2013年11月

    1: 諸星カーくんφ ★ 2013/11/26 01:12:14

    ソース(JBPress、2013年11月22日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39275
    写真=世界最大の自動車市場で日系メーカーが苦戦している
    no title


     トヨタ自動車とホンダは、まずいタイミングで中国市場のビジネスのアクセルを緩めてしまった。金融危機の影響で世界の自動車市場
    が2008年に急激に落ち込む一方、中国の需要は伸び続け、その後の5年間における自動車市場全体の成長の3分の1を占めるほどに
    なったからだ。

     自動車コンサルティング会社のアリックス・パートナーズによれば、昨年1年間の乗用車およびミニバンの販売台数は、金融危機前の
    ピーク水準を米国では9%、西欧では14%それぞれ下回った。日本では2007年の水準を回復したという。

     一方、中国の販売台数は同じ時期に2倍超の1860万台に増大し、この国を世界最大の市場に押し上げた。「中国ではこれと言った
    販売の落ち込みは見られなかった」。かつて米系自動車メーカーの幹部だった北京在勤の自動車産業コンサルタント、ビル・ルッソ氏は
    こう語る。「世界の自動車市場における中国の割合は、2009年と2010年に大幅に拡大した」そうだ。

    ■常に政治問題を乗り越えなければならない日本メーカー

     トヨタとホンダはこの宴に参加し損ねた。日産自動車を加えた日本の「ビッグ3」の中国市場における今年上半期のシェアはわずか
    15%で、25%を超えていた前年同期の実績を大幅に下回っている。

     少なくとも、トヨタとホンダは興味深い言い訳をしている。日系自動車メーカーは中国では格好の標的になる、日中というアジアの
    2大経済大国の間で政治的な緊張が高まる時には特にそうだ、というのだ。

     昨年9月、争いが生じている尖閣諸島(中国名は釣魚島)を日本政府が民間人の所有者から買い取ると、中国ではナショナリストの
    怒りが爆発した。憤った群衆が日本車や日本車ディーラーを襲撃したことから、日系自動車メーカーは一時的に生産を休止した。

     中国人ドライバーの中には、賢いやり方で暴徒に襲撃を思いとどまらせ、自分の日本車を守った人もいた。中国の国旗や愛国的な
    シンボルのステッカーを車体に張り付けたのだ。

     「あっという間に売り上げの50%を失った」。日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は今月、上半期決算を発表する席で
    そう述べた。尖閣諸島問題前の中国における同社のシェアは7.7%だったが、この水準はまだ回復できていないという。

     トヨタの販売台数も急激に落ち込んだ。多くの顧客が注文をキャンセルしたり、ショールームに足を運ばなくなったりしたためだ。
    一部の工場は60%もの減産を一時余儀なくされた。

     日本の自動車メーカーの幹部たちは、尖閣の一件の厳しさにはとにかく驚いたと認めている。地政学的な対立の激化は以前にも
    何度かあったが、生産に深刻な影響が及ぶことはなかったから、というのがその理由だ。

     「中国でのビジネスに関して言えば、西欧の自動車メーカーとは同じスタート地点に立てないという感覚を日本のメーカーはずっと
    抱いている」。ある業界筋はこう語る。「我々は、そういう過去の政治的問題を常に乗り越えていかねばならない」

    >>2以降に続く)


    【【自動車】「西欧と同じスタート地点に立てない」…日系自動車メーカーが中国で失速、政治的緊張と戦略ミス、世界最大市場でシェア急減】の続きを読む

    1: ぽてぽんφ ★ 2013/11/27 14:34:35

    米国でバカ売れして悲鳴の富士重工 スバリストの新型車評は
    為替の追い風や地道なコスト削減の成果によって業績好調の自動車メーカー。
    だが、「クルマがバカ売れして生産が間に合わない」と、純粋な販売増に嬉しい悲鳴を上げるのは、
    このブランドぐらいではなかろうか。富士重工業の「スバル」車である。
    といっても、車が売れているのは日本ではなく米国でのことだ。自動車専門誌の記者が解説する。
    「米国向けにサイズを大きくした『レガシィ』や『フォレスター』などの人気が高く、
    2013年の米国での販売台数は前年比約9万台増の42万台になる見通しです。
    ただ、吉永泰之社長が中間決算の会見で『1年で9万台も増えるとは思っていなかった』と
    打ち明けるなど、急激な販売増が同社の生産能力を逼迫する事態になっているんです」
    世界販売の約半分を米国市場で稼ぐ富士重だけに、すでに米国の生産子会社
    (スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ)の生産能力を2016年末に現在の27万台から
    40万台に増強する計画を発表済みだ。
    そんな米国頼みの富士重も決して日本市場を軽視しているわけではない。
    東京ビッグサイト(江東区有明)で開催中の「東京モーターショー2013」では、
    レガシィの後継車種となる日本向けの新型ワゴン『レヴォーグ』を初公開した。
    モーターショーの報道公開日に姿を見せた吉永社長は、こう意気込みを語った。
    「私どもスバルを支え、愛していただいているお客様のことを、最大級の敬意を持って
    “スバリスト”と呼んでいます。このような呼び名があることは私たちスバルの誇り。
    このレヴォーグは、まさにスバルを愛する日本のスバリストのために生み出されたニューモデルです」
    ならば、気になるのが熱烈な日本のスバリストたちのレヴォーグ評だ。
    「スバル車は万人受けするデザインではないから、逆に長年乗っていると愛着が沸いていたのに、
    レヴォーグは他社のワゴン車に似ていて少しガッカリした」(40代男性)
    「ダウンサイジングした1600ccのターボエンジンと、60リットルの燃料タンクで
    1000km走れるという効率のよさが魅力」(30代男性)
    http://news.livedoor.com/article/detail/8291090/


    【【企業】 「バカ売れして生産が間に合わない」 スバル車が米国で売れまくり、うれしい悲鳴】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/26 19:14:02 ID:IU4T+jw90

    250cc以上のバイク乗ってる奴は車乗れやって思う
    しかも日本は道路せまいから乗った心地しねえだろ・・・、バカなの?


    【バイク乗ってる奴ってガチ目にキモチワルイ奴しかいないよな】の続きを読む

    1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/11/26 14:05:16

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは11月25日、
    『ガヤルド』の生産を終了したと発表した。

    ガヤルドは2003年にデビュー。2008年3月のジュネーブモーターショー08では、
    初のマイナーチェンジモデルが登場し、ネーミングを『ガヤルドLP560-4』に変更した。
    2012年9月のパリモーターショー12では、外装を中心にイメージチェンジした2013年モデルを発表。

    11月25日、イタリアのランボルギーニ本社工場では、最終モデルのガヤルドがラインオフ。
    このガヤルドは、「LP570-4 スパイダーPerformante」と呼ばれる『ガヤルド スパイダー』の
    軽量高性能モデル。赤いボディカラーの1台をもって、ガヤルドの10年の歴史に幕を下ろした。

    ガヤルドの10年間の累計生産台数は、1万4022台。ランボルギーニによると、
    歴代ランボルギーニ車で最も生産台数が多く、競合スーパーカーの中でも、
    最も成功したモデルのひとつになるという。同車は、世界45か国以上で販売。

    また、1963年の創業以来、ランボルギーニの累計生産台数はおよそ3万台。
    その約半分を、ガヤルドが占めるというヒット作となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131126-00000045-rps-bus_all
    no title


    【【クルマ】ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕】の続きを読む

    1: ローリングソバット(千葉県) 2013/11/23 19:16:36 ID:9srBc0c00

    ホンダは2シーターオープン『ビート』の後継モデル『S660 コンセプト』を東京モーターショーで初公開した。同社の伊東孝紳社長は「現在、2015年の市販化を目指して鋭意開発中」と同モデルの市販化を明言した。

    初公開されたS660コンセプトは、ミッドシップレイアウトの2シーターオープン『ビート』のコンセプトを踏襲、次世代軽オープンスポーツモデルとして復活することになる。

    エクステリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンター杉浦良研究員は「エクステリアデザインとしてはスポーツカーらしい普遍的な価値観、
    いわゆる誰が見てもどこからみても格好良いということと、ホンダの製品らしい先進的で若々しいという新しさの表現の両立を目指して開発した」と語る。

    ホンダの本格スポーツらしく、天井知らずの回転フィールを味わえるのか、パワートレーンにも期待だ。

    http://response.jp/article/2013/11/22/211443.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【東京モーターショー行ってきた!!ホンダブース混みすぎだろ、S660やばすぎる!!!】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/24 15:47:59 ID:rqP4WSxT0

    前に自動車がいなくて追い越されるのは別にいいけど、前が詰まってる
    のに強引に俺の横に入ろうとする奴がマジでうざすぎ。

    250cc乗って今まで左寄り意識して走ってたけど、これからは堂々と真ん中走ることに
    する!


    【バイク乗ってるとき幅寄せしてくる糞車なんなの?】の続きを読む

    このページのトップヘ