日、厳しい排気ガスの規制をクリアした独自開発の
    クリーンディーゼルエンジンを、今より小型化することに成功したと発表しました。

    この夏に発売を予定している小型乗用車に、このエンジンを初めて搭載し、
    競争の激しい小型車市場で攻勢をかけたいとしています。

    マツダが発表したのは、厳しい排気ガスの規制をクリアし、燃費の良さと両立させた
    独自開発のクリーンディーゼルエンジンを、これまでよりも一回り小さくした
    排気量1500CCのエンジンです。

    マツダは10日、広島市で行った記者会見で、このエンジンの開発に成功し、この夏に発売を予定している
    小型乗用車、新型「デミオ」に、このエンジンを搭載することを明らかにしました。

    小型のクリーンディーゼルエンジンの実用化は、国内メーカーで初めてだということです。

    マツダは、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど内燃機関を搭載する車の中では、最高水準の
    燃費性能になるとして、競争の激しい小型車市場で攻勢をかけたいとしています。

    マツダパワートレイン開発本部の仁井内進副本部長は、
    「コンパクトで力強く、燃費のいいエンジンに仕上げています。小型車に搭載し、
    ディーゼルエンジンの良さをさらに国内で伝え、ユーザーの輪を広げていきたい」と話しています。

    06月10日 19時42分


    【マツダ独自開発のクリーンエンジン更に小型化で最高水準の燃費性能】の続きを読む

    1: フロントネックロック(芋)@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 07:38:12.94 ID:fN3K2ncb0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    やはりランエボ人気は根強い!これが次期 三菱 ランサー エボリューション?

    ランエボXIのデザイン予想!と言っても…?

    三菱がランサーエボリューションシリーズの生産中止を発表してからは、それを惜しむ声やランエボ次期モデルについての予想など様々な
    反響を呼んでいることは周知の通りですが、今回、そのランエボの次期モデル?のレンダリングをフィリピンのファン、Enoch Gabriel Gonzalesが製作したとのことです。

    三菱はSUVとエコカーの開発に力を入れていく方針のようですが、このランエボの根強いファンの声は果たして届くのでしょうか?

    no title

    no title

    no title

    http://www.j-sd.net/mitsubishi-lancer-evolution-xi-rendering/


    【やはりランエボ人気は根強い!これが次期 三菱 ランサー エボリューション?】の続きを読む

    1: ツームストンパイルドライバー(芋)@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 21:01:22.58 ID:eQbLFz5p0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title


    スズキは12日、コンパクトカー「スイフト」の内外装に新カラーなどを設定した特別仕様車「STYLE」および「STYLE-DJE」を発売した。


    「STYLE」「STYLE-DJE」は、それぞれ既存のエントリー・グレード「XG」「XG-DJE」をベースに、エクステリアは専用メッキグリルや、
    切削加工とブラック塗装を施した16インチ・アルミホイールを装備し、ブラックまたはホワイトでルーフとドアミラーを塗り分けた3パターンの
    2トーンルーフ仕様を含む、全10色のボディ・カラーを設定。「プラズマイエローパールメタリック」や「プルシアンブルーパール」といった鮮やかな新色も追加されている。

    http://jp.autoblog.com/2014/06/12/suzuki-swift-style-debut/


    【スズキの小型車「スイフト」に、2トーンも選べる特別仕様車「STYLE」が登場!】の続きを読む

    1: トペ スイシーダ(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 15:37:32.95 ID:bMcTXUoh0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    トヨタ自動車は6月11日、『カローラ』などの助手席エアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

    対象となるのは、『カローラ』『カローラランクス』『アレックス』『カローラフィールダー』『アルファードG』『アルファードV』『イプサム』『オーパ』『ガイア』『ソアラ』
    『ノア』『ヴォクシー』『ブレビス』『プロボックス』『サクシード』『マークII』『ヴェロッサ』『マークIIブリット』『WiLLサイファ』『WiLL VS』の20車種で、2000年12月4日~2004年4月19日に製造された計64万8081台。

    助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の成型工程が不適切または成型後の吸湿防止措置が不適切なため、密度が
    不足したガス発生剤が組み込まれたものがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ内圧が異常上昇し、インフレータ容器が破損して飛び散り、出火したり乗員が負傷するおそれがある。

    全車両、当該インフレータを良品に交換する。なお、改善措置用部品の準備に時間を要することから、部品が供給できるまでの暫定措置として、
    助手席用エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示する。

    室内焼損事故が1件発生しており、市場からの情報により発見した。
    http://response.jp/article/2014/06/11/225189.html


    【トヨタ カローラ など20車種64万8000台、エアバッグ不具合で出火のおそれ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/10(火) 08:48:03.29 ID:cgoN+xQQ0.net

    ガソリン代、飯代、高速代
    全部自腹

    さらに片道二時間も運転


    車持ってないから気付かないのかもしれないにしても酷すぎだろ


    【車に乗せてやったのに飯代も奢らない奴ってマジでいるんだな…】の続きを読む

    1: トペ コンヒーロ(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 18:31:45.34 ID:taEs2z5m0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title


    長らくこの日を待っていた。半年足らず前にプロトタイプに触れる機会はあったが、2013年の東京モーターショーで初めてその姿を目にしてから、ずっと気になっていた「レヴォーグ」の量産モデルを、ようやく公道でドライブする機会が訪れた。


    初代レガシィから現行の5代目レガシィとレヴォーグ
     新しい車名の与えられたニューモデルだが、会場では実質的な前身である歴代レガシィツーリングワゴンとともに展示されていた。こうして並べると、
    やはり5代目のBR型レガシィだけちょっと異質に見える。そしてレヴォーグの変化に富んだ躍動感のあるデザインも、これまでのスバル車とは一味違った感じがして新鮮味がある。

     インテリアの質感は高く、最近の一連のスバル車と同様にインパネは整然とレイアウトされており、どこに何があるか分かりやすく使いやすい。心地よいホールド感を備えた
    シートに収まると、運転席からの視界は後方も含め全方位にわたって優れており、死角が小さいことを感じる。運転環境は非常に良好だ。

     試乗したのは、「1.6GT EyeSight(アイサイト)」「1.6GT-S EyeSight」「2.0GT-S EyeSight」の3モデル。いずれも先進安全運転支援装置「EyeSight」を装着したモデルとなる。
    実際に試乗を行うと、それぞれ印象が予想以上に違ったことを、あらかじめお伝えしておこう。

    no title

    インパネのレイアウトも整理され、アイサイトユニットの室内への張り出しも小さくなったレヴォーグ。運転環境は好印象

    先進安全運転支援装置であるアイサイトがver.3になったのもレヴォーグの特筆点だ。いろいろ進化したことは他記事でもお伝えしたとおり。
    “はみ出さない技術”として加わった新機能の「アクティブレーンキープ」は、自動車専用道路を約65km/h以上で走行している場合、車線逸脱を抑制する安全面での恩恵に加えて、
    修正舵を減らして運転の負荷を軽減してくれるという大きなメリットもある。
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/20140610_652492.html


    【スバル「レヴォーグ 量産仕様」】の続きを読む