2014年02月

    1: レインメーカー(芋) 2014/02/01 16:30:32 ID:x/mV0+8NP

    ヤマハ専売店で構成するYSPメンバーズクラブは、125ccロードスポーツ『YBR125』の2014年モデルを2月28日より発売する。上級機種の『YBR250』については価格改定し、継続販売する。

    2014年モデルのYBR125は、スタイリッシュなイメージのセミカウル一体型ヘッドライトを採用。またボディカラーは、新色としてブラックメタリックX(ブラック)とブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)を設定した。

    なお、両モデルは重慶建設ヤマハが生産を行い、YSPメンバーズクラブが輸入および日本国内での販売を行っている。

    価格はYBR125が27万5100円(消費税5%含む)、YBR250が38万8500円(同)。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/198796/
    no title

    no title


    【ヤマハ YBR125 2014年モデル発売…セミカウル一体型ヘッドライト採用】の続きを読む

    1: 中年'sリフト(芋) 2014/02/12 07:39:10 ID:iC+QlOPCP

    インド・ニューデリーで開催されたインドオートエクスポにおいて、フォルクスワーゲンはコンパクトSUVのコンセプトモデル「Taigun(タイグン)」をアジアデビューさせています。
    すでに、2012年にブラジル・サンパウロのショーでワールドプレミアしているコンセプトカーですが、アジアデビューにあたって背面タイヤ仕様としています。

    no title

    新興市場をターゲットに、比較的アフォーダブルな価格帯を想定しているという4シーターのコンパクトSUVである「タイグン」ですが、
    ESCのような安全装備はきちんと備わっているということです。

    また、リヤバンパーに開いた穴は左右出しのマフラーのように見えますが、排気口となっているのは左側だけで、右側は牽引フックを取り付けられるようになっているという
    遊び心あるフィニッシュとなっているのもユニークなところといえそうです。また、 背面タイヤ化に伴い、リヤウインドウは上ヒンジ、リヤゲートは横ヒンジで開くようになっているのも
    、アジアデビューにおける変更点ということです。

    ラゲッジスペースは4座状態で280リッター、リヤシートをたたむことで996リッターまで拡大するとアナウンスされている「タイグン」。 ラフロードでのロードクリアランスを確保しながら、
    レジャービークルとして楽しめるスペースユーティリティも、インド市場にマッチしているといえるのでしょうか。

    http://clicccar.com/2014/02/12/246456/
    no title

    no title

    no title


    【フォルクスワーゲン新SUV「タイグン」は背面タイヤ仕様でアジア初登場 6MT ヴェエルのDCTは所詮ATw】の続きを読む

    1: 16文キック(芋) 2014/02/26 07:56:12 ID:G+iA9vgvP

    今でこそ「GT-R」は、日産GT-Rとして車名化していますが、もとはスカイラインのグレード呼称にすぎませんでした。
    日本専売に近い「スカイラインGT-R」は、市販車として世界的には無名に近いはずでしたが、不思議なことに、世界中の
    クルマ好きにとって、「スカイラインGT-R」は非常に有名なブランドでした。

    その秘密は、ゲームソフト「グランツーリスモ」にあったと聞き及んでいます。世界中のクルマ好きが、ゲームで「スカイラインGT-R」
    を知り、走りを楽しみ、その強烈な実力と個性に憧れていたというのですから素晴らしい! まさしく伝説的なエピーソードですが、
    思い起こせば歴代スカイラインGT-Rは、数々の伝説に彩られてきました。そこでここでは、その伝説の歴史を振り返ってみたいと思います。
    S54B「羊の皮を被った狼」(1965~1968)
    no title

    初代/GC10「ハコスカGT-R」(1969~1973)
    no title

    2代目/KPC110「ケンメリGT-R」(1973
    no title

    3代目/BNR32「復活、ハイテクGT-R」(1989~1994)
    no title

    4代目/BCNR33「マイナス21秒のロマン」(1995~1998)
    no title

    5代目/BNR34「史上最強のスカイラインGT-R」(1999~2002)
    no title


    R34GT-Rの生産終了をもって、日本のスカイラインGT-Rは、グローバルカーに生まれ変わった日産GT-Rにバトンを渡しました。
    思い起こせば、歴代スカイラインGT-Rを支えていたのは、開発陣やレース陣やオーナーやチューナーの「雑草魂」であり「大和魂」
    であり「男の美学」だったように思えます。そしてスカイラインGT-Rは、「日本人の日本人による日本人のためのハイパフォーマンスカー」だったのだと、あらためて実感した次第です。


    (拓波幸としひろ)
    http://clicccar.com/wp-content/uploads/2014/02/051.jpg
    http://clicccar.com/2014/02/25/247715/


    【数々の伝説、歴代「スカイラインGT-R」は男の美学!】の続きを読む

    1: パロスペシャル(芋) 2014/02/21 21:48:11 ID:ha2RBK+9P

    車離れが進んでいると言われて久しい。そんな逆風の中、自動車メーカーは四苦八苦しているのが現状だ。昔のように車を店頭に並べているだけでは売れない。

    「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

    しかし、売れている車は売れている。これを解すると、車が売れなくなったのでは無く、「魅力ある車」しか売れなくなったのだ。

    そんな中、激戦区の1.6L-2.0Lワゴンタイプで2013年販売台数クラスNo.1(日本自動車販売協会連合会調べ)に輝いた車とは? 答えはスバル『インプレッサ』である。

    販売店の少ないスバル車が1位になったのは、魅力ある車だから。

    スバルの販売拠点は少ない。首都東京の東京スバルでいえば32拠点しかない。対するトヨタは255拠点(中古車拠点除く)と圧倒的販売力を誇る。

    そんな中、スバル車である『インプレッサ』がトヨタ車より売れるということは、よほどその車にユーザーが惹かれる魅力があるということに他ならない。
    『インプレッサ』の魅力その1 低振動・低重心の新世代水平対向4気筒BOXERエンジン
    『インプレッサ』の魅力その2 卓越したシンメトリカルAWD(4WD)システム
    『インプレッサ』の魅力その3 広い室内。特に後席の快適さ
    『インプレッサ』の魅力その4 自動衝突防止装置アイサイトによる安全性

    http://news.ameba.jp/20140219-132/


    【【車】2013年販売台数No.1!「スバル インプレッサ」が売れた4つの理由】の続きを読む

    1: ランサルセ(千葉県) 2014/02/12 19:43:15 ID:p5PchDVB0

    ホンダは、3月4日からスイスで開催される「ジュネーブモーターショー」に、欧州向け『シビック タイプRコンセプト』を出展する。

    同コンセプトモデルは、欧州向け「シビック(5ドア)」をベースに、より高い走行性能を持つスポーツモデルとして目下開発中の『シビック タイプR』のデザイン方向性を示すもの。

    シビック タイプRは、新世代パワートレイン技術群「アース・ドリームス・テクノロジー」の一つとして開発中の2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載。
    加速性能、ハンドリング、燃費性能を高次元で両立したモデルとして、2015年に欧州での発売を予定している。

    このほか、2014年FIA世界ツーリングカー選手権に参戦する「シビック WTCC」の2014年型マシンや、欧州では初出展となる燃料電池電気自動車のコンセプトモデル「FCEV コンセプト」などを出展する。

    http://response.jp/article/2014/02/12/217046.html
    no title


    【シビック・タイプR、キタキタキタキタキターーーーーー!!!!!】の続きを読む

    1: 断崖式ニードロップ(千葉県) 2014/02/25 21:29:41 ID:3GSlowgc0

     神奈川トヨタ自動車はトヨタのスポーツカー「86(ハチロク)」と同一車型のスバルBRZのみが出場するワンメークレースに今年も参戦する。
    20日、横浜駅西口のホテルでチーム体制を発表し、2台を投入する今季に向けて、総監督を務める大塚輝一社長は「あらためてトップを狙いたい」と意気込みを語った。

     同レースは昨年から始まった。同じ規格の車でプロとアマチュアが腕を競えるため、全7戦で最大92台のエントリーがあった。神奈川トヨタのチームは全戦で決勝に進み、シーズン通算は14位だった。

     全10戦で争われる今季は2台で臨み、ドライバーもツーリングカーレース界の第一人者の菊地靖(41)と、若手ナンバーワンの小河諒(22)を起用する。

     厚木市出身の菊地が「地元チームで走る夢がかなった。世界一激戦のレース。1年間戦って、ワンツーで終われるように頑張る」といえば、川崎市出身の小河は「昨年から参戦したかった。
    菊地さんからたくさん吸収しながら、全戦ポールトゥーウインを目指す」と力強く目標を掲げた。

     開幕戦は3月29、30日のツインリンクもてぎ、最終戦は11月8、9日の鈴鹿サーキット。富士スピードウェイでも4戦が開催される。

    http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1402200019/


    【トヨタ86を試乗したけど、正直スポーツカーに思えなかった フライホイール重すぎる気がする・・・】の続きを読む

    1: メンマ(芋) 2014/02/25 20:33:38 ID:f5XPdLUjP

    顔や職業もそんなに悪くないのに、なかなか結婚しないオトコの人って身の回りに結構いますよね??
    あなたもそんな一人ですか?何が一体悪いんだろう・・・・考えてもなかなか答えが出ませんよね?

    ●車内が臭い
    ●よくわからないシミがいっぱいある
    ●とにかく汚い
    ●悪趣味・ネオンとかがいっぱい光る(22・大学生)
    ・理解できない改造がされている(29・OL)
    ・オトコのくせにケバイ内装(27・CGデザイナー)
    ●クルマからいって家庭向きじゃない

    ・真冬でも真夏でもオープンカーの屋根を開けてでドライブデートに行こうとする(28・メーカー勤務)
    ・いかにも維持費がかかりそうなクルマに乗っている(30・百貨店勤務)
    ・外車に乗っているのが唯一の自慢(27・介護士)
    ●神経質すぎる

    ・クルマを土禁にしている人は性格が合わない。(29・フラダンス講師)
    ・ガムや飴も食べることを禁ずる人はイヤ(20・フリーター)
    ・土禁なうえスリッパを履くように強要するヤツ(24・イラストレーター)
    http://clicccar.com/2014/02/25/247198/


    【結婚できない男のクルマには共通点があった! ・オープンカー ・改造車 ・外車 ・土禁】の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/26 07:16:47

    ホンダが、平成11年に発売した同社初のハイブリッド車(HV)「インサイト」の
    生産を、2月いっぱいで終了する方針を固めたことが25日、分かった。
    ホンダ関係者が明らかにした。

    トヨタ自動車が97年に世界初の量産型HVとして発売した「プリウス」と並び、
    世界のHV市場をリードしていた。
    しかし、順調に販売を伸ばしたプリウスとは対照的に、インサイトの販売は
    低迷しており、ホンダは役割を終えたと判断した。

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/140225/bsa1402252358004-n1.htm
    ホンダが生産中止を決めたハイブリッド車「インサイト」
    no title

    ホンダ http://www.honda.co.jp/
    株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7267


    【【自動車】インサイト生産終了 ホンダ初のハイブリッド車[14/02/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ