2013年12月

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30 15:16:27 ID:w9ud40mx0

    日本人なら日本車乗れよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    フォルクスワーゲンよりトヨタだろ
    メルセデスよりホンダだろ
    BMWより日産だろ
    アウディよりマツダだろ
    ポルシェよりレクサスだろ


    【ドイツ車乗ってる奴は非国民wwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2013/12/30 10:24:14

     米国道路安全保険協会(IIHS)が今年から実施している車両衝突テストで、現代
    自動車と傘下の起亜自動車は1車種も最高等級の「優秀(Good)」判定を受けられ
    なかったことが分かった。IIHSの衝突テスト結果は米国消費者が新車を購買する際
    に安全性の尺度として用いる指標で、「優秀」「良好(Acceptable)」「普通(Ma
    rginal)」「不良(Poor)」の4等級で示される。

     IIHSは28日(現地時間)、2014年型の新車約180車種について前側面「スモール
    オーバーラップ」テストを実施した結果、22車種が「優秀」判定を獲得したと発
    表した。

     スモールオーバーラップは運転席のフロント部分(前面部の左側25%)を時速4
    0マイル(64キロ)で障害物に衝突させ、車の損傷具合や運転者(人形)の傷害レ
    ベルなどを検証するテスト。これまでのテストは運転席フロント部分の40%を衝突
    させるものだったが、今年からは電柱や木、ほかの車の一部との衝突などを想定
    したこのテストを追加し、安全性要件をより厳しくした。

     現代・起亜自は6車種がこのテストを受けたが「優秀」判定は1台もなく、「良
    好」も現代自の「エラントラ(韓国名:アバンテ)」と起亜自の「オプティマ(韓
    国名:K5)」だけだった。主力車種の「ソナタ」は「普通」で、競合車種となる
    ホンダの「アコード」(優秀)やトヨタ自動車の「カムリ」(良好)に及ばなかっ
    た。現代自の「ツーソン」と起亜自の「K3」「スポーテージ」はいずれも「不良」
    と判定された。現代自は「新型『ジェネシス』からはスモールオーバーラップテス
    トに備えて車体の強度を高める」としている。

     一方、現代自グループの鄭夢九(チョン・モング)会長は28日、現代自の米国法
    人を5年間率いてきたジョン・クラフチック社長を解任し、デイブ・ズコフスキー副
    社長を新社長に任命した。同社関係者は「クラフチック社長の在任中にシェアとブ
    ランド知名度は大幅に上昇したが、先の安全問題などへの対応が不十分だったとの
    指摘があった」と、交代の背景を説明した。

    キム・ウンジョン記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/30/2013123000537.html


    【【自動車】米国の新衝突テスト、現代・起亜自は「優秀」判定ゼロ [12/30]】の続きを読む

    1: 膝十字固め(家) 2013/12/28 23:57:56 ID:irgpyv0e0

    ソース: http://yukan-news.ameba.jp/20131228-4/

    今こそクルマ愛を語れ! 薬師寺保栄「世界チャンピオンになってランボルギーニを買う、それが夢だった」

    車に興味を覚えたのは3歳のときです。親父が石材をトラックで全国に運ぶ仕事をしていて、
    3歳の僕も一緒にあちこち行ってたんです。

    そのとき、トラックを追い抜く外車を親父が「あれはフェラーリだぞ」「ポルシェだ」と
    教えてくれるわけ。子供心にスポーツカーってカッコいいな、欲しいなあと思いましたね。

    もちろん、子供の頃はミニカーがせいぜいですけど、5歳のとき、ランボルギーニ・カウンタックの
    ミニカーで遊んでいたら「そんなものボクシングのチャンピオンになったらいくらでも買えるぞ」と
    親父が言うんです。で、僕もそう思っちゃったんですよ。

    続きます。


    【車好きとバイク好きの違い】の続きを読む

    1: エルボードロップ(千葉県) 2013/12/28 21:05:31 ID:/rsy+BgP0

    トヨタがサウジで40万台超をリコール、急加速の恐れ

    トヨタ自動車(7203.T: 株価, ニュース, レポート)は、意図せぬ急加速の恐れがあるためサウジアラビアで40万台以上をリコール(回収・無償修理)する。同社とサウジアラビア商工省が明らかにした。

    2009年終盤から2011年初めにかけて世界で1900万台近くがリコールされた件と同じ不具合が原因となっている。

    リコール対象車は、2005年から2011年モデルの「トヨタ」ブランド7車種と「レクサス」ブランド3車種。

    商工省が今週発表した声明によると、トヨタと同社の現地代理店アブドゥル・ラティフ・ジャミールは回収した対象車にブレーキ・オーバーライド・システムを導入する。

    意図せぬ加速を防ぐためブレーキ・オーバーライド・システムの導入を義務付けるのは米国に次いでサウジアラビアが2カ国目という。

    トヨタは電子メールの声明で、トヨタ車とレクサス車はブレーキ・オーバーライド・システムを搭載していなくても安全だと強調。同システムの導入を求める商工省の強い要請に応じるとともに、顧客の不安を取り除くため、リコールに踏み切ったと説明した。

    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9BQ07820131227


    【信者が痛い自動車メーカーと言えば?】の続きを読む

    1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/26 11:05:44

    インドカワサキモータースはインドでのスーパーバイク市場でのシェア獲得を目指し、
    新しい車種を2つ投入することを発表しました。

    この新車種はニンジャ1000とZ1000です。
    どちらも日本で製作されたモデルをインドに輸入販売します。
    価格は12.5万ルピーになるでしょう。

    またこの大型バイクはプネにある既存のショールームの他、
    デリーにオープンする第二ショールームでも展示、販売される計画です。

    カワサキは「今後、我々は大排気量バイクに焦点を当てていく。2015年末までに20%のシェア獲得を目指す。」と言います。
    同社は9月にもニンジャZX-14RとZX-10Rを投入しています。

    ★画像
    no title


    http://www.thehindubusinessline.com/companies/india-kawasaki-launches-two-new-motorcycle-models/article5493444.ece


    【【インド】カワサキ、スーパーバイク市場に本格参入…ニンジャ1000とZ1000を新たに投入[12/25]】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/28 00:16:10 ID:dHfyLIH00

    ①ナンバープレートが光る
    no title

    ②ナンバープレートが折り曲がってる
    no title

    no title

    ③セダンに羽が生えている
    no title

    ④窓にカーテンついてる
    no title

    no title

    ⑤ルームミラーやダッシュボードに羽が生えている
    no title

    no title

    ⑥ハイエースがいまにも飛び立ちそうな勢い
    no title

    no title



    センスが斜め上すぎる


    【20年前の車のセンスすげーwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: アイアンフィンガーフロムヘル(東日本) 2013/12/26 10:08:27 ID:xNJMAJBi0

    スピード違反重ね消防職員減給処分
    大分市の消防署員がスピード違反を繰り返し減給処分を受けていたことが分かった。減給10分の1、
    1か月の懲戒処分を受けていたのは大分市南消防署に勤務する22歳の男性消防士。
    3月に45キロ8月に34キロオーバーで検挙されいずれも免停になっていた。
    http://news24.jp/nnn/news8833004.html


    【対向車がパッシングしてくれてスピード違反助かった マジ感謝!】の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/12/26 12:19:34

    マツダは26日、埼玉県深谷市で11月に起きた自動ブレーキ試乗会での
    衝突事故について、使われた車には故障や異常はなかったと発表した。
    事故車から得られたデータなどを手がかりに埼玉県警と合同で調べた結果、
    確認できたという。

    試乗車はマツダのSUV(スポーツ用多目的車)の「CX―5」。
    客の男性が、センサーが障害物を察知して自動ブレーキがかかる機能を
    体験中、前方のフェンスに衝突した。
    県警の調べでは、事故を起こした車は、自動ブレーキが作動する範囲を
    上回る速度が出ていた。

    事故の状況や原因は引き続き調査中のため、自動ブレーキを体験する
    試乗会の自粛は続ける。

    自動ブレーキは速度や障害物の大きさ、運転操作などの条件によって
    作動しない場合がある。マツダは「機能をより正しく理解してもらう活動に
    注力したい」(広報)としている。


    ソースは
    http://www.asahi.com/articles/ASF0OSK201312260002.html?ref=com_top6
    ■マツダ http://www.mazda.co.jp/
     2013/12/26 安全装備の体感試乗会における事故について(第2報)(PDFファイル)
     http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2013/201312/131226a.pdf
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7261


    【【自動車】「自動ブレーキに異常なし」試乗車事故、マツダが発表[13/12/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ